2278469 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ガムザッティの感動おすそわけブログ

PR

X

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

「アナと雪の女王」… New! YYCafeさん

宿命の対決★「昭和残… モイラ2007さん

ビンタちゃんの演技… yuki アイドル 俳優 映画 演劇 ドラマなどさん

なぜか 猫山文楽軒さん

   元局アナがス… ころりん0924さん
ライターかあさんと… プチプチゆっきーさん
ぺ天使のつぶやき kamadoyamadocaさん
もっとハッピー happy-gaiさん
こちら25643 ヒロランさん
観劇日記~夢のあと… みおと5747さん

Free Space

設定されていません。

Comments

LimeGreen@ Re:gamzatti.comへの移行(06/20) HPはもう大分前にRSSリーダー登録して読ん…
エトワール@ Re:Kバレエ「第九」(02/04) ベートーヴェン「第九」 熊川さんが大怪我…

Headline News

Profile


gamzatti

2013.02.05
XML
カテゴリ:洋画
久々、映画のご紹介。

現在、東京・京橋の「銀座テアトルシネマ」で公開中の
「塀の中のジュリアス・シーザー」、超おススメです。

特に、シェイクスピア好き、舞台好きの方には2度おいしい作りとなっております。
刑務所の囚人たちに更生プログラムとして演劇をやらせ、
発表会のさせているところを知ったタヴィアーニ兄弟が、
彼らに「ジュリアス・シーザー」をやってもらうそれまでの過程を映画にしたもの。

イタリア人がやるジュリアス・シーザー、すごいですよ!
その緊張感のあるやりとりを見ながら、
あるときは、織田信長に謀反を起こす明智光秀を、
あるときは、中大兄皇子らが蘇我入鹿を宮中で誅した乙巳の変を、
思い出さずにはいられません。

予告編はこちら

この迫力は、
かつて自分も様々な抗争の中にあって悩んだり直面したりしたことが
内的な声となってリアルな表現につながっているんだと思う。

しかし、元マフィアとかの人たちで、
なかには終身刑の人もいるという彼らに「暗殺」とか「戦い」の場面をやらせるって、
日本じゃできないだろうな~。

とにもかくにも「一直線」なこの映画、
さすがタヴィオーニ兄弟!

彼らのつくった「パードレ・パドローネ」、大好きです。






Last updated  2013.02.06 08:27:27
コメント(2) | コメントを書く
[洋画] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.