123866 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゆこりん日記

PR

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

カテゴリ未分類

2007.03.14
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
その後、2回3回と教室に通いました。
先生の、とってもためになるお話を聞き
1分間スピーチなどを経て、徐々に前に出るということに慣れてきました。 スマイル

そして、最後の日には、袋の中のトピックを引いて1分間考えて、スピーチをするT.M.M(トースト・マスター・メソッド)をやりました♪
私が引き当てたのは「広告」
うちは、自営業なので広告宣伝というのも自分で考えないといけません。
その辺の話をペラペラ~~っと♪
って訳にはいかなかったけど。。。

まあ、とにかく無事4回の講座は終わりました♪
少しは強くなったと思います。 グッド

この間読んだ本にも書いてあったんじゃけど、自分はできるんだっていう(勘違い)を脳に覚えさせれば良いんだわ。
それって、バランス活性療法が、脳に安心感や正しい位置を記憶させて痛みをとるってのと似てるな~って思いました。

春からも引き続き、この先生の講座をきちんと受けようと思います♪
きっかけを与えてもらって、後は場数じゃね♪
これからも、あがり症克服への道は、まだまだ続きます!! ぐー






最終更新日  2007.03.14 10:15:41
コメント(1) | コメントを書く


2007.02.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日、ダイアネティックスについての電話がありました。
心因性の病気は全体の病気の70%を超えます。
その原因の「反応心」を解明した唯一の研究書だそうです。

http://www.dntokyo.com/books.html

「反応心」を唯一根本から取り除けるといわれているカウンセリングの技術、ダイアネティックス・オーディティングを、先生のところで是非取り入れて見られてはどうですか?ということなのです。。
私は、初めて聞いたんですけど、知ってる方はいらっしゃいますか?

チョット、興味ある。。
情報ください♪






最終更新日  2007.02.05 13:32:21
コメント(0) | コメントを書く
2007.01.25
カテゴリ:カテゴリ未分類
私は、天然クルクルパーマなので、ストレートをかけてます。
そろそろ、素毛が長くなってきたので久しぶりにmiyanishiに行ってきました♪

miyanishiには、高校時代から行ってます。
あの頃は、三和ストアーの2階でやってたのよね。
知ってる人も多いでしょ?

でも、いとこが美容師になったので独身時代は、廿日市のいとこの美容院までツーリングがてらバイクで行ってました♪

子供が生まれてからは、廿日市まで行く時間は勿論無いし。。ってことで、実は自分で切っていたんです。
すごい?
天然クルクルパーマだからできるのよ♪
曲がって切ってしまっても、元々曲がってるからわかんないのよ♪

でも、整体院を開業してからは、さすがにそれじゃ~まずいでしょ?
久しぶりにmiyanishiに行ってみました。

そこで会ったのが、ゆかさんなのぢゃ♪

今日は、カットだけなのに、2時間もたってました。。
すごく時間をかけていただいて、ほんとに恐縮です!
後のお客さんは大丈夫だったでしょうか???

今回は、ストレートをかけてないので、チョット心配じゃけど、結構短めにしたので。。大丈夫かな。
二人で相当吟味して、決めたし。

チョット、若返ったよ♪
彼女は、腕もいいし、顔もいいし、面白いし、めっちゃお薦めです!!!






最終更新日  2007.01.25 22:02:47
コメント(2) | コメントを書く
2006.12.16
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日は、きよちゃんと甘味処 茶の愉 琴琴に行ってみました。

ほんとは、エスカリエの待合室?カフェ?に行く予定じゃったんじゃけど。。
カフェは午後からしかやっていないらしい。。

我・松川石材の軽トラックで、ゴトゴト行ったにもかかわらず←一寸恥ずかしい。。お断りされてしまいました。失敗

それで、スーパーミーハーのきよちゃんが、行ってみたいということで、急遽そごうに。。
そしたら、今度は11時からということで、またまた、待つことに。。

私は、結局小腹がすいてしまったので、ランチを食べることにしましたのじゃ。。

すみません、待ちくたびれて。。お腹がすいていたので、写真を撮ることも忘れて、がっついてしまいました。。
きよちゃんの方のブログで、お楽しみくださいませうっしっし
きよちゃんは、可愛らしくケーキと紅茶にしました。。けど、ランチより高くついていたが。。
原田さんのブログも拝借。。

ナチュラリストの主力メンバーの私たちは、ボケをかますたびにブログには書かんでよ。。。ショック
と、お互いをかばいながら。。楽しいひと時を過ごしました~♪


あ。それから、今月の市制便り。。
裏面に、旦那が出てます~荒波
気づいた~?








