000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の「まみだより」

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

義足のMy だぁ~りん♪

2019.04.01
XML

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

今日はお祝いの日です♪


あ・・・新元号「令和」発表お祝いじゃないです。

エイプリルフールの4月1日は、私たち夫婦の結婚記念日!


2005年4月1日に結婚。

2019年の今年、14年目

あっという間ですね。







最終更新日  2019.07.21 01:30:35
コメント(0) | コメントを書く


2017.12.16

rblog-20171216224109-00.jpg

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

本日も夫の義足調整で、​神戸医療福祉専門学校三田校​へ行ってきました。

昨日15日(金)が夫の職場の忘年会で、夜中の1時半に迎えに行って、帰ってきたのが2時過ぎ。私が寝たのが3時過ぎで、朝7時前に起きて準備して・・・寝不足でした。

rblog-20171216232702-00.jpg

たまたま三田校のオープンキャンパスだったので、コンピューター制御の膝継手​C-Leg4​の設定もろもろの所をお見せしました。

rblog-20171216224109-02.jpg

今まで履いていたのがC-Leg3、今回初めてC-Leg4を使用するので、また慣れるまで大変ですね。ユーザーガイドです。

結局この日も不具合が何カ所か出て適合出来ずでした。ソケット・ハーモニーシステム・C-Leg4と、全て新しい取り組みなので、なかなか手強いようです。

義肢装具士先生のコミットは、「クリスマスまで!」ですので、もう少しですね!

私は、とにかく眠かったです。。。

rblog-20171216224109-01.jpg

終わったのがお昼過ぎてしまったので、三田校からの帰り道にココイチ(​カレーハウスCoCo壱番屋​)に寄りました。めったに外食しないんですけど、入ったらなんとカレーラーメンなんてのがありまして、煮玉子+肉もりでいただいてきました。

ラーメンがあると思っていなかったので、とってもラッキー♪(ちょっとラーメンが食べたい気分でしたの)ビールは一番搾りでやっぱり工場があるからなんでしょうかね。寝不足でお腹いっぱいになって、完全にダウン、駐車場で仮眠を取り、ちょっとだけ復活して神戸へ。


rblog-20171216224109-03.jpg

会員の先行バーゲンがあったので、エディーバウアー神戸元町店へ。神戸ルミナリエ中でしてけど、もう遅かったのでスムーズに行けました。

まぁ、とにかくくたびれて、いつものペースに戻るのに時間かかりそうです。

年末までがんばらねば!!







最終更新日  2017.12.21 00:54:46
コメント(0) | コメントを書く
2017.11.12

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

今日は、夫の新しい義足ソケットのお話しです。

日本初のNU-FlexSIV ソケットセミナ​ーが、今年2017年8月25日〜27日に、提唱者のノースウェスタン大学のステファニア・ファトネ先生(Stefania Fatone,PhD,(Hons)と、ライアン・カルドウェル先生(Ryan Caldwell,CP/L)のお二人を呼んで開催され、ようやく日本でも製作、臨床が始まりました。

セミナーの様子はFBのアルバムでどうぞ⇒​NU-FlexSIV ソケットセミナ​ー

昨年(2016年)11月から、試作のチェックソケットで1年履き続け、ようやく出来ました。


座骨にあたらないのが1番助かるのです。



やわらかい素材が嬉しい。


今回初めて使用する​ハーモニーシステム​。

ハーモニーE2という電動ポンプ。


新しいソケットになるたびに、調整が大変なのですが、ライナー、ソケット、ハーモニーシステムと、初めてだらけの今回は、かなり厳しい結果となりました。

ハーモニーシステムが機能しない、吸引しない(どこかで空気が漏れている)という状態になってしまったので、再挑戦となりそうです。

吸引出来なければ、この義足は履けないので、予備の義足を履くしかありません。
座骨にあたらない、NU-FlexSIVソケットののチェックソケットで1年過ごしたので、予備の義足はかなり痛くなっています。

キズや、義足の不具合で、義足が履けないという事は、仕事が出来ない(会社に行けない)という事になるので、生活に直結します。

車いす対応が出来ていない職場なので、松葉杖で行った事もあるのですが、かなり支障が出る上、私もがっつり送り迎えしなければならなくなります。

昨日取りに行って、今日も一日何とか出来ないか格闘した夫。障がいは、不幸ではないけれど、かなり不便です。この経験値が他の大腿義足ユーザーの役にも立つであろう事を願って、乗り越えます!!







