14707462 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

☆ガマンマの ニク・サボ栽培☆

PR

X

全69件 (69件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >

ガガイモ

2014.11.24
XML
カテゴリ:ガガイモ

新嘗祭の23日、今日も晴天だったが午後より日が陰り始めた連休2日目、
自治会の祭典が有り午後から神社に詰めていました。午前中に関東からの
来園者があったが他にも・・・、是非、事前の予約をお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・
ガガイモ科フェルニア、カラルマ、タバレシア等のこの時期の様子は・・・
IMG_0884.jpgIMG_0885.jpg

カラルマ・クワドラングラ(Caralluma quadrangula
小さい花が枝先に集団で付く。カラルマは根が弱いよう、寒さにも弱く
保険に接木で維持している(右)。台木はスタペリア・王犀角。

IMG_0887.jpgIMG_0889.jpg

フェルニア・SP
左は綴化枝が出たので切り取って接木した。右苗は正常な姿。

IMG_0896.jpgIMG_0897.jpg

タバレシア・麗鐘角(Tavaresia grandiflora) 右は実生1年未満苗。
細い針状の肉刺は柔らかい。吊り鐘状の花が咲く。

IMG_0890.jpgIMG_0892.jpg

フェルニア・ペンヂュラ綴化(左)(Huernia pendula 綴化)
花が咲いているのは、正常枝からで綴化部分には花芽は付かない。
我が家で枝変わりを接木した。ネット通販の市販苗もあるようです。
フェルニア・修羅道(Huernia macrocarpa
阿修羅に似ているが肉刺は疎らで花色が濃い。

IMG_0895.jpgIMG_0894.jpg

フェルニア・阿修羅(Huernia pillansii
右は阿修羅Hyb。何かと交雑した雑種で父親は何でしょう。
札間違いで、修羅道の実生苗かも分かりません。どっち?

IMG_0899.jpgIMG_0886.jpg

スタペリアンサス・ピロサス(Stapelianthus pilosus)(左)
マダガスカル南西部産。丸棒状茎に毛状刺がビッシリと付いている。
フェルニア・ゼブリナ(Huernia zebrina)
特徴的な花の有名種ですが、花環の大きな亜種マグニフローラです。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 人気ブログランキングへ
・・・1日1回 応援ポチを・・・・









最終更新日  2014.11.24 08:04:18
コメント(0) | コメントを書く


2014.09.01
カテゴリ:ガガイモ

ガガイモ科のフェルニア・阿修羅と修羅道、タバレシア・麗鐘閣の花と今年の
実生苗。他に、スタペリアンサス・ピロサスの様子と株分け繁殖などを・・。

IMG_7470.jpg
(1)
フェルニア・阿修羅(Huernia pillansii
3.5号鉢に格好良く群生している。撮影後株分けした。花は秋以降
が本番で晩秋に咲いた花に勝手に結実してV字鞘が春に出てくる。

IMG_7472.jpgIMG_7474.jpg
(2)            (3)
(2)阿修羅の花 スタペリア・王犀角に接木したので花が咲き出した。
(3)今年蒔いた実生苗を3個づつ1鉢に植え付けした。成長は早い。

IMG_7469.jpgIMG_7473.jpg
(4)            (5)
タバレシア・麗鐘閣(Tavaresia grandiflora)面白い格好の
独特の花が晩秋までぽつりぽつりと咲く。これも勝手に結実する。
(5)は春蒔きの今年の実生苗。既に、雰囲気を出してきました。

IMG_7467.jpgIMG_7468.jpg
(6)           (7)
(6)はフェルニア・修羅道(Huernia. macrocarpa
阿修羅に似ているが肉刺は疎らで花色が濃い。
(7)スタペリアンサス・ピロサス(Stapelianthus pilosus
今年成長した枝は緑色をしている。冬場は肉刺は白く色褪せる。本属は、根ジラミ
(根に付く貝殻虫)が付き易い。元気が無くなれば植替えして用土を更新する。
用土は水捌け良い粒状土を使う。我が家は微塵を抜いたハオルチア用土を使用。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 人気ブログランキングへ
・・・1日1回 応援ポチを・・・・








