860480 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の「まみだより」

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

大切な人達

2021.10.13
XML
カテゴリ:大切な人達

徳本寺

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

宮城県亘理郡山元町の​徳本寺​ご住職から、
【私の「テラ」ワーク】が届きました。



徳本寺さんには、秋山巌の作品がたくさん所蔵されています。

掲載されていたのは、先代ご住職の句に、秋山巌画書き下ろした作品。

相馬時代も、秋山巌と山頭火のご縁で、良き出会いがありましたこと
改めて感謝します。



先代 ご住職 早坂文英(俳号 其水)氏







最終更新日  2021.11.14 20:34:51
コメント(0) | コメントを書く


2021.09.26
カテゴリ:大切な人達



秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

義妹、町田久美子とご縁のあった皆様へお知らせです。

久美子は、
2021年6月13日クモ膜下出血により亡くなりました。

町田久美子逝去のお知らせ​ で書いております。

7月31日に、家族で四十九日法要を済ませ(写真)

部屋の引っ越しやもろもろの手続きなど、ほぼ終わりました。

久美子の実兄(夫)と私とで、デジタル遺品の整理を担当し、サブスクなどの解約手続きなど行ってきました。

葬儀には、古くからヘルパーとして支えて下さった皆様ともお別れが出来ました。

また、過去にボランティアでヘルパーをして下さった方や、美容院で担当して下さった方、医療器具でお世話になった方、お友達の方など、ゆかりの方々がご連絡くださり、悲しみの中、両親も励まされました。

さて、両親も高齢で、私たち夫婦も時間が取れませんので、久美子のフェイスブックおよびLINEは、今月いっぱいで削除致します。

メッセンジャーやトークなど、確認は致しませんので、保存する必要があれば、今月中早めに保存なさって下さい。

私は、フェイスブックにアカウントがありますので、何かございましたらメッセージ下さってかまいませんし、久美子の両親にも連絡することが出来ます。

夫は仕事があり、ほとんど対応が出来ませんので、私へお願い致します。


☆久美子の電動車椅子を出品しています☆

久美子が使用していた電動車椅子を、ヤフオクに出品しています。
今年4月に購入したばかりで、2ヶ月ほどしか使用していません。

電動車椅子QUICKIE Q200R カスタム仕様





直接購入いただく事も可能ですので、必要な方がいらっしゃいましたらご連絡ください。

以上、宜しくお願いしす。








最終更新日  2021.09.26 21:15:05
コメント(1) | コメントを書く
2020.11.28
カテゴリ:大切な人達

今日は、ギャラリーMamiではなくて、元【シアタースキャンダル】劇団員の秋山珠実です。

私、日活撮影所内にあった「日活芸術学院」の卒業生でして、

そこでバレエの講師だった樋口四郎先生に頼まれて、シアタースキャンダルに参加したのです。

1981年(昭和56年)7月 赤坂の草月ホールで開催された、劇団「シアタースキャンダル」東京進出5周年記念公演『ザ・スキヤンダル・醜聞』というお芝居に出演しました。

そんなに長い期間ではなかったのですが、玉井さんのイベントにも参加致しまして、映画・演劇の世界におりました。

月日は流れ、2009年(平成21年)4月、尼崎のピッコロシアターで、JR福知山線の脱線事故を題材にした芝居【脱線】を玉井さんがやるというのを知り、観に行って、約30年ぶりの再会です。

東日本大震災・原発事故後の2012年、西宮に避難移住してからは、たま~に生存確認でお目にかかっております。

こちら↓は、玉井さん行きつけのお店、夙川『​菓一條栄久堂吉宗​』

たいがいこちらの和風甘党喫茶店『茶廊 菓一條』で美味しいもの食べてお茶してます。

2020年10月4日、バイパス手術をして退院されたので、生存確認の写真。

※玉井さんにインタビューなどご要望ありましたら、是非こちらでどうぞ♪




玉井さんは、1944年(昭和19年)生まれなので、ご病気もそれなりですね。


そして、先日2020年11月28日、お呼び出しがあり、玉井敬友事務所の最寄り駅の喫茶店にて撮影がこちら↓です。



玉井さんの生い立ちからいろいろ話は尽きず、メモも取れないので、次回は動画撮りましょうとご提案してきました。

私も自分の事でなかなか時間が取れないのですが、ひとまず、玉井敬友氏の近況という事で、気に掛けて下さっている方々にご報告まで。


※玉井さんは、自分の仕事(約40年?)を本にまとめたいとおっしゃっていましたので、ご興味のある編集者・出版社の方は是非ご連絡くださいませ!







