000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の「まみだより」

全72件 (72件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

山頭火・俳句

2022.05.19
XML
カテゴリ:山頭火・俳句

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

ひよいと穴から、とかげかよ 山頭火

昭和9年5月19日の其中日記に登場します。

ユニークな句なので、ご存じの方も多いと思いますが、
秋山巌は版画にしていません。

どんな状況で読まれた句かなと、山頭火の日記を読むと、
味取を思い出したり、人恋しがったり、肺炎から生還して、思うこと多しなのでしょう。



山頭火は、昭和9年4月14日に、
木曽から清内路峠を越えて上清内路村に一泊
15日に飯田に入りました。
その日、今宮の風越館で行われていた句会に臨みましたが
発熱、肺炎と診断され入院します。

退院してようやく小郡の「其中庵」に戻ったのは4月29日。

それを踏まえての、昭和9年5月19日 其中日記 以下↓

 五月十九日

頬白が晴々と囀つてゐる、誰かを、何物かを待つてゐる。
考へること、読むこと、書くこと、……歩くこと。
人生は五十からだ、少くとも東洋の、日本の芸術は!
曇つて降りだしさうになつたが、なか/\。
昼酌をやりながら、といふよりも、ほうれん草のおしたしを食べつゝ、味取をおもひだした、H老人をおもひだして、彼の生死を案じた、味取在住一ヶ年あまり、よくH老人と飲んだ、そしておさかなはほうれん草のおしたしが多かつた。……

△私は毎日これだけ食べる(不幸にしてこれだけ飲みます!)。
米 四合、三椀づゝ三回
酒  合、昼酌 壱回
朝、味噌汁 二杯
昼、野菜  一皿
晩、同 外に佃煮
時々
うどん玉
まんぢゆう
これで食費一ヶ月まづ五円位。

△湯屋で感じた事、――
男湯と女湯とを仕切るドアがあけつぱなしになつてゐたので、私は見るともなく、女の裸体を見た(山頭火はスケベイだぞ)、そしてちつとも魅力を感じなかつた、むしろ醜悪の念さへ感じた(これは必ずしも私がすでに性慾をなくしてゐるからばかりではない)、そこにうづくまつて、そして立つてゐた二人の女、一人は若い妻君で、ブヨ/\ふくれてゐた、もう一人は女給でもあらうか、顔には多少の若い美しさがあつたが、肉体そのものはかたくいぢけてゐた、若い女性がその裸体を以ても男性を動かし得ないとしたならば、彼女は女性として第一歩に於て落第してゐる、――私は気の毒に堪へなかつた、脱衣場の花瓶に※(「插」でつくりの縦棒が下に突き抜けている、第4水準2-13-28)された芍薬の紅白二枝の方がどんなにより強く私を動かしたらう!(私はまだ雑草のよさを味ふと同様に、女の肉体を観ることが出来ない、修行未熟ですね)

△俳人の夥多、そして俳句の貧困。

△ながいこと、ぶら/\うごいてゐた前歯(後歯はもうみんな抜けてしまつたが)がほろりと抜けた、抜けたことそのことはさびしいが、これでさつぱりした、物を食べるにもかへつて都合よくなつた(私自身が社会に於ける地位はその歯のやうではないかな)。

△ラツキヨウを食べつゝ考へる(私はラツキヨウが好きだ、帰庵して冬村君から壺に一杯貰つたが、もう残り少なくなつた)、人生はラツキヨウのやうなものだらう、一皮一皮剥いでゆくところに味がある、剥いでしまへば何もないのだ、といつてそれは空虚ではない、過程が目的なのだ、形式が内容なのだ、出発が究竟なのだ、それでよろしい、それが実人生だ、歩々到着、歩々を離れては何もないのが本当だ(ラツキヨウを人生に喩へることは悪い意味に使はれすぎた)。
たどんはありがたいかな、たどん一つのおかげで朝から夜まで暖かいものが食べられる、その火一つで、御飯もお湯もお菜も、そしてお燗も出来ます。……
今日の夕方はさみしかつた、人が恋しかつた、――誰か来ないかなあ、と叫びたかつた、いや、心の中では叫んだのである。
寝苦しかつた、一時から三時まで、やつとねむれた。

