11976844 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

☆ガマンマの ニク・サボ栽培☆

PR

全33件 (33件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

ロホホラ

2020.02.15
XML
カテゴリ:ロホホラ
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​おはようございます.--(﹡ˆᴗˆ﹡)--さくらさくら
​​
曇りのち雨の14日は、6~14℃でした。
17.18日はまた寒く成るよう。

​本日は、ロホホラ・烏羽玉類です。​
​-- -- --​

​ロホホラ・烏羽玉(Lophophora williamsii)​
​実生苗から子吹きした子に斑が入っている。​実生苗
はよく子吹いて、小さい時期は子吹き烏羽玉みたい

に成るものが多い。

ロホホラ・テキサーナ(L. williamsii f.texana
​(左の苗)烏羽玉のfromで白っぽい南部テキサス産​
産地名が付いた地域亜種。​右は大型烏羽玉。​


​子吹き烏羽玉​ 次々子吹きして子供だらけになる。
​烏羽玉の実生苗も子吹きするが、主頭は大きく育つ。
​子吹き種は粒の大きさが違う。​


​ロホホラ・ペンタゴナ(L. williamsii 'Pentagona')
​5稜型で白っぽい肌のロホホラ、基本種より小型。​


​赤花烏羽玉(​Lophophora jourdaniana​
濃い桃色花の烏羽玉、疣の綿毛が束の様に成らず
に銀冠玉の様な綿毛に成る。自家受粉はしない。

​烏羽玉錦​ 袖接ぎ苗
春になれば、掻き子を外して挿し木の予定。
​極上斑の小さい苗は接木する。​


​烏羽玉錦​ 昨年接ぎ苗を分割して挿し木発根した中
で残った地味苗。
​良斑は既に貰われて行った。​


ロホホラ3種。銀冠、デフューサ、大型烏羽玉
この時期断水中で縮んでいる。今年は植替えして
やらねば。

大疣銀冠玉 昨年掻き子を貰って挿し木。成長は、
今年からで、一気に膨れて特徴を出してくれる筈。

銀冠玉と銀冠錦の実生苗、2019年実生、銀冠と交配
した錦の母親と、反対交配の母親の種を蒔いたもの。

​​-- -- --​​
​​​本日はここまで​、
ご覧いただきありが
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​とうございました。​​​​​​​
​2つの​​​ランキングに参加しています
応援に1日1回バナーのポチをお願いします。
下矢印下矢印
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​にほんブログ村
下矢印下矢印



サボテン:ロフォフォラ 烏羽玉(うばたま)
*幅4.5cm 現品!一品限り

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2020.02.15 06:30:06
コメント(0) | コメントを書く


2019.12.30
カテゴリ:ロホホラ
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​12月29日、曇、1~13℃に、夜間暖房の石油
ストーブは年明けの
元旦まで出番が無さそう。
​​-- -- --​​
本日は、コノフィツムの2017年実生苗を植替
したのと、ロホホラ類の冬の様子です。
​-- -- --​


​2017年実生の大型足袋型コノフィツム​
​年1回、9月に2回目を植替えしたもの。​


​2鉢分を2~3個づつ植替え。​

​2019年実生のコノフィツムMIX苗​。
​来年9月に10個ほどづつに植替えする。​
小さい時期は全部球形で、2年目から葉が長い
足袋型
品種などは特徴を出してくる。
​​-- -- --​​


​ロホホラ・子吹き烏羽玉​
​ぼこぼこと子が出て群生する可愛い烏羽玉。​


​烏羽玉実生 キリン団扇置き接ぎ 2年目苗​。

​デフューサ 2019年実生接ぎ​。
​ロホホラ類では1番成長が早く丈夫なよう。​


​疣銀冠 貰い物の掻き子挿し​。
貰った別個体苗の1つは朝霧閣台木に接木した

のが有るが、成長は殆ど変わらない。

​赤花烏羽玉(Lophophora jourdaniana
​​桃花の烏羽玉(L.williamsii)​とは別系統で綿毛の
出方が違うので、区別は可能。​別個体が有るので
​来年は種付けして実生しよう。​

​大型烏羽玉(​Lophophora williamsii​)
​稜は瘤状に崩れる綿毛の毛束が立ちあがる。​
​烏羽玉だけは自家受粉して種が出来る。​
​-- -- --​
​​​本日はここまで​、
ご覧いただきありが
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​とうございました。​​​​​​​
​2つの​​​ランキングに参加しています
応援に1日1回バナーのポチをお願いします。
下矢印下矢印
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​にほんブログ村
下矢印下矢印



