12297661 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

☆ガマンマの ニク・サボ栽培☆

PR

全69件 (69件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >

実生

2016.03.17
XML
カテゴリ:実生
3月16日の気温は-1℃~14℃でした。エケベリアの交配は順調に行っている。
エボニー系はシリウスが開花、コロラータはリンゼアナとメキシカンに花粉付け
をしている。本日は、昨年実生したこの時期の様子です。

s-IMG_9589.jpg
シリウスHyb?(シリウス自花受粉?)
s-IMG_9590.jpg

昨年実生の名無し苗
ぶっちゃけた種なので交配式が分かりません。
下苗は夜盗虫の仕業で食われて葉がおかしくなっている。
他に2つあるが爪はこの苗ほど出ていない。

s-IMG_9591.jpg
s-IMG_9600.jpg

昨年4月蒔きのミランダ×プレリンゼ
環境で色の出方が違う。ミランダは紅葉するアガボイデス
なので下苗のように成ってほしいが・・。

s-IMG_9593.jpg
s-IMG_9592.jpg

エケベリア・想府連(
E. abavoides v.prollfera)Hyb
父親は不明、昨年実生では1番成長速度が早く苗も大きい。
相府連はミランダと同じ様な感じだが父親が上とは違う様。

s-IMG_9601.jpg

エレガンス×デレッセーナ
巾広葉でピンク係る葉色を狙った交配種。今年も交配中。

s-IMG_9596.jpg

エケベリア・ハンスエボニーHyb
昨年苗は、エボニー系ではハンス以外は分からない・・今年は
白いシリウスが好調です。コロラータ系がもうすぐちっちゃい
花が咲きそうなのでがんばらないと・・・。

s-IMG_9599.jpg
s-IMG_9594.jpg

エレガンス×リンゼアナ
顔はエレガンスのままの様で自花受粉したかもわからない。
葉縁の白い抜けが無いように思うが、しばらく様子見する。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 人気ブログランキングへ
・・・1日1回 応援ポチを・・・バイバイ






最終更新日  2016.03.17 07:47:29
コメント(0) | コメントを書く


2015.09.12
カテゴリ:実生

久しぶりに日差しがあった11日、12日以降15日まではなんとか晴れ間が有る
みたいです。本日は、自家産種子による今年実生の多肉苗たちの様子です・・

IMG_5890.jpg IMG_5880.jpg

上矢印エケベリア・エレガンス♀×リンゼアナ♂
ミランダ♀×プレリンゼ♂上向き矢印
4月実生、発芽苗を1回植替え済。
エレガンス系は成長点の葉の出方に特徴が有る。

IMG_5888.jpg

後ろ上矢印相府連とハンスエボニー上向き矢印
手前はぶっちゃけた種鞘を蒔いたので名称不明、植替えは未だ。

IMG_5878.jpg IMG_5879.jpg

上矢印コチレドン・リンネ♀×チョコライン♂
チョコライン♀×細葉パピラリス♂上向き矢印
大きい苗を2つづつに植替えた。

IMG_5884.jpg

シンニンギア・断崖の女王
ひょろひょろ苗を1回植替えた。小さい芋が出来ていると
思われる。2回目の植替えしなければ。

IMG_5885.jpg IMG_5886.jpg

上矢印アルギロデルマ・金鈴×赤花金鈴
アロイノプシス・唐扇上向き矢印
メセンではリトープスとフォーカリア、プレイオスピロス、フェネストラリア
グロッチフィルム、ギバエウムなどを播種、1回目植替えたものも有る。

IMG_5894.jpg IMG_5892.jpg

ユーフォルビア・スーパーバリダ
右はキリン角に接木した1つ、大きさはまだ差が無い。
花粉親は多分鉄甲丸だと思うんですが・・葉が出てこないので
違うかも、すると父親はいったい誰でしょう。
--------------------------
彩り(いろどり)に開花サボテンを1つ
IMG_5895.jpg

エリオカクタス・金晃丸(Eriocactus leninghausii
径太で刺も強いので金冠(E. schumannianus)との交配種か。
かなり大きく成らないと花が咲かない、黄色ずくめで花も黄色。
近縁種のノトカクタスの様に自花受粉しない。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 人気ブログランキングへ
・・・1日1回 応援ポチを・・・バイバイ








