000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ガオライ日記

金くれ~の人たち

このページは、考え方によってはちょっと不快に思う人もいるかもしらません。

そうなってしまったらごめんなさい(*_ _)人ゴメンナサイ 軽く読み流して下さいね☆


ここで出てくる話の主人公はそう、物乞いの方々です。
海外に行った事の無かった私は日本に居るときそりゃあいるだろうとは思ってました。
思ってましたけど、あくまで日本の方々を無意識に念頭にいれてたんです。

ただそこに居て生活をしてる、そんなイメージだったんでしょう。





それは大間違いブン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ブン


奴ら寄って来ます!!!

片手には大体コップやらお皿やら持ってそれを上下に揺らしてちゃりちゃりいわせながら


「金くれ~ 金くれ~(* ̄- ̄)ボソッ」  


って自らこっちに寄って来るんですよ!!!
私の頭にはああいった方々が何か自己主張しながらしかも自分に向かって歩いてくるなんて
想像だにしてなかったわけで!!





こ、こえぇーーーー!!!!!┏(|||`□´|||;;)┓



そんな彼らの習性にも慣れ始めてきたある日。

その頃の私はまだ彼らにお金をあげた事はありませんでした。なんでだか抵抗があったんです
とりあえず、健康そうで若くて働けそうな人、そんな感じの人には絶対やるまいって思ってました(*`-´*)


当時の中国人の友人にどうしてるか聞いたところ、やはり

「若くて五体満足な奴にはやらん。年老いてたり体の不自由な人には時としてあげる事がある」

って事だったんで。


そんなある日。
当時の私はちょっとした発情期(*/∇\*)

その頃私のことを何でだか好きだって言ってくれる男の子がいたんです!
その方ちなみに



フランス人



そんな彼が私をデートに誘ってきてくれました!!
その子は私の一個下ですっごい面白くっていい奴!

でも島国ニッポンでのうのうと育ってしまった私には、かなり白人の方と
お付き合いする事に戸惑いがあったんです・・・



で、そいつが私が生まれて初めてできた白人の友達だったの。

私は、白人の人ってやっぱりイエローには厳しい目なんじゃないかとか、遊ばれるんじゃないかとか、
そういういろいろな考えが彼によって少し変わろうとしてた時期でした。

でも出会って3ヶ月では20数年持ってきた古い固定観念は払拭しきれなかったんですよね。



だからデートの誘いを受けてみたんです(≧▽≦)キャッ
中国に来てフランス人?って言う疑問はありましたけど(笑)

彼がフランス人だからって彼の好意を無下に断るのは、それこそ私の方が偏見の塊に思えたんです。
そういう風に思わしてくれるほど、そいつはいい奴だったんですよ!


デート当日!

そういえば私たちの共通語って無かったんです(´Д`lll)

私たちはお互いの辞書片手に、自分の言いたい言葉を一回中国語に置き換えて
それをまた相手に辞書で引いてもらうっていう気の遠くなるような会話の仕方でした。

彼は英語喋れるんですけど私はあんまりで
お店の人に笑われたりして、でもそれはそれで結構楽しかったなぁ(*^-^*)ゞテヘヘ


食事の後私たちは人民公園をぷらぷら歩き出しました。
何かちょっといい雰囲気。私達はベンチに腰掛けて話し始めたんです。


彼は何か言いた気なムード!
は、来る!告られるのかも!!


「ガオライは彼氏いるの?」



き、来たー!("▽"*)

いつもバカばっかやってふざけて遊んでる私達には今までに無い真面目な会話!



ガオライが人生を謳歌してたまさにその時です!!


「金・・・ く ・・・ か・・・ れ・・・ 」



!!??( ̄ロ ̄;)何かとっても嫌~な予感が・・・



「金く・・・れ・・・  ・・・・くれ~」


はっ!!!まさか!!!!(・ω・;|||


「金くれ~ 金くれ~」



やっぱり来た!!! 


どうやら彼の方に言ってる様子。

彼ら物乞いは外国人だと分かると速攻寄って来ます。外国人=金持ち の方程式があるよう。
ちなみに彼白人。これ明らかに外人。

彼は「NO」 って言いました。すると中国語が分からないんだとおもったらしく


「MONEY~ MONEY~~(´∇`)=3」



そいうことじゃねんだよ(●´Д`●)


するとその物乞いは諦めてターゲットを私に変えてきました!
どうやら私を中国人だと思っているようです。


「へい、姉ちゃん、お金くれよ~」

「ない」

「くれよ~」

「ない(*`-´*)」

「無いわけないだろ!(´Д` )」


逆ギレかよ!!(*´Д`)


そして彼は去っていきました。。。

その後ムードを戻すのに一苦労!でもなんとかまたいい感じになってきました!
そんな彼の表情から、真剣なんだなって思うことができて付き合ってもいいかなって
思えるようになってきたんです。
でも私には恥ずかしくてその最後の一言が言えなくって。。。ρ(。。、)



そして遠くから何か聞こえる・・・



「金くれよ~~~」


またお前か!! ( ̄□ ̄ *)


見たら分かるだろ!私は今フランスに嫁ぐかどうかの瀬戸際なんだよ!(←大袈裟)

とうとうガオライはキレました!!


「私達にかまうな!あっち行け!金ならやらん!!(`Д´ ) ==3=3=3」



お金をあげたらきっとすぐどっかにいってしまうんでしょうけど私にはそういう問題じゃなかった!

意地でもやるか!!! って思ったんですよ



そしてなんと物乞いもキレた!


「何て失礼な女なんだ!!おいそこのあんた!!(フランス人)
                  こんな女やめときな!ヽ(`Д´)ノ」






何をこの!!!!凸(▼皿▼メ)




「ニコ!(フランス人)帰るよ!!(○`ε´○)プンプン!!」


私の恋愛モードは一気に吹っ飛んだのでした・・・


結局その後お互い照れくさくてデートする事も無く、
彼はいつの間にか中国人のかわいい彼女ができたのでした。
タイミングって大事ですよね(ノ_-。)ウゥ・・・ 



彼は今フランスで上海で会社を作るべくお勉強中!
その彼女も一緒にフランスに行ってるらしくて
もしかしたら私が行ってたのかも?!何てたまに妄想してます(笑)
ああぁ~ニコちゃん早く上海帰ってこないかな~(≧▽≦)




地下鉄の入り口や繁華街の信号、バス乗り場など人が大勢立ち止まっている所に彼らは出現します。
彼らの中には会社の帰りに物乞いに扮装して一稼ぎしてタクシーで帰る人や
自分の子供を出しに使う人、手や足が無い人
本当に貧しくて困ってる人、様々です。



でも私は未だにあげたことはありません。








Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.