2430841 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ガムザッティの感動おすそわけブログ

ガムザッティの感動おすそわけブログ

PR

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

ジュラシック・ワー… New! 王道名なしさん

浦井健治さん、来年… YYCafeさん

7月30日(土)マチネ「… yuki アイドル 俳優 映画 演劇 ドラマなどさん

TOEIC受験に際して★… モイラ2007さん

   元局アナがス… ころりん0924さん
ライターかあさんと… プチプチゆっきーさん
ぺ天使のつぶやき kamadoyamadocaさん
もっとハッピー happy-gaiさん
こちら25643 ヒロランさん
観劇日記~夢のあと… みおと5747さん

Free Space

設定されていません。

Comments

gamzatti@ Re[1]:「ムー」「ムー一族」(05/28) ひよこさんへ 訂正ありがとうございました…
ひよこ@ Re:「ムー」「ムー一族」(05/28) ジュリーのポスターに向かってジュリーっ…

Headline News

Profile

gamzatti

gamzatti

2017.01.23
XML
カテゴリ:バレエ・ダンス
毎年、1月には都民芸術フェスティバルがあり、
日本バレエ協会主催でオールスターのバレエが観られます。

私にとっては、熊川哲也が「ドン・キホーテ」全幕を初めて日本で演じた
1996年が忘れ難いですね。

今回は、長田佳世さんがラストステージになるので
1/22(日)のソワレに行ってまいりました。

Kバレエの草創期をずっと支え、
プロダクションになくてはならない存在としてじわじわと実力を上げ、
そして次のステップへと飛躍するために、
新国立劇場へと移籍した。

Kバレエを辞めるちょっと前から
本当に技術と表現力がマッチして光り輝くバレリーナとなったので、
私としては退団は非常に残念でした。

新天地の新国立でもプリンシパルとしてたくさんの作品に出演、
大きな花を咲かせたのはさすがですね。
そして、
昨年退団・引退を表明したのです。

やっぱり見届けてよかった長田さんのニキヤ。
素晴らしかったです。
一つ一つの所作というか、手や足、指、爪先の置き所にまで神経が行き届いていている。
音楽とのシンクロを大切にしている。
ここぞというところで表情を変化させる。
音楽の粋を、自分の体を通して引き出してみせるんですね。

そこが、
他のダンサーとまったく違いました。
別格の神々しさ。

今回の「ラ・バヤデール」はニキヤ、ソロル、ガムザッティそれぞれトリプルキャストで、
3チームで。
ソロルは浅田、芳賀、橋本。って、全員元Kバレエじゃないですか。
そこに長田さんはいる、輪島さんはいる、副さんはいる、ブーベルくんはいるで、
ちょっとしたKバレエ同窓会でしたね。

ガムザッティの馬場彩さんはかわいくて華やかでよかったです!
橋本くんのソロルは精彩を欠いたな~。
まあ、プロダクションの構成が、ほんとにソロルがダメダメな二股男なので、
ストーリーとしてソロルをカッコよくすることはできないのは橋本君のせいじゃないけど、
だからこそ、ソロではガッツリ魅力的に踊ってほしかったし、
ニキヤに対するほとばしるような愛を感じさせてもらいたかった。
まあ、それだけに最後、「あなたは~、私に~、愛を~、誓ったでしょ~」と、
うらめしや~、で化けて出て僧院を壊してしまうニキヤがオソロしくて当然だったけど。

芳賀くんや浅田くんはどうだったんだろう。
見てきた方、書き込んでくださったらうれしいです。

神像は、最初のジャンプの着地でつまずいちゃったのがいただけなかったですね。まあ、求めるものが高すぎるので、これ以上はノーコメント。初日マチネのブーベルはどうだったんだろう。
(やはり3チームもあると、他が気になります)

太鼓の踊りは、いつも盛り上がりますね。今回もよかった。
私は桝谷まい子さんの壺の踊りが、表情豊かで踊りが丁寧で、引きこまれました。

いろいろな演出方法があるけれど、
今回ほど大僧正の性格が矛盾だらけだったのは初めて。
この前のKバレエのときも、バラモンが単なるスケベ親父みたいで
私の思ってるバラモンと違うー、とは思っていましたが、
今回はそれに輪をかけまして、

