15968364 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

☆ガマンマの ニク・サボ栽培☆

PR

X

全64件 (64件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

コーデックス

2020.08.22
XML
カテゴリ:コーデックス
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​おはようございます​ Σ ​​​​​​​​​​​​(o^ ^o) /​​​ ​​​​​​​​​
​​
8月21日、晴、27~37℃と今日も暑い、明日
以降は夕立になりやすいらしいが・・・
​​
本日は、ユーフォルビア・フィアナランツォア
とフォークエリアなどです。
​​

​ユーフォルビア・フィアナランツォア​
​Euphorbia fianarantsoae​
大徒長した苗を貰って、1年かけて下部より

子を出させ作り直し中の途中苗。

フィアナランツォア​ 先端部分をカット挿し。
徒長枝を挿し木し、さらに先端をカット挿し。
同様に、現在挿し木中の苗もある。

​フォークエリア・ディグエッティ​
​(Fouquieria diguetii)​

茎の下部は太るが、プルプシーやファシクラータ
違い壺型の塊根にならない。

ディグエッティ​の挿し木苗 上の苗の先端をカット
して挿し木、腰水管理で鉢底より根がでていた。

​フォークエリア・ファシクラータ​
​​​(Fouquieria fasciculata​​貰った挿し木苗。
挿し木からは塊根は出来るかは分からない。
ファシクラータとの違いは葉巾
が細い
のがプルプシー。
​​​​​​​
​​​パキポ・サンデルシー​​ 枝差し苗
春にカットしてやっと発根、新しい葉が出てきた​
​挿し苗は、壺型塊根に成らないが、茎が太る。​

サンデルシー(​Pachypodium saundersii
​<=白馬城>​実生苗なので塊根状に、徳利塊根に
なるように胴切りして整えて行く。

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​....................................​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​
 ​ご覧いただきありがとうございます。​
 応援のポチを、励みに成ります。
下矢印下矢印

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
​​にほんブログ村​
下矢印下矢印
多肉植物ランキング


オペルクリカリア・パキプス 
2.5号 【コーデックスの王様】






最終更新日  2020.08.22 06:30:05
コメント(0) | コメントを書く


2019.12.15
カテゴリ:コーデックス
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​12月14日、晴、1~13℃、いよいよ最低温度が
氷点下近くに成る季節が・・、16日は放射冷却が
起こりそうで夜間暖房の用意を考えないと・・
​-- -- --​
本日は、ラメリー型パキポディウムの様子と花
リンの仲間、他です。

​-- -- --​

通路に面した外多肉棚を撤去することにした。
左の7号サボ専用ハウスの側面を塞ぎたい為です。
-- -- --​​


​パキポディウム・ミケア(左)フィフェレネンス​
ミケアはゲアイ変種で細葉種、フィフェレはラメレイ

変種で茎は徳利型になる。

​ラモサム(P. lamerei var. ramosum
​ラメレイ変種の小型種。​我が家に来たときは、
あまり違いが分からなかったのが、それぞれの

特徴が出だした。

​パキポディウム・ラメレイ​ 上3種と同サイズ
​実生苗。​葉色の違いは、落葉間近と肥料の効き
具合によるもの
​と思う。​

関連記事
​​​​​​​​​​​​<2019.9.2ラメレイ型パキポ植替えと・・>​​​​​​​​​​​
​​-- -- --​​

​ユーフォ・花キリン タイで改良された2倍体の
園芸種​。四季咲き性なので寒い時期でも咲いている。


​ピンク花の園芸種。園芸種には絞り咲の品種も・・​

​塊根花キリンの基部​ 花は春先に沢山咲く。
​挿し木苗でも基部は太る。​


ユーフォルビア・シリンドリフォリア
​Euphorbia cylindrifolia​)=
筒葉ちび花キリン
​枝挿しでは塊根は形成しない。​


​ユーフォルビア・デカリー(Euphorbia decaryi
=縮み葉ちび花キリン。
実生当歳苗。​貰った種を蒔い​​
て1回植替えして、雰囲気が出だした。同時に蒔いた
​アンボボンエンシス​も順調に育っているが、デカリー
よりも小さい。実生からだとかなりかかりそう。

​-- -- --​
​​​本日はここまで​、
ご覧いただきありが
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​とうございました。​​​​​​​
​2つの​​​ランキングに参加しています
応援に1日1回バナーのポチをお願いします。




​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2019.12.15 06:30:06
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.23
カテゴリ:コーデックス
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​今日も暑かった4月22日、用土購入でホムセンに
行った
ついでに卓上の小さい扇風機を買ってしまった
​-- -- --​
本日は、アデニュウム・オベスムやアラビクムの砂漠
のバラと我が家のコーデックスなどです。

