545129 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

まりんの我楽多箱

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Free Space


ブロクランキングに
登録中です!!

良かったらポチっとお願いしますm(__)m

みなさまのクリックで
順位が決まります。

にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

多くの方に、コリーの魅力を
知って頂ければ嬉しいです。

Recent Posts

Calendar

Category

Comments

アンバー母@ Re:小太郎くんのその後(11/18) 犬も猫もトイレ問題って大きいですね~。 …
まりん@まりん@ アンバー母さんへ 近頃は、お散歩も近所の公園までのトイレ…
アンバー母@ Re:猫もおて♪犬と猫の躾と訓練(09/17) 何頭いても結局1頭しか訓練入れる余裕のな…

Favorite Blog

寒いほど元気! New! Milky-Mamaさん

スペアリブの人の食… Paroownerさん

熱帯魚 ど素人奮戦記 ヤスポーさん
みかんの部屋 みかんのママさん
気まま絵画館 snowshellyさん

Freepage List

全733件 (733件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 74 >

2017.06.16
XML
カテゴリ:

12歳2ケ月になったミルキーさん。
先週末から、変な咳をするようになりました。
換毛期で毛を飲み込んだりして吐くこともありますが
こんなに咳が続くことはありませんでした。



もう内臓にダメージが出て来ても
当然な年齢になっています。



毎年春と秋に健康診断を受けていますが
前回、4月に受けた診断でも
背骨、肺、心臓、血管、目に老化現象が出ている
ご指摘を受けました。
しかし、これはもう年齢的なもので仕方がないと
日々、注意深く観察して早めにケアしていくしか
対処しようがないとの判断でした。

ミルキーは、入院以来、病院が苦手になってしまい
診察室に入ると鼓動も早く、息遣いも粗くなり
体温も高めになってしまいます。
しかし、前回の診察の時は、以上に早くなっていました。
犬も動脈硬化か心筋梗塞もあるとのことで
呼吸の速さと脈拍数の多さから、心臓への負担が心配され
要注意項目となっていまはたので、
いよいよ、これは心臓か?と思って
担当の先生のいる日に病院へ連れて行きました。

診察室で待っている時から咳込んでいたミルキー。
いつも、診察室に入ると先生は
「今日は、どうされましたか?」と、聞いて下さいますが
この日は、すぐに「咳が出てますねぇ」と言われました。
待合室でのミルキーの咳が聞こえていたようです。

早速、熱と体重を測り、聴診器で心音を聞いて下さり
「心臓に雑音は聞こえないので、肺かもしれません
前回のレントゲンでも気になっていたので
とりあえずレントゲン撮影しましょう」とおっしゃり
レントゲン撮影をして下さました。

結果、
やはり老化から肺が硬くなってきているとのこと。
悪化すれば、水が溜まったり癌化するとのことで
まずは、抗生物質、ステロイド、拡張剤を服用して
様子を見ることになりました。



先代のラッキーが11歳目前で心筋梗塞で亡くなったので
ミルキーにも来るべき時が来ると覚悟はしています。
私は、自分の経験から
命を助ける治療が時には、
死ぬほどの苦しみを伴うことを知っています。
私も、体中に管が11本も入っていた時には、
「助けてくれなくて良いから殺して~」と思うほど
つらい思いをしたことがあります。
その時は、声も出せず、体も動かせず、
眼振で目も開けられませんでした。

きっと、言葉が話せない動物も
こんな気持ちのかも?と思うと、
ただ、命を長らえる医療は望みません。
特に、シニアと言える年齢の犬ですから、
命を長らえる治療ではなく、少しでも苦しまない
自己の生命力に任せる治療をしてあげたいと願っています。

ということで、日ごろから様々なサプリメントやら
食品を与えています。
その時々で、加えたり、止めたりしていますが
今、常時与えているものはこんな感じです(笑)



お薬ケースに一回分のサプリメントを小分けし
20日分くらいを作っておいて、日々のご飯に混ぜます。
また、肝臓その他の為にウコン、
がん予防と免疫力アップの為にメシマコブを
朝夕に分けて混ぜています。
さらに、カルシュウム補給にヤギミルク
膀胱炎予防にクランベリー、
血液とホルモンバランスの為に乾燥納豆とハト麦等を
その時の状況に合わせて与えています。

