1837328 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ガムザッティの感動おすそわけブログ

PR

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

大相撲九州場所9日… New! happy-gaiさん

中小企業の「現金管… リライト8142さん

学園黙示録 HIGHSCHO… 王道名なしさん

美とは 猫山文楽軒さん

レミゼキャストスケ… CherCYさん

   元局アナがス… ころりん0924さん
★★ユニ育ライフ | … ユニ育ママ/こがにさん
ライターかあさんと… プチプチゆっきーさん
ぺ天使のつぶやき kamadoyamadocaさん
こちら25643 ヒロランさん

Free Space

設定されていません。

Comments

エトワール@ Re:内容充実! Kバレエフレンズ会報 Devant No.4(09/02) フレンズの会報は面白いですよね! 熊川さ…
gamzatti@ Re[1]:「レ・ミゼラブル」@フランス紀行(08/09) LimeGreenさんへ ありがとうございます!…

Headline News

Profile


gamzatti

2009.03.08
XML
カテゴリ:歌舞伎・伝統芸能
至芸、という言葉がある。
まさに、至芸だ、と思いながら、
大スクリーンに大写しになる玉三郎と勘三郎を見ていた。

冒頭の、川の渡しの近くで所在なさげに一歩、二歩とそぞろ歩く、
その足の出し方だけで魅せる玉三郎。
身投げしたのを助けられて、助けられたってこれからどうするあてもない、
その絶望と奈落を、ちょっとした台詞のトーンだけでわからせる。
涙も見せず、訴えもしない女のその横顔を見ただけで、
目頭がじーんと熱くなる。

そんな、万に一つの希望も持ち得なかった女・お仲が、
助けられた男に生まれて初めて惚れたというのに、
病にかかって長くない。
「わたし、生きたい……」
拾った命が幸せをつかもうとしているのに、哀れ。涙が出る。

自分の生きた証に、と、想い人の腕に刺青を入れるお仲。
何の台詞もなく、ただひたすら刺青を彫るシーンが続く。
なんというリアリティ!

刺青を入れる玉三郎の手つきの写実性と、
彫られる勘三郎が時折眉を上げ下げしたり、歯を食いしばったりして痛さに耐える、
その表情がまた見事。

この二人の演技にどこまでも吸い寄せられる。

まことに、歌舞伎とは練りに練られた芝居だ。
様々な名人たちが入れ替わり立ち代り再演することで、
芸はますます濃く、深く、心のひだに染み入ってくる。

ゆっくりとした台詞回しの中に、すべてがこめられている。
計算しつくされた舞台装置と小道具は、
人の配置さえ完璧で、
書割りとわかっていても、土手の向こうには空と川面が広がって感じられる。

「刺青奇偶(いれずみちょうはん)」
東銀座、歌舞伎座近くの東劇で、4月3日まで。
ぜひ。
ぜひぜひご覧ください!









Last updated  2009.03.09 00:03:24
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.