ロフォフォラ 銀冠玉*幅10cm 現品!一品限り 
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2019.12.30 06:30:07
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.04
カテゴリ:ロホホラ
暑い日が続く8月3日は最高温度36.5℃になった。
サボ専用ハウスは50℃近くで、10分居るのが限度
の状態。こんなハウス内で咲いていたロホホラ・
デフューサ、種を収穫して取り蒔きした。
​-- -- --​
本日は、ロホホラ達の様子です。
-- -- --

ロホホラ・デフューサと銀冠玉
両種の花と種鞘。赤い種鞘を収穫して蒔くことに。

デフューサデフューサの花と種鞘。
​ 
収穫した種鞘3つと半分。右は2.5号鉢に蒔いて
実生小屋に収容。

昨年実生のデフューサ3本植えに植替え。

キリン団扇接木。
花色からデフューサ。

疣銀冠掻き子挿し木苗。 Oさんからの貰い物。

疣銀冠 朝霧閣接木 同郷のサボ仲間からの貰い物。

銀冠錦 何度も何度も紹介の袖ケ浦接木苗。


銀冠錦×疣銀冠 上苗と疣銀冠と交配させてもら
って結実した種を蒔いた、発芽苗を実生置き接ぎ。
だんだん疣銀の特徴が出だした。

上苗の掻き子を太いキリン団扇に重り接ぎ。
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​-- -- --​​​​​​​​​​​​​
​​​本日はここまで​、
ご覧いただきありが
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​とうございました。​​
​2つの​​​ランキングに参加しています
応援に1日1回バナーのポチをお願いします。
下矢印下矢印
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
ブログ村
​​​​​下矢印下矢印
多肉植物ランキング


ロホホラ サボテン













最終更新日  2019.08.04 06:30:06
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.17
カテゴリ:ロホホラ
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​6月16日、梅雨の嵐が北陸に去り風雨が収まり
晴れ間も・・翌17、18日は良い天気になりそう。
​-- -- --​
本日は、ロホホラ属のプヨプヨサボちゃんが充実
してプリプリに成ってきたお話と赤花烏羽玉や接
ぎ苗のデフューサなどです。
​-- -- --​

赤花烏羽玉 三角柱接ぎ苗
花は赤味がある、姿は烏羽玉と銀冠との中間形

​赤花烏端玉 台木を短くした袖接ぎ苗​

ロホホラ・大型烏羽玉 自家受粉した種鞘が
破れた種が毀れていた。収集器と別苗の種鞘
を集め種蒔きした。

​烏花玉のキリン団扇接ぎ苗​

​ロホホラ・デフューサ​ ロホホラでは1番フワフワ
​綿毛の品種。​毛に水を掛けない方が良いが我が家は
​ジャブジャブかけている​ので毛はこんなもの。


​実生のデフューサ​ 交配しないと種はできないが
​1鞘の種数が多く実生も簡単​。


デフューサ実生キリン接ぎ苗
上苗と同期だが接ぐことでこんなに生長差が出る。

​銀冠玉​
縮んでプヨプヨしていたのがプリンプリン
​に。​


​銀冠玉 キリン団扇接ぎ​

疣銀冠?キリン団扇接ぎ苗 デフューサかも
分から
ないが、銀冠錦×疣銀の実生接ぎしたのが、
多分この苗で
疣銀に見えなくもない・・
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​-- -- --​​​​​​​​​
​​​本日はここまで​、
ご覧いただきありが
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​とうございました。​​
​2つの​​​ランキングに参加しています
応援に1日1回バナーのポチをお願いします。
下矢印下矢印
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ






最終更新日  2019.06.17 06:42:57
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.01
カテゴリ:ロホホラ
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​平成最後の日、世間はお祭り騒ぎ、我が家の孫も
今日はテレビを見てすごすと言っていたらしい・・
​--     --​
烏羽玉綴化が動きを見せないのでおかしい、綴れ部
が黒ずん
でいるよう。抜いてみたら部分的に赤腐れ
が進
行しているような・・本日は、烏羽玉類とプナ
・茸団扇のサボちゃんなどです。
​--     --​

