2118517 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ガムザッティの感動おすそわけブログ

PR

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

5月30日土夜予定♬… New! YYCafeさん

プロレス興行の再開 猫山文楽軒さん

締めはハリウッドキ… ゆきんこ9116さん

取材をした相手を記… リライト8142さん

医療マンガ10選(日… 王道名なしさん

近ごろひどい居眠り…… モイラ2007さん

   元局アナがス… ころりん0924さん
ライターかあさんと… プチプチゆっきーさん
ぺ天使のつぶやき kamadoyamadocaさん
もっとハッピー happy-gaiさん

Free Space

設定されていません。

Comments

LimeGreen@ Re:gamzatti.comへの移行(06/20) HPはもう大分前にRSSリーダー登録して読ん…
エトワール@ Re:Kバレエ「第九」(02/04) ベートーヴェン「第九」 熊川さんが大怪我…
エトワール@ Re:Kバレエ「アルルの女」(益子/毛利)(02/02) 「アルルの女」素晴らしかったですね☆ 感…

Headline News

Profile


gamzatti

2009.10.06
XML
10/5(月)の放送(生放送)だったのですが、
録画していたのをついさっき見ました。

なんか…感動した。

素直で、まっすぐで、飾らないで、
バレエを語る熊川さん。

やっぱり大きなケガが人生観を変えたのでしょうか。

「自分のためのバレエでなく、バレエのための自分」ということは
この前、ファンクラブのサマーパーティーでも言っていたけど、
その言葉以上に、
彼は本当にバレエに救われたんだな、ということが伝わってきた。

あと、
バレエを習い始めの頃は「回転に命賭けて、どこでもクルクル回っていた」
というのも知っていたけど、
「13歳のころ、ジャンプしたら空気と会話ができたような気がした」
というくだりがとても興味深かった。

滞空時間が長いことに気がつき、
「もしかしたら、ボクってけっこう飛べるのかも」と思ったという。
とはいえ、
気づいてからがすごい。
「猿飛佐助のように」ものすごく訓練したようです。
やっぱり、天性だけじゃなく努力があって今があるわけですね。

彼のジャンプの持ち味は、その一瞬空中で止まったかと感じるほどの滞空時間の長さ。
「長いからこそいろいろな技をその間に持ち込むこともできる」
なるほど。

ロイヤルを退団して、今までやったことのないことをいろいろやってみて、
やっぱり古典だって気づいた、というようなことを言っていた熊川さん。
これは別のところで言っていたことだけど、
「およう」という映画をやったことで
ほかのジャンルの第一線の人たちの仕事を見るにつけ、
ここは「アウェイ」だと感じた、自分の「ホーム」はバレエだ、と
改めて認識した、というのにも通じるかも。

バレエを語るときの、
熊川さんの恋するような笑顔が素敵です。

今回は、10/15に始まる「ロミオとジュリエット」のことは一言も宣伝しませんでした。
ここがNHKたるゆえん、でしょうか(笑)。

舞台に向けて体をしぼっているのか、
それともしぼれてしまっているのか、
サマーパーティーのころよりずっと痩せてみえました。
普通はテレビに出るとふっくら見えるのに。
本気モードですね。

私は11月に見る予定なので、今月見る人たちがうらやましいです。

日経新聞の記事によると、
かなりマクミランを意識して(そうでないように)作っているようです。
「粋&派手」って、どんなロミジュリになるんでしょう??

素敵な舞台に仕上がることを期待しています。








Last updated  2009.10.07 07:13:40
コメント(2) | コメントを書く
[熊川哲也とKバレエカンパニー] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.