​-- -- --​

​アデニュウム・アラビクム(​Adenium arabicum)
アラビア半島原産の塊根多肉の見本の様な姿の人気
。キョウチクトウ科でピンクの美花種。

​アデニュウム・オベスム​​​(Adenium obesum​)​
​​砂漠のバラで有名なアフリカ大陸産コーデックス。​
花が咲いた後は樹形を整える為に剪定する。​


​もうすぐ咲きそう。花色で葉色に違いがある。​

​オベスム​ 近年タイでおびただしい園芸種が作られ
苗や種子が​輸入されている。​多肉好きには花色よりも
​樹形を楽しむ​コーデックスとして1つは持ちたい。
​寒さに強くはないが断水すれば意外と冬越し可能。​


​パキポディウム・サンデルシー​
Pachypodium saundersii)=<和名=白馬城>
​砂漠のバラと同じキョウチクトウ科のコーデックス。​


​パキポディウム・エビス大黒​
​花が終わり交配の結果1鞘結実したよう。​後続交配
どうも上手く結実しない。デンシフロラムとホロン

ベンセが咲きだすので、引き続き頑張る。

​ウンカリーナ・ルーズリアナムとアデニア・グラウカ​
​ゴマ科多肉とトケイソウ科のコーデックス。​
ウンカリーナはグランディディエリを入手した。

グラウカは雌雄異株で挿し木の♂がいるんですが
花が合わない。

フィカス・アブチリフォリア(​​Ficus abutilifolia​​
​ゴムの木の仲間​のクワ科のコーデックス。
​-- -おまけ- --
​アストロフィツムに花が咲きだした。​


​白条盤石チョイ複隆​
ランポーや般若の花は底黄色で兜類や白ランポーの

底紅花種との交配は困難なのだが・・兜の花粉を
付けることで稀に結実する。やってみよう。

4角​恩塚ランポー玉​ アレオーレからのゼブラ模様が
​長く入る​タイプ。背高に育つので一度胴切りしている
​上の盤石と交配したい。​

-- -- --​​​​​​
​​​本日はここまで​、
ご覧いただきありが
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​とうございました。​​
​2つの​​​ランキングに参加しています
応援に1日1回バナーのポチをお願いします。
下矢印下矢印
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
下矢印下矢印
多肉植物ランキング​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​


多肉植物 コーデックスAdenium arabicumアデニウム 
アラビカム 9cmポットH=11.5cm W=3.0cm





​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2019.04.23 06:30:09
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.16
カテゴリ:コーデックス
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​2月15日当地は放射冷却の為分厚い氷が張っていた。
暖房用石油ストーブをフル稼働させた。18日朝も冷え
るらしい、凍結は最後になってほしいもんです。
そろそろ、各ハウスの水遣りをしたいんですが・・。

-- -- --
本日は、断崖の女王と芋・球根多肉の様子です。​
​-- -- --​

​ラケナリア​・トリコフィラ
​Lachenalia trichophylla​)極小型の球根種。
針状の毛が生えるタイプと無毛のタイプが有るよう。
1枚葉の中に花茎が
​​見える​。花は10cmほどの花茎に
黄色っぽい総状花序の花が咲き、自花受粉する。​


​ドリミア・ハオルチオイデス
(​
Drimia haworthioides)集合球根種。
コロコロした鱗片状球根の先端が日焼けして汚く
成っ
ている。茎の有る中心部は黒紫色の新鱗片が
出来て
いる。昨年秋花茎が出なかった、鱗片のむかごで
芽が出るらしいので秋の植替え時に試してみよう。


​上苗からの実生苗​ 種は10粒程取れ、発芽は3つ、
​そのうちの2つ育った。​1つは貰われて行った。


​アルブカ・ナマクエンシス​とフリルズシズル (左後ろ)
ナマクの方に花茎が出てきた。フリズルシズル
は中心部
の窪みに花茎らしきものが出来ている。
​​-- -- --​​


​シンニンギア・断崖の女王​
春暖かく成ると、旧茎から新茎葉に入替るので旧茎は

切取った。既に小さい新芽が出来ている。


芋の旧茎の基部から新茎が伸びて茎の先端に蕾が
出来る。産毛のある真っ白な茎と葉が伸び始める時期
が1番可愛く綺麗。旧茎は基部からポロと取れる。

シンニンギア・​上海の女王​(Sinningia tubiflora
芋から小さい芽が沢山出来ている。大きい芽が数本
立ち上がり背高に伸び、先端に花筒の特別長い清楚な
白い花が咲く。上海の女王は茎挿しで芋が出来る
ので
実生よりも手っ取り早い。
​-- -- --
2つの​​​ランキングに参加しています
応援に1日1回バナーのポチをお願いします。
下矢印下矢印
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村
下矢印下矢印
多肉植物ランキング​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​


