038980 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Garage43 blog

Garage43 blog

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

Garage43

Garage43

Calendar

Archives

Category

Recent Posts

Comments

コメントに書き込みはありません。

Keyword Search

▼キーワード検索

Apr 7, 2024
XML
テーマ:DIY (3302)
カテゴリ:DIY
本日の修理は、卓上ベル。

チーンって鳴らすやつです。
こいつが鳴らないので直してほしいというのが今回の依頼。





よく見ると、ボタンが完全に下に下がっている状態です。
これではそもそもボタンが押せません。文字通り、「チーン」ってやつです。Ωヽ(-“-;) 





で、ひっくり返してみるとこんな状態。
L字型のステーにクラッパー兼オモリがついてるんですが、このL字型のステーが妙に鋭角になってます。





そもそも、この卓上ベルがどういう仕組みで音が鳴るかというと、
片側にクラッパー(ベルに打ち付ける部分)兼オモリがついているL字型のステーが軸に固定されている状態で、

1. デフォルトでは、オモリが下に行くので、ステーの反対側がボタンを押し上げている

2. ボタンを押し下げると、軸を中心にステーが動くので、クラッパーがベルに打ち付けられて音が鳴る

という仕組みなんです。





ところが、現在の状態は、下の図のようにクラッパーがついてるステーが鋭角なので、
クラッパー(オモリ)が自重で真下にある状態でもボタンを押し上げることができておらず、当然ボタンが押せないので、クラッパーでベルを打つことができないという状態です。







なので、ステーを曲げて角度を広げてあげれば良いわけです。





こうすると、クラッパーが自重で真下に来た状態で、ステーの反対側がボタンを押し上げることができるので、ボタンを鳴らすことができます。





これで完成♪


と思って、何度か鳴らしていただら、だんだんボタンの戻りが悪くなってきてしまいました・・・。
改めてひっくり返すと、またステーが鋭角に戻ってます・・・。






しかたがないので再びステーを曲げなおすんですが、結局何度か使うとまた元に戻っちゃう。
これ、もうステンレス製のステーが何度も曲げられることによって劣化しやってるんですね。

結局、何度か繰り返しているうちに、ポキッと折れました・・・(涙)。
(スミマセン、写真撮り忘れてた)


本来でしたらここで終わってしまうところですが、よくよく考えたら、これで金属疲労を起こしてた部分はなくなったので、金属どうしを瞬間接着剤でくっつけて、良い感じの角度で固定できればOKじゃんと気が付きました。

というわけで、ちょうど良い角度で固定できるようにガムテでクラッパーを固定しながら瞬間接着剤で固定です。





結果、見事に直りました。
何度鳴らしても壊れないし、どうやら大丈夫っぽいです。







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  Apr 7, 2024 05:38:36 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.
X