564726 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の「まみだより」

全4件 (4件中 1-4件目)

1

秋山巌の作品について

2008.11.03
XML

秋山巌の小さな美術館 ギャラリー馬美の町田珠実です。

お友達のたけちゃんが、「四季酒の会(よきさけのかい)」というのを主宰しておりまして、ブログで、秋山先生の作品を使っているラベルを紹介してくれました。

こちらのお酒は、石川県加賀の山中温泉にある「松浦酒造」さんの獅子の里です。

江戸時代より続く酒蔵で、若い松浦酒造14代目さんは、なんと杜氏です!

私も、14・5年前に、金沢で個展を開催した時に、一度訪ねたことがあります。

「加賀乙女」には菩薩、特別純米 超辛純米には風神、たぶん包装紙などにも使っている獅子の絵も、秋山巌の獅子です。

秋山先生は、だいぶ以前に、山中温泉に沈没していた時期があります。(その節はお世話になりました)

秋山先生のラベルの日本酒は、たいてい取り寄せて飾ってあったのですが、松浦酒造さんのお酒で、今、うちに残っているのはこちらのにごりだけです。

たけちゃん、ご紹介ありがとう。
是非、福島で「四季酒の会」開催してくださ~い!

 

追記:「獅子の里」は、松浦酒造さんのサイトの他、 シマヤ酒店さんでも、お求めいただけます。

飲み終わったら、丁寧にラベルをはがして、額装するのもいいですよ!(売ってはいけませんけど)







最終更新日  2008.11.05 02:29:28
コメント(4) | コメントを書く


2008.07.09

秋山巌の小さな美術館 ギャラリー馬美の町田珠実です。

秋山巌の作品は、ネットオークションにもけっこう出ています。

弊社ではオークションに出すことはありませんが、たまに、買っても良いぐらい、良い作品も出ています。

ファンの方は、なかなか上手に、いい作品を入手されていますが、最近、あきらかに真似て描いている作品や、画像が小さくて判断つかないけれど、おそらく秋山巌ではないと思われる作品も出ておりますので、皆さん、気をつけて下さいね!!!







最終更新日  2008.07.11 00:06:31
コメント(0) | コメントを書く
2008.05.21

秋山巌の小さな美術館 ギャラリー馬美の町田珠実です。

      「八咫烏問題」  北京五輪絶望

なんて見出しが躍っていたので、「八咫烏」?ヤタガラス???何それっていう人もいらしたのではないでしょうか。

実は私も、秋山巌(実父)先生の作品に「八咫烏」というタイトルの作品が出来るまで、全く知りませんでした。

八咫烏(やたがらす、やたのからす)は日本神話で、神武東征の際、タカミムスビによって神武天皇の元に遣わされ、熊野から大和への道案内をしたとされる三本足の鴉。』

神様のおつかいと言われているのです。

今回、その八咫烏が話題になったのは、北京五輪のサッカー日本代表が、国際オリンピック委員会(IOC)の商標規定の厳格適用により、日本サッカー界のシンボルである3本足のカラス、「ヤタガラス」のエンブレムをユニホームに使用できない可能性のあることが20日、分かったからなのです。


2000年に、秋山先生が「八咫烏」を数点創っているのですが、3月に広島に行ったとき立ち寄った、厳島神社への入り口の、宮島口にある「川原厳栄堂」さんという窯元の店内で、「八咫烏」を飾ってくれていました。

川原厳栄堂さんは、秋山先生がたびたび絵付けに訪れる窯元で、厳島神社と八咫烏は、やっぱりいわれがあるそうです。

秋山先生のモチーフには、いろいろ勉強させられます。

写真は、3月に寄らせていただいた「川原厳栄堂」さん。上のほうに写っているのが、秋山先生の「八咫烏」です。

 

 







最終更新日  2008.05.22 02:16:31
コメント(0) | コメントを書く
2007.02.26

ギャラリー馬美の町田珠実です。

実父で木版画家、秋山巌の作品について、お客様にお伝えしている事も、こちらに書いて行こうと思います。

秋山巌の木版画作品は、ギャラリー馬美では原則<裏打ち>はしておりません。

業者さんによっては、裏打ちされて販売している所も少なくないですが、基本的に版画の場合、しわや波打ちを直す為に、安易に裏打ちをするのはやめたほうがよろしいです。

版画は、シート売りが基本なんですね。コレクターの方は、シートで作家の意図を感じたり、技法やオリジナリティを楽しんだりするわけなんです。

棟方志功先生の、裏彩色(紙の裏から色をつける)は有名ですが、裏打ちしてしまっていたら、解らなくなりますよね。

秋山作品は、表からの彩色ですが、ふくろうなどは、たっぷりの墨が和紙に吸収されますから、かなり収縮が出てしまうのです。が、それが秋山巌ならではの味となっています。

そうは言っても、お客様のほとんどは、玄関・リビング、オフィスなど、目立つ所に飾ってくれますので、作品によってはご理解いただいた上で、裏打ちもしています。

秋山先生はまだ現存作家、元気でおりますので、贋作の心配はほとんどございませんが、ポスターなみにきれいだったら気をつけましょう!(本当にポスターかも)

 

 







最終更新日  2007.02.27 01:48:21
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR

プロフィール


gallerymami

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05

コメント新着

MICHIKO@ Re:「死ぬな ケガすな 病気すな」大社中学校の石碑(04/14) 私、西宮市立大社中学校の卒業生です❗ こ…
たかゆきさんへ@ Re[1]:【訃報】ナミさんこと小南奈美子さん、ありがとうございました!(05/07) たかゆきさんへ こんにちは。 ナミさんは…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.