12279655 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

☆ガマンマの ニク・サボ栽培☆

PR

全35件 (35件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 >

プロメリア

2013.12.02
XML
カテゴリ:プロメリア


デウテロコニア・クロランサ(D.chlorantha)はアルゼンチン産で
アナナス科の低度多肉植物。1個のロゼットは小さいが分頭しながら
大群生して1個の塊の様に育つと壮観です。

DSC_4033.jpg

デウテロコニア・クロランサ(Deuterocohnia.chlorantha
1頭からそれぞれが5頭ぐらいに仔吹きするように分割して頭数が
増える、盛り上がって頭が揃った1塊りの集団になる。ハオルチアの
ように真ん中ハゲもおきない、集団美の典型種です。

DSC_4034.jpg

クロランサ
花はチランジアの様な花ですが緑色をしておりあまり目立たない。
茎挿し出来るが発根は時間を要する。春4月以降が良いようです。
来年は1株切り刻んで増殖しよう。

DSC_4035.jpg

デウテロコニア・ローレンチアナ(Deuterocohnia lorentziana
クロランサより大型で何よりも青白い葉色が魅力。
取得時はロゼット1個だったのに1年で3倍に2年で9頭に・・・

DSC_4037.jpg

デウテロコニア・不明種
上のローレンチアナの緑版と言うところか。葉は硬く先端が尖っていて
葉縁にも刺がある。細いが硬い茎は伸びるがクロランサの様に団塊に
成らない。でも垂れ下がるようなことは無い。

クロランサに因んで集団で繁茂する多肉たち(女仙)
DSC_4041.jpg

ルスキア・インデュラータ(Ruschia indurata
小さな匍匐性メセン。花はピンクで群開する。これでも1株なんです、
5号鉢にびっしりです。夏に日焼けさせて葉が痛んでます。

DSC_4045.jpg

リネフィルム・ムイリー(Rhinephyllum muirii
黄緑色の多肉質な厚葉に白い斑点がある。春に黄白色の
花が咲くと人気なんですが・・可愛いお気に入り種なのに。

DSC_4046.jpg

ネオヘンリシア・姫天女(Neohenricia sibbettii)
小型の葉を対生しマット状に群生する。径1.2cm程度の夜咲黄花。
横に茎が這って行く際、茎から根を出すので株分けはむっちゃ簡単。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 人気ブログランキングへ
1日1回 応援ポチを・・・







最終更新日  2013.12.02 08:33:13
コメント(0) | コメントを書く


2013.09.06
カテゴリ:プロメリア


ディッキア・マルニエール-ラポストレイ(Dyckia marnier-lapostollei
は多肉専門書には必ず画像が掲載されている、綺麗で魅力的な代表種。

DSC_2479.jpg

葉は反り返り丸まる、ロゼットの独特な形状も魅力なのでしょう。

DSC_2478.jpg

我が家の最大種。今年仔苗を2株から、それぞれ3つづつ外した。
葉縁の鋸状の歯牙の間隔がちょっと違う位で個体差は殆ど無い。
葉面の歯牙模様はアガベ等にも付いているがどうしてなのでしょう。

DSC_2485.jpg

上の株から外した掻き仔苗
もぎ取った根無しを挿し木、発根は遅いがミイラに成る様なことはない。

DSC_2481.jpg

KSC交換苗。細葉特白タイプとして入手。

DSC_2482.jpg

デッキア・"Keswic"
葉表面は赤く、裏面は真っ白。葉縁の歯牙も白く
はっきりしている。大きく成るのが楽しみな優良種。

DSC_2490.jpg

ディッキア・コリスタミネア(D.choristaminea
最近双頭の株下を2つに切り離した片方。仔も2つ外した。

DSC_2483.jpg

デッキア・レット デビル(Dyckia Red Devil)(左)と
デッキア・チェリーコークDyckia 'Cherry Coke'(右)
頂物の2つ夏でも元気です。これからより特徴が出てくるのでしょう。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 
 応援には1日1回 ポチ を・・・







最終更新日  2013.09.06 08:51:26
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.07
カテゴリ:プロメリア