球根植物:ラケナリア クリスパ*葉幅9cm









​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2019.02.16 06:30:06
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.30
カテゴリ:コーデックス
​​​​​​​​​​​​​​​10月29日いよいよ最低温度が10℃を下回り一気
に寒く成ってきた。ハウスの開口部塞ぎ作業が一向
に捗らず尻に火が付いてきた。本日は、サボ専用
ハウス西面を塞いだのとエビス大黒のパキポ等の
夏型多肉の
様子です。

​​​
​パキポデュウム・エビス大黒=デンシカウレ
​​​Pachypodium Densicauleデンシフローラムと
ビレビカウレの交配
​​​。​落葉が進んできた。先に落葉し
始めたエビス笑いは既に殆どの葉を落とした。​


​エビス大黒​は少しづつ葉が無く成っていく。
​大きい苗ほど進行が早い様に感じる。​


​エビス大黒 今年の実生苗​
​​​​​​​​​​​交配に成功した種を播種して、ほぼ100%発芽。
生存率も悪くない。10粒蒔いて9苗残っている。

エビス大黒 1回植替え、上の蒔きっ放しの苗の方が
大きい、春に植え替えた
方が良いのかも知れない。

​パキポデュウム・デンシフロラム(P.densiflorum
​大黒の片親、紅葉すると同時に葉を落とす。​

​アデニュウム・アラビム​(Adenium arabicum
砂漠のバラの仲間はオベスム、ソコトラナム、

アラビクムの3種類、よく分枝し塊根も太りやすい。
​寒さに特に弱いので冬季室内に取り込んでいる。​


モナデニュウム・リチエイ(​​Monadenium ritchiei​​
熱帯アフリカのケニア産なので寒さに弱い、アデニュ
ウム同様室内に取り込んで断水。
-- -おまけ- --

​エケベリア・リンゼザラ​(リンゼアナ×ザラゴーサ)
​リンゼアナにザラゴーサの赤爪は誰もが思う期待種。​


​赤爪ザラゴーサ(​Echeveria  zaragoza
ザラゴーサにはタイプ違いがあり爪色も黒~赤色まで
巾が有る。葉型、葉色の変化種も有ってややこしい。

サボ専用7号ハウス
明日から西高東低の冬型気圧配置になるらしいので西
風が入り込まない様に0.1mmのスソサイドを張った。
​-- -- --​
にほんブログ村​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​


コーデックスAdenium arabicum多肉植物
アデニウム アラビカム 






最終更新日  2018.10.30 06:30:09
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.21
カテゴリ:コーデックス
1月20日は曇りがちで0~11℃に・・21日は10℃を
割り22以降は5℃前後で連日氷点下に・・。
本日は、寒さに弱いアデニア属の中で比較的寒さに
えるグラウカとスピノサを、他にフィカス等寒さ
に強いコーデックスです。
 
IMG_3530.jpg
​アデニア・グラウカ(Adenia glauca
​和名=幻蝶カズラ。トケイソウ科多肉、半蔓性
で蝶の様な5裂の葉っぱ種。寒さには比較的強い
コーデックス入門腫。
​​
IMG_3520.jpg
 ​アデニア・スピノサ(Adenia spinosa
艶かたばみが同居した2つを植え替える事に。
グラウカとの違いは葉っぱの形。グラウカより
寒さにちょっと弱いので注意がいる。
IMG_3521.jpg
​ スピノサの根部
左苗は根腐れで茎途中を切断発根させた。
IMG_3522.jpg
​​植え込み後のスピノサ
​​このまま断水して5月の連休明けまで休ませる。
成長は暑い夏で蔓性茎を伸ばし旺盛に成長する。
この2つまだ花は咲いていないが・・雌雄異株な
のでどっちでしょう。