最終更新日  2014.09.01 08:21:29
コメント(0) | コメントを書く
2014.06.17
カテゴリ:ガガイモ

ガガイモ科の棒状種は結実鞘が破れ羽毛の付いた種を撒き
散らしている。今年は阿修羅、修羅道、麗鐘閣の種蒔きをした。

DSC_7002.jpg

タバレシア・麗鐘閣(Tavaresia grandiflora
実生丸2年目。3号鉢3回植え替え苗。

DSC_7003.jpg

上と同じ2年目苗。蕾が出来ている。

DSC_7010.jpg

3本植えの、実生丸1年苗。2回植え替え。
<2013.6.17記事タバレシア・麗鐘閣の種>参照
http://plaza.rakuten.co.jp/gamanma/diary/201306170000/

DSC_7011.jpg

種親の麗鐘閣 姿良く群生する。
<2013.9.11 開花の様子>
http://photozou.jp/photo/show/308634/187105818

DSC_7013.jpg

フェルニア・修羅道(Huernia. macrocarpa
種を採取して蒔いたのが下の画像。麗鐘閣と阿修羅も。
2013.11.14開花姿は下
http://photozou.jp/photo/show/308634/191876620

DSC_7014.jpg

修羅道は既に発芽が始まった。
右上はエキノカクタス・金鯱錦の発芽苗。

DSC_7005.jpg

フェルニア・SP
綴れた枝先を王犀角に接木した。<2014.4.14 記事は下>
http://photozou.jp/photo/show/308634/201628432
活着はしたものの、綴面の先端が成長せず仔吹きを始めた。
正常の仔を掻き取るべきなのか、もう少し様子を見よう。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 
1日1回 応援ポチ を・・・









最終更新日  2014.06.17 06:35:41
コメント(0) | コメントを書く
2014.06.07
カテゴリ:ガガイモ

強風で穴が開いたハオルチアハウス。6日、風が無い小雨降る朝から劣化した
ビニールを外し、農ポリ0.7mmを張った。遮光ネットも午後まで係って張り終えた。

DSC_6885.jpgDSC_6887.jpg
DSC_6890.jpg

27-48の4坪ハウスビニールの重ね張りで破損した天幕を撤去して0.7mm農ポリ
と遮光材「南面はチタンホワイト」を張った(上・左)内側からの様子(上・右)
北面は50%遮光の黒頭巾(既存品)使用の内部の様子。随分明るくなった。

今日は、ホーディア・ゴールドニー開花とこれからがシーズンのガガイモ科です。

DSC_6906.jpg
DSC_6907.jpgDSC_6908.jpg

ホーディア・ゴールドニー(Hoodia gordonii
<園芸名=麗盃閣>の不思議な花と株元(下・右)
下・左は王犀角(スタペリア)に接木した麗盃閣の花。

DSC_6909.jpg

サルコステンマ・ソコトラナム(Sarcostemma socotranum
白乳も出すし一見、ユーフォみたいですですがソコトラ島産の
ガガイモ科です。枝が長く伸びるので切り詰めて整える。

DSC_6896.jpg

品種名不詳の棒状小型種
大阪の芳明園さんで見つけ、枝を数本無理強いした奴。
名称不明の繁殖品。薄く斑が入っている。これは何ぞや?

DSC_6905.jpg

フェルニア・阿修羅(Huernia pillansii
肉刺が特徴の人気種。根が弱いので我が家では、ハオルチアの
用土(微塵を抜いた)で植えている。

DSC_6904.jpg

フェルニア・ペンデュラ綴化(Huernia pendula 綴化)
我が家で枝変わりで出た綴化種。正常枝が出るので切り取る。
用土を間違わなければ至って丈夫で成長も早い。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 人気ブログランキングへ
応援には1日1回 ポチ を・・・










最終更新日  2014.06.07 07:15:13
コメント(0) | コメントを書く
2014.04.21
カテゴリ:ガガイモ


サルコステンマ・ソコトラナム(Sarcostemma socotranum)は乳白色
の体液を出す一見ユーフォルビア属かと思える姿ですがガガイモ科でインド洋
のガラパゴスと形容される秘境のソコトラ島が原産。他に棒状多肉達の様子も

