2434692 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ガムザッティの感動おすそわけブログ

ガムザッティの感動おすそわけブログ

PR

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

スマートウォッチ4代… New! 王道名なしさん

舞台「世界は笑う」8… yuki アイドル 俳優 映画 演劇 ドラマなどさん

浦井健治さん、来年… YYCafeさん

TOEIC受験に際して★… モイラ2007さん

   元局アナがス… ころりん0924さん
ライターかあさんと… プチプチゆっきーさん
ぺ天使のつぶやき kamadoyamadocaさん
もっとハッピー happy-gaiさん
こちら25643 ヒロランさん
観劇日記~夢のあと… みおと5747さん

Free Space

設定されていません。

Comments

gamzatti@ Re[1]:「ムー」「ムー一族」(05/28) ひよこさんへ 訂正ありがとうございました…
ひよこ@ Re:「ムー」「ムー一族」(05/28) ジュリーのポスターに向かってジュリーっ…

Headline News

Profile

gamzatti

gamzatti

2014.12.14
XML
羽生選手のフリー「オペラ座の怪人」は、素晴らしかった!
(ショートもよかったけど)
フィギュア選手は概ね、シーズン始めに新しいプログラムを披露し、
GPシリーズなどを転戦しながらブラッシュアップしていく。
最初はミスしたり音楽と合わなかったりしていたものが、
GPファイナルや全日本あたりでようやく完成、
「こういう世界観だったのね」と
改めてプログラムの魅力に気づかされることが多い。

羽生難しいプログラムを作りながらシーズン序盤は腰痛に苦しみ、
GPシリーズに備えて他の大会を欠場したにもかかわらず
中国大会のアクシデントに見舞われ、
強行出場したNHK杯では、
音楽をかけての練習が乏しさから精彩を欠いた。

辛くもGPファイナル出場権を獲得、
その後の2週間で驚異的な追い込みをかけ、
GPファイナルで、ついに音楽との完全シンクロに至る。
無良選手の「オペラ座」も良いプログラムだが、
あれだけ完璧に世界観を示されては、
羽生バージョンの勝ちである。

同じく高難度のプログラムで臨んだ町田は
やはり序盤未完成の「第九」を引きずったまま。
特にGPファイナルに来て調子を落とし、
今シーズンはいまだ観客に「極北」を披露できていない。
彼が「偉大なプログラム」と自ら称するフリー。
ショートが完璧に近いだけに、全日本に期待したい。
町田はこれまでも2年続けて同じくプログラムを滑ったこともある。
今年無理でもいつかは「完成形」を見たいと思う。

それにしても、ジュニアも日本が1-2フィニッシュ。
ショーマくんもまだ16なのに色気あるー。
当分日本がフィギュア界で大暴れしそう!

だからこそ、
敢えて言いたいことがある。

ここまで鮮やかに羽生がGPファイナルを2連覇したことで、
「終わり良ければすべて良し」になってるけど、
私は今も中国大会での滑走には疑問を持つ。
せめて滑走順を変えるなどの配慮が必要だ。
羽生の事故をきっかけに
あの時整っていなかった医療体制、緊急ルールなどが
しっかりすることを切に望む。
本人は滑りたいに決まってる。
若者は自分の人生の長さも限りも実感できない。
だからこそ、
目の前の優勝や連覇に
大人が、指導者が、惑わされてはならないのだ。

来シーズンの羽生が見られなかったら
一体どうする気だったのかと
敢えて一言言っておきたい。






Last updated  2014.12.15 10:00:56
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:羽生選手、GPファイナル連覇(12/14)   LimeGreen さん
あのときの羽生くんの姿を見たときですね、ロス五輪のアメリカの体操を思い出しましたよ。メアリー・ルー・レットンがぴょんぴょん片足でポーズ決めてる例のやつ。

彼には2018年までがんばってもらわなければいけないんで、後遺症など残らなければいいなと思います。スポーツにおける頭部の怪我はそのときには気づかない後遺症が出ることも多いようですし。
(2014.12.15 19:34:38)

Re:羽生選手、GPファイナル連覇(12/14)   エトワール さん
「オペラ座の怪人」の羽生君は素晴らしかったですねェ。
あのしなやかさは何処から来るのでしょう?
生まれ持った才能なのですかねェ。
流れる様に滑って・踊っていましたからね。
最後に転倒したしたことを「新たな課題」としていましたから素晴らしいですよねェ。

ジュニアの男子も優勝でしたね。
将来が明るく楽しみです。

ジュニアの女子の樋口新葉さんは、Kバレエスクールの横浜校のフィギアスケートコースに所属されていますね。

何処を向いても素晴らしい若者が進出して来ています。
とても楽しみだと思います。

羽生君の滑走は何度観ても素晴らしいです! (2014.12.16 12:30:04)


© Rakuten Group, Inc.