 うちの藪よその藪みんなうごいてゆふべ
・空は初夏の、直線が直角にあつまつて変電所
・閉めて一人の障子を虫がきてたたく
・影もはつきりと若葉
・ほろりとぬけた歯は雑草へ
・たづねあてたがやつぱりお留守で桐の花
・きんぽうげも実となり薬は飲みつゞけてゐる
・くもりおもくてふらないでくろいてふてふ
 この児ひとりこゝでクローバーを摘んでゐる
 摘めば四ツ葉ぢやなかつたですかお嬢さん(途上即事)
   
断想
生活感情をあらはすよりも生活そのものをうたふのだ。
人生は、少くとも私の生活は水を酒にするのではなくて、酒が水になるのだ。
生活事実、その中に、その奥に、その底に人生の真実、自然の真実がある。
・誰もたづねて来ない若葉が虫に喰はれてゐるぞ
・ひよいと穴から、とかげかよ
・雑草が咲いて実つて窓の春は逝く
・ねむれない私とはいれない虫と夜がながいかな
・夜ふけてきた虫で、いそいで逃げる虫で







最終更新日  2022.05.19 23:43:29
コメント(0) | コメントを書く


2022.05.11
カテゴリ:山頭火・俳句

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

先日記事でご紹介した山頭火の未発表句は、

もともと、山頭火とは知らずに、晩年お世話をした【細川亀吉】さんという方の倉庫に保管されていたものだそうです。

記事はこちら↓

山頭火、未発表句その1

山頭火、未発表句その2

細川亀吉さんは松山の方で、山頭火とは知らずに少しの間お世話をしたそうです。

未発表句短冊の写真を提供して下さった松山のK氏が、日記の画像と書き起こしを提供して下さいました。

前半の6/2~6/4は、実際の日にちとずれがあるそうです。


細川亀吉の日記 6/2~6/4


六月二日晴れ
 へんな坊主が来たが、くさくて近よれん風呂へつれて行って、衣もぬがすと蚤がこぼれてはい廻って、みんながよってたかってさわぎまわした。
とにかく蚤を殺して、風呂へいれたら、又蚤がうきだした、くさくて近よれんけん客はみんな逃げた。私と息子が浮いた蚤をおけですくって、下水へ入れた、こんなくさくて蚤をつけた乞はよう衣を来ているのじゃろうか、
息子に体を洗わして、くさいのをのけるのに難ギをした、新しい湯衣にして顔をまっかにしてちょこんと座って、涼しげな顔しておった。
坊主の話をきけば、中国地方の生まれで全国を歩き廻りよるんじゃが、と云つちょる。
フロはいっていくんかなと聞けば、あったら行くと云つて大声で笑ったのには全くへんな坊主だなあ、と思って息子と相談して泊まらさうと思って
家につれかへった。
酒大好物のそうで夜中までのんでいろいろな話を聞いた。
名は坊主にだけしかいわん、おそくなったので、泊まらして話おきいたら、
とどのつまりは、ここらにある友人の墓参りに来たんじゃと云つた、
朝早く坊主のねるへやへ行ったら置手紙がしてあった 一期一会 と書いた紙があった。






六月三日くもり

 ただ一人もんで全国乞い歩いて、おまんまをたべているようで、
またくるかないちいち話を聞けばおもしろいだろうな、
雨が降るので家の中でボロ紙の整理をしていた、
夕暮れに昨日の衣でニコニコしてきた、昨日は大へんごめいわくをかけたと頭をさげた。

四国はよいところじゃと笑っていたが涙顔だった
今日もフロへ入れて酒をのんでいろいろと話をきけばこの近くに友人の
お墓があるようで
いつもおがんで、帰り道に立寄つたとのことであつた、又お酒をすすめていろいろ話をきいた、そして十時頃にかえった。





六月四日くもり
 くさい匂いがしたので、ふりむいて見ればいつものぼうさんが来ていた
こちらは仕事がいそがしいけん 息子を呼んで息子に相手にさせた。
坊さんの家は城山の方であると判つた。 一期一会 と書いたのでもう来ないと思っていたのに度々来るようになってしまったムスコは風呂へ入れて洗ってあげて一杯のまして坊主の話をきいていた、
東京のことも京都のことも岡山のことも廣島も九州もいろんなところのこともよく知っていた、うらの川の水の音や鳥の来ることをしきりに気を
つけていた。
ムスコは今日は用じあるので夕方帰った
一体この人はどこのだれかとむすこと話した。




前半ここまで、その2で9/15~をご紹介します。







最終更新日  2022.05.11 18:05:13
コメント(0) | コメントを書く
2022.04.22
カテゴリ:山頭火・俳句

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

山頭火、未発表句その2です。

ひけをそる年もいよ々くれる  山頭火
I shave my moustache
the year at last coming to close

蝉はとこてなくか石切り場   山頭火
the cicada where are you singing
in the quarry

月にほのかなひかり落葉ふる  山頭火
subtle light from the moon
falling leaves!



