040683 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Garage43 blog

Garage43 blog

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

Garage43

Garage43

Calendar

Archives

Category

Recent Posts

Comments

コメントに書き込みはありません。

Keyword Search

▼キーワード検索

Mar 17, 2024
XML
テーマ:DIY (3307)
カテゴリ:DIY
本日のDIYはこちら、ミューズのノータッチです。



【おまけ付】薬用 せっけん ミューズ ノータッチ 泡 ハンドソープ 詰め替え ボトル(250ml*4個セット)【ミューズ】[おまけで白いノータッチ自動ディスペンサー本体付き]


これ、センサーが反応して液体せっけんが泡状になって出てくれるんでとても良いのですけど、
難点は、使用頻度が多くないと中で石鹸が固まって詰まっちゃうんですよ。
今回はその修理です。





っと、その前に。
カートリッジって、販売されている時は下の写真のような天地で売られてるんですが、
実際に使う時は逆さになるんですよ。
これ、どうして商品のステッカーを上下逆にしないんですかね。
本体に刺した時に最適な見た目になるようにデザインすべきだと思うんですよね、センスないなぁって思う。





閑話休題。
本体をひっくり返したところにスイッチがあって、このベース部分は防水用のパッキンでとまっている仕様になってます。このベースを取り外すと、中に電池が入ってます。





で、四隅にネジがあるので、そのネジを外すんですが・・・
2か所のネジが回転するのに外せません。





他の二本は外せたので、試しに引っ張ってみたら、電池BOX部分を取り外すことができたのですが、
よく見るとネジのメス型部分が折れちゃってました。
この電池BOX裏の形状を見ると、凄く複雑な形をしていますが、それには訳があって、





この下にある歯車の固定を兼ねてるんですね。
なので、この電池BOXがしっかりとネジ止めされていないと、歯車がガタついて正しく動かなくなってしまいます。
なので、メス側の再建を行います。
まずは折れた部分に瞬間接着剤を塗って残っている部分に接着します。





で、その周囲をプラリペアで固定。
これで大丈夫でしょう。





ちなみに、この本体、モーターが回転して、下の赤く囲ったっ部分2か所にあるピストンが駆動して、洗剤と空気を送る仕組みになっています。





右側のピストンを分解したのがコチラ。
こっちは空気を送る方のピストンだと思います。





さてさて、修理に戻りましょう。
実は、先程まで見ていた歯車部分は、今回の故障とは全く関係がありません。
液体石鹸が詰まるのはこの部分ではなく、もっと出口側なんです。
そこにアクセスするには、本体上部のカバーを外す必要があるのですが、それには下記の2つの爪を取り外す必要があります。これ、カートリッジを固定する爪なんですが、ネジを隠すためのメクラ蓋も兼ねています。





この爪は、ペンチで無理矢理引っこ抜くのが一番手っ取り早いです。
この際、ラジオペンチのような先の細いものではなく、爪全体をガッツリ掴めるペンチの方が良いです。
この爪を引っこ抜くには、それだけ力を使います。





で、引っこ抜いた爪がコチラ(↓)





爪を外すと、中に2本のネジが見えるので、こいつを取り外します。





すると、上の蓋が取り外せるようになり、液体石鹸が通るチューブがむき出しになります。





下の赤い矢印が液体石鹸が通る部分、青い矢印が空気が通る部分で、この2つが混ざって出口に向かっていきます。





この出口部分を取り外すと、こんな感じなんですが、





これは3分割することができます。





で、一番出口側のパーツ(右端)の中には、液体石鹸と空気を泡に変えるための細かな編み目が入っているんですが、この編み目が固形化した石鹸で詰まっちゃうんですね。





というわけで、このパーツをしばらく煮沸して固まってしまった液体石鹸を取り除きます。
沸騰したお湯にしばらく付けた後、エアダスターを吹き付けて吹っ飛ばしたらOK。





元の通りに組付けたら完成です。












ところが、電池を入れて電源をONにしても、ウンともスンとも言いません。
試しにテスターで調べてみたら、どうやら電源スイッチが死んでるようです。
緑青で汚かった基盤を綺麗に掃除して、スイッチ部分にコンタクトスプレーを吹き付けてしばらくガチャガチャやってたら通電するようになりました。






汚かった本体もシリコンリムーバーで綺麗に掃除して完成。


逆さまのステッカー、何とかならないもんだろうか・・・。







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  Mar 17, 2024 08:58:21 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.
X