最終更新日  2006.12.16 09:20:36
コメント(19) | コメントを書く
2006.09.27
カテゴリ:カテゴリ未分類

昨日は、呉市民会館で有った大阪医大の伊藤先生の癌講演会に行ってきました。

今回のお題は、「代替医療、サプリメントとどうつきあうか」というものでした。

今の日本医療の問題点は、医者が体を部品としてしか見ていないことです。
人の身体は全て繋がっていて、様ような気管がお互いに深く関連して1固体として働いているのです。
にもかかわらず、専門分科が進み対症療法しか出来ないマニュアル医者ばかりが増えています。

さらに、現在の医療行為は社会保険制度の上に成り立っています。
これによって、難病医療の現場では、医師に膨大な収入をもたらします。
ステロイド療法、インターフェロン療法、抗がん剤療法、骨髄移植療法、人工透析療法などが適用可能な疾患のファーストチョイスとして選ばれます。

これらの療法は、多くの場合一時しのぎで症状が抑えられても最終的に悪化するケースが少なくないと思います。
それは、免疫力が落ちるからですね。

日本は予防医学についても、アメリカから20年は遅れています。
というよりも、病気がなくなると医者は困るわけですから、予防などはして欲しくないわけです。

このような医者がほとんどのようですが、少しずつ、免疫について考えるようになってきた人も少しづつですが増えてきているようにも思います。

サプリメントについても、今までは良く分からないから飲まないほうがいいというネガティブな医者が多かったようですが、その辺のガイドラインが今秋から出来上がるようです。

サプリメント愛用者の数も2000年から比べて3倍の伸びで、癌患者の代替治療では50パーセントを占めています。
今や、薬よりも消費額が多いそうです。

今はまだ、臨床データも無い、いい加減なサプリメントが蔓延していますが、これからはそういったものは淘汰されていくでしょう。

私も、サプリメントを摂り始めて20年近くになりますが、いい物は身体に変化が現れるので良く分かりますね。
口に入れるものですから、ちゃんとしたものを選んでほしいと思います。







最終更新日  2006.09.27 09:26:22
コメント(26) | コメントを書く
2006.05.06
カテゴリ:カテゴリ未分類
5月5日の子供の日は、れんがどおり撮影会♪【“RENGADOHRI PHOTO SESSION” 】♪ に参加しました。グッド

たいしたデジカメじゃないんですが...それでもいいってことで~。
腕もたいした事無いんじゃが...。
まあ、賑やかしという事でね。うっしっし


CIMG1827.JPGCIMG1822.JPGCIMG1821.JPG



呉の町を( ̄ー ̄ )~~~~ウロウロ ウロウロ~~~~(  ̄ー ̄)

ランチも美味しかったし。
名前しか見た事ない方々にも生でお会いできたし~。


満足じゃ~。ぐー


小さい頃におばあちゃんに手を引かれて歩いた町並みとは、随分変わってしまっているが、我がふるさとである。
いつまでも、残していきたいものですね。


実行委員の皆様方ほんとにお疲れ様でした。
これからまだ、web写真ギャラリー、れんがどおりの写真展と仕事は残っておられるようで、大変でしょうが、よろしくお願いいたします。m(_ _"m)ペコリ

私も、そろそろ第2回オールディーズダンスパーティの方も動き出そうかな~。ビール








最終更新日  2006.05.06 20:06:33
コメント(12) | コメントを書く
2006.02.24
カテゴリ:カテゴリ未分類
素晴らしかったですね。
フィギュア女子。

感動です。
泣いちゃいました。まじで。

ほんとにすごいすごい。

荒川選手は見るからに私は才女よ、氷の女よ。
って感じなんですけど、コメントを聞いて(゜ロ゜;)エェッ!??
そんなに、肩の力抜けぬけだったの~?

勢いも大事だけど、肩の力を抜くっていうのも、同じぐらい大事なんだな~って思いました。

何事もバランスなんですよね。

私たちも、がむしゃらに頑張っても、時にはリラックスする時間を作って、ストレスをためないことですね。


ストレスは低体温を招きますからね。
身体にすごーく悪いですよ。

病気の7割はストレスによる交換神経の過緊張が原因なんですからね。






最終更新日  2006.02.24 14:07:48
コメント(21) | コメントを書く
2006.02.16
カテゴリ:カテゴリ未分類
人を不幸にする7つの致命的な習慣とは。