夏でも元気なデッキアはブラジル周辺の乾燥した平原に産する。
アナナス科でオレンジ花。植替えで仔を外したこの時期の様子。

DSC_2063.jpg

ディッキア・サングロー(Dyckia brevifolia cv. Sunglow)
下の親から外した直後は緑色をしていたが・・・だんだんと色付いてきた。

DSC_2064.jpg

縞剣山(Dyckia brevifolia)の曙斑
植替えしたので又仔吹きしている。翌年には複数以上外せそう。

DSC_2065.jpg

デッキア・フォステリアナ(Dyckia fosteriana
ブロンズform
小型で群生する特別赤いタイプ。掻き仔を4つ外した下の画像。

DSC_2062.jpg

フォステリアナ・ブロンズフォーム
僅かに赤い色が出てきた。他にもう1鉢有る。

DSC_2072.jpg
DSC_2071.jpg

ディッキア・マルニエルラポストレー(Dyckia marnier-lapostollei)
上はこの親から外した掻き仔。根が無かったが発根充実してきた。
更に小さい根無し仔も時間は係るが全て発根した様です。

DSC_2067.jpg

デッキア・レット デビル(Dyckia Red Devil)(左)と
デッキア・チェリーコークDyckia 'Cherry Coke'(platyphylla x 'Carlsbad') (右)
掻き仔の頂物。他に白いDyckia keswicと言う品種の掻き仔も頂いた。
<余談>
今年開花のデッキア種子を蒔いたが発芽しなかった受粉していなかったよう。
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 
 応援には1日1回 ポチ を・・・







最終更新日  2013.08.07 08:12:18
コメント(1) | コメントを書く
2013.06.20
カテゴリ:プロメリア


ブロメリア科(Bromeliaceae)のデッキア(Dyckia)に特に何も
していないのに結実した。

003.jpg
004.jpg

デッキアSP
硬い細葉のデッキア、下は開花した花に自然に結実。
黒い鞘の中に平べったい種が入っているが完熟まではもう少しかかる様。

001.jpg002.jpg

デッキア・プラチフィラ(Dyckia platyphylla
これだけは「フォステリアナ×ジョネシアナ」の花を1輪もぎ取って
開花中の花だけに花粉を付けた筈なのだが、全てが結実した。

007.jpg

デッキア・レッドデビル(Dyckia Red Devil
頂き物の赤いデッキア。もっと真っ赤になるそうです。
縞剣山よりは大型になる様。

005.jpg006.jpg

デッキア・フォステリアナ(Dyckia fosteriana
ブロンズform
この苗今年は開花せず、主頭が4つに分頭した。植え替えの際
垂れ下った下葉を短く切り、仔吹き苗を外したのが右鉢の苗。

008.jpg

ブレビフォリア・サングロウ(Dyckia brevifolia cv. Sunglow)
縞剣山の曙斑種。外したチビ苗は植え込み後斑色が出てきた。

013.jpg014.jpg

ヘクチア2種
左の苗は産地情報はあるが名称は付いていない。ヘクチアの花はまだ
未見で一体どんな花が咲くのでしょうか。右苗は屋外雨曝し状態ですが、
葉先が枯れ込んだぐらいで問題無い様。何れ全て屋外に出そうと思う。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 
 応援には1日1回 ポチ を・・・







最終更新日  2013.06.20 08:50:35
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.25
カテゴリ:プロメリア


アナナス科(BROMELIACEAE)のディッキアはブラジル周辺の乾燥した平原の産。
とても丈夫で暑さ寒さにも強い。我が家のディッキアたちに花茎が上がってきた。

002.jpg
001.jpg

ディッキア・フォステリアナ×ジョネシアナ
上の苗の分頭した成長点近くからそれぞれ花茎が出てきた。花は
今年が初見です。たぶん、黄花で下から順に咲きあがる穂状花序。

004.jpg

ディッキア・プラチフィラ(Dyckia platyphylla
葉裏は白く細かい縦縞はデッキア属共通。葉表は赤紫の艶葉
で硬い、葉縁は鋭い歯牙があり危険。花は今年が最初です。

006.jpg
007.jpg 005.jpg

ディッキア・SP
細葉で硬質な葉表面は艶葉で白光している。白縞の葉裏は共通。
歯牙は疎らですが強烈。花茎は穂状の無限花序で開花を始めた。

003.jpg

デッキア・フォステリアナ(Dyckia fosterianaブロンズform
分頭して株下から仔吹きしてきた。こやつの花は来年以降になるの
か花茎はまだ出していない。仔は小さいが今年は複数個外せそう。

008.jpg 009.jpg

ブレビフォリア・サングロウ
(Dyckia brevifolia cv. Sunglow)
縞剣山の曙斑入り種。今年植替えの際仔を1つ外せた。
右は外した掻き仔苗。黄色っぽいが小さいので斑かはっきりしない。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 
 応援には1日1回 ポチ を・・・