最終更新日  2017.11.12 22:22:30
コメント(2) | コメントを書く
2017.08.07


秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

7月30日(日)に行った​キリンビール神戸工場​見学の続きです。


ランチは、地元の旬な野菜と、一番搾り煮込みの牛肉。
焼きたてパンも付いていて、亀田の柿の種おつまみもサービス♪


まずは一番搾りで乾杯。


好きなビールを注文して、サーバーで入れていただくのは美味しいです。
会社のイベントなので、時間内は特別飲み放題でした。


私の大好きなハーフ&ハーフ。
工場とビオトープを見学した後なので、ほんとに美味しかった~。

さて、​工場見学その1​で書いていた、私が夫の会社のイベントに極力参加する理由は・・・

どんな人達がいる会社なのか、直接肌で感じる為です。

いろんな部署の方が参加されているので、社員でも知らない顔だったり、子ども連れの方もいます。

義足の夫に対して、サポートはあるのか、家族にも挨拶やコミュニケーションが取れるのか、いろんな事がわかります。

そういう事を知っておくだけで、普段夫から聞いている会社の様子がより理解しやすくなるわけです。

今回は、事業所の副所長さんも参加されていて、ご挨拶させていただきました。


副所長さん、気持ち良く2ショット撮らせて下さいました。
障がい者雇用についてうかがいましたら、全体の2%ギリギリとの事。

2%っていうのは、民間企業の障がい者法定雇用率なのです。
パラリンピック選手応援もいいけれど、会社の規模からいったら、もっと雇用してほしいなぁと思ったりするのです。

秘書室の方には、「町田さんには緊急の対応などで、いつも助けていただいています」とお声かけいただきました。コミュニケーション能力さすがでした。

何か起きてから、会社での様子を初めて知ったなんてことのないようにするのも、危機管理だと思いますよ。

皆様にもお勧め、会社のイベントには参加するべし。







最終更新日  2017.09.13 15:50:40
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.06
出会いキリン
 
 秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。
 
7月30日(日)に、キリンビール神戸工場の見学に行って来ました。
 
前回2015年11月8日(日)に続き2回目。
こちらの記事「一番搾りプレミアムで夫のお誕生日」でちょっとだけ書いています。
 
上の写真、<出逢い麒麟>が入り口でお出迎えしてくれます。
そして、初代キリンラガーバスも鎮座♪
 
キリンラガーバス
 
夫の会社のイベントなのですが、お子さんもいらっしゃって、わかりやすい献血のお話しからでした。
このキャラクター「けんけつちゃん」の名前は<チッチ>、好きな言葉は「ちょっとチクッとします」だそうです。
 
かるく笑いを取ってから、簡単な質問「血液はどこでつくられますか?」 ほね・胃・心臓の3択なんですけど、さてどこでしょう?
 
献血セミナー
 
魚は100%A型とか、いろいろお話しあったのですが、一番ビックリしたのは、献血された血液は、8割が癌の治療(輸血)に使われているという事でした。
 
献血にご協力下さいって事なんですけど、癌治療(産業)の事まで考えさせられますね。。。
 
さて、工場見学は2回目なので、写真を撮りながらちょっと余裕で皆さんにくっついて行きました。
 
キリンビール神戸工場
 
こちらの缶詰め機、1分間に2000缶(350m)作っちゃうんだそうです。
 
キリンビール神戸工場
 
缶詰め2000缶
 
一通り工場見学が終わったら、前回は行かなかったビオトープを案内してくれました。
青紫色の「蝶トンボ」がひらひら飛んでいました。すごく綺麗なんだけど、私には上手に撮れませ。
 
