871665 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の「まみだより」

2010.05.04
XML
カテゴリ:禅の風1982年第3号

秋山巌の小さな美術館 ギャラリー馬美の町田珠実です。

禅の風」第3号 禅の人間像=第三回 種田山頭火

           泥酔の俳聖

文・大山澄太  版画・秋山巌

先日の59頁に引き続き、60頁をご紹介します。


◎酒に関する覚え書き

「酒は酒袋に盛れ、酒盃は小を可とす。
独酌三杯、天地洞然として天地なし。
さしつ、さされつ、お前が酔えば、わしが踊る。
酒屋へ三里、求める苦しみが、与えられるよろこび。
酒飲みは酒飲めよ、酒好きに酒を与えよ。
飲むほどに酔う。それが酒を味わう境涯である」

酒徒山頭火が踊り出るではないか。天下の酒飲みは万々歳だ。
更に山頭火は哲学する。

◎酒に関する覚え書き

「酒中逍遥、時間を絶し、空間を越える。
飲まずにはいられない酒は、
しばしば飲んではならない酒であり、
飲みたくない酒でもある。
飲みたい酒、それは悪くない。
味う酒、よいかな、よいかな。
酒好きと、酒飲みとの別をはっきりさせる要がある。
酒好きで、酒飲みは、不幸な幸福人だ」

尾崎放哉は大酒を呑むと、よく怒った。山頭火はよくしゃべり、機嫌がよくなった。ここに二人の酒についての異なる風景が発展したかと私は思う。山頭火は幸福な不幸人であったかと私は思う。彼はまた日記にしるす。


「酒と句、この二つは、私を今日まで生かしてくれたものである。もし酒がなかったならば、私はすでに自殺してしまったであろう。たとえ自殺しなかったとしても、私は痴呆委となっていたであろう。まことにまことに、南無酒菩薩であり、南無句如来である。遊歩悠々、行乞三昧でなければならないと思う。夜の雨はしめやかだった。財布はいよいよないふだったがー」

61頁まで入りましたが、きりのいいところまで書き起こしました。

 







最終更新日  2012.09.21 19:39:00
コメント(0) | コメントを書く
[禅の風1982年第3号] カテゴリの最新記事


PR

プロフィール


gallerymami

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

コメント新着

池田恵美子@ Re:義妹、町田久美子ご縁の皆様方へ(09/26) 記事に気がつかず、今拝見しました。 家族…
gallerymami@ Re[1]:移住2ヶ月、完治しました!!(閲覧注意)(12/30) すーさんさんへ こんにちは、コメントあり…
すーさん@ Re:移住2ヶ月、完治しました!!(閲覧注意)(12/30) <small> <a href="https://plaza.rakuten…

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.