DSC_6262.jpg

サルコステンマ・ソコトラナム(Sarcostemma socotranum
白い5弁の小さい花が咲く、半蔓状種で切摘めて株立ち風に整える。
ソコトラ島は竜血樹やボトルツリーと呼ばれているアデニュウム等が
有名です。多肉植物も珍奇固有種の宝庫です。

DSC_6266.jpg

上の親株から伸びた枝を切り取った挿し穂。
4鉢に挿し木した。発根は超簡単。

DSC_6276.jpg

ガガイモ科の不明種
大阪の芳明園で園主の森本さんも名称が分らないらしい。数年前、
枝を数本千切っていただいた、白の斑入り種なんだとか(●´・з・●)

DSC_6272.jpg

ユーフォルビア・オンコクラータ (Euphorbia onkokurata)綴化
細棒状種の綴化種。マダガスカル島南西部が原産。ゆるキャラのような
面白い姿に人気がある。2株から枝を切ったのが下の画像。

DSC_6273.jpg
DSC_6274.jpg

オンコクラータ綴化。後ろ2鉢は切った親株
3号鉢8鉢に植え付けした。左は先のソコトラナムの挿し木4鉢です。
ユーフォルビアやガガイモの体液は殺菌作用があるのか乾燥不要
ですが水遣りは1週間後位からが安全です。

DSC_6268.jpg

ハチオラ・猿恋葦Hatoria salicornioides
こちらは、ブラジル南東部の森林性サボテンでリプサリスの仲間です。

枝先にオレンジ色の花が咲く。大きく成ると株元は木質化する。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 
1日1回 応援ポチ を・・・









最終更新日  2014.04.21 08:21:15
コメント(2) | コメントを書く
2014.04.15
カテゴリ:ガガイモ


昨日の団扇接ぎに続いて本日はガガイモ科のフェルニア・SPに
綴化枝らしきものが出来たので枝先を切り取って接木する事に。

DSC_6182.jpg

フェルニア・SP綴化?
SPは花環のある「セブリナ」似の花が咲く。1枝綴れている。
この部分を切り取って接木する。台木はスタペリア・王犀角。

DSC_6183.jpg

台木に穂木を載せ糸で圧着する。
台木を植えた鉢を補助鉢に入れビスに糸を掛けする。ネジ釘
なので、糸は滑らない。

DSC_6181.jpg

接木用接ぎ鉢
5号プラスチック鉢に木ネジ(4mmのスリムビス)を斜め下に
8本打ち込んだ補助治具(ビスに糸を引っ掛ける)強く締めると
上下に動くが、元に戻ろうとするので適度の締め付けになる。

DSC_6187.jpg
DSC_6190.jpg

フェルニア・ペンジュラ(Huernia pendula)綴化
枝変わりで偶然出た綴れ部分を接木した。綴化部分を切り取って次々
挿し木して増殖している。正木苗からも綴化枝を切り取り同様に挿し木。
発根は簡単なのでずいぶん増えて、方々に貰われて行った。

DSC_6186.jpg

ホーディア・ゴールドニー(Hoodia Gordoni
ホーディアは根が弱いので保険に王犀角に接木している。接木する
ことで断然早く成長する。背高になれば台木を短くして接ぎ降ろす。

DSC_6191.jpg

カラルマ・クワドラングラ(Caralluma quadrangula
寒さに弱い本種も接木することで越冬がし易くなった。また、開花が
促進され花数も多くなる。エディトコレア・グランデスが有ったが寒さ
で絶滅してしまった。接木しておけばと悔やんでいる。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 
1日1回 応援ポチ を・・・







最終更新日  2014.04.15 06:30:51
コメント(0) | コメントを書く
2014.03.09
カテゴリ:ガガイモ


ガガイモ科の種鞘もパキポデュウムの鋏型の鞘と同じような形をしています。
キョウチクトウ科とガガイモ科は植物分類学的に、近い存在なのでしょうか?