ふしの実まわって風がふく   山頭火

たいこんのつるされてつ々くいなかみち 山頭火
radishes hung and aired
along the country road

また生きてゐる虫の一ひき   山頭火
still alive
one worm



秋はなにをもやすいろか   山頭火
こヽにおちつき草萌ゆる   山頭火
かへるものかない汗をふく  山頭火

※こヽにおちつき草萌ゆる は、発表されています。



三月もようになった     山頭火
the month of march
in the air

夕立ちをりてすすしくなつた 山頭火
an evening shower
it is cool now

渡り鳥観へてゐる日くれ    山頭火
a flight of geese in my sight
evening glow



ふゆの木立まつすく   山頭火
winter trees
stand straight in the sun

かみそりのひかるはるのひなた 山頭火
razor clear and distinct
spring day light

鳥とんて白い月     山頭火
a bird on flight
the pale moon


枯木わたしは一人     山頭火
the tree withered
me all alone

桜のにほうふるさとを歩く 山頭火
home town of cherry blossom scent
I walk










最終更新日  2022.04.22 17:23:56
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:山頭火・俳句

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

松山在住のK氏より、山頭火の未発表句短冊画像を提供いただきましたので、こちらにアップしておきます。発表されている句もありますが、精査顕彰は皆様わいわいやっていただけたら嬉しいです。

昭和14年、山頭火だとは知らずにお世話をしていた松山の【細川亀吉】さんという方が、山頭火から預かったたくさんの荷物の一部だそうです。

フェイスブックの「山頭火ふるさと会」グループで、Marikoさんが英訳をして下さったので、併せて転載しておきます。

雁かへるもう寝よう   山頭火
the geese on their flight
let me lie to sleep

炭の手を洗う寒き夕空  山頭火
I wash my hand sumi stained
in the glow of evening cold

枯草のしつまる日かけ  山頭火
the withered grass field
in the shade



風ひらひら柿の葉ふる  山頭火
wind dances---
persimmon leaves fall

ねむりても蝉のこへ   山頭火
in my sleep too
the cicadas' song

田んぼ青くして水の音  山頭火
paddy field green
sound of water



ひまわり傾く風かふきたした  山頭火
sunflowers slant their
heads in the wind---
it started blowing

冬の水こほれて凍るか     山頭火
winter water
spilled and frozen?

三ケ月の夜の雲ひろかり    山頭火
the crescent moon night
spread out are the clouds



月かけしつかに柳ちる     山頭火
the moon shade tranquil
the willow leaves fall

枯野夕日がかかやくところ   山頭火
the field of withered grass
the place in the evening glow

きた風はけしいやまのはか   山頭火
from the north great wind
the mountain graveyard



灯りをともせは月かあかるい  山頭火
when the lamp lit,
the moon bright!

まったく月の野となりぬ    山頭火
the field
completely in the moon flood!

風のとほり道木枯の音     山頭火
the passage of wind---
the sound of whirling wind

豆は木のしつかに音をたて   山頭火

わかれてから月のおちてゆく  山頭火
after farewell
the moon descends and fall

ひかる海みつ々ゆく      山頭火
bright sunbeams over the sea
I walk by taking glances





※豆は木のしつかに音をたて

何の豆かわからないので、英訳保留中です。

その2へ続きます。







最終更新日  2022.04.22 16:32:35
コメント(0) | コメントを書く
2021.07.29
カテゴリ:山頭火・俳句



秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

山頭火のふるさと防府駅前にある山頭火の銅像です。

作者:富山県高岡市の「砂原放光」氏
   (山頭火研究会が資料提供)
建立:昭和60年1月12日 防府中央ライオンズクラブ
    (会長 橋口照男)
総工費四百五十万円