ラスト、僧院が崩れ果てた後に残った聖なる火の前で一人拝むわけですが、
「あんたのせいでしょ」
「なに祈ってんの? 詫びてんの?」と突っ込みを入れてしまいそうです。

ニキヤが大好きで、告白して、
「あなた、聖職者でしょ」と拒否られたから「聖職者やめてもいい」といえば、
「私は巫女だから」と拒否られ、がっかり。
そしたら「巫女」なのにソロルとよろしくやってるのを目撃しちゃったんだから、
そりゃ怒って当然なわけです。

ガムパパのラジャだって一目おいてる大僧正ですよ。
その怒りを、もっともっと大きなものにしてもらいたかったし、
ニキヤへの愛憎をもっとこまやかに演じてほしかった、というのが
私のバラモンへの思いです。
(彼の精神は、「ノートルダム・ド・パリ」のフロロにつながってる、
 すごく普遍的なものなんだよね。いくらでも掘り下げられる)

演奏は、
影の王国のときのニキヤとソロルのアダージオにかかるバイオリンソロが、
本当に繊細で美しく、感謝! 


私のハンドルネーム「ガムザッティ」の由来となる「ラ・バヤデール」なので、
かかるとすぐに行ってしまうけれど、
やはり自分の中のベストは
熊川哲也がブロンズアイドルを踊った頃の英国ロイヤルバレエのもので、(1991)
私がバラモンに固執するのも、
このときのダウエルの演技のせいだとおもうし、
ムハメドフのソロル、アシムラートワのニキヤ、バッセルのガムザッテイは最強だった。

あとは、
ロパートキナがニキヤを踊ったマリインスキーのもの
このニキヤは本当に度肝を抜かれた。

最後に。
長田さんのフィナーレを東京文化会館での素晴らしいパフォーマンスで飾れたことは、
本当によかったと思います。
でも、
もっと「お、この人は??」と思うようなダンサーを
随所に見たかった。
影の王国のコールドがバランスを崩したのは、見苦しかったですね。
長田さんがいかなる着地のときにも音一つさせなかったのに比べ、
全体のレベルが少し低かったように思います。

辛口ですみません。バヤデールLoverなので。悪しからず。










Last updated  2017.01.23 09:43:12
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:2017都民芸術フェスティバル「ラ・バヤデール」@東京文化会館(01/23)   エトワール さん
ガムザッティ様のレビューを待っておりました!!

毎年、都民芸術フェスティバルは観ているのですが、
バヤデールは初めてでしたね。

熊川さんのバジルは本当に懐かしいです。
「びっくりした」のが今でも覚えております。
今までに、男性のダンサーでこんなに踊れる人はいなかった。
日本人でも大丈夫だ!って思ったのです。

今回の「ラ・バヤデール」公演はKバレエの同窓会的でしたね。
私は、21日に拝見致しましたので、
ソロルは浅田良和さん、ブロンズアイドルはブーベルさん
マグダヴェアが小山憲さん、壷の踊りは副智美さん。

浅田さんのソロルは最高でした。
熊川さん並み?のジャンプで、ピルエットもスピードがあって
それはそれは素晴らしいソロルでした。

ニキヤの酒井はなさんは踊りも芝居も引き込まれました。
まだまだ踊れますねェ・・・酒井さんは・・・。
足の上げ方も静かで美しいので、技量があるのですねェ。
ポワントの音がしないので、これも素敵です。

副さんの壷の踊りも完璧!素晴らしい踊りでした。
一緒に踊っていた子供はシンフォニーの生徒さんでした。

ヴァイオリンのソロが本当に美しかったです。
ガムザッティ様の言われる通りですねェ。

音楽は本当に大事ですよね。

昨日も今日もロイヤルバレエ団のバヤデールのDVDを観ています。

長田さんのニキヤを観られなかったので心残りです。
ガムザッティ様のレビューを拝見して感動しています。

有難うございました!! (2017.01.23 16:27:25)

Re[1]:2017都民芸術フェスティバル「ラ・バヤデール」@東京文化会館(01/23)   gamzatti さん
エトワールさん
コメントありがとうございます!
浅田くんのソロル、見てみたかったです。
はなさんは、今輝いているダンサーの一人ですよね。
アーキタンツの舞台でよく拝見します。
息の長い活躍、素晴らしいです! (2017.01.23 21:27:22)


© Rakuten Group, Inc.