700136 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の「まみだより」

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

カテゴリ未分類

2021.01.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類



秋山巌の小さな美術館 ​ギャラリーMami​ の町田珠実です。

ノエビア銀座ギャラリーさんよりご案内が届いておりますのでご紹介します。

戦前のJAPANツーリズム
美しい日本へようこそ

2021年1月12日(火)~3月19日(金)

時間:午前9時~午後5時30分

会場:​ノエビア銀座ギャラリー
主催:株式会社ノエビア
協力:木屋ギャラリー 入場無料

1911年頃、シベリア鉄道との連絡により南満州鉄道が国際線化し、日本に外国人観光客が訪れるようになります。1930年、鉄道省に国際観光局が創設され、観光ポスターやグラフ雑誌などを通じて、「美しい日本」をアピールし、外国人を積極的に誘致しました。1930年代中頃には、外国人観光客は4万人を超えたといいます。本展では、当時のポスターや貴重な資料を展示し、戦前のツーリズムを振り返ります。

以上DMより

コロナ禍 注意事項ご確認の上ご覧ください。







最終更新日  2021.01.19 14:46:34
コメント(0) | コメントを書く


2020.09.23
カテゴリ:カテゴリ未分類



秋山巌の小さな美術館 ​ギャラリーMami​ の町田珠実です。

逗子市にお住まいの Y さんより、昭和63年(1988年)千葉県の佐倉市にあった「ブックマートさくら」での写真が届きました。

当時は、書店で個展と著作のサイン会など、春陽堂の荒井さんが一緒に廻ってよく開催していたので、その一つだと思います。

少し前にお電話いただき、貴重な写真だからと、わざわざ送って下さいました。

Y さんは、当時千葉県で開業医をされていたそうです。
とても凜々しいですね!

添えられたお手紙には、戦後、台湾から引き揚げて、長崎の浦上で育ったと書かれていました。
九州大学医学部卒だそうですが、戦後の浦上の様子など、少しだけ電話でお話をうかがいました。

32年前、ご縁をありがとうございます。







最終更新日  2020.09.23 21:00:55
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.05
カテゴリ:カテゴリ未分類



秋山巌の小さな美術館 ​ギャラリーMami​ の町田珠実です。

秋山巌版画集「さかしまに」におさめられている作品を1点ずつご紹介します。

秋山巌の木版画「兵を射つ」1981年

機関銃翔けり短き兵を射つ 三鬼

西東三鬼​ の句をモチーフにした作品は他に2点。

占領地区の牡蠣を将軍に奉る 三鬼

兵を乗せ黄土の起伏死面なす 三鬼


露人ワシコフ叫びて石榴打ち落す​ の作品も、以前記事を書きました。

ご参考まで。







最終更新日  2020.09.05 15:46:55
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.04
カテゴリ:カテゴリ未分類



秋山巌の小さな美術館 ​ギャラリーMami​ の町田珠実です。

秋山巌版画集「さかしまに」におさめられている作品を1点ずつご紹介します。

秋山巌の木版画「叫びたし」1981年

戦争はうるさしけむし叫びたし 白泉

渡辺白泉​ の句をモチーフにした作品は他に2点。

銃後といふ不思議な街を丘で見た 白泉

戦争が廊下の奥に立ってゐた 白泉

鴉の鳴き声が聞こえてきそうな作品。

私はカラス、好きなんですけどね。







最終更新日  2020.09.05 15:01:28
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.03
カテゴリ:カテゴリ未分類



秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。


母の手に英霊ふるへをり鉄路 窓秋

高屋 窓秋​(たかや そうしゅう)の句です。

関連お勧め記事2つ

◆「鴎座俳句会&松田ひろむの広場」さんの記事
  ​評論「高屋窓秋の光と影」

◆「斎藤百鬼の俳句閑実」さんの記事
  ​高屋窓秋『花の悲歌』(2)







最終更新日  2020.09.05 14:46:56
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.17
カテゴリ:カテゴリ未分類


秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。
工房から、広島福屋百貨店さんの個展案内状が届きましたのでご案内致します。

秋山巌・豊英 木版画展
​■2019年2月21日(木)~2月27日(水)
■​福屋八丁堀本店​7階ギャラリー101(最終日17時閉場)

​詩情豊かに素朴な自然や生き物たちを
版に表現し続ける親子二人の木版画展です。

山頭火・梟・猫などをテーマに40余点を展覧いたします。
是非この機会にご高覧賜りますようご案内申し上げます。


以上、案内状より。







最終更新日  2019.02.17 21:12:36
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.25
カテゴリ:カテゴリ未分類
秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

すっかり秋ですね、
ちょっとご無沙汰していました。

 おちついて柿もうれてくる 山頭火

画像の作品では、<うれてきた>とありますが、秋山先生が描いたときのイメージがそうだったのだと、ご理解いただければ幸いです。そういう作品がいくつもあるので、ご承知おき下さいませ。

