2122305 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ガムザッティの感動おすそわけブログ

PR

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

今そこにいる君 New! ゆきんこ9116さん

道頓堀プロレス フ… 猫山文楽軒さん

取材をした相手を記… リライト8142さん

ステイホーム生活続… とんことちゃんさん

5月30日土夜予定♬… YYCafeさん

医療マンガ10選(日… 王道名なしさん

近ごろひどい居眠り…… モイラ2007さん

   元局アナがス… ころりん0924さん
ライターかあさんと… プチプチゆっきーさん
ぺ天使のつぶやき kamadoyamadocaさん

Free Space

設定されていません。

Comments

LimeGreen@ Re:gamzatti.comへの移行(06/20) HPはもう大分前にRSSリーダー登録して読ん…
エトワール@ Re:Kバレエ「第九」(02/04) ベートーヴェン「第九」 熊川さんが大怪我…
エトワール@ Re:Kバレエ「アルルの女」(益子/毛利)(02/02) 「アルルの女」素晴らしかったですね☆ 感…

Headline News

Profile


gamzatti

2010.02.26
XML
3度目の正直。という人もいるだろう。
初演のツアー途中で負傷、
前十字靭帯断裂という大怪我を一年足らずで克服し、
一年後に行われた再演は、
なんと初日開幕の数時間前に降板、それもまたヒザの故障。

熊川哲也のアリが見たくて、見たくて見たくて、
数年越しの望み叶えとばかりに集まった観客の前で、
今回の初日は幕が開いた。
序曲とともに現れた海賊船。
その上に立つアリ=熊川の、カッコいいこと!
鍛え上げられた体は今までにないほど美しく、
肩、胸、みぞおちのあたりへと続く、
むだのない、それでいて柔らかいなだらかな曲線、そして肌の艶……。
長年舞台上でさまざまな「半裸の熊川」を見てきているわけだが、
今回初めて、その「肉体」にドキドキしてしまった。
何これ? この感覚は何?

終演後。
カーテンコールはすごかった。
アリを踊れたことがうれしくてたまらない熊川もまた、
アリ流のスタイルでクールにおじぎをしながらも、
満面の笑みはこぼれまくってしかたがない、という様子だ。

周囲の熱狂の渦中にありながら、
しかし私は醒めていた。

その理由を自分でも確かめたくて、
土曜の公演も行くことにしました。

初日のレビューは、その後に書きます。

とにかく、怪我なく幕が開き、
怪我なく幕が下りた。
まずはそのことに、感謝。







Last updated  2010.02.27 10:42:48
コメント(0) | コメントを書く
[熊川哲也とKバレエカンパニー] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.