全国初の、山頭火の銅像で、台座が句碑となっています。

台座のほうが大きいですね。




ふるさとの水をのみ水をあび 山頭火

句は、昭和8年7月29日、山口から徳地方面への行乞途中、
生家の近くを流れる佐波川で詠んだもので、文字は、自筆を集字したものだそうです。

日記より
「宿の前にある水は自慢の水だけあつてうまかつた、つめたすぎないで、何ともいへない味はひがあつた、むろん二度も三度も腹いつぱい飲んだ。」

ふるさとの川の水をのむ山頭火が目に浮かびます。

写真は、2012年山頭火生誕祭で防府を訪ねた時に撮影しました。
防府を訪ねたら、是非山頭火像をご覧下さい。


参考:山頭火句碑集









最終更新日  2021.07.29 17:17:38
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.03
カテゴリ:山頭火・俳句



秋山巌の小さな美術館 ​ギャラリーMami​ の町田珠実です。

今日12/3は、山頭火の誕生日です。

種田山頭火 明治15年(1882年)12月3日生まれ
生きていたら138歳!

種田竹治郎とフサの長男「種田正一」として、 山口県佐波郡西佐波令村第百三十六番屋敷(現・防府市八王子二丁目十三) に生まれる。

山頭火生誕の地の句碑の前では、「​山頭火生誕祭​」が行われ、献酒・献句が行われました。

(写真は山頭火検定公式テキスト)

春陽堂さんからは、「​漫画 山頭火​」が出るそうです。

ふるさとで大切に語り継がれる、嬉しい事ですね。







最終更新日  2020.12.03 23:07:20
コメント(0) | コメントを書く
2017.09.24
カテゴリ:山頭火・俳句

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

夜をこめて水が流れる秋の宿 山頭火

秋山巌のふるさと、竹田の句です。
竹田の「山頭火秋山巌版画館」に、句碑があります。


2004年発表の作品、秋山巌は83歳です。

竹田を訪ねたくなる作品ですね。







最終更新日  2017.09.24 20:37:27
コメント(0) | コメントを書く
2017.09.17
カテゴリ:山頭火・俳句

rblog-20170918172019-00.jpg

秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

山頭火がとりもつご縁で、オープンの時にうかがった【​​座・九条​​】の5周年企画に行ってきました。
1993年から各地で公演されている林田さんの代表作です。

即妙枯淡、入魂の語り芸

『林田鉄のひとり語り うしろすがたの・・山頭火』

遍路の女・琵琶 末永純子
演奏 Percussion 田中康之
演奏 Keybord  杉谷昌彦

はじまりが琵琶の音で、山頭火の妻「咲野」さん(と思われる女)から見た山頭火が前段として語られるので、どうしようもない山頭火を観る心構えができる感じでした。

ひとり語りですけど、遍路の女 末永さんとの掛け合いが絶妙。

演奏&効果音(?)も心地よく、フクロウのホーホーとういう鳴き声は、やっぱり秋山先生のフクロウを思い出すのです。

そうそう、ほとんどの句は秋山巌作品として瞬時に頭に浮かんでしまい、いかに秋山作品と山頭火句が一体になっているか、改めて確認。

ラスト、山頭火ころり往生の後の、苦悩の人生から昇天して救われるような舞がみごとでした。

rblog-20170918172019-01.jpg

舞台が終わったばかりの林田さん、本当に目の前で拝見したのですが、役者さんはすごいなぁ~と改めて感心しました。

rblog-20170918172019-02.jpg

林田鉄さんの経歴などは、主催されている「​​四方館​​」HPで見て下さい。
演奏 Percussionの田中康之さん、Keybordの杉谷昌彦と息子さんの杉谷昂律さん。

演奏もステキだったので、帰りかけていたところを思わず呼び止め、戻って来てもらいました。ありがとうございます!!

rblog-20170918172019-03.jpg
帰りに台本(右側)もいただきました。めくるとそれぞれのシーンが思い出されます。


台風が来ていたので、お出かけ控えた方もいたのではないかと思います。
もっと多くの方に観てもらいたい舞台でした。







最終更新日  2017.09.18 19:30:22
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.20
カテゴリ:山頭火・俳句


秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

別冊新評~放浪の俳人~山頭火の世界<全特集>
1978年(昭和53年)4月10日発行(秋山巌57歳)
巻頭に掲載の秋山巌作品などをご紹介します。
著述:「怪物が観える詩心」も掲載されていますが、そちらは別記事にわけてご紹介します。

※古書につき、経年の劣化・ヤケあります。

表紙絵は、画家佐藤和宏氏

真実不虚  秋山巌 山頭火を彫る!