実りの秋、芸術の秋、なんといっても、秋山巌の秋ですから、そろそろブログもHPもがんばりませんとね。


HPのお買い物コーナーも、ヤマトシステム開発の「e-ネコショップ」から、ヤマトフィナンシャルのお買い物かごに変更したので、少しずつ更新していきます。

作品の販売は継続中ですので、メールにてお問い合わせ下さい。

※画像の作品は、ポストカードです。







最終更新日  2018.10.25 22:49:05
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.01
カテゴリ:カテゴリ未分類


秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

宮城県山元町の曹洞宗 徳本寺 寺報※「見星」で、
秋山巌の肉筆屏風【釈迦十大弟子】が紹介されています。この屏風は徳本寺所蔵作品です。

平成6年(1994年)
「ギャラリー馬美」が、福島県の相馬にオープンしたその年に制作しました。

徳本寺のご住職、早坂文明さんは、卒論に山頭火、新婚旅行に山頭火の足跡をたどった山頭火ファンで、もちろん秋山巌の事は昔からご存じでした。

ご著書「僧が語る情四季的な話」
にも、秋山巌が書き下ろしの作品を描かせていただいたり、良きご縁を沢山いただきました。徳本寺さんの事は、また改めて記事にしますね。

今回私は、この「見星」を読んで、初めて釈迦十大弟子それぞれのお名前と得意分野を知りました。せっかくですので、ご紹介させていただきます。


※<喫茶去> 釈迦十大弟子

「こんにちは、和尚さん。いつ見ても、あの屏風の絵は迫力がありますね」
―釈迦十大弟子が描かれています。版画家の秋山巌さんの作品で、平成6年のものです。

「棟方志功さんのような雰囲気がありますね」
―その通りで、棟方志功門下の鬼才と言われています。漂泊の俳人山頭火の句をモチーフにした版画が特に有名です。

「釈迦十大弟子はどんな人たちなんですか」
―お釈迦様の弟子の中で中心的存在の10人の方です。
それぞれの第一人者として、

知恵の舎利弗(しゃりほつ)
神通の目連(もくれん)
頭陀(ずだ・修行の専念者)の摩訶迦葉(まかかしょう)
天眼(てんげん・超能力的視界を持つ)の阿那律(あなりつ)
解空(げくう・空の真理の理解者)の須菩提(しゅぼだい)
説法の富楼那(ふるな)
論議の迦旃延(かせんねん)
持律(戒律を守る)の優波離(うばり)
密行(綿密な規律者)の羅睺羅(らごら・お釈迦様の実子)
多聞(多くの教えを聞いている)の阿難(あなん)
です。

「お釈迦様には、子どもがいらしたんですね」
―釈迦族の王子さまとして、16歳の時ヤショーダラーと結婚して一子をもうけています。お釈迦さまが出家をして悟られた後に、妻子共にお釈迦さまの弟子になり出家をしています。その子、羅
羅が十大弟子のひとりというわけです。

「お釈迦さまの偉大さは言うまでもありませんが、たくさんの優れたお弟子さんが、その教えを受け継いだからこそ、仏教が今に伝わっているのですね」
―そうですね。実はお茶も仏教が縁で日本に伝わっています。まず一服どうぞ。

※喫茶去:禅の言葉で「お茶をおあがりください」という意味

十大弟子それぞれの得意分野を知ると、この屏風に描かれている誰が、どの弟子にあたるのか、わかってきそうです。(ご住職にはわかるかも!)


描いて間もない頃の屏風。(ギャラリー馬美にて)



今月21日で、秋山巌生誕97年!
ではまた。









最終更新日  2018.03.03 02:34:57
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.29
カテゴリ:カテゴリ未分類

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

山頭火の句のような寒い日が続いていますね。

大雪でニュースになった北海道の音威子府には、秋山巌と同じ海軍落下傘部隊の新木正さんがまだご健在で、カンジキで雪出ししている様子などをFBで拝見しています。

私も、相馬にいたときには年に数回、雪かきしていました。相当な重労働ですよね、もう出来ません・笑。

鉄鉢の中へも霰 山頭火

この肉筆画は、その相馬でギャラリーをオープンした年に描いてもらった作品です。写真ではこの迫力が伝わりませんが、「霰」もありがたく受け取り、前に進む気力を感じていただけたらと思います。





山頭火三部作「板画・山頭火」には、木版画の「あられ」が掲載されています。


板画・山頭火







最終更新日  2018.01.29 15:27:22
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.21
カテゴリ:カテゴリ未分類

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

先日に引き続き、木版画作品の軸装をご紹介します。

酒がどっさりある椿の花 山頭火



椿の花弁が墨なのに、椿に見えるのですよね。
この構図しかないような構図も、秋山作品の魅力であり、尊敬している所です。

額装に飽きたらお軸にして、季節によって掛け替えるのも楽しいと思います。






最終更新日  2018.01.21 20:55:09
コメント(0) | コメントを書く

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR

X

Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.