最終更新日  2015.09.12 07:26:20
コメント(0) | コメントを書く
2015.07.28
カテゴリ:実生

今年交配結実した種を蒔いて発芽した苗2種類を、暑い時期ですが植替えた。

IMG_4874.jpg

植替えたのは(上6鉢=エレガンス×デレッセーナ)
(下5鉢=ミランダ×プレリンゼ)
2月に交配して、4月播種、5月に発芽した。

IMG_4873.jpg IMG_4871.jpg

エレガンス ♀ (左)、デレッセーナ ♂ (右)
親はこの2つ。大きく成るとどんな姿になるのでしょう。

IMG_4872.jpg IMG_4870.jpg

ミランダ ♀ (左)、プレリンゼ ♂ (右)
ミランダは紅葉する細葉のアガボイデス。プレリンゼは赤爪の
リンゼアナとプリドニス(花うらら)の交配種。こちらも期待大。

IMG_4875.jpg

プレリンゼの葉挿し2株分の下葉を4鉢に
桃太郎に味をしめ、暑い時期だが棚下の涼しい日陰で。

IMG_4876.jpg

ハンスエボニー×エレガンス(左)
右は相府連で相手は不明。もっといっぱい生えていたが消え
てしまった。ある程度大きく成ると腰水しない方がよいみたい。
後ろはフェネストラリア・五十鈴玉と群玉交配種。

IMG_4877.jpg

エレガンス ♀ ×リンゼアナ ♂ (左)
右はぶっちゃっけた種鞘で交配式不明苗。
------------------------
コチレドンも発芽している。
IMG_4878.jpg IMG_4880.jpg

コチレドン・チョコライン(左)、細葉パピラリス(右)
コチレドン実生第1号は「輪廻(リンネ)」でもう少し大きく成っている。
エケベリアより交配も簡単で確率も高い。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 人気ブログランキングへ
・・・1日1回 応援ポチを・・・バイバイ








最終更新日  2015.07.28 07:39:06
コメント(1) | コメントを書く
2015.07.22
カテゴリ:実生

昨年秋に開花したリトープスやフォーカリアの自家産種子による実生苗
の現状です。既に2葉から本葉が出始めた。植替えは何時しようか・・。

IMG_4751.jpg

リトープスMIX
例年1年放置して翌年秋に植替えしたが今年はどうしよう。

IMG_4752.jpg IMG_4748.jpg

リトープス・日輪玉(左)リトープス最強最大種
この混み具合では1年放置すれば盛り上がってしまうので
今年秋10~11月には植替えしよう。
フォーカリア・怒涛(右)
成長の早いフォーカリアは8月末頃から植替え予定。

IMG_4749.jpg IMG_4750.jpg

フォーカリア・怒涛タイプ違い(左)プレイオスピロス・帝玉(右)
帝玉は春咲。これらも8月末から植替えする予定。

IMG_4753.jpg IMG_4760.jpg

フィーカリア・富士波と菊波(右)
富士波は白斑に成り易いピンク色はちゃんと育つか。
肉刺が無い菊波も8月末に・・。

IMG_4761.jpg

シンニンギア・断崖の女王
頂いた1鞘から出てギュウギュウ状態に成っている、植替えが必要だが
連れ合いにやってもらおう。上海の女王が結実しているが収穫はまだ。

IMG_4759.jpg IMG_4762.jpg

アロイノプシス・唐扇
早春咲種、右が先に蒔いた、2週間後に左を蒔いた。サイズは殆ど変わらない。
早春咲のギバエウム・無比玉はやっと種を収穫して7/21に種蒔した。

IMG_4757.jpg IMG_4758.jpg

ユーフォルビア・スーパーバリダ(♀)相手は誰だったか忘れた(左)
葉っぱが大きいのはビグエリー3つと倒伏しいているのはオベサ凡天(右)
この後にスーパーバリダを4鉢と右のは2鉢を3号鉢に植え替えた。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 人気ブログランキングへ
・・・1日1回 応援ポチを・・・バイバイ








最終更新日  2015.07.22 07:27:38
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.10
カテゴリ:実生

6月8日からの田植え水の給水は順調で10日には終わりそうです。湿った田圃に
都合良く雨が降った為、倉溜からの送水も必要無く、川水だけで済みそうです。
本日は、我が家の自家産多肉の実生の現状とサボテンの実生接台の養成など・・