最終更新日  2020.12.01 22:59:57
コメント(2) | コメントを書く
2020.08.19
カテゴリ:大切な人達

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

2020年(令和2年)8月19日、種田山頭火顕彰会​ 代表の窪田耕二さんが逝去されました。

長年、山頭火の顕彰に取り組んでこられ、秋山巌もお世話になりました。

山頭火ふるさと館​の完成には、窪田さんも多大な貢献をされたと思います。


窪田さんのフェイスブックでのお知らせ


『いつもFBFの皆様には、大変お世話になっております。

父 窪田耕二儀
かねてより病気療養中ではございましたが、
令和2年8月19日、急逝いたしました。
生前のご厚誼に心より御礼申し上げます。
葬儀の日程につきましては下記の通りです。

会場:シティホール防府
防府市八王子1-4-62
通夜祭:20日(木)18:00~
神葬祭:21日(金)10:00~
喪主:窪田真人(長男)

時節柄、葬儀は家族葬で執り行う予定としておりますので、参列はご遠慮いただきますようお願いいたします。(誠に申し訳ありませんが、特に、県外からのご参列につきましては、ご遠慮ください。)またご会葬の際には、マスクの着用や、距離をおとりいただく等、感染予防へのご協力をお願いします。
子ども一同』



来年、山頭火ふるさと館での企画展のお話があり、療養中の窪田さんに、メッセージを送っていましたが、お返事がなかったので、心配しておりました。

まだまだ早い、とても残念に思います。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。







最終更新日  2020.08.20 15:53:33
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.26
カテゴリ:大切な人達



エマ・ゴンザレスさん、6分20秒のスピーチ!

'Six minutes and twenty seconds': Emma Gonzalez delivers speech at Washington march

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

フロリダの銃乱射事件の生存者、エマ・ゴンザレスさん
6分20秒のスピーチの中、4分強に込めた【沈黙】が刺さったので記録しておきます。

『6分と20秒。この6分強の間に、私の17人の友達は目の前から消え、約15人が負傷し、そして全員--本当にダグラス高校の全員--は、永遠に変わってしまった。

そこにいたみんなは知っていた。

(銃のトラブルに)巻き込まれたことのある人なら、誰だって銃の暴力についての知識はある。

でも私達は、灼けるような太陽の午後に、長く悲しい惨劇の時間を過ごすなんてことは、全然知らなかった。

誰もが、何が起こったのかを理解できなかった。


誰も、身元不明遺体が1日以上校舎に放置されるようなことが起きるなんて信じられなかった。


非常事態が周知された頃、姿の見えなくなった友人が既に息絶えていたなんて、誰も知らなかった。


惨劇の第2波が来るのではないか、どこまで脅威が拡大するのか、事態が何処へ向かうのか、それらを把握することなんて誰にも出来なかった。


状況を受け入れられないでいる人にのためにそこで何が起きていたのか伝えよう。そこではまさに「死」が起きていた。(six feet in the groundは死ぬことの比喩表現)

6分20秒間のAR15によって、私が友達のカルメンのピアノの練習の愚痴を聞くことはもう二度となくなった。


アーロン・フェイスはキラを「ミスサンシャイン」と呼ぶことはもう二度とない。
アレックス・シャッカーが兄のライアンと一緒に学校に通うことはもう二度とない。
スコット・ベイゲルがキャンプでキャメロンと冗談を言うことはもう二度とない。
ヘレナ・ラムゼイがマックスと一緒に放課後に遊ぶことはもう二度とない。

ジーナ・モンタルトが友人のリアムに「昼ごはんこっちで食べよう!」と手を振ることは二度とない。
ホアキン・オリバーがサムやディランとバスケットボールをする日はもう二度とこない。


アライナ・ペティーも二度と帰ってこない。
キャラ・ラグランも二度と帰ってこない。
クリス・へクソンも二度と帰ってこない。
ルーク・ホイヤーも二度と帰ってこない。
マーティン・デュケー・アンギアノも二度と帰ってこない。
ピーター・ワンも二度と帰ってこない。
アリッサ・アルバダーフも二度と帰ってこない。
ジェイミー・グッテンバーグも二度と帰ってこない。
メドウ・ポリックも二度と帰ってこない。

(およそ4分の沈黙)

私が登壇してから6分20秒が経った。
この後、犯人は射撃を止め、ライフルを捨て、生徒の群れに潜んで一緒になって逃げ、そして逮捕の瞬間まで1時間も自由に歩き回った。