​ロホホラ・烏羽玉綴化​
両端の2つが綴れで中部分は正常に戻つている。

抜き上げて根を調べると一部赤腐れがあったので
根部を破棄してバラバラにした。

​5つに切り刻んだ烏羽玉​
右端のが1番綴れているが腐れ部分を取り除くと

大きな穴が、救出は難しい状態。他の4つは挿し木
可能で石灰を塗して乾燥に。

​烏羽玉錦​
3角袖接ぎのバラした苗は植え込みした。この苗

は台木も元気なのでこのまま育てる。全斑は天候の
良い日に取り除こう。

​子吹き烏羽玉​
頂き物の栽培苗。プリプリの球体で自然に子吹いて
群生した。
全部5稜形。

​実生烏羽玉​ 子供に斑が入っている。
小さい時期は、子吹き烏羽玉と似ているが段々と

稜数が増えてきて毛束が立派になってくる。

​大型烏羽玉​(Lophophora williamsii)
​稜は疣状に崩れ13稜位​。疣先の毛束が並ぶ姿が好き。
​​--     --​​
​ 
​テフロカクタス・ゲオメトリック​ス
実生のゲオメを貰って数年、先端をナメクジに食べ

られた。今年カットして紅花団扇に上げ接ぎした。
下部と穂木と両方から新茎節が芽吹き始めた。

​プナ・茸団扇(Puna clavarioides)​
アルゼンチン産の​高山性塊根団扇、正木苗。​

 ​
昨年墨烏帽子接木苗と今年紅花団扇に接いだ苗。
接木の威力は凄い、正木苗と比べ、子吹き量や成長
のスピードが断然違う。小っちゃい葉が付いている
​​--     --​​


​ユーベルマニア・ペクチニフェラ錦​
小さい花の交配には綿棒でも大きすぎで先細
ピンセットを使った。結実させ難い品種。
-- -- --​​​​​​
​​​本日はここまで​、
ご覧いただきありが
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​とうございました。​​
​2つの​​​ランキングに参加しています
応援に1日1回バナーのポチをお願いします。
下矢印下矢印
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
下矢印下矢印
多肉植物ランキング​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

caサボテン 烏羽玉 ペヨーテ ロフォフォラ・ウィリアムシー
ウバダマ(多肉植物 サボテン 3号鉢)



​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2019.05.01 06:30:05
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.12
カテゴリ:ロホホラ
​​​​​​​​​​​​​3月11日風雨で大荒れだった当地は10~13.5℃に
明日と明後日は晴れそうなのでサボちゃんハウスに
今季2回目の一斉灌水を行おう。
​-- -- --​
少し皺が戻りかけたロホホラの正木苗達、植替えも
してやりたいが・・本日は、逸早く動き出した接ぎ
苗のロホホラたちの様子です。
​-- -- --​

ロホホラ属 銀冠玉、大型烏羽玉、翠冠玉
(デフューサ)の3種類。2017年植替えなので
今年植替えの年に・・。しわしわだった球体は少
​戻りつつある。​


​デフューサ(Lophophora diffusa)=翠冠玉​
​2017年植替え組ですが凹みがほとんど無く膨れて
​いるように見えるが・・触るとまだ柔らかい。​


​烏羽玉錦の袖接ぎ苗​
​子吹きが多く詰め詰めのぎゅうぎゅうです。​


烏羽玉錦 台木の3角袖が弱って黄変している。
子吹いた子の1つが腐ると他の子にも連動して腐る

ので、未然にバラバラに切って正木にしよう。
派手斑は破棄。​​​​​​​​​
​​​​​​​​​​​​
キリン接ぎの烏羽玉
自花受粉結実は烏羽玉だけ
なので間違えようがない。

​デフューサ キリン接ぎ苗​ 銀冠を接ぎたくて
ついでに接いだもの。接がなくても丈夫だが、
成長は
やっぱり早い。


子吹き烏羽玉 斑らしきのを接木したが
斑が消えてしまった。接ぎ下そう。

​銀冠玉錦​​​​(L. williamsii var. decipiensvarieg​.
袖接ぎ苗。ナメクジの食い後がある。
昨年疣銀冠と交配させてもらった播種苗はキリン団扇
接ぎしたけど調子が悪く斑も入っていない。
​​​​​
​赤花烏羽玉(L.jourdaniana)​3角袖接ぎ
烏羽玉(
L williamsii)とは​​​別系統のようだが花が
咲かないと違いは区別し難い。
​​​​-- -おまけ- --​​