IMG_3935.jpg IMG_3936.jpg

リトープス・日輪玉(左)と李婦人(右)
リトープスとしては栽培し易い両種、他のリトはMIXして蒔いたのが数鉢有る。

IMG_3937.jpg IMG_3938.jpg

エケベリア実生。成長の1番良いエレガンス×デレッセーナ(左)
ミランダ×プレリンゼと小さいのは相府連(右)
有力情報が有りました。発芽要因に雨水が良いとか?未発芽の
鉢に試して見よう。

IMG_3942.jpg

アロイノプシス・唐扇(Aloinopsis schoonesii
ひょろひょろ苗ですけど、凄い数が発芽してきた。
秋の植替えまでどれだけ生き延びるでしょう。

IMG_3940.jpg IMG_3941.jpg

アナカンプセロス・ナマクエンシス(左)と桜吹雪(右)
直蒔きで発芽が早く生存率も良い丈夫な品種。
桜吹雪は次々収穫してどんどん蒔くぞ(^^♪
----------------------------------
サボテンも発芽中で実生置き接ぎ台のキリン団扇の養成を始めた。
IMG_3953.jpg IMG_3955.jpg

新枝が5cm程に伸びたところで切り取り挿し木する(左)
台木取り用の親(右)置き肥して腰水トレーに入れて肥培。

IMG_3956.jpg

挿し木発根管理中。腰水トレーにいれて用土は乾かさない。
15cm程に成れば接木開始です。7月迄に50本以上用意する。
手前2本は今日の挿し木、毛細管現象で湿ってくる。
---------------
サボテンハウスの2種。
IMG_3949.jpg IMG_3948.jpg

ホマロケファラ・綾波(左)赤く熟した種はそろそろ収穫
覆隆白条磐石2種(右)陵間の瘤々は陵が変形(モンスト化)
した為の様で覆隆の白条からも時に開花する。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 
・・・1日1回 応援ポチ を・・・









最終更新日  2015.06.10 05:54:53
コメント(3) | コメントを書く
2015.05.29
カテゴリ:実生

5月28日3号植木鉢(3FV黒)を発注し代金をコンビニ振込に・・今日の昼食は
ついでにくるくる寿司店で外食した。湿度が高くなったのか昨日より暑く感じた。
サボテンや多肉の実生を今年も行っています、5月末の現在の様子です。

IMG_3744.jpg

DIY増設した2坪実生小屋。倉庫の側面を剥ぎ取り南面に
1間×2間を増設した。屋根は塩ビ波板で温室としては日光不足。

IMG_3742.jpg IMG_3743.jpg

入り口側からと倉庫側からの内部の様子。
アルミサッシはもと有ったのを移設、滑り出し窓は手造り。

IMG_3726.jpg IMG_3727.jpg

コンビニコーヒーの容器をサボテン実生に転用(左)
電子レンジOKの密閉容器に2号鉢を入れ播種(右)

IMG_3735.jpg IMG_3736.jpg 

発芽が揃うと密閉容器から出して腰水トレーに収容する。
フエロカクタス・偉冠竜(左)、ストロンボカクタス・菊水(右)

IMG_3732.jpg IMG_3733.jpg

リトープスMIX(左)、リトープス・日輪玉(右)
メセンでは、アロイノプスス・唐扇は発芽待ち。フオーカリアや
コノフィーツム、帝玉は種の収穫はまだこれからに・・。

IMG_3734.jpg IMG_3740.jpg

アルギロデルマ・金鈴(左)、エケベリア・エレガンス交配(右)
エケベリアは発芽しだした。エレガンス系が早いよう。

IMG_3737.jpg

腰水トレーが空いているのでセダムやクラッスラの小型種を
腰水で管理中。いづれは発芽のニク・サボ達の実生苗用に。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 
・・・1日1回 応援ポチ を・・・