誰かに任せるより前に、あなたの命のために闘え。


以上。
和訳は​こちら​から転載させていただきました。







最終更新日  2018.03.26 20:02:46
コメント(0) | コメントを書く
2016.08.09
カテゴリ:大切な人達


秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

お盆になりますね。私も久しぶりに帰省します。

写真は、2011年9月に、福島県の天栄村で療養中のナミさんを訪ねた時のものです。元同僚のお友達、根本っちゃんが持って来た桃が大きくて重たくて、ほらっていうナミさん。

11日(木・祝)に、気になっていたナミさんのお墓参りに行こうかと思います。午後になると思いますが、都合がつく方いらしたら、ご一緒に。

ナミさんは、昨年、サンフランシスコ時間の5月5日11:00pm(日本時間の6日3:00pm)、パロアルトのご自宅にて、永眠されました。

その時の記事「訃報 ナミさんこと小南奈美子さん、ありがとうございました!

スタッフの岨野さんが、「ナミさんのページ」でお墓のご案内をしてくれているので、転載させていただきます。

・・・以下転載・・・

この度、アメリカで分骨していただいて、持ち帰りましたナミさんのご遺骨を、東京のお墓に納骨いたしました。港区の三田にあります三田霊廟という霊園です。どなたでも年中無休でお参りしていただけるところです。どうぞ、下記の案内をご参照の上、お気軽にお参りにいらしてください。

ご案内

ナミさんのお墓は、港区の三田にあります、三田霊廟 の1階左側「浄菩提」にあります。
年中無休で、10:00~19:00にお参りしていただけます。
            
お参りの手順
1、 受付で「小南 奈美子さんのお墓にお参りしたい」とお伝えお名前をご記入ください。
2、 1階の左側「浄菩提」の部屋へ行きます。
3、 厨子(ずし)が指定番号の参拝ブースに運ばれます。
4、 お参りが終わりましたら、右下の白い「終了ボタン」を押して退出してください。

*駐車スペースはありますが、台数が限られますので、なるべく公共の交通機関でいらしてください。
*1回のお参りは、なるべく5人以下でお願いたします。
*他のお参りの方がいらっしゃるので、館内では静粛にお願いします。
*お供えのお花、お供物はお参りの間のみお供えして、後はお持ち帰りください。


ご不明な点などございましたら、岨野(その)までお問い合わせください。
   問い合わせ先:kiyomisono3☆gmail.com(☆を@に)
        

ナミさんのアメリカのお墓のご案内
Fernwood Cemetery
301 Tennessee Valley Rd
Mill Valley CA 94941

*サンフランシスコからゴールデンゲートブリッジを渡ってすぐの地域になります。
*墓地のナミさんのお墓までは、行き方が複雑で地図もありませんので、いらっしゃる際には、上記、岨野(その)までご連絡いただけましたら、くわしく説明させていただきます。
 
       NPO法人エクストラオーディナリーラーニング
                       岨野(その)

・・・転載ここまで・・・

そこにいないとわかっていても、会いに行きたくなります。







最終更新日  2016.08.09 18:55:22
コメント(0) | コメントを書く
2015.11.26
カテゴリ:大切な人達

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。


9月の「奄美・九州の旅」から早二ヶ月。
訪問記も、もろもろご提案してきた件も、一旦脇に置いて、夫の実家の事を優先してやっております。
 
先週末は、10月の記事「近況など。。。」 に書いた、筋ジストロフィーの義妹の所に行ってきました。義妹は気管切開し人工呼吸器を使っているので、痰の吸引はかかせません。

万が一の事を考えて、私も吸引を教えてもらう事にしました。
土曜日に、義父が吸引の流れを教えてくれて、月曜日に、訪問看護の看護師さんに指導してもらい、その後、ベテランヘルパーさんが吸引するのを勉強させてもらいました。

夫には見慣れた光景だし、吸引も出来るのですが、私は人工呼吸器を見るだけでも緊張しちゃいます。

これが義妹の呼吸器。
 
rblog-20151126152503-00.jpg

 


まだまだ、実際に吸引は出来ないので、ペットボトルの気管で教わっている所。


rblog-20151126152503-01.jpg

 人工呼吸器を外して、吸引のチューブを準備するまでの手順も大変に感じました。

rblog-20151126152503-02.jpg

 これから読んで、基本的な事を理解して行こうと思いますが、気になる事はネットで調べながら読んでいるので、なかなか進みません。厚労省の「障害者福祉」のページだとか、内閣府の「障害者施策」のページだとか、とても興味深く読んでいます。もちろん、吸引関連の具体的な例だとかも、家事の合間にちょこちょこ調べているのです。