​プレクトランタス・エルンスティ
Plectranthus ernstii​)シソ科の塊根多肉。
僅かに新芽が出てきた。寒さに弱く夏は遮光が必要。

水切れにも注意がいる。挿し木繁殖で芋もできる。
・・・・・・・・・
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​御覧頂き有難うございました
​2つの​​
​ランキングに参加しています
応援に1日1回バナーのポチをお願いします。
下矢印下矢印
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村
下矢印下矢印
多肉植物ランキング​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2019.03.12 06:30:06
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.07
カテゴリ:ロホホラ
​​​​​​​​​​​​​​​​断水中のサボテンハウスのロホホラ類はブヨブヨに
柔らかく成っている。本日は、昨年キリン団扇に実生
接ぎしたものと子吹き烏羽玉などの様子です。


​ロホホラ3種 大型烏羽玉、銀冠玉、翠冠玉​
​昨年植え替えたもの以外は4月以降に植え替える。​


​子吹き烏羽玉​ 
この時期でもプリプリで元気です。貰った苗。


​​子吹き烏羽玉キリン接ぎ​
斑入りらしき掻き子を接いだが斑では無かったよう。​


​烏羽玉キリン接ぎ​ 一昨年の接ぎ木
​自花結実するので烏羽玉です、夏前に下ろす。​


銀冠錦×疣銀冠交配実生​​​​​​
​​斑入りで疣銀冠になれば良いんですけど・・、
微妙な色をしている。

​ ​
デフューサ(左)と烏羽玉
​接ぐ必要はなかったけど遊びで接いでみた。​


昨年実生のデフューサ
烏羽玉と翠冠玉は正木栽培、銀冠玉は斑入りが

出れば錦のみ接ぐ予定。
​ ​
烏羽玉錦と烏羽玉綴化
​錦は良斑は少ない、綴れは両端の2つだけ。​

暖かく成った5月頃にバラして自根苗にする。
​​-- -- -- --
​​​​​御覧頂き有難うございました
​2つの​​
​ランキングに参加しています
 
​​​​
下矢印

応援に1日1回バナーのポチをお願いします。
下矢印下矢印
​​
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​
にほんブログ村​​​​​​​​​​​​​​​​​


◇ロフォフォラ◇翠冠玉◇3寸寸鉢◇

​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2019.01.07 06:30:06
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.17
カテゴリ:ロホホラ
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​10月16日いよいよ秋らしい気温に落ち着いたよう。
7℃以下に下がると紅葉が始まる。我が家のハウスは
穴だらけで側面を塞ぐ作業が迫っている。その前に
やっている棚補修も同時並行に行なわないと・・。
本日は、4号雑居ハウスの棚台補修と烏羽玉類の実生
接ぎ苗の様子です。


3×6板を3枚に切った60×90cmの天板を載せる台、
足が腐食して傾いていたので足を補強した。

​撤去前でニクサボ達を仮移転。​

仮移転後​棚補修の為、撤去し整地。

天板(60×90)は台に打ち付けてあったので
そのまま補強。撤去あとに天板付きを戻す。

仮移転苗を戻す。どうゆう訳か入りきらない
多肉が出た。もう1つの台は疲れたので後日に。
-- -- --
​本日の特集は烏羽玉類の接ぎ苗達です。​


キリン接ぎの昨年実生苗。花に自花結実
しているので烏羽玉です。

デフューサ今年実生接ぎ苗 成長が早く来春花が
咲くサイズに。肌色が黄緑色なのでデフューサ。
 
デフューサと烏羽玉 キリン団扇接ぎの時期の違い
でサイズに差が出来ている。小さい時期は品種判読
​が難しい何れ分かるでしょう。​


銀冠錦×疣銀冠交配実生。斑入りを期待したが
そんな訳ないか・・疣銀冠に成って欲しいが。

​子吹き烏羽玉 こちらも斑らしき色が消えた。​
ロホホラ類は接ぐ必要は無い、塊根種なので、寧ろ
接ぎ木しない方が良いと思うが・・遊びです。
-- -- --       
​         今日はここまでです。
御覧頂き有難うございました
​2つの
​​ランキングに参加しています
 
下矢印

応援に1日1回バナーのポチをお願いします。
下矢印下矢印
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​
にほんブログ村


