2289483 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ガムザッティの感動おすそわけブログ

PR

X

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

フラッシュ シーズ… 王道名なしさん

並んでいたので撮っ… yuki アイドル 俳優 映画 演劇 ドラマなどさん

思い出し日記~5月♬ YYCafeさん

リニューアル 猫山文楽軒さん

裸、裸、裸の吉原★「… モイラ2007さん

コイケへの同情票に… リライト8142さん

   元局アナがス… ころりん0924さん
ライターかあさんと… プチプチゆっきーさん
ぺ天使のつぶやき kamadoyamadocaさん
もっとハッピー happy-gaiさん

Free Space

設定されていません。

Comments

LimeGreen@ Re:gamzatti.comへの移行(06/20) HPはもう大分前にRSSリーダー登録して読ん…
エトワール@ Re:Kバレエ「第九」(02/04) ベートーヴェン「第九」 熊川さんが大怪我…

Headline News

Profile


gamzatti

2011.02.26
XML
カテゴリ:本・雑誌


【送料無料】團十郎復活

私は難病ものが苦手である。
当時者にその気がなくても、
どうしたって「同情」路線か「感動」路線かのどちらかになってしまいがちだ。
病気であったり障害であったり、
何かしらハンディを負って生きる人を語るとき、
「かわいそうねえ、お気の毒ねえ」という対岸の火事的憐れみでもなく
「勇気をありがとう!」的な無責任な楽観主義でもなく、
どうしたら当事者の真実を語れるものなのか。

市川團十郎という人は、白血病という病を得、闘病し、
復活し、再発し、またまた復活し、今に至る。
しかし彼の最近の活躍ぶりを見ると、そのことを忘れてしまいそうだ。

今回この「團十郎復活」という本を読んで、
彼がいかに大変な道のりを歩いてきたかを思い知るとともに、
その道を淡々と、客観的に、だが自分のこととして、
しっかりと描ききっているその筆致に本当に感服した。

白血病という病とその治療法をひもといた本としても秀逸。
闘病記としても一流。
そして、
その病とともに生きる舞台人としての覚悟と発見の日々が
あますところなく披露されている。
病してますます芸が、徳が、深くなる。
生きるとは何か、死ぬとは何か、
生きがいのある人生とは何か。
そこに哲学がある。

読む価値のある本だと思った。






Last updated  2011.02.27 19:56:24
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.