最終更新日  2015.05.29 07:07:45
コメント(0) | コメントを書く
2015.05.21
カテゴリ:実生

5月も中旬に成り、以前から咲いていた有星類やテロカクタスの交配種子が収穫期
を迎えた、取れた種から順次種蒔きを始めた。この時期開花のサボテンたちも・・

IMG_3568.jpg IMG_3569.jpg

テロカクタス・天晃(Thelocactus hexaedrophorus
結実した鞘が弾け種がこぼれ出ていた。トレーの右下に外した鞘と取れた種が。

IMG_3572.jpg IMG_3571.jpg

テロカクタス・鶴巣玉(Thelocactus nidulans)(左)
破れた鞘を収穫、アレオーレにこぼれた種が残っている。
テロカクタス・鶴武者(鶴巣玉×武者影V.lloydiiの交配種)(右)
こちらの結実種子はもうちょっと先、観察を忘れるとこぼれ
落ちるので注意せねば。

IMG_3570.jpg IMG_3575.jpg

鶴巣玉と天晃を2号ポットに播種(左)
後の容器に少量の水を入れ鉢を入れ蓋をする。蓋には小さい穴を空けてある。
右は実生小屋の内部で容器は播種済みのサボテン。コーヒー容器も使用。
発芽が出揃うと腰水トレーに移す。前の容器にはサボテン以外も収めてある。

IMG_3578.jpg

エキノカクタス・太平丸類の開花も最盛期に
似たもの同士を交配して置く。

IMG_3577.jpg IMG_3579.jpg

花王丸(左)小平丸(右)
交配から種採取までは1ヶ月は要する。鞘が膨らんで綿毛中より顔を出し
たのを収穫するが軟らかい鞘はナメクジの好物でナメ公にも注意がいる。
---------------------------
この時期開花のサボテンたち
IMG_3573.jpg IMG_3581.jpg

ドリコテレ・金星(Dolichothele longimamma)(左)
本種は疣挿しが出来ると文献で見たが、試したことはない。
マミラリア・白鳥(Mammillaria herrerae)(右)
白刺密生の有名種なれど成長遅く栽培はちょっと難しい。

IMG_3584.jpg IMG_3585.jpg

スルコレプチア・SP(左)
アルビシマやスワポタエなど花の美しい栽培し易い種属。
ネオチレニア・リスコカルパ(Neochilenia liscocarpa)(右)
玉姫や豹頭と同属。ネオポルテリアやエリオシケ属にされることも。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 人気ブログランキングへ
・・・1日1回 応援ポチを・・・








最終更新日  2015.05.21 07:11:14
コメント(0) | コメントを書く
2015.04.23
カテゴリ:実生

よく降った雨もこの先、月末までは心配は無さそう。結実したリトープスの2回目
の種取りをした。他にアルギロデルマとフェネストラリアも採取。1回目播種分は
これから発芽してくることでしょう。

IMG_3040.jpg

2回目採取後のリトープス
まだしっかりくっ付いている種鞘も有るので全部取ってしまう3度目は
もうちょっと先に。

IMG_3038.jpg IMG_3039.jpg

今回採取は左の紙コップのリト3、フェネスト1(左)
リトMIXとアルギロ・金鈴は即、水に浸して種採取(右)

IMG_3045.jpg

左は金鈴、右はリトMIXの種、水を捨て乾燥中。

IMG_3046.jpg IMG_3047.jpg

前回蒔いた手前フェネストラリア・五十鈴玉、中はマッソニア・プスツラータ
奥はリトープスMIXの1回目播種分。五十鈴玉は発芽してきた(右)。

IMG_3049.jpg IMG_3048.jpg

我が家の播種小屋外部(左)、と内部(右)
腰水用トレーは2~2.5号ポットをトレーごと浸せる。準備は出来た。

IMG_3052.jpgIMG_3050.jpg

昨年実生のリトープス、昨年秋に1回目の植替え済(左)
右は緑色した播種苗、黄紫勲か。

IMG_3042.jpg IMG_3043.jpg

コノフィツムの結実鞘左は桜貝、右はウイルゲッタエ
脱皮がもう少し進んで外皮が干からび始めの頃に種を採取する。
コノフィの他はアロイノプシスやケイリド、フォーカリア等もまだ先。

22日は元職場の後輩の定年退職の祝いで久しぶりに大阪へ行ってきた画像は
行く前に撮影して置いたがコメントは帰宅後で手抜き更新にお許しを(>︿<。)

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 人気ブログランキングへ
・・・1日1回 応援ポチを・・・・