蝶トンボ
ビオトープ
 
この花は「ヒツジグサ」って言うのだそうです。未の刻(午後二時)頃に花が咲くからというのが和名の由来なんですって。(これはググりました)
 
ヒツジグサ
 
ビオトープにいる魚たちを取って見せてくれました。
 
ビオトープの魚
 
炎天下ではありましたが、ビオトープのかわいい小川などちょっと懐かしい気分になりました。
 
さて、ようやくランチ&ビール試飲(という飲み放題)になりますが、つづきはその2で。
夫の会社のイベントには、出来るだけ参加するようにしている私ですが、その訳にも少しふれておこうかと思います。
 
ではまた。






最終更新日  2017.08.07 23:57:46
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.16
秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

5/27(土)の海軍落下傘部隊慰霊祭・基地見学・報告会の準備で日々格闘中ですが、HPからのご購入・お問い合わせにも変わらず対応している今日この頃です。

3.11大震災&原発事故でによる体調悪化で、2012年11月に移住してから、再就職に向けて障がい者雇用の面接を重ね、無事に再就職したのが2013年の昨日。

丸4年経ち、今日から5年目となりました。パチパチパチ!

前職の某国立大学では大変ひどい目にも遭った夫ですが、「ここは貴方の居場所ではないよ」と、移住を後押ししてくれたと解釈し(お友達の美友ちゃんアドバイス)、しんどくても納得のいく職場と出会えるまでがんばった夫の粘り勝ち。ほんとに偉いと褒め称えております♪

5月スタートになったのは、4月は新卒の研修でおっさんの教育まで手が回らないから。再就職まで食料支援など支えてくれた友人達、忘れていません!

移住3年で、身体がやっと元に戻ろうとする機能を復活させたような気がします。いろいろその都度やりました。

義足が調子よくて、ストレスがかなり少ないのもほんと助かっています。

さぁ、明日から次のステージ。さらにやったれ、夫!!






最終更新日  2017.05.16 22:33:23
コメント(0) | コメントを書く
2017.02.24

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

今日から、夫の会社も「プレミアムフライデー」を取り入れて、半休やフレックスを積極的に使って下さいということらしいです。

新しい義足ソケットの臨床に協力している夫、いろいろ不具合が出て、調整が続いて居ます。

先々週は10日(金)11日(土)12日(日)13日(月)と、4日連続、調整。
先週は18日(土)、まだキズが出来るので、今週も明日25日(土)に三田市まで行く予定。

もう、とにかく、ず~~~と調整している感じなので、ログをとっている気力がないのですが、キズが出来ると、もう、日常生活に支障が出るわけです。

義肢装具士の先生も、根気よくやってくれていますが、本人も、自分で出来ることは自分で。


今日の写真は、マスソケット仮合わせ義足(かな?)
先生が、別の部屋で新しいソケットの調整中なので。


ちょっとづつ調整しているので、現場で良くても、一日仕事して帰ってくると、キズが出来てしまったりするのです。
後ろ(おしり)側のひどくないほうのキズ。


内股のリンパの所が、今、ひどく擦れて切れて、医療用の高額なテープを貼って、なんとかしのいでいます。(ひどいので写真は載せないでおきます)

やっぱり、通勤で、平じゃないところを歩いたり、電車の揺れなどで、負担がかかってしまうのです。

靴擦れが出来てるのと同じぐらいでしょうかね。
内股にキズが出来てしまうと、デスクワークでも、一日はつらいわけで。。。

帰宅後は、すぐに義足を脱いで、洗って、手当してマッサージして、という毎日です。

ですので、「プレミアムフライデー」やっとこの話・笑。
フレックスを使って、定時より2時間早く3時に退社予定です。

少しでも、義足を履いている時間を減らしたいので、助かります。

遊びに行ける人は行って、休養に努めた方がいい人は、ゆっくり休養出来たらいいですね!


