2434617 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ガムザッティの感動おすそわけブログ

ガムザッティの感動おすそわけブログ

PR

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

舞台「世界は笑う」8… yuki アイドル 俳優 映画 演劇 ドラマなどさん

ジュラシック・ワー… 王道名なしさん

浦井健治さん、来年… YYCafeさん

TOEIC受験に際して★… モイラ2007さん

   元局アナがス… ころりん0924さん
ライターかあさんと… プチプチゆっきーさん
ぺ天使のつぶやき kamadoyamadocaさん
もっとハッピー happy-gaiさん
こちら25643 ヒロランさん
観劇日記~夢のあと… みおと5747さん

Free Space

設定されていません。

Comments

gamzatti@ Re[1]:「ムー」「ムー一族」(05/28) ひよこさんへ 訂正ありがとうございました…
ひよこ@ Re:「ムー」「ムー一族」(05/28) ジュリーのポスターに向かってジュリーっ…

Headline News

Profile

gamzatti

gamzatti

2012.08.03
XML
カテゴリ:ドキュメンタリー


【送料無料】キャピタリズム~マネーは踊る [ マイケル・ムーア ]

資本主義って、民主主義?

監督:マイケル・ムーア
配給:ショウゲート

ストーリー●サブプライム問題、リーマンショック、世界同時不況。
これまで「まじめに働けば右肩上がりで幸せになれる」と信じていた人々に
突然襲い掛かる、自宅明け渡し命令。さらにアメリカ経済の象徴・GMの倒産。
ムーア監督の父も、かつてGM工場に勤務していた。
その工場跡は、今も更地のままである。
愛する祖国がなぜ狂ったカジノと化してしまったのか、
資本主義は本当に「善」なのか。庶民の立場から検証する。


今や、1%の富裕層が国全体の95%以上の富を有しているというアメリカ。
この状態をローマ帝国になぞらえ、
自分たちは「奴隷」であるとほのめかして映画は始まる。
レーガン~ブッシュ政権の間に、アメリカ政府の要職には銀行家などが多数入り込み、
いつのまにか金融界にのっとられていた。
「アメリカはいつから証券取引所の手先になったんだ?」と
現職の議員たちが議会で公言している事実にも驚く。
だがあからさまな金持ち優遇に、庶民はあまり不満を持たないできた。
誰もがアメリカン・ドリームを信じ、
いつかは自分も金持ちになれると夢見ているからだという。
実際は、多くの庶民が最低限の生活さえ奪われているというのに。
アメリカン・ドリームとは、なんと罪作りな夢なのだろう。
アメリカを痛烈に批判しながらも、監督のまなざしには悲しみが見える。
無垢な祖国愛が、痛々しい映画でもある。






Last updated  2012.09.17 10:41:22
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.