699017 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の「まみだより」

全786件 (786件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 79 >

2021.02.21
XML
カテゴリ:イベント



秋山巌の小さな美術館 ​ギャラリーMami​ の町田珠実です。


秋山巌の生誕100年、3/21の誕生日まであと1ヶ月となりました。
ギャラリーMami主催の【生誕100年 秋山巌 展】のご案内です。

日本で最も歴史ある民間美術団体「​太平洋美術会​」のギャラリーにて
開催致します。


生誕100年 秋山巌 展

~作品と写真で辿る軌跡~

会期:2021年3月20日(土)~3月26日(金)
   10時~17時(最終日は16時閉場)
   
会場:​ギャラリー太平洋​(東京都荒川区)
主催:秋山巌の小さな美術館 町田珠実(長女)
協力:太平洋美術会版画部


画像は、できたてほやほやのポスターデザインです。
詳細は追ってお知らせ致します。

どうぞお楽しみに!!







最終更新日  2021.02.21 20:47:36
コメント(0) | コメントを書く


2021.02.17


秋山巌の小さな美術館 ​ギャラリーMami​ の町田珠実です

恋のふくらうの冴えかへるかな 山頭火

秋山巌「恋のふくろう」1997年

昭和9年2月14日 其中日記より

二月十四日
今日は旧のお正月です、お寺の鐘が鳴ります、餅を貰ひに行きましよか、さうらうとして鉢の子をさゝげて。

どうも憂欝だ、無理に一杯ひつかけたら、より憂欝になつた、年はとりたくないものだとつく/″\思ふ。
畑仕事を少々やつてみたが、ます/\憂欝になる、読書すればいよ/\憂欝だ。
春風よ、吹きだしてくれ、私は鉢の子一つに身心を托して出かけやう、へう/\として歩かなければ、ほんたうの山頭火ではないのだ!

旧暦のお正月だといふのに、百姓は田を耕やしたり、畑を打つたり、洗濯をしたり、大根を刻んだりしてゐる、こゝにも農村窮乏の色が見えるといへるだらう。
思ひがけなく、東京の修君からたよりがあつた、彼も私とおなじく落伍者、劣敗者の一人だ、そして妻君にこづかれてゐる良人だ、幸にして彼にはまだ多少の資産が残つてをり、孝行な息子があり、世才がないこともないので、東京で親子水入らずの、そして時々はうるさいこともある生活をつゞけてゐるらしい、修君よ、山の神にさわるなかれ、さわらぬ神にたたりなしといふではありませんか!

夕、樹明君に招かれて宿直室へ出かける、うまい酒うまい飯だつた、そのまゝ泊る、あたゝかい寝床だつた。

・寒ン空のからりと晴れて柿の木
・ふくらうがふくらうに月は冴えかへる
・よつぴて啼いてふくらうの月
・冴えかへる月のふくらうとわたくし
・恋のふくらうの冴えかへるかな


#秋山巌 #akiyamaiwao
#山頭火 #santoka
#owl






最終更新日  2021.02.17 12:40:03
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.14

秋山巌の小さな美術館 ​ギャラリーMami​ の町田珠実です。

冴えかへる月のふくろうとわたくし 山頭火

秋山巌「ふくろうとわたくし」1997年

昭和9年2月14日 其中日記より

二月十四日

今日は旧のお正月です、お寺の鐘が鳴ります、餅を貰ひに行きましよか、さうらうとして鉢の子をさゝげて。

どうも憂欝だ、無理に一杯ひつかけたら、より憂欝になつた、年はとりたくないものだとつく/″\思ふ。
畑仕事を少々やつてみたが、ます/\憂欝になる、読書すればいよ/\憂欝だ。
春風よ、吹きだしてくれ、私は鉢の子一つに身心を托して出かけやう、へう/\として歩かなければ、ほんたうの山頭火ではないのだ!

旧暦のお正月だといふのに、百姓は田を耕やしたり、畑を打つたり、洗濯をしたり、大根を刻んだりしてゐる、こゝにも農村窮乏の色が見えるといへるだらう。
思ひがけなく、東京の修君からたよりがあつた、彼も私とおなじく落伍者、劣敗者の一人だ、そして妻君にこづかれてゐる良人だ、幸にして彼にはまだ多少の資産が残つてをり、孝行な息子があり、世才がないこともないので、東京で親子水入らずの、そして時々はうるさいこともある生活をつゞけてゐるらしい、修君よ、山の神にさわるなかれ、さわらぬ神にたたりなしといふではありませんか!