健康一番、命が一番ですよ!











最終更新日  2017.02.24 13:04:52
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.02

rblog-20161202231651-00.jpg


今日も義足の調整に。行ってきました。

ダウンです。疲れました。






最終更新日  2016.12.02 23:16:52
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.28

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

夫が義足でお世話になっている神戸医療福祉専門学校三田校で、明日からM.A.Sソケットセミナーが開催されます。

M.A.Sソケットというのは、大腿義足のユーザーが使うソケットの種類の一つで、進化型とでもいうのでしょうか、マーロアナトミカルソケット(MAS)として世界的に知れ渡っているソケットです。

その考案者であるマーロ先生に、新しくM.A.Sソケットを作っている最中の夫の義足を診ていただきました。セミナーでは、夫もお手伝いさせていただくのです。

ちゃんとしたお名前⇒ロドルフォ マルロ オルティス バスケス 
(Rodolfo Marlo Ortiz Vazquez del Mercado)
長いです。。。マルロ先生って言いにくいので、マーロ先生でよろしいみたいです。

今日、実際にマーロ先生が触診して、すごく確認していたのは、筋肉!
三田校の佐々木先生が通訳&説明してくださいましたが、ちょっと感動してうるっときました。

全国各地から、義肢装具士さんが学びに来るそうです。


7月頃からソケットが合わなくてキズが出来、ず~~~っと日々大変なので、この機会にキズが出来ない良いソケットになってほしいです。

本人が一番大変ですが、送り迎えとか、キズのメンテナンスとかで、まとまった時間が取れない私も、ストレス溜まってしまっています。

セミナー参加者の皆様、ユーザーさんが快適に暮らせるよう、どん欲に学んで下さいませ!













最終更新日  2016.10.28 23:49:07
コメント(0) | コメントを書く
2016.08.03
rblog-20160803235937-00.jpg


秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。


夫は事故による左足大腿切断で、義足を履いています。(初めて読む方の為)

義肢装具士の先生に、義足のソケットを新しく作っていただいたので、三田市まで調整に行ってきました。

上の写真は、断端にライナーを装着した脚。この上にソケットを履くのです。ピンで抜けないようにするわけですね。

3.11東日本大震災&原発事故により、劇的に断端の調子が悪くなり、サイズが合わなくなって作り直して、5年が経過し、震災前のサイズに戻った感じです。


rblog-20160803235937-01.jpg
古いソケットを外して、新しいソケットを合わせます。

rblog-20160803235937-02.jpg
義足を装着した時の高さの調整。5mmほど高いので、先生が削って合わせてくれます。

rblog-20160803235937-03.jpg
調整用の板。1枚が5mmで、本人と義肢装具士さんで、あちこち触って確認しながら調整するのですね~。いろんな道具があって、一緒に来るとへぇ~へぇ~の連発です。

rblog-20160803235937-04.jpg
特殊な工具でいろいろやるわけです。

合わなくて痛かったりした時に、自分の状態を的確に伝えたり、質問したり、患者力を発揮しないと、がまんして義足を履くのがいやになったりする人もいるのではないかな。

義肢装具士さんのほうも、ここはどうですか?とか、いろんな角度から質問してくれたり、その都度調整してくれたり、やっぱり、信頼関係というか、コミュニケーションがとっても大事です。

義足で生活する上で、不便になることとか、困ること、伝えなければわからないから、もっと発信したいなぁと思ってます。

先生も遅くまで対応してくれて、ありがとうございました。








最終更新日  2016.08.05 18:46:13
コメント(0) | コメントを書く

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

PR

プロフィール


gallerymami

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05

コメント新着

MICHIKO@ Re:「死ぬな ケガすな 病気すな」大社中学校の石碑(04/14) 私、西宮市立大社中学校の卒業生です❗ こ…
たかゆきさんへ@ Re[1]:【訃報】ナミさんこと小南奈美子さん、ありがとうございました!(05/07) たかゆきさんへ こんにちは。 ナミさんは…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.