1849982 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ガムザッティの感動おすそわけブログ

PR

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

今日の富士山 3 New! happy-gaiさん

デキる人はココが違… リライト8142さん

思い出し日記~♪11… CherCYさん

シフトチェンジ 猫山文楽軒さん

楽しく面白く素敵な… ゆきんこ9116さん

北米逆輸入、日本ア… 王道名なしさん

   元局アナがス… ころりん0924さん
★★ユニ育ライフ | … ユニ育ママ/こがにさん
ライターかあさんと… プチプチゆっきーさん
ぺ天使のつぶやき kamadoyamadocaさん

Free Space

設定されていません。

Comments

エトワール@ Re:内容充実! Kバレエフレンズ会報 Devant No.4(09/02) フレンズの会報は面白いですよね! 熊川さ…
gamzatti@ Re[1]:「レ・ミゼラブル」@フランス紀行(08/09) LimeGreenさんへ ありがとうございます!…

Headline News

Profile


gamzatti

2008.11.12
XML
カテゴリ:歌舞伎・伝統芸能
昨日の続きです。

江戸時代の作者・近松門左衛門という人は、
本当にすごい人だったんだなー、と思います。
だけど、
人形浄瑠璃が3人で操られるようになったのは、
近松の亡くなった後というから、これもびっくり。

3人で操るようになって、
人形と人間の演技の差は「ほとんどなくなった」のだそうです。

それで、
歌舞伎は人形に負けちゃったんですよ!
一時期ね。
お話も人形浄瑠璃のお話のほうがずっと面白くって、
歌舞伎はその脚本を丸ごと使ってお芝居したのだそう。

その歌舞伎が盛り返してくるのは、
歌舞伎の壮大な舞台を思いっきり使うようになってからだとのこと。

回り舞台、セリ、宙のり、などなど。

スペクタクルです。

回り舞台っていうのは、世界でもっとも早く開発されたんですって。
ていうか、
欧米の演劇に取り入れた人も、
歌舞伎を見た人の話を参考にして作ったっていうから。

また、
「花道」は、日本特有なんですね。
蜷川さんの芝居は、よく客席の通路を使うけど、
あれって「花道」なのよね。

客席を芝居空間にしてしまうその臨場感と、
役者が近くで見られるという高揚感。
大衆演劇ならではのものだそうです。

私たちが知っている多くの物語が、
実は歌舞伎の話であって、
その歌舞伎の話は、実は人形浄瑠璃の話であって…。

知らないうちに、
私たちは日本の伝統の中で楽しませてもらっているな、と
改めて思いました。






Last updated  2008.11.13 09:00:28
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.