700096 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の「まみだより」

全86件 (86件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

イベント

2021.02.21
XML
カテゴリ:イベント



秋山巌の小さな美術館 ​ギャラリーMami​ の町田珠実です。


秋山巌の生誕100年、3/21の誕生日まであと1ヶ月となりました。
ギャラリーMami主催の【生誕100年 秋山巌 展】のご案内です。

日本で最も歴史ある民間美術団体「​太平洋美術会​」のギャラリーにて
開催致します。


生誕100年 秋山巌 展

~作品と写真で辿る軌跡~

会期:2021年3月20日(土)~3月26日(金)
   10時~17時(最終日は16時閉場)
   
会場:​ギャラリー太平洋​(東京都荒川区)
主催:秋山巌の小さな美術館 町田珠実(長女)
協力:太平洋美術会版画部


画像は、できたてほやほやのポスターデザインです。
詳細は追ってお知らせ致します。

どうぞお楽しみに!!







最終更新日  2021.02.21 20:47:36
コメント(0) | コメントを書く


2021.01.17
カテゴリ:イベント



秋山巌の小さな美術館 ​ギャラリーMami​ の町田珠実です。

京都高島屋での「吉田博展」にようやく行ってきました。



200点の展示、なかなかの見応えでした。
版木や写生帖も展示されていて、作品と合わせて理解が深まります。

太平洋美術会のHPでも、吉田博作品が紹介されています。

出口では、図録やポストカードが盛大に販売されていました。


次は東京ですね。

没後70年 吉田博展
東京都美術館 2021年1月26日(火)~3月28日(日)

最近の私↓ひとまず元気です。









最終更新日  2021.01.19 15:32:40
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.12
カテゴリ:イベント



秋山巌の小さな美術館 ​ギャラリーMami​ の町田珠実です。

あべのハルカス近鉄本店での

【生誕100年記念】秋山巌木版画展 1/6~1/12

初日に行ってきましたので、さらっと展示風景をご紹介します。

コロナ禍で、なおかつお寒い中、足を運んで下さった皆様、ありがとうございました。

上はギャラリー入り口

こちらは入り口からの様子。



左から、木版画「ライバル」「凩」「行者」



左から「雪ふりしきる」「青い山」




こちらは肉筆のふくろう



木版画「衆生済度」



木版画「武者溜り」



木版画「不器に生きる」



制作風景



木版画「幻想の軍神」1976年



左「考える」右「ごていどん」「律儀なやつ」「坊やたち」

※ごていどん:ご亭主・・・おてもやんに出てきますね。



猫やらいろいろ



肉筆「考える」



その他、小品数点、初期から晩年までの展示販売でした。

☆木版画はまだご用意出来る作品がありますので、お気軽にお問い合わせ下さい。







最終更新日  2021.01.12 19:02:32
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.02
カテゴリ:イベント



秋山巌の小さな美術館 ​ギャラリーMami​ の町田珠実です。

あけましておめでとうございます。
秋山巌 生誕100年の2021年がスタートしました。

まずは大阪から記念展のご案内です。
(ギャラリーMamiの企画ではないので、詳細は会場にお問い合わせくださいね)


【生誕100年記念】秋山巌木版画展

会期:1月6日(水)~12日(火) 午前10時~午後8時
   ※最終日は午後4時で閉場
会場:​あべのハルカス近鉄本店
   タワー館11階〈アートギャラリー〉

このたび近鉄百貨店では『生誕100年記念 秋山 巌 木版画展』を開催いたします。
木版一筋に自然と向き合い、天命93年の生涯を全うされた故・秋山巌氏。
俳人・種田山頭火の句を題材としたシリーズをはじめ、梟や小動物など遊び心溢れる作品の数々を版木に刻みました。

本展では、秋山 巌・生誕100年を記念し、貴重な初期の作品から晩年の遺作に至るまで一挙に展覧いたします。この機会にぜひご高覧いただきますようご案内申しあげます。

以上


3月には、秋山巌が版画部創設に貢献した、日本で最古の民間美術団体「​太平洋美術会​」ギャラリーにて、秋山巌の生涯をお伝えする企画展を開催します。

5月はふるさと竹田市で、4月には山頭火のふるさと防府であるかもしれません。
また追ってお知らせします!







最終更新日  2021.01.02 14:49:06
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.06
カテゴリ:イベント



秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

8/19~大丸東京店の個展ご案内です。


~自然と向き合い語り続ける~
秋山巌・豊英 木版画 二人展

会期:2020年8月19日(水)~25日(火)
   10時~20時 ※最終日は17時閉場
会場:​大丸東京店​ 10階美術画廊

木版一筋に自然と向き合い、天命93年の生涯を全うされた
故・秋山巌氏と、父に師事した豊英氏の親子による個性豊かな木版画展。
素朴でかつ遊び心溢れる作品の数々をこの機会にお楽しみくださいませ。


板画・山頭火もまだまだ販売中!