3年前、仙台から避難移住してきた時には、想像もしていなかった事ですが、実父、秋山巌は直腸癌でオストメイトだったし、夫は左大腿切断の義足ですから、障がい者は身近な存在です。最初にいろいろ調べるのも、当たり前の事ですよね。


今、一番困っているのは、夜間の介護者が見つからないことです。高齢の義父が、いつまでもつか・・・と心配なので、私も一通り教わっておこうとなったわけですが、この週末はものすごく疲れました。

ベテランヘルパーさんのお仕事を見て、まったく、尊敬と感謝でした。匠の技とも言えるような吸引♪

NHK首都圏で放送された『たん吸引”ヘルパー 法改正で深まる患者の苦悩』・・・夫の実家は、まさにこの状態です。


そんなわけで、命に関わることから優先しておりますので、不義理をお許し下さい。

★HPからのご注文は、滞りなく承っておりますが、HPの更新作業は遅れていて申し訳ございません。







最終更新日  2015.11.29 22:28:37
コメント(0) | コメントを書く
2015.08.15
カテゴリ:大切な人達
rblog-20150815231303-00.jpg
 
 秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

今日は、大東亜戦争から敗戦後70年。
私が読んでいる当時の雑誌には、みな『大東亜戦争』です。
被害も加害も、それぞれの戦争をただ聞いておきたいと思っています。
 
 
毎年、都合のついた日に、夫の町田家お墓参りをしています。
今年は12日(水)にお参りしました。
 
阪神淡路大震災で倒れた墓石は、ちょっと欠けていますが、丁寧に掃除をして、ご挨拶してきました。
 
お寺の息子さんと夫は同級生。ご住職にはじめてお目にかかりました。「墓石があっついんですよ」とおっしゃるので触ってみたら、ほんとにあっつい!
 
お墓参りの帰りに、夫の実家に寄って報告だけしてきたのですが、まだ残っている夫の荷物を片付けてくれ~という指令が出たので、翌13日(木)に、タンスや古~いPC周辺機器、大量のコミックをやっつけてきました。
 
コミックは、ブックオフで6千円弱になりましたので、みんな美味しいものに化けました。
 
 
昨年、義母が脳梗塞で倒れ、命に別状はないものの、左半身に麻痺に残り車いす生活になりました。
義母は長いこと、筋ジストロフィーの義妹のサポートをしていたのですが、倒れてからは、義父が代わりにサポートに入るようになりました。
 
義妹は、自分で介護事務所を立ち上げ、自分に派遣するという頑張り屋さんで、人工呼吸器をつけてなお自立していました。が、介護の現場はどんどん厳しくなり、義母も倒れてしまったので、実家のリフォームやら受け入れ体制が整ったら、戻って来る予定だそうです。
 
そんなふうに大変なのがわかっているので、近くてもおまり顔を出すのはご遠慮していたのですが、義母も元気そうなので、今日、退院祝いとご両親のお誕生日と、とにかくまとめてお祝いしましょうと、中華料理を食べに連れて行って来ました。
 
夫のご両親とこんなにゆっくりしたのは、私達が結婚した10年前に、相馬まで来てくれて、松島を案内して食事をして以来だと思います。
 
食事の後、もう、車で出歩くこともなかなか無いだろうからと、義母の出身校や、義父の子どもの頃住んでいた西宮津門のあたりなど、尼崎&西宮の旅をしてきました。

このあたりの空襲にもちょっと詳しくなったので、道すがら、義父にいろいろ教えてもらって、聞いたのが、「うちは防空壕3mも掘ったんだよ」というお話し。そのぐらい掘ると、地下水もしみ出てくるから大変だったそうです。
 
やっぱり、今しか聞けないから、多少は勉強して聞かないとだめですね。
 
今年のお盆は町田家の親孝行で充実でした。
 
 
そうそう、秋山家のほうは、新盆もつつがなくお供えして、良い知らせも届きましたから、またご報告致します。
 
 
 
 







最終更新日  2015.08.16 00:40:43
コメント(0) | コメントを書く
2015.05.07
カテゴリ:大切な人達
 
秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

動画は、2013年8月3日ナミさん講演会(90分を17分に抜粋編集)です。いつでも会えるように貼りました。

今朝、ナミさんこと小南奈美子(Nami Kominami)さんの訃報が届きました。
 
実は、一昨日5月5日の夜に突然、私のフェイスブックにメッセージが入ってびっくりしたのです。その内容は、誰かと間違えたかのような、短い単語と「いいね!」のスタンプでした。
 