DSC_5581.jpg

フェルニア・修羅道(Huernia. macrocarpa
花は夏~秋までと開花期間が長い。交配した覚えが
無いのに年が明けると結実鞘が出てくる。

DSC_5585.jpg

フェルニア・阿修羅(Huernia pillansii
花の構造はパキポデュウム等のキョウチクトウ科とはかなり違う。
5枚の花弁は同じですけど。例の如く調べて見ました。花の構造は
難し過ぎです。阿修羅のHyb苗も出来ているんですがね。

DSC_5586.jpg

フェルニア・SP
鞘は1本に見えますが裏側に小さい鞘が隠れている。花はセブリナ様の花環
があるピンクに赤い斑点がびっしり。実生しなくても株分けで十分増やせるけど。

DSC_5580.jpg

タバレシア ・麗鐘閣(Tavaresia grandiflora
<昨年9月の開花姿は画像をクリック>
結実鞘は6月中旬に鞘が爆ぜて羽毛のある平べったい種が沢山取れる。

DSC_5583.jpg

タバレシア ・麗鐘閣
昨年取り蒔きした当歳苗。発芽率、生存率も良い。5鉢ある1つ。

DSC_5590.jpg

スタペリアンサス・ピロサス(Stapelianthus pilosus
王犀角接木苗だけが結実した。中間雑種を作る気も無いし、
何もしていなくても種が取れるので、手術する程の事もないようです。

DSC_5587.jpg

スタペリアンサス・ピロサス(Stapelianthus pilosus
掻き仔の挿し木苗。給水して活動開始、茎が緑色を呈してきた。
<結論>棒状ガガイモは交配改良はしない自然に任せることに。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 
1日1回 応援ポチ を・・・









最終更新日  2014.03.09 08:17:58
コメント(0) | コメントを書く
2014.02.14
カテゴリ:ガガイモ


13日は接木サボテンが居る雑多混生多肉ハウスに一斉潅水を・・・
水差し潅水は何回か遣ってましたが、今季一斉は初めてです。
今回紹介のガガイモ科のフェルニア属などは断水から初潅水になる

DSC_5222.jpg

フェルニア・阿修羅(Asclepiadaceae Huernia pillansii
今年も勝手に結実した。秋深くなって咲いた花に種鞘ができる。
王犀角に接木しあるが、正木で十分育つ。水捌けが重要。

DSC_5239.jpg

阿修羅実生苗
一昨年実生の2年目苗、3苗植っている。

DSC_5236.jpg

フェルニア・修羅道(Huernia. macrocarpa
結実鞘が沢山出来ている。二股に分かれV字マークのよう。
キョウチクトウ科のパキポデュウムも二股子房になる。

DSC_5231.jpg

タバレシア・麗鐘閣(Tavaresia grandiflora
大小の二股鞘が大きく成っている。今年は種が欲しいと予約され
ているので、6月に入って鞘が弾けるまで暫くこのまま育てる。

DSC_5233.jpg

麗鐘閣 昨年実生苗
1回植替え済み、外にもこの鉢を含め3鉢ある。

DSC_5228.jpg

セロペキア・リネアリス(Ceropegia linearis
「ハートかずら」の仲間で同じ様な面白い花が咲く、挿し木の
苗に結実したが越冬に失敗してオジャンにしてしまった。

DSC_5235.jpg

リネアリス挿し木苗
昨年春に挿し木1年目、鉢内に小さい塊根が出来ている。
幾つか挿したが、無加温ハウスでは越冬出来ず、夜間暖房
ハウスのこの苗だけになってしまった。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 
1日1回 応援ポチ を・・・









最終更新日  2014.02.14 08:33:05
コメント(0) | コメントを書く
2013.11.15
カテゴリ:ガガイモ



11月14日は晴天に恵まれ久々に気持ち良い秋空の1日でした。
引き続きやっているハウス被膜の補修に冬場の作業場のスペース
つくりと繁忙ですが・・・。今回は、ガガイモの棒状種たちを・・・。