1.批判する
アドバイスと批判はまったく別物。自己批判も含めて建設的な批判は無く、批判からは感謝が生まれない。全ての批判は破壊的で、人から嫌われるだけのもの。

2.責める
過ちは責めるのではなく正す。叱ることと責めることは大違い。強制は不毛の行為でしかなく、これが長く続くと人間関係は修復不可能になる。

3.文句を言う
相手への反感が優先されるから文句になる。文句を言うのではなく、正すことが大事な行為。文句は敵対関係を生み出し、親密感が失われる。

4.ガミガミ言う
二度以上繰り返す注意や叱責はくどいだけで逆効果。躾とは短くきちんと注意し、言動に責任をもたせること。

5.脅す
力でねじ伏せようとすると、愛と自由を失う。力で支配されることを望む人はいない。

6.罰を与える
健全に生活に必要な責任を学ばせるために、あらゆる罰は効果が無い。やがて相手に対する影響力も失う。

7.褒美で釣る
人は褒美は好きだが、褒美で釣る人を好きになることができない。家庭や職場に対する帰属意識が希薄になり、求心力もなくなる。



あなたは、円滑な人間関係を築こうと努力していますか?

まずは、良好な人間関係を築くことから全ては始まります。

もちろん、家庭の中でも同じです。

そこが、一番難しいかも...。






最終更新日  2006.02.16 17:58:49
コメント(28) | コメントを書く
2006.01.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
みかりんのお友達のちゃこちゃんとこのファンタジージョブ占い。

チョットやってみました。

結果が出ました。

パ ブ マ ス タ ー ( ぱ ぶ ま す た ー ) 属性:火 

あなたは パ ブ マ ス タ ー です。

あなたは酒場で酒を振る舞い、客をもてなす酒場の店主です。情熱を隠し持った良識派で、自然と人を引き寄せる魅力をもっています。食をまかない、人を和ませ、ムードをかもしだす役割を果たします。ただし、酒場という場所でなければ、その力を発揮できない職業でもあります。

【ウィークポイントと対策】

すぐに気分が萎えてしまう部分があります。辛抱強さを身につけることが必要です。平凡な仕事も嫌がらず、初心を常に心がけましょう。

【性格】

場を明るくし、和ませるムードメーカー。
良識派。
人や社会のために役立ちたい気持ちが強い。
内面には、感情の激しさが見え隠れする。ゆえに気性は激しい。
だが、感情を上手にカバーし、コントロールしていくことができる。
新しいものに対して、敏感に反応する。
浅知恵で満足すると、井の中の蛙にとどまる。
吸収した知識をさらに磨いていけば、実社会で役に立てていける。
活躍の場が与えられると伸びていく人。

【人間関係の傾向】

ポーカーフェイス。
枠からはみ出さず、その場にふさわしい態度をとろうとする。
交遊関係は幅広く、さまざまなジャンルの人と交流を深める。
相手の心に影響を与える。
人から能力を見いだされる。
奉仕精神が強く、頼まれると快く引き受ける。
年下に対しては、傲慢な態度をみせる。
反面、見返りをひそかに期待し、感謝されることを望む。
おだてに弱く、そそっかしい。
話題は豊富だが、情報や噂をうのみにしがち。
攻撃や反論を上手にかわしてく。

【恋愛の傾向】

情熱的で嫉妬深い。
表面的には、紳士的淑女的に振る舞う。
そのかわり、親しくなると、感情を露骨に表現する。
自分にない面を持っている相手に魅力を感じる。
結論を急ぎがち。
熱しやすく冷めやすい。
誘惑に弱く、浮気心を隠し持つ。
マンネリは苦手。常にフレッシュな関係を望む。
恋のピンチを克服する気迫に欠ける。


w( ▼o▼ )w オオォォ!!

お、恐ろしいほど当たってる。

是非、やってみそ。


http://www.kiss.ac/~saga/s_cgi/uranai/index.html






最終更新日  2006.01.28 20:55:52
コメント(10) | コメントを書く
2006.01.20
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は、カットに行ってきました。

このデフレの時代に美容院は価格が落ちないどころか上がっているんじゃないだろうか。
最近、安いお店やチケットなども少しは見るようになったが他の業界の比ではないと思う。

その点について美容士さんに訊いてみると、安売りをしだした店から潰れていくという。

確かに値段を下げればその分お客さんを取らないと売上げが落ちる。
そうなると、一人に費やす時間が減って、お客さんの満足度が下がるわけよね~。

う~ん。
難しいところじゃ。

でも、手技の世界だからまだまだそれですむんよね。
これが、他の業界のように外国人(製品)が来てすごい安い値段で価格を破壊していくとそうはいかんのよね。

ほんま。
どこの世界も厳しいですね~。







最終更新日  2006.01.20 20:29:12
コメント(12) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.