000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ガムザッティの感動おすそわけブログ

PR

X

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

8月になりました New! yuki アイドル 俳優 映画 演劇 ドラマなどさん

簡単思い出し日記メ… YYCafeさん

フラッシュ シーズ… 王道名なしさん

リニューアル 猫山文楽軒さん

   元局アナがス… ころりん0924さん
ライターかあさんと… プチプチゆっきーさん
ぺ天使のつぶやき kamadoyamadocaさん
もっとハッピー happy-gaiさん
こちら25643 ヒロランさん
観劇日記~夢のあと… みおと5747さん

Free Space

設定されていません。

Comments

LimeGreen@ Re:gamzatti.comへの移行(06/20) HPはもう大分前にRSSリーダー登録して読ん…
エトワール@ Re:Kバレエ「第九」(02/04) ベートーヴェン「第九」 熊川さんが大怪我…

Headline News

Profile


gamzatti

2008.06.07
XML
カテゴリ:美術
3月25日から東京・上野の国立博物館で続いていた「薬師寺展」も、
とうとう明日が最後となりました。

光背をはずした日光菩薩、月光菩薩のお背中を拝見できる機会など、
これを逸したらもはや訪れないかもしれない!
…と思う人も多いようで、
最終日を前に、どんどん入場者が増えているもようです。

内容としては、
目玉の日光・月光の両菩薩立像のほか、
聖観音菩薩立像、
仏足石、
吉祥天像(これは絵画)、
神功皇后・仲津姫命・僧形八幡神の八幡三神坐像、
などが国宝です。
薬師寺でもっとも有名な東塔の路盤蓋板、伏鉢もみられます。(これも国宝)
その東塔の一番上の水煙の模型もあります。
ほかにも薬師寺の歴史がわかる重要文化財級のものがたくさん。

会場の中で、最初に目を奪われるのは、
聖観音菩薩立像。
華奢で優美で、その立ち姿は菩薩というよりインドの舞姫。
光背のない後ろにまわると、薄衣をまとった腰から下と、張りのある背中の肌のつやとで、
いよいよなまめかしい。
衣裳にはあちこちに飾りがついていてことのほかきらびやか。
正面にまわると、額の真ん中には、透明な光を放つ石が埋め込まれている!
私たち有象無象の観客は、
お立ち台の上の美女(どうみても女性だ!)に群がっているようにさえ感じた。

5月2日に、この聖観音立像が本来いらっしゃるはずのお堂を訪ねた私は、
そこで「複製」の立像に出会っている。
今回、「ホンモノ」にお会いできたわけだけれど、
複製でも十分ありがたかった記憶がある。
そこに「祈り」の環境が整えられているか否か。それは、大きな違いなのだな、と思った。

さて、次のブースに足を踏み入れると、
大きな空間に、かなりの距離をおいて日光・月光菩薩が並んでドーンと立っている。
人がわんさかいる会場の中にあって、
この両像は、遠くからでもひときわオーラを放っていた。

聖観音立像のなまめかしさに比べると、
さすがに日光さん月光さんは、「人を救う」といった大きな愛を具現している。
大きな仏像というと、奈良の大仏とか、巨大なものを思い浮かべるけれど、
そこまで大きくなかったにしても、
やはり「像の大きさ」は「頼りがい」に通じ、「救いの大きさ」につながるのではないだろうか。

やはり光背がはずされているので、後ろにまわる。
「お客様同士、譲り合って、時計回りに少しずつお回りください!」と職員の声が飛ぶ。
ほとんど「メッカ」状態。
聖観音立像の時も、像の周りを人びとがグルグルまわっていたけれど、
ここでは日光像と月光像を2つの中心として、
人びとは8の字を描きながらちょっとずつ動いていく。
じっとひと所に立っていることは難しいものの、
かなり近くでしっかり観ることは可能だし、何度もグルグル回れるから、
「あっという間」ということはない。気の済むまでそこにいられるよさはあった。

聖観音立像に比べると、お背中もシンプル。
飾りもなく、あっさりした裳裾の襞。
むっちりとした背中は、背筋でくっきり二つの山にわかれている。
日光・月光は両手のボーズも、体のくねりも左右対称。
印を結ぶ指はふっくらしていて、ウエストはきゅっとしまっていた。
そこだけ見ると女性的ともいえるけれど、
また正面にまわってお顔を拝見すると、
特に日光さんは、如来的な安定感があり、男性的な力を感じた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上野の美術館の多くが、金曜の夜だけ閉館時間を午後8時としていることをご存知でしたか?
知人におしえられて、私は昨日の夜行ってきたのですが、
この「薬師寺展」に限っては、
6/4(水)から最終日まで、閉館時間を午後8時に延ばしていました。

私が行った午後6時半でも30分待ちという状況。
日中は、もっとすごかったのではないでしょうか。
昨日は気温もかなり高かったので、待っているだけでも大変だったことでしょう。
臨時の無料給水コーナーまで設置されていました。

昨日は、結局待っている人が多すぎて8時に閉館もできず、
特別に8時半まで観られることとなりました。
すごい人気です。

初夏の夜とはいえ、午後8時ともなればもう真っ暗。
会場を出ると、細く明るい三日月が出ていた。
上野の森を煌々と照らすその月の光は、本当に美しかった。

天高く、たとえ手の届かない夜空の、黒々とした木々の真上に小さく姿を現した三日月でも、
私たちはその輝きの中に神を見る。

たしかに日光さんや月光さんは、すばらしい芸術品だし、
今まで誰に見せるでもなく光背の陰に隠れていたお背中は、素敵だったけれど、
やっぱり薬師寺の金堂の中で
真ん中の如来さんを支えつつ、三尊が揃うことで、
きっともっと素晴らしい本当の光を放つのではないだろうか。
そんな気がした。

この前は、お留守の薬師寺に行ってしまいましたが、
今度はご在宅のときにまたお邪魔しますね。






Last updated  2008.06.07 14:21:27
コメント(2) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.