こちらは、作品集の広告。
チェリトンの関さんという方だったと思うのですが、自宅にもお見えになっていた記憶があります。

秋山巌が山頭火に憑かれてからまる五年
山頭火に明け「草木塔」に暮れた
百数十枚の版画 その一枚一枚に
山頭火のまぼろしが浮び出るではないかーー
大山澄太





別冊新評《作家の世界》シリーズNo.17
放浪の俳人 山頭火の世界

表紙絵・佐藤和宏
グラビア 漂泊の形象ー山頭火アルバム
版画 真実不虚ー山頭火を彫る 秋山巌
回想の山頭火
  みちのく行状記・・・和田光利
  山頭火と井月・・・・風間北光
私の山頭火
  少年のような精神   粟津 潔
  危なっかしさについて 百目鬼恭三郎
  山頭火あれこれ    伊藤完吾
  ぼくの山頭火トリップ 横尾忠則
対談 放裁・山頭火をどう見るか?
  単なる大酒飲みの甘ったれか?それとも現代の芭蕉か?注目の対談!
  上田都史  水上 勉
俳禅一如境          加藤郁乎
観照と傍観ー居座る手立て   金子兜太
愚化と甘えー不可知の暗い世界 長谷川龍生
人間詩人・山頭火の境涯    村上 護
“層雲 ”と放裁・山頭火・井泉水 瓜生敏一
俳僧・山頭火の句       大山澄太
私と山頭火
  怪物が観える詩心ー棟方志功と山頭火に出会って 秋山 巌
  鉈でぶち切るような句の衝撃「白い道」のあとさき 渡邊公夫
  山頭火は鏡である「ヒッピー俳人山頭火」を描いて 旭丘光志
山頭火の句と言葉
一草庵時代ー山頭火と「柿の会」の人々  鶴村松一
鳩打峠を越えた山頭火ー旅日記追跡ノート 木下信三
悪筆の達筆ー山頭火の書について     鴻池楽斎
即興俳句とジャズー山頭火とチャーリーパーカー 岩浪洋三
放浪漂泊の研究
 古典における漂泊ー山頭火の対極において 目崎徳衛
 人は何故さすらうのかー放浪遍歴の世界  紀野一義
 木賃宿の住人たちー世間師と宿のシステム 加太こうじ
 旅の軽さー映画「印度の旅」を撮って   菊池 滋
私の山頭火
 男の旅は梯子酒        渡辺文雄
 山頭火ブームについて     小島 正
 どうにもならない血      坂村真民
 山頭火三箇寺         劉 寒吉
戯曲 漂泊のバラード一幕八場  上田都史
旅と句と死とー山頭火俳句論   伊井春樹
山頭火の肖像ーうしろ姿の人   渡辺英綱
句、それは涙の一滴ー山頭火管見 山田征司
映画シナリオ白い道       渡邊公夫
資料室 年譜 著作・参考文献  村上 護・編
イラストー西山三郎 田中基介 あい・ゆわ
写真提供ー春陽堂書店 層雲社 渡邊公夫 村上 護

以上

秋山巌の著述は、また別記事にて。







最終更新日  2017.03.20 20:49:57
コメント(0) | コメントを書く
2014.12.03
カテゴリ:山頭火・俳句
rblog-20141203223206-00.jpg


秋山巌の小さな美術館 ギャラリーMami の町田珠実です。

今日12月3日は、山頭火の誕生日でした。

 
「鉄鉢の中へも霰」 山頭火

 
HPに、お湯のみ 「鉄鉢の」 アップしました。

 
筆をトントンとたたき、霰を描く先生が目に浮かびます。

 

お湯のみと書いていますが、やはり、お酒を入れて飲みたいですね。

 







最終更新日  2014.12.03 23:13:43
コメント(0) | コメントを書く

全72件 (72件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

PR


© Rakuten Group, Inc.