メインのフードもビタワンとアボダーム半々。
それにドライベジタブルを加えてふやかして与えています。

今のところ体重は21キロ前後をキープしていますが
万が一の時の為に痩せる余地を残しておきたいので
お腹を壊さない程度におやつも与えています。



まだ、食後の歯磨きガムを食べれているので
歯と顎の力は大丈夫そうですが
これも、いつまで噛めるかハラハラしながら観察中。
そろそろガムは中止にしないとなのかもです。

そして、不安なのは後ろ足です。

ミルキーたちの生活スペースは二階がメインなので
どうしても階段を登らないとなりません。
今のところは降りるのはなんとかスムーズですが
登りは何度も仕切りなおして意を決して登っています。



いずれは、下で暮らさせようかと思ってますが
やはり、ミルキー的には暮らしなれた二階の
自分の部屋に居たいようなのです。
後ろ足を補助してあげれば、まだまだ登れそうなのですが
これもまた、いずれは・・・と
来るべき日を覚悟しないとです。

そう思っていた矢先・・・
二階でミルキーと小太郎をフリーにし
下で授業をしていたところ
二階からひぃんひぃんとミルキーの鳴く声が!!
慌てて二階に上がってみると、
階段を登った踊り場のフローリングの上で
前後脚共にㇵの字に広げて
虎の敷物状態になったまま動けなくなった
ミルキーが悲しそうに鳴きながらもがいていました。
後ろ足のに近い腰辺りを持ち上げてあげると
すくっと立ち上がる事ができたのですが
ミルキー本人が一番ビックリした様子。
変な態勢になって足腰を痛めてないか
心配になりましたが大丈夫だったようです。

いつも普通に生活しているスペースですし
今までこんなことは一度もなかったので
ちょっと驚きましたが
来るべき時の到来をヒシヒシと感じました。

すぐにミルキーが滑ったフローリング部分に
キルトシーツを敷いてあげたので
その後は大丈夫でしたが
近いうちにフロアーマットに敷き替えようと思います。

シニアの階段を着々と登っているミルキー。



ゆっくりと、ゆっくりと、
出来るだけ苦しまず、痛みを感じることなく
シニア度を増して行って欲しいと願うばかりです。



猫と一緒に縁側でひなたぼっこ。
人間の昔のおばあちゃん像を
地で行けるミルキーばあちゃんです(笑)






Last updated  2017.06.18 04:47:22
コメント(0) | コメントを書く

2017.04.17
カテゴリ:

4月17日は、ミルキーの12回目のお誕生日です。

先代のラッキーが11歳目前で逝ってしまったので
それより長く傍にいてくれればと思っていましたので
とりあえず目標クリアです。
次は、13歳でも元気に歩けるシニア!かな?






12回目のミルキーのお誕生日ケーキは、
こちら。






今までに比べると見た目は地味ですが
内容で勝負です。





シンプルですが、可愛い感じです。

犬用ケーキというもおいも等のペーストで
作られたものが多かったですが
今回のケーキはミートローフです。





小さな骨型のローソクも付いて来ました。






明るいと分かりにくいですが
暗くするとこんな感じになります。





まずは、恒例の記念撮影。

いつもの事なので、
食べたい気持ちを堪えて
撮影に付き合ってくれるミルキーです。





色々なポーズとカメラ目線の要求も
これに耐えれば食べさせて貰えると信じて
必死でリクエストに応えてくれるミルキー。

もちろん、このままでは食べさせられません。
ぎっしりお肉の詰まったミートローフなので
大型犬のミルキーの一食にしては多すぎますしし
あくまでも、おやつとして与えるつもりです。