​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2018.10.17 06:30:08
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.12
カテゴリ:ロホホラ
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​8月11日今日も暑い日でした。朝はクーラーの効いた
公民館で箸作り体験の講習会と昼より竹玩具の作成を
子供会と自治会と老人会合同で行った。本日は、朝に
撮影した銀冠錦の実生苗などロホホラ属です。


​ロホホラ・銀冠錦​ なんか斑の色がぼやけてきた。
今年交配したいと持って来られたサボ仲間の疣銀冠

と相互交配して取れた種を蒔いたのが下の苗。

​銀冠錦×疣銀冠​ もうちょっと生えていたが​キリン
団扇に実生接ぎして減ってしまった。​
​殆ど失敗で1つ
だけ活着したよう。​4つは正木栽培する。


​銀冠錦×銀冠玉​ 我が家の銀冠と交配苗
​斑らしきのも混じっている。​


​ロホホラ・銀冠玉​ 交配親にした母親で上との
​反対交配した苗が下の実生苗。​


​銀冠玉×銀冠錦​ 2つ斑らしきのがいる。

​ロホホラ・デフューサ​ 沢山発芽している。
​同属では発芽が良いと言うより種が沢山取れた。​


​銀冠錦×疣銀冠​
1つだけ成功したキリン接ぎ苗、斑らしきのが

確認できる。疣銀冠に成ってくれたら最高だが?

​子吹き烏羽玉​ TETUO氏より頂いた苗。
子吹きの子に色がへんなのを発見。キリン台に

重り接ぎしたのが下苗。

​子吹き烏羽玉錦?​ 子吹きの子にも斑らしいのが・・

烏羽玉 キリン団扇接ぎ木
昨年実生接した。成長は極めて速い。正木で十分
​育つが、銀冠の斑や疣銀冠を早く見たい為です。​

-- -- --
         今日はここまでです。
御覧頂き有難うございました
2つの
​​
ランキングに参加しています
​ 
下矢印
​​
応援に1日1回バナーのポチをお願いします。
​​
 
下矢印下矢印
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​
にほんブログ村



caシッサス キフォステンマ キローサム 0417-02
多肉植物 コーデックス 現品販売

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2018.08.12 06:30:06
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.07
カテゴリ:ロホホラ
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​7月6日早朝に豪雨の警報が出て小学校は休校に
なっていた。当地は幸い河川氾濫の心配も無か
った。本日は、今年蒔いた銀冠玉錦等のロホホ
ラ実生の様子と亀甲兜などです。



ロホホラ・銀冠玉錦 (表と裏)
貰った掻き子を接ぎ木したもので、だんだん派手斑
に成ってきた。同郷のサボ仲間がこの苗と疣銀冠と
交配させてもらって結実したのが下の実生苗。


銀冠錦×疣銀冠 もうちょっと生えていたが
ナメクジに食べられ減っている。半分はキリン
団扇に実生接ぎする予定。


銀冠錦×銀冠玉 こっちは自家産銀冠玉との交配

銀冠玉×銀冠錦 相互交配して銀冠玉に結実した
実生苗、この2つは暫く様子見してから・・


最近蒔いたデフューサ実生 発芽率は凄い
自家結実する大型烏羽玉も種を集めて蒔いたが
疎らにしか発芽していない。


赤花烏花玉(左)と烏羽玉錦(右)
左の三角袖接ぎは台木の色が黄変していたので
植替えしてやった。
-- -- --


アストロ・和歌山兜 和歌山兜同士の結実鞘を
収穫して即蒔きした。種の色がかなり赤味があった。
ミラクル兜と交配したかったが又の機会に。


亀甲兜? キリン接ぎ苗
亀甲に移行中、同様なのがもう一つあるが出来た
理由が分からない。(中国兜と交配したのか?)

中国亀甲ルリ兜 亀甲ルリ兜綴化に花が咲いたが
未だ結実していない、まだチャンスはある筈頑張ろう
-- -- --
         今日はここまでです。
御覧頂き有難うございました
2つの
​​
ランキングに参加しています
下矢印
​​
応援に1日1回バナーのポチをお願いします。
​​
下矢印下矢印
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​
にほんブログ村



パキポディウム ロスラツム(多肉植物・国内実生
・塊根植物・国内実生・珍奇植物)




​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2018.07.07 06:30:10
コメント(0) | コメントを書く

全33件 (33件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.