IMG_3523.jpg​​​​​
​ 挿し木発根させたグラウカの根部
枝挿し苗は塊根が出来ないが茎の基部は
この程度に太る。
IMG_3525.jpg
​ 植え込み後の挿し木グラウカ
暫く断水で潅水は4月中旬から行う。
IMG_3527.jpg
​ ​フィカス・ペティオラリス(Ficus petiolaris
クワ科でイチジク属ゴムの木の仲間の塊根種。
観葉植物扱いされるけど日光が大好きで葉裏の葉脈が
赤く染まる。この苗は左右に伸びた茎を切り詰めた。
IMG_3529.jpg​​
​​​フィカス・アブチリフォリア(Ficus abutilifolia
実生苗なので塊根がある。茎挿しでは芋が出来ない。
寒さはには強い冬季でも葉の萎れ具合で水遣りする。
​​​
IMG_3532.jpg
プレクトランタス・エルンスティ
Plectranthus ernstii
シソ科のハーブ多肉で茎が太る塊根種。
花は紫係った
青色で意外と綺麗。水切れさせない様に。
IMG_3533.jpg​​
​​シンニンギア・上海の女王Sinningia tubiflora
芋は平べったく新芽は沢山あるが・・白い綿毛跡が
昨年の茎で太い5本ほどに間引くと伸びた茎から花筒
の長い白い花が咲く。
・・・・・・・・​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​
​​​御覧頂き有難うございました
ランキングに参加しています
下矢印

応援に1日1回画像のポチをお願いします。
下矢印

にほんブログ村
​​​​​






最終更新日  2018.01.21 06:30:04
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.13
カテゴリ:コーデックス
実生した上海の女王の2回目植替えと断崖の女王2年目苗
と芋・球根の様子・・他に今日行った作業からも・・

IMG_7048.jpg

シンニンギア・上海の女王(Sinningia tubiflora
昨年の種親。自花受粉するが、長い花筒の花弁を取り
去り自花の花粉を雌蕊に付けて置いた。

IMG_7042.jpg

4鉢が上海の女王
ひょろひょろの茎が枯れ新茎が出てくる時期。
昨年実生苗で新芽が出て入れ替わる。
右はオスクラリア・琴爪菊 植替えとカット挿し。

IMG_7043.jpg

上海の女王昨年実生苗の2回目植替え
小さい芋2~5つを1鉢に植替えた。

IMG_7047.jpg

断崖の女王(Sinningia leucotricha
右の3つが実生2年目苗の植替え済苗。

IMG_7052.jpg
IMG_7053.jpg

ボウイエア・蒼角殿(Bowiea volubilis
新蔓が出たのとまだの苗。上の球根給水して膨張割れ
を起こしている、分球するつもりか・・

IMG_7049.jpg

タリナム・カフェルム(Talinum caffrum
我が家の実生苗 3年目、蔓性の茎が長く伸び黄色の
小さい花が咲き自家結実するらしい。

IMG_7056.jpgIMG_7058.jpg

リラシナ・アガボイデス デレッセーナの花粉付けをした。
他に、ブルーオリオンのもデレッセーナの花粉付けをした。

*****************
彩りにサボテンの開花苗2つ
IMG_7054.jpg
バラ丸錦
IMG_7055.jpg
精巧殿
ツルビニカルプス属の接ぎ木苗。精巧殿の花の方が
ちょっと大きい。

御覧頂き有難うございました
バイバイ・・・1日1回 応援ポチを・・・バイバイ









最終更新日  2017.03.13 07:00:12
コメント(0) | コメントを書く
2016.02.29
カテゴリ:コーデックス
今年はうるう年で2月29日までで、なんか1日得をした気分です。多肉達にも春の
きざしが・・
オロスタキスの爪蓮華に麒麟草やみせばやなどに新芽が出てきた・・
ハウス内のコーデックスたちも動きが出てきた。球根、芋の様子です。

IMG_9242.jpg

シゾバシス・イントリカータ(Schizobasis intricata
旧蔓が枯れ新蔓が出て入替る。枯れた蔓は抜き取り、枯れてい
ない旧蔓も短く切詰める。右はユーフォルビア・アノブリア。

IMG_9243.jpg

植替え済みのイントリカータ
新蔓が出てきた、この後枝分かれして立ち上がる。茎は細
いがしっかりしている。この時期の姿、可愛いでしょう。

IMG_9246.jpg
IMG_9250.jpg

シンニンギア・上海の女王
古い茎は根元から取り去った。元茎の際から新芽が
沢山出来ている。数本太く育ち立ち上がり開花する。

IMG_9251.jpg
IMG_9245.jpg

シンニンギア・断崖の女王
芋がある程度大きく成った苗は、旧茎は枯れてなくても花が咲
かないので取り去った方がよい。新茎の成長には影響はない。

IMG_9247.jpg

断崖の女王
昨年実生の当歳苗にも芋が出来ている。

IMG_9253.jpg

断崖の女王とボウイエア・蒼角殿(Bowiea volubilis
の根っこ。蒼角殿の根は深く入らずに浅く蔓延るようです。

IMG_9254.jpg

植付け後の断崖の女王と蒼角殿
蒼角殿は深鉢から径のある普通鉢に植え付けした。
実生の女王苗はまだ花は咲かないので旧茎は残した。

IMG_9252.jpg

アルブカ・ナマクエンシス(Albuca namaquensis
葉の中心から花茎が立上がってきた。アルブカではフミリスや
フルズルシズルは花芽が見える状態、ナマクが1番早いよう。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 人気ブログランキングへ
・・・1日1回 応援ポチを・・・バイバイ