なので、一口サイズにカットして
スタイを着用して、改めて撮影。





が、しかーし・・・
一口で丸呑みにトライしたミルキーですが
いつまで経っても口の中でもごもご。

シニアさんには、ミートローフも厳しい?
と、慌てて、ミルキーの口の中に手を入れて確認。

案の定、上のペーストが上あごに張り付いて
それ以上進まないらしく
そのままの形状を保っていました。

ミルキーは、口の中のものを取り上げても
怒ったりしない良い子なので
とりあえず、一旦取り出して
さらに細かく切って再度与え直しました。





申し訳ないけれど、再び記念撮影をして
実食して貰いました。

あのサイズをカットして
そのままお皿に入れるとこの量になります。
やっぱり、結構な量なんですねぇ。

お年寄りミルキーにはこれくらいが適量ですね。





ミートローフは、お初ですし、
冷凍で送られてきたものを自然解凍したので
匂いも漂わない感じですが
美味しいそうに食べていました。





あっという間に完食。

残りのミートローフはを与える時は
軽く電子レンジでチンしてみようかしら?





コリーの絵皿に入れて与えたのですが
お皿のコリーの絵を見つめて、
「これも食べられる?」と名残惜しそうに見つめて
しばらく空のお皿を舐めていました。

お口に合ったようです♪





残りは、一口大に切り分けて
ご近所ワン友達にお裾分けしました。

それでも半分近くミルキーの分が残りましたので
冷蔵庫保存して、少しずつ楽しんで
食べて貰おうと思います。








Last updated  2017.04.17 00:00:06
コメント(6) | コメントを書く
2017.04.10
カテゴリ:

今月の17日に
12 回目のお誕生日を迎えるミルキーさん。

ということで、
恒例の「お誕生日検診」に行って参りました。




毎年、お誕生月と
秋に検査をして貰っています。

卵巣癌も健康診断に連れて行った検査でみつかり
そのまま入院、手術をして頂けたので
手遅れにならずに済みました。

フィラリア検査も兼ねて血液検査をお願いすると
一度の採決でまとめて検査をすることができます。

掛かりつけの先生の判断で、エコー検査と
時には、レントゲン検査をして貰います。

ミルキーもシニア犬なので
あちこち老化現象は出ていますが、
出来るだけ痛み無く、苦しまず生活できるよう
気遣ってあげられたらと思ってます。

今回は、いつも後回しになってしまう
狂犬病ワクチン接種を優先しました。

まず、触診、問診、
ボディーチェックをして頂き血液検査。

次に、レントゲン撮影とエコー検査をして
問題が無いことを確認して
ワクチン接種となりました。

年齢的に老化現象による不具合は
避けられずですが
ワクチン接種に問題があるほどのものは無く
無事に接種完了。

接種済票を頂いて帰って参りました。

血液検査の結果は以下の通り。





ミルキーさんのおヨダレで
ヨレヨレになってますが・・・(笑)

同じ血液でフィラリア検査もして頂き
予防薬も頂いて参りました。

コリーは、薬に弱い犬なので
一番安全と言われているフィラリア予防薬
モキシデックを頂いているのですが
なんと、製造しいるところに問題があったとかで
日本国内にモキシデックが入って来なくなったそうです。

なので、モキシデックの経口薬は在庫限り。
無くなったら、ミルベマイシンか
イベルメクチンにするしかないそうです。

現在はミルベマイシンでも、安全だそうですが
シニアになった今から変えるのは不安があります。

経口薬ではなく、皮膚にスポット式の
モキシデックはあるそうなので、
そちらにするか来年考えることにして
今年分のモキシデックを頂いて帰って来ました。

(フィラリア予防薬については、
私のホームページをご参照下さい)


帰りに桜が咲いている近所の公園で記念撮影。






今年は、桜が咲くと同時に強風が吹いたり
雨が続いてしまったりで花が寂しい感じがします。






すっかり顔が白くなり
まつ毛も真っ白なので、お日様の下では
目が小さく写ってしまうミルキーさん。





病院帰りで毛も寝てますが、モフモフです。

動物病院でも、みなさんに
「良い子ね~」「きれいですね~」と
沢山褒めて貰えたのですが、
手術&入院以来、
病院が苦手になってしまったミルキーには
有頂天になっている余裕はなかったようです(笑)