最終更新日  2013.04.25 08:28:42
コメント(0) | コメントを書く
2013.02.18
カテゴリ:プロメリア


ブロメリア科(BROMELIACEAE)はアナナス科やパイナップル科
ともされる。中米から南米に産する多肉度の低いロゼット状に成る仲間。
寒さに強く冬でも潅水すれば元気な様に見える。オルソフィツムは別。

013.jpg

ディッキア・フォステリアナ×ジョネシアナ
根元が徳利状に太る。パイナップル科やアナナス科の由縁ですかね。
ブラジル周辺の乾燥した平原産。花茎を長く伸ばしてオレンジ色の花が咲く。

024.jpg

ディッキア・プラチフィラ(Dyckia platyphylla
葉巾が広い種類。葉は反り返る、葉裏に細かい縞模様は共通。

016.jpg

ヘクチア・SP
中米の砂漠地産ですが、耐寒性が高い丈夫でデッキアより
成長は早いように思う。花はまだ未見。

017.jpg

プヤ・ミラビリス(Puya mirabilis)
実生苗、同期は4年目で昨年開花した<
昨年6月の花茎
単独で種が取れたが秋実生は発芽は皆無でした。春蒔きでは如何に・・

025.jpg

プヤ・ツベローサ(Puya tuberosa
本種は葉先の枯れ込みも味なのかも・・・
南米アンデスに産する大型種が多いが本種は最小?。

019.jpg022.jpg

デウテロコニア・クロランサD.brevifolia ssp.chlorantha
(左)とデウテロ・・不明種。
1個のロゼットは3cm程ですが大群生して巨大株に育つ。

026.jpg

デッキア(左)とヘクチア(右)
両種のロゼットの広がり具合と姿。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 人気ブログランキングへ
応援には1日1回 ポチ を・・・

リサイクル・枚方買取
 
http://www.7fuku-ya.com/







最終更新日  2013.02.18 07:54:23
コメント(0) | コメントを書く
2012.12.05
カテゴリ:プロメリア


デウテロコニア・クロランサ(D.brevifolia ssp.chlorantha)
はアルゼンチン産。Abromeitiella (アブロメイティエラ)属とも。

004.jpg
001.jpg

デウテロコニア・
クロランサD.brevifolia ssp.chlorantha
1個のロゼットは3cm程ですが大群生して巨大株に育つ。ハオルチアの
様に真ん中禿に成ることなく盛り上って群落しているさまは壮観です。
可愛く柔らかそうに見えるが刺々の硬い葉には注意が要る。

005.jpg

ローレンチアナ(Deuterochonia lorentziana)
白いホワイトフォームタイプと思われる。これも一塊の大群生
株に成るが。直径1m程に成るには何十年かかることやら。

002.jpg
003.jpg

デウテロコニア・
ローレンチアナDeuterochonia lorentziana
通常は緑色をしている。花はチランジアのような咲き方で黄緑色の
目立たない花。茎立ちするカット挿しで発根は可能。

007.jpg

オルソフィツム・
サキシコラOrthophytum saxicola
デウテロよりは葉は硬くなく大型、白粉を帯びた葉は真っ白です。
成長は早く仔吹きして群生する。寒さには多少弱い。
saxicolaには赤いタイプとか色んなタイプが有るようです。

009.jpg

プヤ・
ツベローサPuya tuberosa
プヤ属最小型種。薄い柔らかい葉には刺がある。
アンデス山中のプヤ・ライモンディの仲間とは思えないですね。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 人気ブログランキングへ
応援には1日1回 ポチ を・・・







最終更新日  2012.12.05 08:52:00
コメント(0) | コメントを書く
2012.12.02
カテゴリ:プロメリア


南米ブラジルの高地産のデッキア属はパイナップル科の地生種です。
この種が気に成り出して、まだ2・3年で栽培暦は短いですが、
寒さにも強く至って丈夫なようです。我が家のデッキア達の今は・・。

004.jpg

デッキア・
フォステリアナDyckia fosteriana
前回紹介した時より随分葉数が増えて賑やかになっている。成長は
近縁種のヘクチアには劣るようですがそんなに遅くはないようです。
(購入した
2011.5.2の姿

007.jpg

ディッキア・
プラチフィラDyckia platyphylla
仔吹き旺盛で子沢山に成りました。株分け(掻き仔外し)
で繁殖も簡単で実生の要なしです。

001.jpg
002.jpg

マルニエール-ラポストレーDyckia marnier-lapostollei
暫らく仔吹きしなかったが下葉の間から幾つも仔が出来ている。
(購入時の
2011.5.2の姿