肉刺のあるのが好きなのは昔「サボテン小僧」だった名残なのか・・
DSC_3704.jpg
DSC_3706.jpg

タバレシア・麗鐘閣(Tavaresia grandiflora
上向きと斜め下2本の3本刺が規則正しく稜上に並ぶ。釣鐘状の斑点
の有る不思議な色の花が咲く。高さは20cm位で仔吹き株立ちする。

DSC_3707.jpg

今年6月結実した種を蒔いて1回植替え済みの5ヶ月苗
結実後鞘が爆ぜた6月の姿
意外と成長が良い。小さいながら刺も付け格好になってきている。

DSC_3701.jpg

フェルニア・阿修羅(Huernia pillansii
はっきりしない20稜程度で柔らかい肉刺がある。花は2~3cm程度
の星型で淡黄緑+赤斑花。5月~秋まで咲いている。

DSC_3709.jpg

フェルニア・修羅道(Huernia. macrocarpa
花は径2cm程度、阿修羅より肉刺は疎らで花色は濃い。

DSC_3702.jpg
DSC_3705.jpg

スタペリアンサス・ピロサス(Stapelianthus pilosus
刺では無く肉毛ですね。冬は肌が茶色になる、春成長すると緑肌に。
株立ちの群生株(上)と接木の掻き仔取り繁殖用株(下)

DSC_3711.jpgDSC_3712.jpg

カラルマ(Caralluma)2種
(左)バルドラティ(C. baldratii)。(右)クワドラングラ(C. quadrangula
カラルマの花は茎の先端に付く。根が弱いようで加湿に注意。

DSC_3708.jpg

最後は、スタペリア・スキツーラ(Stapelia schitula)の
大群生株。小型スタペリアなので花も小さい。
腐肉臭のある犀角系の大型種と違い、嫌な匂いは無い。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 
1日1回 応援ポチ を・・・







最終更新日  2013.11.15 06:58:42
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.12
カテゴリ:ガガイモ


スタペリアンサス・ピロサスとタバレシア・麗鐘閣はガガイモ科の夏型多肉
ですが、さすがに今年の猛暑には少々閉口しているご様子。
今日紹介のこれ等は、毛状・刺状の肉刺が有り、葉も無い事からサボテン
好きな蒐集家なら難無く通じる、気になる仲間ではないでしょうか。

DSC_2604.jpg

スタペリアンサス・ピロサス(Stapelianthus pilosus)
マダガスカル南西部産。丸棒状茎に毛状刺がビッシリと付いている。
株下より仔を出し群生する。今年伸びた新茎は緑色をしている。

DSC_2603.jpg

下の接木株から外して挿し木した繁殖苗。

DSC_2609.jpg

王犀角に接木したピロサス
茎が黒いのは綿虫が寄生してすす病が併発した跡。
駆除はしたものの、また寄生されている様。根には根ジラミが
はびこる。オルトラン粉剤をばら撒くとよいのだが・・・

DSC_2610.jpg

タバレシア・麗鐘閣(Tavaresia grandiflora)
産地は西南アフリカ~南アフリカ。よりサボテン似の姿ですが刺は
硬く無く触っても刺さるような事は無い。本種は釣鐘状の花が特徴。

DSC_2613.jpg

接木の麗鐘閣
台木のスタペリア・王犀角の養分を頂いて、すくすく育っている。
育ち過ぎの感じがするぐらい。自生地では高さ40cmに成るらしい。

DSC_2612.jpg

実生2年目の麗鐘閣
矢張り正木でじっくりがよいようです。

DSC_2606.jpg

フェルニア・阿修羅(Huernia pilansii
王犀角に接木した掻き仔親。本種も肉刺が有るサボ好き向き。
そろそろ仔を外して挿し苗すれば、何鉢も出来そう。
用土はサボテン、ハオルチア用の微塵の抜いた水捌け良い荒
目の用土使用が良いようです。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 
 応援には1日1回 ポチを・・・







最終更新日  2013.09.12 07:17:21
コメント(0) | コメントを書く

全69件 (69件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >


© Rakuten Group, Inc.