2061181 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ガムザッティの感動おすそわけブログ

PR

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

GReeeeN - キセキ New! リライト8142さん

通勤電車でDVD映… 王道名なしさん

映画「カイジ ファイ… ゆきんこ9116さん

謹賀新年&2019… CherCYさん

   元局アナがス… ころりん0924さん
ライターかあさんと… プチプチゆっきーさん
ぺ天使のつぶやき kamadoyamadocaさん
もっとハッピー happy-gaiさん
こちら25643 ヒロランさん
観劇日記~夢のあと… みおと*さん

Free Space

設定されていません。

Comments

LimeGreen@ Re:gamzatti.comへの移行(06/20) HPはもう大分前にRSSリーダー登録して読ん…
エトワール@ Re:Kバレエ「第九」(02/04) ベートーヴェン「第九」 熊川さんが大怪我…
エトワール@ Re:Kバレエ「アルルの女」(益子/毛利)(02/02) 「アルルの女」素晴らしかったですね☆ 感…

Headline News

Profile


gamzatti

2007.09.27
XML
カテゴリ:洋画
ダブリンでストリートミュージシャンをやっている男と、
そのダブリンで暮らすチェコ人の女性との
音楽を通じた愛の交歓をやさしく描く音楽映画「ONCEダブリンの街角で」。

ダブリンで音楽映画といえば、「コミットメンツ」を思い出す。
実際、
主役のグレン・ハンサードは、「コミットメンツ」に出演しているのだ。
あれは、北アイルランドという閉塞したコミュニティにあって、
その鬱屈を吐き出すような若者たちのロック魂が描かれていた。
ダブリンの町の暗さ、貧しさが際立っていた。

今度もダブリンはさびれた雰囲気を漂わす。
そんなダブリンに、ダブリンより貧しいチェコから働きに来ている人々がいるのだ。
電話も引けないアパートに、チェコ人たちが共同で住んでいる。
テレビのある家は女性の部屋一軒だけ。そこにみんなで集まる。

彼らに比べれば、
携帯を持ち、ポータブルCDを持ち、
父のものとはいえ家がありバイクに乗っている主人公は、
ずっとずっと豊かにさえ感じてしまう。

ロンドンで一旗挙げようと、
男はレコーディングをする。
寄せ集めのようなバンドと、やる気なしのディレクター。
そのディレクターを通じて、
彼らの情熱が形になっていく。
大好きな音楽に関われる歓びに浸りながら、
明日への不安で押しつぶされそうな花売り娘。

ストリートミュージシャンにはまだ夢があるが、
養う家族を抱える花売り娘に、将来はない。

生きる歓びとは、いったい何だろう?

なけなしの金で音楽を紡ぐ二人。
自分のことより、相手のことを思いやる穏やかで不器用な二人の愛が、
グレンの音楽とともに心にしみわたる。

監督・脚本のジョン・カーニーもミュージシャン。
主演のグレン・ハンサードとマルケタ・イルグロヴァは、
実際にコラボアルバムをリリースしている。

11月3日、渋谷シネ・アミューズで公開。






Last updated  2007.09.28 01:03:01
コメント(2) | コメントを書く
[洋画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.