391026 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ゲームブック日誌

PR

Category

Calendar

Favorite Blog

こんなンできました。 有栖野白兎さん
熱血魂~アークの空… アーク@熱血魂さん
なかよし家族の日記… けちゃまうのパパさん
ププププーさんのゲ… ププププ-さんさん

Comments

道化の真実@ チェックしておりませんが、もしかしたら、逆なのでは? わたくしが所持している本も、初版第一刷…
しせい@ Re:ローンウルフ 暗闇からの脱出 01(05/22) >現在の僕が仕えるカイの教えは2つ…何…
しせい@ Re:魔王の地下要塞 02(11/23) >アロウェン姫を救い出したらニセモノ…
おすましやハニー@ Re:QUESTLORD クリア(06/06) はじめまして。 クリアに必要な頭蓋骨が1…
ターン@ Re:TRPGとボードゲームの線引き(06/05) ボードゲームする気ないなら、初めからこ…

Headline News

2009.08.15

 
XML
カテゴリ:特撮
コミケでゲームブックを買いにいけないのはディケイドのせいだ、おのれ世界の破壊者め!!

仮面ライダーディケイドに登場する謎のおじさん、鳴滝さん。突然登場しては主役のディケイドに対する恨み言(?)をつぶやいて、時々謎の言葉掛けたり、複線かなぁとか言うことを言ってみたり。敵なのか味方なのか、或いは良い人なのか悪い人なのか。黒幕なのか、そうではないのかさっぱりわからないけれども、そのギョロっとして目の印象と恨み言にインパクトが高く、ついついネタにしてみたくなるキャラクターです。

まぁ世界を股にかける作品でもあり、それこそ応用するならばどの世界でも使えます。
・おのれ、ケンシロウ!世界の破壊者め。このままではラオウが世紀末覇者になってしまう!!
・ハルヒめ、このままではエンドレス・エイトだけで8話も使ってしまう、お前のせいだ!
・今川め、このままではマジンガーの世界がバイオレンスジャックになってしまう、世界の破壊者め!!
いくらでもネタに出来そうだ(笑)

映画版を見た私は、一応TV版を見ている人よりは詳しくなっていますが、さて彼って何者なのでしょう。TRPG的な見方をするならば、こんな人たまに出しますよね(笑)。もしかして、演出する側って彼の整合性なんてどうでも良いのかもしれないし、これからTV版で明かされるのかもしれないのですが、さてどうなるんでしょう。






Last updated  2009.08.15 07:35:35
コメント(5) | コメントを書く

カテゴリ:D&D
キャラターを巨大化させる秘術呪文。大きくなった場合には、幾つかのメリットとデメリットが発生します。

メリットとしては、体躯と武具も巨大化されるので間合いが広がります。機会攻撃範囲も広がるので便利というわけです。また、筋力が増強されるのでダメージが増えます。更に武器が大きくなりますから、その分のダメージが大きくなります。ロングソードを持っていた場合には、2D6ダメージと変化して…それなりに大きな効果と考えられます。

デメリットとしては、大きくなることで攻撃する命中精度が下がります。メリットの所に書いた筋力が増強される効果と相まって攻撃ロールへは差し引きゼロとなります。また、大きくなるので敵の攻撃は命中しやすくなり、ACが1減少します。
更に巨大化した場合には狭いダンジョン内での移動に苦労するでしょうし、隠れ身を使用しようとしても…ペナルティを貰うことになります。

ということで、癖のある効果ではありますが、面白い呪文ではあります。呪文は遠距離からでも可能なので戦闘中に仲間をむくむくと大きくさせることも可能ですが、反面呪文を唱えるための時間は1ラウンド必要、つまり術者は時間がかかることと無防備な隙が出来やすいのが欠点です。効果時間は比較的短めですが、まぁ戦闘は数ラウンドで終わることが多いので充分でしょう。

このようにメリットとデメリットが同時に発生するという悩みどころのあるじゅもんですが、間合いが広がることと武器ダメージが上昇するというメリットが大きく、使用する場合にはお得感があるかもしれません。特に、ダメージの大きい武器を持っているキャラクター等は恩恵も大きいのではないかと思います。間合いが広いというのも、迎え討ちを持っている場合には効果も高く、いつも使える呪文かというとそうではないかもしれないけれど、中々応用の効きそうな呪文です。

この呪文と同時に正反対の効果のある人物縮小の呪文もあります。こちらも隠れたりするのに適していて、使いこなせたらさぞ面白いかなぁと思うのです。






Last updated  2009.08.15 07:25:19
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.