最終更新日  2015.04.23 07:47:44
コメント(0) | コメントを書く
2015.03.05
カテゴリ:実生

実生の1~2年苗の幼サボテンたちは多少冬季も水遣りはしていたものの無加温
の実生小屋で寒さに耐えていた、3月4日桃の節句も過ぎ植替え開始です(^.^)

IMG_2229.jpg IMG_2232.jpg

エキノカクタス・金鯱(左) ギムノカリキュウム・フェロシオール(右)
金鯱は種蒔き1年目、フェロシオールは2年目。小さい時期から成長速度に差が
ある。ギムノでは新天地や天平丸は遅く、海王丸や光琳玉は多少成長が早い。

IMG_2233.jpg

フライレイ・士童
1つ(大きいやつ)だけ仲間外れが居ます何でしょう。士童は用土に
潜り込んでいる。フライレアは種子の鮮度が大事で取り蒔きが原則。

IMG_2231.jpg IMG_2235.jpg

エピテランサ・月世界(左) ネオポルテリア・銀翁玉(右)
月世界はこんなに小さいのに、既に大きい3つは請われて貰われて行った。
銀翁玉はキリン団扇に接木した苗は大きく育っている。接がなかった放っ
たらかしの苗はかなり消えてしまった。やっぱり植替えが必要なようです。

IMG_2234.jpg

エキノカクタスエリオカクタス・金冠
蒔きっぱなしの2年目今年は植替えないと。極小種子の品種。ギムノ・天紫丸
(尾形丸)も2年目に植替えする。最小種子の菊水は2つ残して消えてしまった。

IMG_2236.jpg

昨年1回植替え済。今年も植替えた方が良いのだが・・牡丹類(青磁牡丹)とギムノ
・フェロシオールは植え替えし、有星類他はもうちょっと詰まってからでも良いか・・。

IMG_2237.jpg IMG_2238.jpg

昨年実生のメセン2種類も2回目の植替。
プレイオスピロス・帝玉(2鉢)。フェネストラリア・五十鈴玉×群玉(1鉢)
3鉢を8鉢に増殖。成長の早いメセンは2回目。リトープスやコノフィツム
は成長遅く昨年中に1回植替えした。2回目は秋9月に行う。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 
・・・1日1回 応援ポチ を・・・









最終更新日  2015.03.05 08:09:49
コメント(0) | コメントを書く
2014.07.05
カテゴリ:実生

ホマロケファラ・綾波(Homalocephala texensis)の強刺種、王綾波の実生。

DSC_7268.jpgDSC_7269.jpg

赤い結実鞘の王綾波
5月に開花した花に相互交配して置いた。

DSC_7270.jpgDSC_7271.jpg

1個づつ外した結実鞘と果実から種を取り出し洗浄。
ティッシュに広げ殺虫殺菌剤をスプレーした。種は真っ黒で
艶があるサボテンのなかでは大きい種。

DSC_7272.jpgDSC_7273.jpg

その後殺菌剤(ダイセン粉剤)を塗した。
密閉容器に鉢を入れたのと、2.5号鉢に播種の2つで実施。
右2つは「裸覆隆盤石」と「優型海王丸」も同時播種した。

DSC_7277.jpg

実生小屋に収容
水を張ったケースに鉢を入れガラス蓋をする。
窓辺にはキリン団扇による、実生発芽の置き接ぎ苗が居る。

DSC_7275.jpgDSC_7276.jpg

密閉容器蒔きの太平丸類
高温のいる発芽率の悪い大平丸類(尖紅丸と花王丸(右))も発芽してきた。

DSC_7279.jpgDSC_7278.jpg

水盤トレー蒔きのマミ・玉翁(左)と(右)は亀甲牡丹”ゴジラ”の発芽苗

DSC_7280.jpg

発芽2年目の亀甲牡丹

DSC_7281.jpgDSC_7282.jpg

テロカクタス・緋冠竜(左)とギムノ・フェロシオール(右)
丸2年目苗、2回目植え替え直後。この大きさから一般管理。

DSC_7283.jpgDSC_7284.jpg

ホマロケフェラ・綾波
サボテンハウス収容の、実生3年目で3回植え替え苗。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 
1日1回 応援ポチ を・・・








最終更新日  2014.07.05 08:22:07
コメント(0) | コメントを書く

全69件 (69件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.