昨日、ナミさんと親しい方にご連絡して、何かあったら知らせてくれるようお願いして、今朝、お知らせいただきました。
 
もう、全力で泣いています。

ナミさんとの出会いは、1990年。当時は「フォーラム」と言っていたセミナーです。そのセミナーをリードしていたのがナミさんで、私は参加者でした。

そして、ボランティアからスタッフとなり、1993年に寿退社するまで丸三年、モーレツに仕事に取り組んでいました。
 
 
本当に短い期間だったけど、その後の人生は大きく変わりました。
 
「ナミさんと出会っていなかったら・・・」 という人が、世界中にいます。
 
自分が自分でなくなりそうな時には、ナミさんに会いに行きました。
 
離婚した時、再婚のご報告、そして、3.11大震災&原発事故の後。
 
 
2011年5月28日、東京にいたナミさんに会いに行きました。大病され、細くなった腕で抱きしめて下さり、私はどれほど解放されたかしれません。
 
その時の写真がこちらです。
 
ナミさんと珠実


全く、赤子のように泣きじゃくって。。。

 
日々の出来事や人間関係に、正直にまっすぐ向き合う事が、私のセミナーであり学びだと思っているから、ナミさんのプログラムに参加する事はほとんどなかったけど、一緒に仕事をした3年間は、私の宝です。
 
 
<小南奈美子>で画像検索すれば、素敵なナミさんのお写真が沢山出て来ます。ナミさんのフェイスブックにも、笑顔のナミさんがいっぱいです。
 
 
ナミさん、ありがとうございました。
 
これからも、ずっと一緒にいます。
 
 
 
 
※ナミさんのフェイスブック Nami Kominami
 

2015年7月19日 追記  下記、ご案内がありましたので紹介します。

私は参加出来ませんが、ご縁の皆様へ

NPO法人エクストラオーディナリーラーニングからのお知らせ

日本のトランスフォーメーションに貢献をした ナミさんが逝かれてから、2ヶ月が経とうとしています。 共に貢献してくださった皆様とナミさんを承認する機会を 以下の通り企画いたしました。
皆さまお誘い合わせてのおいでをお待ちしております。


Appreciation For Nami 

Appreciation/アプリシエーション・・・真価(を認める)・好意的な評価・繊細な慧眼・何かの本質、意味、質または、大きさを理解する。感謝の態度を表明すること。

ナミさんと共にあった皆様ご自身とナミさんを承認、完了し 次の創作のための機会です。

日時
2015年10月3日(土)14:00~19:00  
開催時間中、随時、何名様でもおいでいただけます。

場所
東銀座 カフェ・ジュリエ
〒104-0061 東京都中央区銀座5-13-16 東銀座三井ビル1F アクセス 地下鉄東銀座駅徒歩1分 TEL 03-3543-3151 FAX 03-3543-3152 http://www.julliet.jp/

参加費
ナミさんとお会いするスペースは入場無料(事前申込不要
カフェスペースにて、皆さんとお話をされる方は、3000円/1名 (お飲物 アルコール 軽食 ナミさんの新しい本が付きます。)
*プレゼント、お香典の類は固くお断りいたします。
* カフェスペースご利用予定の方のみ、イベントの参加 するの欄にチェックをお願いいたします。
*ドレスコードはございませんので、お気軽な服装でいらしてください。

このイベントに関するお問い合わせは、 NPO法人エクストラオーディナリーラーニング、スタッフ岨野(その)まで、 直接メール〈kiyomisono3@gmail.com〉にてお願いいたします。

 







最終更新日  2015.07.19 15:46:21
コメント(7) | コメントを書く
2014.05.08
カテゴリ:大切な人達

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。


会った事はないのだけれど、生まれたときから知っている貴方へ。

1987年(昭和62年)残暑見舞いが最初です。

「家族が一人増えました。」と、歓びいっぱいのハガキでした。

 

1987年

 


1988年(昭和63年)の年賀状。

かわいくてしかたなかったことでしょう。

 

1988年

 

 

1991年(平成3年)の年賀状。

大切にたいせつに育てられ、おめかししてもらって。

 

1991年

 

 

1992年(平成4年)の年賀状。

弟が出来ました。仲良しですね。

 

1992年

 

 

1993年(平成5年)の年賀状。

すっかりお姉さんの5歳。

1993年

 

20年余りの時が過ぎ、どうしているのかと、気にかけていましたが、お嫁に行くのだと知りました。

 

ただ、幸多かれと、祈っています。

いつか、会える日を楽しみに、ここに、記しておきます。







最終更新日  2014.05.09 02:01:56
コメント(0) | コメントを書く

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR


© Rakuten Group, Inc.