2120201 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ガムザッティの感動おすそわけブログ

PR

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

呑みまSKY 藤原竜也… ゆきんこ9116さん

大阪で岡山のプロレ… 猫山文楽軒さん

ステイホーム生活続… とんことちゃんさん

5月30日土夜予定♬… YYCafeさん

取材をした相手を記… リライト8142さん

医療マンガ10選(日… 王道名なしさん

近ごろひどい居眠り…… モイラ2007さん

   元局アナがス… ころりん0924さん
ライターかあさんと… プチプチゆっきーさん
ぺ天使のつぶやき kamadoyamadocaさん

Free Space

設定されていません。

Comments

LimeGreen@ Re:gamzatti.comへの移行(06/20) HPはもう大分前にRSSリーダー登録して読ん…
エトワール@ Re:Kバレエ「第九」(02/04) ベートーヴェン「第九」 熊川さんが大怪我…
エトワール@ Re:Kバレエ「アルルの女」(益子/毛利)(02/02) 「アルルの女」素晴らしかったですね☆ 感…

Headline News

Profile


gamzatti

2006.12.27
XML

熊川哲也を知ってから、もう17年。(詳しくはプロフィールを見てね!)
16歳だった彼も、私が彼を知った年齢を越えてしまいました。すごい。
一人の人を、17年もずっと見ているというのは、自分でも信じられません。
それだけ、熊川哲也という人は「進化」する人だったのです。
ただの天才少年だったら、はたち過ぎればタダの人になったかもしれない。
人気絶頂でもてはやされた24歳のころ、映画に出たり、写真集出したり、
いろんなダンスコラボをしたり、ミュージカルに誘われたりしていた。
もしかしたら、あそこでバレエと違う道に行っていたかもしれない。

「踊るのは好きだけど、観るのはきらい。だってバレエってつまんないでしょ」
とか言っていた彼が、今や芸術監督なわけで、
それは、彼を信じてついてきたたくさんのファンにとって、
本当に大きなプレゼントなのです。

TVのインタビューで「趣味は?」と聞かれた時、
当然「クルマ」とか答えると思っていたら
「…ないね~。バレエ馬鹿と呼ばれたいね」などとのたまう。

「自分でバレエダンサーになろうと思ったことはない。気がついていたらなっていた。
バレエがオレを選んだ」
「ダンサーは職業。
自分の人生とは別だから、悲しいときでも楽しい役をやらなきゃいけない。
そういうときは、楽しい顔をすればいいだけ」なんていってた若い時。
今、バレエの物語に人生をうつし、魂をこめて、取り組んでいます。
心からバレエを愛して。
                        (ここまでは、Mixi6月17日の日記でした)


そんな熊川哲也の今年のベストパフォーマンスはと聞かれたら、
私は8月の「トリプル・ビル」で取り組んだ再々演
「若者と死」を選ぶでしょう。

去年の「放蕩息子」(これは私の2006ベスト1)で組んだ
中村祥子との緊張感ある「競演」。
「若者と死」の最高パフォーマンスはバリシニコフだと思ってきましたが、
34歳になって、ようやく熊川もこの域に追いついたか、と感慨無量です。

来年は、「海賊」全幕初演が待っています。
そういえば、彼の「海賊」(グラン・パ・ド・ドゥのみだけど)も
ずい分観てないなー。
楽しみに待っています。

来春DVD「若者と死」(ダーシー・バッセル/熊川哲也)が発売されます。
少し予定がのびのびになっているみたいですが。
仕上がりにこだわっているのでしょう。

Kバレエカンパニーについては、カンパニーのHPをどうぞ!(リンクつけました!)







Last updated  2006.12.28 12:16:01
コメント(6) | コメントを書く
[熊川哲也とKバレエカンパニー] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.