板画・山頭火/秋山巌







最終更新日  2020.08.06 20:30:14
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.05
カテゴリ:イベント


(NPO安房文化遺産フォーラムのお便りより)

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

館山まるごと博物館展のご案内です。

秋山巌の作品も展示されます。
海軍落下傘部隊に所属し、館山で訓練。
館山海軍砲術学校での集合写真も展示予定。

<戦後75年平和祈念>
館山まるごと博物館展 入場無料
会期:2020年8月8日(土)~30日(日)
会場:​渚の駅たてやま​ギャラリー

   千葉県館山市館山1564−1


以下、​NPO安房文化遺産フォーラム​ お便りより

赤山地下壕跡(館山市指定史跡)をはじめ館山の戦争遺跡は、平和学習の拠点として多くの方が来訪します。

信州上田の戦没画学生慰霊美術館「無言館」でも、館山海軍砲術学校在籍者の作品があります。
“鬼の館砲”と呼ばれた厳しい訓練の日々の中で、休日になると画学生は隣村の布良へ行き、美しい景観に癒やされ青木繁に思いを馳せ絵筆を執っていたかもしれません。

終戦直後、館山は本土唯一「4日間」の直接軍政を敷かれました。
古くから海路を通じて海洋世界と交流し「平和の文化」を培ってきた精神で、平和裡の戦後日本の創出に貢献しました。

また風光明媚な景観は多くの画家に愛されました。
青木繁の複製画とともに、平和を願う館山ゆかりの寺崎武男や秋山巌らの原画作品も展示します。







最終更新日  2020.08.05 22:52:44
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.20
カテゴリ:イベント
秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

明後日、22日から広島、福屋八丁堀本店での親子展です。

秋山巌・豊英 木版画展

平成30年2月22日(木)~2月28日(水)
福屋八丁堀本店7階ギャラリー101
(最終日午後5時閉場)

詩情豊かに素朴な自然や生き物たちを
版に表現し続ける親子二人の木版画です。
山頭火、梟、猫などをテーマに40余点を展覧いたします。
是非この機会にご高覧賜りますよう
ご案内申しあげます。



今回のDM作品「武者溜り」の意味を知らなくて、先生に聞いたことがあります。
皆さまはご存じでしたか?

武者だまりというのは、出陣する武者たちの集合場所です。
鎧武者、あるいは騎馬武者が、土塀で枡形に囲まれたスペースいっぱいに入ると
人数もすぐに数えられるような仕組みになっていたようです。


出陣前の、たのもしいフクロウ武者に見えてきますね。

ほのぼのした秋山巌・豊英の作品を、是非見に行って下さい。







最終更新日  2018.02.20 20:16:47
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.12
カテゴリ:イベント


秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

ノエビアギャラリーさんよりご案内いただきましたので、忘れぬうちにご紹介です。お近くの方・通りがかりの方は、是非気軽にお立ち寄り下さいネ!


岩合光昭(いわごうみつあき)写真展【ねこといぬ ともだち】
2018年1月9日(火)~ 3月9日(金)

開催時間:午前10時~午後6時(土・日・祝日は午後5時まで)
会場:​ノエビア銀座ギャラリー​(株式会社ノエビア 銀座本社ビル 1F )
主催:株式会社ノエビア
入場無料

ねこといぬは、人間の暮らしとともに生きてきました。自由気ままといわれるねこと、従順といわれるいぬ。特性の違いはありますが、気が合えば「ともだち」です。
日本はもちろん、世界の町でみつけた、仲良しのいぬとねこを集めた写真展です。


以上DMより。






最終更新日  2018.01.14 19:59:49
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.05
カテゴリ:イベント

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

今日まででした!ごめんなさい!!

ご紹介だけでも。。。

ディック・ブルーナ ポスター展「ブラック・ベアは本が大好き」

2017年11月6日(月)~2018年1月5日(金)

開催時間:午前10時~午後6時(土・日・祝日は午後5時まで)

会場:​ノエビア銀座ギャラリー

絵本「ミッフィー(うさこちゃん)」シリーズの作者、ディック・ブルーナ(1927~2017)は、オランダでグラフィックデザイナーとしても活躍し、1955年より発売された大人向け推理小説を中心としたペーパーバック「ブラック・ベア」シリーズの表紙デザインや、宣伝のためのポスターを多数手がけました。

1956年から1971年まで制作されたポスターには、夜遅くまで読書をして目の赤い熊がキャラクターとして登場します。シンプルでありながら愛らしく、ひとめで見る者の心を捉える「ブラック・ベア」。作品の中に人間味やユーモアをも描きこむことを追い求めたブルーナのポスターをご堪能ください。







最終更新日  2018.01.05 16:53:06
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.25
カテゴリ:イベント

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

ノエビアギャラリーさんからご案内が届きました。

以前にも書きましたが、土門拳は秋山巌も好きだった写真家の一人。
酒田での個展の時に、土門拳記念館 を訪ねました。

私も昭和のこどもですが、たしかに外で遊んでる子どもがいっぱいいましたね。


 土門拳写真展「昭和のこども」

2017年3月21日(火)~6月9日(金)
10時~18時(土・日・祝は17時まで)
ノエビア銀座ギャラリー <入場無料>

写真家 土門拳は、昭和20年代後半から30年代初頭にかけて、精力的にこどもを撮影しました。
こどもたちがカメラを意識せずに自然な表情を見せるまで待ち、時間をかけて写していたといいます。

家の外で生き生きと遊ぶこどもたちが、町にあふれていたいた時代。
無心にあそぶこどもたちの姿と笑顔は、幼い日々の記憶を甦らせるだけでなく、時代を超えて私たちに力と希望を与えてくれます。

以上DMより

ノエビア銀座ギャラリーさんの詳細にも、他の写真が載っていますが、やっぱりこのDMの写真、こども笑顔がたまりませんね!


「笑う子」東京・昭和28年(1953) DMより







最終更新日  2017.03.25 22:45:41
コメント(0) | コメントを書く

全86件 (86件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

PR

X

Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.