夕、樹明君に招かれて宿直室へ出かける、うまい酒うまい飯だつた、そのまゝ泊る、あたゝかい寝床だつた。

・寒ン空のからりと晴れて柿の木
・ふくらうがふくらうに月は冴えかへる
・よつぴて啼いてふくらうの月
・冴えかへる月のふくらうとわたくし
・恋のふくらうの冴えかへるかな


#秋山巌 #akiyamaiwao
#山頭火 #santoka
#owl







最終更新日  2021.02.17 12:01:16
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.02


秋山巌の小さな美術館 ​ギャラリーMami​ の町田珠実です。

生死の中の雪ふりしきる 山頭火

秋山巌「雪ふりしきる」1992年

大正15年の句


草木塔 鉢の子 より


  大正十四年二月、いよいよ出家得度して、肥後の片田舎なる味取観音堂守となつたが、それはまことに山林独住の、しづかといへばしづかな、さびしいと思へばさびしい生活であつた。

松はみな枝垂れて南無観世音
松風に明け暮れの鐘撞いて
ひさしぶりに掃く垣根の花が咲いてゐる

  大正十五年四月、解くすべもない惑ひを背負うて、行乞流転の旅に出た。

分け入つても分け入つても青い山
しとどに濡れてこれは道しるべの石
炎天をいただいて乞ひ歩く

  放哉居士の作に和して

鴉啼いてわたしも一人

  生を明らめ死を明らむるは仏家一大事の因縁なり(修証義)

生死の中の雪ふりしきる
木の葉散る歩きつめる






最終更新日  2021.02.02 20:08:30
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.01



秋山巌の小さな美術館 ​ギャラリーMami​ の町田珠実です。

一杯やりたい夕焼け空 山頭火

秋山巌「夕焼け空」1988年

昭和6年2月1日の句
行乞記 三八九日記より

二月一日 降つたり霽れたり、夜はおぼろ月がうつくしかつた。

三八九第一集を発送して、重荷を下ろしたやうに、ほつとしたことである、心も軽く身も軽くだ。
今日もまた苦味生さんの真情に触れた。
・笛を吹いても踊らない子供らだ
・あるだけの米を炊いて置く
 競るほどに売るほどに暮れた
・逢ふまへのたんぽゝ咲いてゐる
 一杯やりたい夕焼空

俳句は一生の道草とはおもしろい言葉かな。​

※「霽」「雨(あめかんむり)」の下に「齊」
禅の言葉「三八九」
【三八九を明らめずんば、境に対して所思多し】 この三八九を、三八九は二十で、二十は念に通ずると説くものがあるが、ただこれ三八九(さんぱっく)で、少しでも念慮をいれてはいけない。・・・白田劫石老師







最終更新日  2021.02.02 19:56:43
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.27

秋山巌の小さな美術館 ​ギャラリーMami​ の町田珠実です。


捨てきれない荷物のおもさまへうしろ 山頭火

秋山巌「捨てきれない」1992年

昭和5年の句 層雲3月号 草木塔に収録


I can't discard it -
My heavy pack,
In front and in back.

* When travelling, Zen monks have two bags. One hangs around the neck and rests on the chest; the other is on the back like a knapsack.

#秋山巌 #akiyamaiwao
#山頭火 #santoka







最終更新日  2021.02.07 05:22:01
コメント(0) | コメントを書く
​​​​​


秋山巌の小さな美術館 ​ギャラリーMami​ の町田珠実です。

大きな雪がふりだして一人 山頭火

秋山巌「大きな雪」1999年

昭和8年1月27日の句

其中日記より

「--炬燵といふものは日本趣味的で、興あるものであるが、とかくなまけものにさせられて困る、あつて困る方が、なくて困る場合よりも多い、--」

確かにそうですね!


#秋山巌 #akiyamaiwao
#山頭火 #santoka​​​






最終更新日  2021.02.02 19:32:07
コメント(0) | コメントを書く


秋山巌の小さな美術館 ​ギャラリーMami​ の町田珠実です。

雪ふるひとりひとりゆく 山頭火

Each person,
Walking by himself,
Snow falling.

秋山巌「一人一人ゆく」1992年

昭和8年1月27日の句

山頭火の日記より
「一月廿七日

よい朝、つめたい朝、すこし胃がわるくて、すこしにがい茶のうまい朝(きのふの破戒――シヨウチユウをのみ、ウイスキーをのんだタタリ)。
何もかもポロ/\だ、飯まで凍てゝポロ/\。
けふも雪、ちらりほらり。
さすがの私も今日ばかりは、サケのサの字も嫌だ、天罰てきめん、酒毒おそるべし/\、でも、雪見酒はうまかつた/\。
また、米がなくなつた、しかし今日食べるだけの飯はある、明日は明日の風が吹かう、明日の事は明日に任せてをけ――と、のんきにかまへてゐる、あまりよくない癖だが、なほらない癖だ。
自製塩辛がうまかつた。
午後はだいぶあたゝかくなつた、とけてゆく雪はよごれて嫌だ。
△満目白皚々、銀盌盛雪、好雪片々不落別処(すこし、禅坊主くさくなるが)、などゝおもひだす雪がよい。

