039234 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Garage43 blog

Garage43 blog

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

Garage43

Garage43

Calendar

Archives

Category

Recent Posts

Comments

コメントに書き込みはありません。

Keyword Search

▼キーワード検索

Dec 30, 2023
XML
テーマ:DIY (3303)
カテゴリ:DIY
本日の修理は我が家の体重計。

年始のスキーのために板のビンディング解放値の調整をしようと思い、家族全員の体重を測ってもらおうとしたら、体重計が調子悪い。





手前側面のON/OFFスイッチを押しても反応しないし、上面にあるボタン3つも、一応効くんですが、設定した後肝心の体重が測れません。

とりあえず分解するためにひっくり返します(横向きになってます)。





右側にある蓋のネジ2本を緩めると、ON/OFFスイッチが出てきます。
とりあえずこのまま置いといて、体重計全体をバラします。




本体裏には先ほど外したON/OFFスイッチのカバーにある2本のネジ以外にネジで止まっている部分はありません。

が、よく見てみると爪が4か所ありますので、これを外します。





これで上面が外れました。
配線が繋がっているので、この状態で固定しながらカプラー2つを外します。





ボタンスイッチ3つと、カプラー2つにコンタクトスプレーを少量吹きかけて掃除します。





基盤を取り外すために、赤で囲った部分をペンチで捩じって・・・





基盤を取り出したら、こちらにもコンタクトスプレーを少々吹きかけて掃除します。
コンタクトスプレー(接点復活剤)はその名の通り接触不良を起こしている時に使用するアイテムで、好んで使う人が多いですが、あまり使うと基盤が腐食してしまうので、使用は最小限に留めて、余分な液体は拭き取った方が良いです。





作業が終わったら、基盤を元に戻して固定します。

つづいて、側面にあるON/OFFスイッチ。
これもスイッチと基盤にコンタクトスプレーを吹きかけて掃除します。





で、このスイッチ、どうやってボタンが押されるかと言いますと、
このスイッチに被さるバネが特殊な形状をしていて、





バネが縮むと二重になっている中のバネがスイッチを押すという仕組みなんです。





この内側のバネがあんまり節度が良くないのと、スイッチをきちんと押せてない感じだったので、
内側のバネに先端をぶった切って短くしたネジを入れて、スイッチへの設置面積を増やします。





試しに仮組した状態でON/OFFスイッチを押してみると、きちんと動くようになりました。
そして、ネジを取りつけたおかげで、スイッチの節度が増しました。





上の写真を撮ったら、なんか表面が汚かったので、シリコンリムーバーを使って汚れを落としました。





これで作業完了。


さて、この後スキー板4本のワックスがけです・・・。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  Dec 31, 2023 01:58:40 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.
X