最終更新日  2016.02.29 07:56:53
コメント(0) | コメントを書く
2015.08.08
カテゴリ:コーデックス

わんさか生えたシンニンギア・断崖の女王を連れ合いに植替えしてもらった。
他に、夏なのにマッソニア・プスツラータの植替えと春に採取して冷蔵庫保存
しておいた種を蒔いた。アルブカの植替えも・・・

IMG_5069.jpg IMG_5070.jpg

ぶっちゃけたシンニンギア・断崖の女王(左)
小さいながらも既に芋が出来ている(右)

IMG_5071.jpg IMG_5073.jpg

3号鉢に7~10個植えた鉢が全部で21鉢に成った。
右は同時に植えたプレイオスピロス・帝玉の発芽苗4鉢と。

IMG_5072.jpg

18鉢の植替え済実生苗
上から水遣り出来るまで暫く腰水で。
-----------------------
IMG_5076.jpg

マッソニア・プスツラータ2つとデプレッサムの球根
白い根を切らない様に用土を落とし懸崖鉢(深鉢)に植え替えた。

IMG_5079.jpg IMG_5077.jpg

植替え終了のマッソニア2種(左)。
球根はかなり深植されていたので3.5号懸崖鉢を使った。
マッソニア・プスツラータの種鞘(右)
海苔の空きケースに入れ冷蔵庫保存して置いた。

IMG_5080.jpg

角鉢2つに上の種鞘を揉みしだいて出た種を蒔いた。
春に取り蒔きしたのは未だ発芽せず。今回は冷蔵保存したの
が発芽促進に繋がるか・・発芽は長期にわたるらしいが・・

IMG_5082.jpg右矢印IMG_5083.jpg

アルブカ・フリズルシズル
球根を埋めて植付けた。出ているとナメクジが食べて穴をあける。
夏場も葉が残っているのはフミリスも同じ。くるくる葉っぱのナマクエンシス
は球根だけになっている。ナマクは9月に成ってから植替える。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 人気ブログランキングへ
・・・1日1回 応援ポチを・・・バイバイ








最終更新日  2015.08.08 07:29:54
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.27
カテゴリ:コーデックス

冬型のアフリカ亀甲竜に新蔓が出てきた。昨年もこの時期に出てきたので特に
変と言うことはないよう。本日は3つの亀甲竜とユーフォルビア・飛竜の様子。

IMG_4232.jpg IMG_4234.jpg

ディオスコレア・アフリカ亀甲竜(Dioscorea elephantipes
黒い新蔓が出てきた、昨年は7月1日だったので例年通りだが・・・。
この亀甲竜は芋の亀裂が浅く葉の形がちょっと違うようでタイプ違い
なのか、それとも別品種なのかは分かりません。(別角度の画像)

IMG_4235.jpg

ディオスコレア・アフリカ亀甲竜(Dioscorea elephantipes
左に暗緑色の新蔓が出た。昨年は6月21日に紹介した苗。冬型のアフリカ
亀甲竜なのだが、既に蔓に葉が付いている。

IMG_4233.jpg

もう1つあるこのタイプの苗はまだ動きは見せていない。
-----------------------------
IMG_4236.jpg

ユーフォルビア・飛龍(Euphorbia stellata
塊根が出来る蛸物ユーフォ。古い枝挿し苗で、苦節40年は経ている。

IMG_4238.jpg

こちらは勝手生えの発芽苗を植替え2回苗。

IMG_4237.jpg

飛龍
実生苗は綺麗な芋に成る。次回の植え替え時に
芋が見えるように植付けしよう。
---------------------
おまけ
IMG_4247.jpg

フライレア・豹の子(Frailea pygmaea
2.5号鉢に豹の子を1つ植えてあった。自花結実して発芽した
仔苗が生えている。その鉢にアナカン・ナマクエンシスとバイセケイ
が毀れ種で育って寄せ植え状態に成っている。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ 
・・・1日1回 応援ポチ を・・・











最終更新日  2015.06.27 08:09:44
コメント(0) | コメントを書く

全64件 (64件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


© Rakuten Group, Inc.