遺書をいつぞや書きかへてをいたが、あれがあると何だか今にも死にさうな気がするので(まだ死にたくはない、死ぬるなら仕方もないが)、焼き捨てゝしまつた、これで安心、死後の事なんかどうだつてよいではないか、死後の事は死前にとやかくいはない方がよからう。
原稿も書き換へることにした、どうも薄つぺらなヨタリズムがまじつて困る、読みかへして見て、自分ながら嫌になつた、感興のうごくまゝに書いてゆくのはよいが、上調子になつては駄目だ。
△奇マヽを信じないで、しかも奇績を待つてゐる心は救はれない、救はれたら、それこそ奇績だらう。
自己陶酔――自己耽溺――自己中毒の傾向があるではないかと自己を叱つてをく。
いちにち、敬坊を待つた(今明日中来庵の通知があつたから)。
焚火するので、手が黒く荒れてきた、恐らくは鼻の穴も燻ぶつてゐることだらう、色男台なしになつちやつた。

酒の下物サカナはちよつとしたものがよい、西洋料理などは、うますぎて酒の味を奪ふ、そして腹にもたれる。
樹明さんは、来庵者が少い――殆んど無いといふことを憤慨してゐるが、私としては、古い文句だけれど、来るものは拒まず去るもの追はず、で何の関心もない、理解のない人間に会ふよりも、山を見、樹を眺め、鳥を聞き、空を仰ぐ方が、どのぐらいうれしいかは、知る人は知つてゐる。
敬治さんは、炬燵がなくては困るだらうと心配してくれる、しかし、私はまだ、炬燵なしにこの冬を凌ぐだけの活気を残されてゐる、炬燵といふものは日本趣味的で、興あるものであるが、とかくなまけものにさせられて困る、あつて困る方が、なくて困る場合よりも多い、だが、かういう場合の炬燵――親友会飲の時には、炬燵がほしいな。
私の寝仕度もおかしいものですよ、――利マヽ帽をかぶつて襟巻をして、そして、持つてるだけの着物をかける、何しろ掛蒲団一枚ではやりきれないから。
亀の子のやうにちゞこまらないで、蚯蚓のやうにのび/\と寝るんですな!

・雪へ雪ふるしづけさにをる
・雪にふかくあとつけて来てくれた
・雪のなかの水がはつきり
・なにもかも凍つてしまつて啼く鴉
  樹明君に
・雪のゆふべの腹をへらして待つてゐる
・雪も晴れ伸びた芽にぬくいひざし
・火を燃やしては考へ事してゐる
・雪ふるひとりひとりゆく
・水のいろのわいてくる
・雪折れの水仙のつぼみおこしてやる
   改作一句
・この柿の木が庵らしくするあるじとなつて
 遠く遠く鳥渡る山山の雪
 雪晴れの煙突からけむりまつすぐ
 小鳥が枝の雪をちらして遊んでくれる
 今夜も雪が積みさうなみそさゞい
 暮れはやくみそつちよが啼く底冷えのして
 電燈きえて雪あかりで食べる
・いそいでくる足音の冴えかえる
・雪あした、あるだけの米を粥にしてをく
 山の水の張りつめて氷
・雪の山路の、もう誰か通つた
・雪のあしあとのあとをふんでゆく
・霜ばしら踏みくだきつゝくらしのみちへ
・雪どけみちの兵隊さんなんぼでもやつてくる
・大きな雪がふりだして一人
・おぢいさんは唄をうたうて雪を掃く
・朝の墓場へもう雪が掃いてある」

#秋山巌 #akiyamaiwao
#山頭火 #santoka







最終更新日  2021.01.31 18:21:39
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.24


秋山巌の小さな美術館 ​ギャラリーMami​ の町田珠実です。

朝凪の島を二つおく(呼子港) 山頭火
昭和7年1月24日の句

秋山巌「朝凪の島」1985年

山頭火の日記には、「呼子町の対岸には遊女屋が十余軒、片島にも四五軒あつた、しかし佐用姫の情熱を持つたやうな彼女は見当らなかつた!」とあります。

遊郭があったのですね。

以下、昭和7年1月24日の山頭火日記、ご参考に。

一月廿四日

 小春、発動汽船であちこち行乞、宿は同前。

早く起きる、何となく楽しい日だ、八時ポツポ船で名護屋へ渡る、すぐ名護城マヽ趾へ登る、よかつた。
――遊覧地じみてゐないのがよい、石垣ばかり枯草ばかり松ばかり、外に何も残つてゐないのがよい、たゞ見る丘陵の起伏だ、そして一石一瓦こと/″\く太閤秀吉を思はせる、さすがに規模は太閤らしい、茶店――太閤茶屋――たゞ一軒の――老人がいろ/\と説明してくれる、一ノ丸、二ノ丸、三ノ丸、大手搦手、等々々、外濠は海、内濠は埋つてゐる、本丸の記念碑(それは自然石で東郷元帥の筆)がふさはしい、天主台は十五間、その上に立つて、玄海を見遙かして、秀吉の心は波打つたゞらう、その傍にシヤンがつゝましく控へてゐたかも知れない。

