871744 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の「まみだより」

2016.04.14
XML
カテゴリ:西宮のお話し

rblog-20160414163554-00.jpg

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

死ぬな ケガすな 病気すな

この碑は、阪急甲陽線の沿線にある大社中学校の入り口にあります。車で通った時にみつけ、とても胸にささるメッセージだと気になっていました。

今日は、いつもなら車で用足しするところを、思いきって歩いてまわり、写真を撮らせていただきました。


rblog-20160414163554-01.jpg

きっと、親御さんが立てたのだろうなぁと思い、横を確認すると、きちんと記されていました。

rblog-20160414163554-02.jpg

故 古本孝夫 

昭和四十二年十二月十八日 交通事故死
昭和四十三年三月建立


大社中学校のHP「沿革史」の中に、
『昭和43年 3月10日 「われら大社の生命」の碑 完成』とありますが、この碑の事でしょうか。(ご存じの方がいらしたら、教えて下さいませ)


新学期、新年度が始まり、切ないニュースが溢れています。
子供だけでなく、大人も同じですね。


実父「秋山巌」は70代の時、下血があったのに一年以上ほったらかしにして、病院に行った時には大腸癌で手術しか選択がありませんでした。

夫は、20年以上前に駐車中のトラックにバイクで激突し、左足を失っています。

不可避なこともあるだろうけど、防げることは沢山あると思います。

「死ぬな ケガすな 病気すな」

その為に出来る事は最大限やる必要があると、私は思うのです。
その為に出来る事を、最大限やる国であってほしいと願います。

追記2021/02/07:コメントにて碑の建立由来を教えていただきましたので、転記します。

(コメント欄もご覧下さい)

「あの石碑の正面および横面の揮毫をされたのは、当時同校校長で、後に西宮市教育長も務めらた、竹村賢造先生です。

私は、竹村先生が当時の御影師範(現・神戸大学)を卒業されて、最初に教員として赴任された鳴尾小学校の、第一回生(昭和20年)です。

あの生徒の事故の後、竹村先生は教育委員会と掛け合って、校庭から前の自動車通路(そこで死亡事故が起きました)に出る道の付け替えを交渉されましたが、もし出入り口を付け替えると、元の出入り口の位置は市の手落ちだった、と認めることになると主張する市と対立された、と私の母から聞いています。石碑を立てる金もないし、それ市側は反対。
それで、校庭から外に出る道を今のように少し斜めに付け替える(それだけでも、出口と自動車道路の間にかなりの間隔が出来ます)ことで落着しました。それで、石碑の方は、市側は立てないので、誰も慰霊碑だ、と気付かないように、正面には「死ぬな、怪我すな、病気すな」とだけご自分が書いて、これは私の推測ですが、校費ではなくて、先生のポケットマネーでお建てになったのに違いありません。それが証拠に、石碑の裏や何処にも、建立者の銘は見当たりません。これはいかにも竹村賢造先生らしい所作だ、と思います。」

渡邊昭雄さん、ありがとうございました!







最終更新日  2021.02.07 06:20:10
コメント(5) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:「死ぬな ケガすな 病気すな」大社中学校の石碑(04/14)   MICHIKO さん
私、西宮市立大社中学校の卒業生です❗
この石碑の文字、忘れていません❗
今も、覚えていますよ! (2018.08.18 10:52:33)

Re[1]:「死ぬな ケガすな 病気すな」大社中学校の石碑(04/14)   gallerymami さん
MICHIKOさんへ

コメントありがとうございます。
(お返事遅くなってごめんなさい)
この碑の前を通っただけでも気になるのですから、
卒業生でしたらなおのこと忘れないでしょうね。

MICHIKOさんのように、「死ぬなケガすな病気すな」を忘れず、大事な事として思い出してくれる方が多いのは、この記事へのアクセス数でわかります。やっぱり、子供たちに伝えたい、心に刻んでほしい文字だと思います。
(2018.10.25 22:32:38)

Re:「死ぬな ケガすな 病気すな」大社中学校の石碑(04/14)   渡邊昭雄 さん
今頃何か、と仰る方もおられるかも知れませんが、私の知るところを記します。

あの石碑の正面および横面の揮毫をされたのは、当時同校校長で、後に西宮市教育長も務めらた、竹村賢造先生です。

私は、竹村先生が当時の御影師範(現・神戸大学)を卒業されて、最初に教員として赴任された鳴尾小学校の、第一回生(昭和20年)です。

あの生徒の事故の後、竹村先生は教育委員会と掛け合って、校庭から前の自動車通路(そこで死亡事故が起きました)に出る道の付け替えを交渉されましたが、もし出入り口を付け替えると、元の出入り口の位置は市の手落ちだった、と認めることになると主張する市と対立された、と私の母から聞いています。石碑を立てる金もないし、それ市側は反対。
それで、校庭から外に出る道を今のように少し斜めに付け替える(それだけでも、出口と自動車道路の間にかなりの間隔が出来ます)ことで落着しました。それで、石碑の方は、市側は立てないので、誰も慰霊碑だ、と気付かないように、正面には「死ぬな、怪我すな、病気すな」とだけご自分が書いて、これは私の推測ですが、校費ではなくて、先生のポケットマネーでお建てになったのに違いありません。それが証拠に、石碑の裏や何処にも、建立者の銘は見当たりません。これはいかにも竹村賢造先生らしい所作だ、と思います。


以下は、蛇足です。
「死ぬな、怪我すな、病気すな」と皆に説かれていた竹村先生は、教育長に御栄転後、直ぐに、それもあっという間に昇天されてしまいまいました。私は先年、北米。五大湖のヒューロン湖に旅した際、「鳴尾小学校で先生に教えて戴いた「ス・ミ・ヒ・エ・オンタ」のヒに、今立っていますよ」と、一人涙しました。それを教えて戴いたのは、早や80年近く前のことになります。      
 
(合掌) (2021.02.06 16:04:27)

Re[1]:「死ぬな ケガすな 病気すな」大社中学校の石碑(04/14)   gallerymami さん
渡邊昭雄さんへ

コメントありがとうございます!
毎日のようにアクセスがある記事ですので、皆さん気にとめているのだと思います。

竹村賢造先生、素晴らしい先生だったのですね。
皆さんにもお伝えしたいので、ブログ本文にも少し転記させていただきます。

素敵なヒューロン湖の旅のお話も、ありがとうございました。 (2021.02.07 06:14:07)

Re[1]:「死ぬな ケガすな 病気すな」大社中学校の石碑(04/14)   gallerymami さん
渡邊昭雄さんへ

すみません、コメント素晴らしいので、蛇足以外そのまま転記させていただきました。
(2021.02.07 06:22:38)

PR

プロフィール


gallerymami

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

コメント新着

池田恵美子@ Re:義妹、町田久美子ご縁の皆様方へ(09/26) 記事に気がつかず、今拝見しました。 家族…
gallerymami@ Re[1]:移住2ヶ月、完治しました!!(閲覧注意)(12/30) すーさんさんへ こんにちは、コメントあり…
すーさん@ Re:移住2ヶ月、完治しました!!(閲覧注意)(12/30) <small> <a href="https://plaza.rakuten…

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.