324929 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ガオライ日記

一年生前期

ごちゃごちゃ問題はあったけど何とか始まった新学期!!
しばらくの間はビザの手続きに終われました。

前の大学ではそれなりに留学生がいたので大学側で
一括して公安に行って手続きをしてくれたのですが、
今度はどうもそうはいかない模様・・・

試しに事務所に

「手続きは手伝ってもらえますか?(*._.)σ゙ツンツン」

って聞いたら

「無理です。規則ですから」

って言われちゃいました(o・_・)/(ノ_<。)ヨシヨシ


っていうか生徒をの大事なビザの手続きを
手伝っちゃいけない規則って何!!?



なんて思いましたが、そんなんで怒っててもどうやらここでは
通用しないようです /( ̄ロ ̄;)\


書類を全て整え、健康診断へ行きはたまた公安へ・・・
結局一時帰国の際のリターンビザなども自分で全部やるので
(もちろん大学が必要な書類を書く事はしてくれますが)
ビザの事はガオライに聞いてくださいね!!(ウソ)


さてさて授業ですよ、問題は。
私は一応中国語検定(HSK)取って入ったんですよ。
ボーダーラインの一個上を頑張って取って入りました。

だから授業はまるわかり!ってわけにはいかなくても、せめて
6割くらいは、友達との会話に至ってはあんまり心配してませんでした。




あまかった・・・(´;ω;`)ウウッ… 



ぶっちゃけ授業なんて何言ってんだかさっぱり!
頭には「????」満開!!
友達との会話も半分以上ちんぷんかんぷん(ノ_-。)ウゥ・・・ 


特に私の補導員!!!(▼皿▼メ)

中国の大学って補導員ってのがいるんですよ。
奴らは大概若造どもで組織され、主に生徒の世話係。
この人たちの素性ってのは結構複雑なので
今度どっかで書きますね。
とりあえず私のクラス担当の補導員ときたらこれ。。。。


異常に喋るのが速い!!! ┏(|||`□´|||;;)┓

友達が私を哀れむほどの速さ。
みんなは「あいつは生まれつき喋るのが超速い。ガオライしょうがないよー」
って慰めてくれるほど速い(しつこい 笑)
しかもせっかちさんだから私にゆっくり喋る忍耐力は無く、
いつもぷりぷり切れながらどっかへ行ってしまうのです。

そんな彼の口癖は

「何かあったら僕を探せ!僕を頼れ!」


聞こえは良さ気なんですよ、これ。
でもその補導員の複雑な背景から発せられる言葉で
要は自分の補導員としての成績を意識しての事なんですね。

もちろん私も何かあったら彼を頼ってましたよ。
そう頼ってました!


だって彼ったらね、何かあって聞きに行くでしょ?
そうすると決まってこう言うの。

「じゃあ、聞いておくよ!(*~∇~)」

それで次に答え聞きに行くでしょ?
そうすると決まって、

「まだ答えは返ってきてないよ!(*~∇~)」


要するに聞くだけなんだよね~~~~(○`ε´○)プンプン!! 

前期は銀行振り込みにした学費がなかなか届かなかったり
ビザの事とか
初めてのテストの事とか
いっっっぱい聞かなきゃいけないことがあったのに!!!

いつも答えは

「まだ返答は無い(*~∇~)」


・・・・・・・・・


凸(´Д` )ヌヲォォォォーーー!





そして10月の下旬高11月の上旬辺りに中間テストがありました。
大体中間テストって論文?提出なんです。
「~について2000字書きなさい」
これが一番多いですね~。
私はちなみに生まれて初めて書いた中国語の論文は

???「マルクス主義における権力分配について」???

とか何とかだったと思います。

とりあえず

「マルクスなんてダメだね!(´∇`)=3」


みたいな事をつらつら2千字書いといた気がします(笑)


期末テスト。。。。。
これはまさに地獄の季節です。
これが終わると冬休みに入るわけで、その先には
一時帰国が待ってます。
その”一時帰国”って言う餌を前に必死に
ケツ叩いて走り抜けなければなりません。


確か範囲は大体


教科書一冊!

です


工エエェェ(゚Д゚;)ェェエエ工

そっそんなーーー!!!


みんなこの時期、先生から重点を聞きだそうと必死です。
そんな中で、たまに留学生だからって事でこっそり
教えてくれようとする先生とかいるんですよ。

でも先生授業の終わりにマイク通して

「留学生の子は授業終わったら前に来てね。
        聴きたいことがあったらどうぞ(*´▽`)ノ 」

なんて言っちゃうもんだから
中国人の学生も居座り続けて結局何も聞けなかったりね(∥´Д`)=3 ハァ・・・


そんなこんなで一学期目のテストは・・・・


とりあえず不合格無し!!!
だってテスト前は一日朝から晩まで勉強勉強やったもん!!
そして冬休みを過ごすべく日本に帰国したのでした(^∇^〃)♪






Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.