後方の山々には日本諸国の諸大名がそれ/″\陣取つて日本魂を発露したゞらう。
私は玄海のかゞやきの中に豊太閤の姿を見た。
桑田変じてマヽ海となるといふが、城趾が桑畑になつてゐる、松風、小鳥、枯薄。……
茶店の老人があまり深切に説明してくれるので、とう/\絵葉書一組買はないではすまないやうになつた。

大きな松が枯れてゐる、桜が一本、藤が一株。
観月の場所としては随一だらう。
こゝでまた、いつもの癖で水を飲んだ。

 城あと、茨の実が赤い
・ゆつくり尿して城あと枯草

二時間ばかり漁村行乞、ありがたいこともあり、ありがたくないこともあつた。
十二時近くなつてまた発動機船で片島へ渡る、一時間ほど行乞、蘭竹の海岸づたひに田島神社へ参拝する、こゝに松浦佐用姫の望夫石がある、祠堂を作つて、お初穂をあげなければ見せないと宮司がいふ、それだけの余裕もないし、またその石に回向して、石が姫に立ちかへつても困るので堂の前で心経読誦、そのまゝ渡し場へ急いだ、こゝでも水を飲むことは忘れなかつた。

呼子へ渡されたのは二時、あまり早かつたので、そして今日は出費が多かつたので――渡銭三回で三十銭、外に久し振りにバツト七銭、判をいたゞいてお賽銭五銭など――一時間行乞、宿に帰つて、また洗濯、また一杯、宿のおかみさんが好意を持つてくれて鰯の刺身一皿喜捨してくれた、私も子供に一銭二銭三銭喜捨してやつた。

鰯といへば、名護屋でも片島でもたくさんの収穫があつた、女が七八人並んで網から外しては後へ投げる、どこも鰯、鰯臭かつた。
呼子町の対岸には遊女屋が十余軒、片島にも四五軒あつた、しかし佐用姫の情熱を持つたやうな彼女は見当らなかつた!
石になるより銭になる、石になれ、銭になれ、なりきれ。
名物松浦漬(鯨骨の粕漬)そして佐用姫漬(福神漬)、島へ小鳥を持つて帰る人、島の遊女を買ふ人。
蒲鉾はようござんすか、と少年がいつた、いつぞや、お魚はいりませんか、と女がいつたのと好一対の傑作だ。
・朝凪の島を二つおく(呼子港)
    □
・ほろりとぬけた歯ではある(再録)
    □
・黒髪の長さを潮風にまかし

この宿の娘については一つのロマンスがある、おばあさんが、わざわざ、二階の私に燠を持つてきてくれて話した。――(×印へ)
同宿のテキヤさん、トギヤさん、なか/\の話上手だ、いろ/\話してゐるうちに、猥談やら政治談やら、なか/\面白かつた、殊にオツトセイのエロ話はおかしかつた。
自動車は、乗らないものには外道車、火鉢に火がないならば灰鉢。……






最終更新日  2021.01.27 15:19:47
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.19
カテゴリ:カテゴリ未分類



秋山巌の小さな美術館 ​ギャラリーMami​ の町田珠実です。

ノエビア銀座ギャラリーさんよりご案内が届いておりますのでご紹介します。

戦前のJAPANツーリズム
美しい日本へようこそ

2021年1月12日(火)~3月19日(金)

時間:午前9時~午後5時30分

会場:​ノエビア銀座ギャラリー
主催:株式会社ノエビア
協力:木屋ギャラリー 入場無料

1911年頃、シベリア鉄道との連絡により南満州鉄道が国際線化し、日本に外国人観光客が訪れるようになります。1930年、鉄道省に国際観光局が創設され、観光ポスターやグラフ雑誌などを通じて、「美しい日本」をアピールし、外国人を積極的に誘致しました。1930年代中頃には、外国人観光客は4万人を超えたといいます。本展では、当時のポスターや貴重な資料を展示し、戦前のツーリズムを振り返ります。

以上DMより

コロナ禍 注意事項ご確認の上ご覧ください。







最終更新日  2021.01.19 14:46:34
コメント(0) | コメントを書く

全786件 (786件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 79 >

PR

X

Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.