2041446 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ガムザッティの感動おすそわけブログ

PR

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

ヒットしますように… リライト8142さん

猫山映画の部屋 ド… 猫山文楽軒さん

思い出し日記~10月♪ CherCYさん

犬型ロケット砲 王道名なしさん

栗山民也「カリギュ… ゆきんこ9116さん

   元局アナがス… ころりん0924さん
ライターかあさんと… プチプチゆっきーさん
ぺ天使のつぶやき kamadoyamadocaさん
もっとハッピー happy-gaiさん
こちら25643 ヒロランさん

Free Space

設定されていません。

Comments

LimeGreen@ Re:gamzatti.comへの移行(06/20) HPはもう大分前にRSSリーダー登録して読ん…
エトワール@ Re:Kバレエ「第九」(02/04) ベートーヴェン「第九」 熊川さんが大怪我…
エトワール@ Re:Kバレエ「アルルの女」(益子/毛利)(02/02) 「アルルの女」素晴らしかったですね☆ 感…

Headline News

Profile


gamzatti

2019.02.04
XML
振付を見直したという今回の「第九」。初演時は第2楽章が秀逸だったが、今回の白眉は第3楽章だった。
プリンシパル宮尾の力がすごい。立ってるだけで舞台を支配。ミュージカル「ロミオとジュリエット」での「死」などの経験がそうさせるのか?
パドドゥに吹き込む情感も。踊りに意味がある。意味が漂ってくる。第九が一種のシンフォニックバレエであるとしても、その音楽とダンスに感情とストーリーを見出せる人はそうそういない。改めて宮尾のプリンシパルとしての成長と自信が身にしみた。
熊川登場の第4楽章も、祝祭気分全開だった。私は満足。満足とともに卒業かな。
圧巻の幕切れに誰もが興奮したけれど、(もちろん私も)、だけど、私は思う。「まだまだ踊れる」とはいえ、そしてそのパフォーマンスは人々を熱狂させるけれど、かつての彼を知っている身としては、どうしても物足りなさを感じてしまう。

そりゃそうだ。
もはや記憶と記録にしか残っていないシーン、彼自身にすら再現できない才能は厳然としてある。それがダンサーの宿命だし、それが彼を、古典として永遠の命を得るために作品を生み出す方にシフトさせた。
熊川はこれからも芸術監督としては進化する。彼のタレントのうち、引き継げるものは引き継いだ。それは益子倭や宮尾俊太郎が証明してる。でも、引き継げないものもあるんだ。
だからこそ、熊川哲也はレジェンドであり、唯一無二の不世出なダンサーなのである。

彼を追いかけてちょうど30年。今日は一つの、幸せな区切りとなりました。
もちろんこれからも、Kバレエは観るよ!






Last updated  2019.02.04 08:55:48
コメント(1) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:Kバレエ「第九」(02/04)   エトワール さん
ベートーヴェン「第九」
熊川さんが大怪我なさって復帰の第一回目の公演が「第九」でした。
赤坂ACTシアターのこけら落としでした。
今回で4回目くらいでしょうか?
衣装や振付・構成とかも色々と変わっていてまたまた凄さを感じました。
素晴らしい「第九」でした。
祥子さんの主演の第九も観てみたかったです!

2月24日に国技館での5000人の第九を聴きに行きます。
もう20年近く通っています。
今年は大友直人さんが指揮です。 (2019.02.09 07:17:54)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.