000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Garage43 blog

Garage43 blog

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

Garage43

Garage43

Calendar

Archives

Category

Recent Posts

Comments

コメントに書き込みはありません。

Keyword Search

▼キーワード検索

Jan 4, 2024
XML
テーマ:DIY (3307)
カテゴリ:DIY
本日の修理はコチラ、スカパーのチューナーのリモコンの修理です。

最近、やたらとリモコンの効きが悪くなってきたので。

リモコンの修理は簡単なのですが、チマチマした作業がメンドクサイのでなかなか重い腰が上がらなかったのですが、リモコンが効かないストレスの方が勝ちまして、ようやく着手です。





まずは、リモコンのどのボタンの反応が悪くなっているのか改めてチェックします。

スマホのカメラアプリを起動して、リモコン先端の送信部分にカメラレンズを向けて、スマホの画面に表示させます。

スマホのカメラはリモコンの赤外線が発光しているか確認することができる(できない機種もあります)ので、スマホのディスプレイを見ながら、リモコンの全てのボタンを押して送信部分が発光するかチェックします。





その結果、音量調整、録画一覧呼び出し、-スキップ、停止ボタンが発光しにくいことが分かりました。

いずれも使用頻度の高いボタンですが、番組表呼び出しとか、+スキップとか、使用頻度が高いのに全く問題ないボタンもありますね。





ま、とりあえずやることは決まっているので分解です。

リモコン四隅のネジを外して、いつも通りピックを使って分解します。





で、バラしたのがコチラ。

アレ?すっかり忘れてましたが、過去に直した形跡がありますね。

どうりで使用頻度が高いのに反応が良いボタンがあったわけだ。





基盤部分はシリコンリムーバーとコンタクトスプレーで掃除します。







ついでに、パネルの細かい部分もシリコンリムーバーで掃除。





ボタンのゴムシートはぬるま湯と中性洗剤でお掃除。









さて、全体的に掃除が終了したところで、リモコン修理の本番です。

使用するのは、アルミテープです。





リモコンは、先程掃除した基盤に、導電塗料が塗られたゴムボタンの裏が接触することで通電して反応します。

経年劣化でこの導電性が失われてくるため、リモコンの反応が悪くなるのですが、修理する方法としては、改めて導電塗料を塗ったり、アルミ箔やアルミテープをボタンの裏に貼るという方法があります。





今までの経験上、導電塗料は塗っても密着性が悪くて再び取れてしまうので、アルミテープを貼った方がお手軽で効果の持続性も高いです。

というわけで、アルミテープをボタンの寸法に合わせて切り取るため、ボタンのサイズを測ります。





過去に修理した際、番組表呼び出しボタンの裏には、小さい3つの正方形のアルミテープを貼って処理していましたが、基盤側を見てみると3つのボタンにする必要はなく、1つの大きなテープで問題なさそうなことが分かります。





というわけで、作らなければいけないアルミテープはこの通り。





寸法通りにチマチマとアルミテープを切り取って・・・





ピンセットを使ってボタンの裏に貼っていきます。





扇形の部分は、面倒なのでマスキングテープにマジックテープで型取りして・・・





切り取って作成することにしました。





こんな感じ。





結局、ついでなので問題なかったボタンにもアルミテープを貼りつけておきました。





ボタンシートを取り付けてリモコンを組みなおし、動作確認で問題ないことを確認したら作業完了です。







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  Jan 4, 2024 07:16:33 AM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.
X