012.jpg

ディッキア・フォステリアナ×ジョネシアナ
2011.5.22購入時の姿即株分けした右側の苗)
その後分頭して2頭株になった。

005.jpg006.jpg

ブレビフォリア・サングロウ
(Dyckia brevifolia cv. Sunglow)
ヤフオク落札品。曙斑で成長遅いのかと思いきや仔が出ている
来春には外せそう。

010.jpg

ディッキア・
SP
分頭して株立ちしている。別株に花が咲いて種が出来たが発芽しな
かった。やはり単独開花ではだめなようで、交配が必要なのかと・・
来春に株分け(分頭株の分解)は出来るかやって見よう?。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 人気ブログランキングへ
応援には1日1回 ポチ を・・・







最終更新日  2012.12.02 08:53:22
コメント(0) | コメントを書く
2012.09.21
カテゴリ:プロメリア


デッキアやヘクチア属のプロメリア科(Bromeliaceae)は年中
元気ですが夏越しした9月の様子です。デウテロコニアも・・・。

011.jpg

デッキア・フォステリアナ(Dyckia fosteriana)ブロンズフォーム
赤いタイプ。白いタイプが欲しいが高額なため思案中、
そのうち値下がりしないか・・・欲しいものリストに登録。

014.jpg015.jpg

ブレビフォリア・サングロウ(Dyckia brevifolia cv. Sunglow)
剣山の曙斑入り種。葉緑素が少ない様で、成長は遅い。
でも、仔が出来ている。

002.jpg

ディッキア・細葉剣山(Dyckia rariflora)
種が取れたが発芽率が非常に悪かった。自然交配はしない様なので、
来年は手伝ってやろうか・・・。仔吹き旺盛なので必要ないか・・・。

012.jpg

左は
ディッキア・フォステリアナ×ジョネシアナ。右はヘクチア
大きさの比較、ヘクチアは葉が立ち上がるがディッキアは反り返る。

006.jpg008.jpg

デウテロコニア・クロランサ(左)とデウテロ・・不明種。
アルゼンチン産のD.brevifolia ssp.chloranthaは盛り上がって
大群生する様。右の不明種は茎が立って背高になりそう。
今年花が咲いたが黄緑色の地味花で、チランジアの様な咲き方。

009.jpg

ディッキア・SP
今年咲いた長葉のタイプの種を蒔いたが発芽しなかった。
交配が必要なのか、自花受精はしない様です。

013.jpg

ディッキア・プラチフィラDyckia platyphylla
葉表面は紫っぽい緑の艶肌ですが、葉の裏面はディッキア
特有の白っぽく細かい縦縞が有る。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 
 応援には1日1回 ポチ を・・







最終更新日  2012.09.21 09:11:24
コメント(0) | コメントを書く
2012.08.05
カテゴリ:プロメリア


プロメリア科(パイナップル科/アナナス科)のヘクチア(Hechtia)属
メキシコ~中米の砂漠地に生息する。我が家のヘクチア達と無事に
冬越しした奇想天外(Welwitschia mirabilis)です。

009.jpg
006.jpg

ヘクチア・SP Tehuacan Oax.Mex
虫眼鏡
デッキアに似ている。葉は幾分厚みがあり。ロゼット
形成の葉数は疎らで少ない。

002.jpg
004.jpg005.jpg
001.jpg

ヘクチア・SP実生苗
虫眼鏡
白っぽいのや緑色のもの、葉巾が細く長いタイプ等々
微妙にタイプ差があります。寒さに強く丈夫。

008.jpg

オルソフィツム・サキシコラ(Orthophytum saxicola
虫眼鏡
デッキア似ですが葉は厚みが少なく、幾分柔らかい。成長早く
よく仔吹きする。寒さにはちょっと弱いようです。

007.jpg 007 - コピー.jpg

奇想天外(Welwitschia mirabilis
虫眼鏡
ウェルウイッチア科ウェルウイッチア属ミラビリス1科1属1種の植物。
頂き物の実生苗を越水で室内管理していた。かなりヤバクなっていた
のを植替えし様子見していた。やっと葉が伸びてきた。現在も越水中。
そのうち、本葉2枚だけになるのでしょう。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ 人気ブログランキングへ
応援には1日1回 ポチ を・・・







最終更新日  2012.08.05 08:14:31
コメント(0) | コメントを書く

全35件 (35件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.