000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ガムザッティの感動おすそわけブログ

ガムザッティの感動おすそわけブログ

PR

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

ジュラシック・ワー… 王道名なしさん

浦井健治さん、来年… YYCafeさん

7月30日(土)マチネ「… yuki アイドル 俳優 映画 演劇 ドラマなどさん

TOEIC受験に際して★… モイラ2007さん

   元局アナがス… ころりん0924さん
ライターかあさんと… プチプチゆっきーさん
ぺ天使のつぶやき kamadoyamadocaさん
もっとハッピー happy-gaiさん
こちら25643 ヒロランさん
観劇日記~夢のあと… みおと5747さん

Free Space

設定されていません。

Comments

gamzatti@ Re[1]:「ムー」「ムー一族」(05/28) ひよこさんへ 訂正ありがとうございました…
ひよこ@ Re:「ムー」「ムー一族」(05/28) ジュリーのポスターに向かってジュリーっ…

Headline News

Profile

gamzatti

gamzatti

2007.07.07
XML


アラジン スペシャル・エディション

1990年代に作られたディズニーのアニメには、力作が多い。
以前に紹介した「トイ・ストーリー」もそうだけど、
この「アラジン」だって負けてない。
「アラビアン・ナイト」ばりのイントロから、物語に引き込まれていく。

ではエキゾチックな雰囲気がウリかといえばさにあらず。
この映画は、何と言ってもランプの精・ジーニー! 彼のセリフまわしこそがすべてです。
だからこそ、アメリカさんも一流コメディアンであるロビン・ウィリアムスを声優に持ってきたのでしょう。
往年の有名人のモノマネなんかもちりばめられているので、
彼に白羽の矢が立てられたのではないかしら。

しかーし!!
私は敢えて字幕ではなく、吹替えでの鑑賞をおすすめします。
オリジナル版を凌駕しているとさえ思う。
少なくとも、日本人にとっての笑いのツボは、吹替え版の方がおさえてる!

「死んだ人を生き返らせてってのはダメ。キモチワルイでしょー!!」とか
「分身分身ブンシーン!!!」とか、
今でもそんなセリフを言ってはうちの家族はキャーキャー笑ってます。

「千夜一夜」のおどろおどろしさと、明るい若者達の恋と歌、
そしてジーニーがふりまく笑いの数々。
バランスがとれて、心のなごむ作品です。
子どもも喜ぶけど、カップルで見るのもいいんじゃないかな。

今、逮捕されている羽賀研二がアラジン役の声優をやっています。
彼の起用は当時も話題になりました。
いつも「話題」が先行する羽賀研二ですが、
私は、このアラジンの声は評価している。
悪くないです。

彼の逮捕で吹替え版の販売に影響が出ないことを祈ります。
(1993アメリカ)






Last updated  2007.07.07 17:36:58
コメント(0) | コメントを書く
[アニメ・コミックス] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.