健康診断の結果としては、

白内障も若くして発症したわりにはさほど進まず
肺の白さも秋から良くも悪くもなっておらず
肝臓と、心臓の脈拍数が早いのが気になりポイント。
もう少しウコンの量を増やすことにしました。
癌の方は、再発しておらずですが
引き続きメシマコブも与えます。

病院では脈拍が早い過ぎてカウント不能だったので
自宅で安静時に測るようにとのことでした。

コリー、シェルティは、血栓が出来やすいそうなので
脈拍が早すぎる場合は用心しないとだそうです。

ここ数日、お尻の匂いが臭く
糞尿とは違う臭さでしたので
肛門腺チェックもお願いしました。

予想通り、肛門腺が詰まっていたようで
絞って頂いたら沢山出ました(^^;

大型犬は、通常なら糞と一緒に排出されるそうなのですが
シニアになって詰まり気味だった模様。
これからは、時々そちらもチェックですね。

年相応の老化による臓器や機能劣化は見られますが
なんとか元気と言える状態でした。

緩やかに、穏やかに老化して
来るべきお別れの日を迎えられるように
日々ミルキーさんを観察しながら
その都度ベストと思われるケアをして行けたらと思います。




姉妹の生徒さんと進級の記念撮影♪



室内なら目もぱっちり?(笑)

高校生のお姉さんの今回の成績は、
13教科オール5でした♪
ミルキーが、お勉強もお受験も引退した分
みなさんに頑張って貰いましょう(笑)







Last updated  2017.04.11 05:04:05
コメント(2) | コメントを書く
2017.03.20
カテゴリ:

2005年4月17日生まれのミルキーさん。
あと一ヶ月足らずで12歳。

自分の年齢すらわからなくなってしまう私なので
ミルキーの年齢も、まもなく13歳かと思ってたら
まだ11歳でしたぁ~(;^_^A

まもなく13歳にしては元気だなぁと思っていたら
もうすぐ12歳だったのねぇ。
ミルキーさん、ごめんねぇ。。。

うっかり、13歳で
お誕生日ケーキを注文しちゃうところでした。
最近ブログも更新していないし、
ミルキーの写真も撮ってないので
記憶が更新されず、若く見積もってても良いのに
逆だったわねぇ~(;'∀')
ミルキーが人間だった怒られてそうだわ。

そんないい加減な飼い主はと違って
ミルキーの加入していペット保健のアニコムさんから
きっちりとバースデーカードが届きました。




飼い主より、確かです(笑)


とはいえ、シニアには変わりないので
若い頃よりも食事や運動、生活も少しずつ見直し中。

散歩も自転車引きの長めの散歩はやめて
徒歩でのんびりトイレ散歩を増やしました。
その代わり、散歩から帰宅時に自宅の敷地内で
ボールレトリーブ運動を10分ずつくらい加えました。

食事も以前から散歩に行く前に
ドライフードやドイベジタブルをお湯でふやかして行き
帰宅後、サプリメント等を加えて与えていましたが
その一度の量を減らして回数を増やしました。

ささみ巻きガム等のガム類もまだ食べられるようなので
食後に与えています。
これも、いつまで食べられるのか観察中。

ぬいぐるみやおもちゃの引っ張りっこをして
顎の力を見ていますがまだ大丈夫そうですが
老人食への切り替え時を見計らってます。

トイレの感覚が短くなって来ているということは
内臓の機能も低下しているということなので
消化器官の負担も軽減してあげないととは思います。

しかし、今まで飼ってきた犬たちは、
シニア食の心配をする前に亡くなっているので
私の経験値だけではちょっと心配。

ということで、
私が仕事中や就寝中、留守中の様子も観察する為に
ベビー監視カメラというものを設置してみました。





IPカメラというもので、
カメラ設置場所がWiFi環境にあれば、
登録したスマホから見ることができます。





スマホの画面をスライドさせて
カメラの角度も変えられますし、
音声も拾ってくれたり、
カメラのスピーカーこちらの声を流すことも出来ます。

まだミルキーが元気なうちに試してみようと
まずは、5000円代前後の低価格なもので、
どれくらいの性能なのか設置してみました。

ミルキーの部屋は、
もともとは、私の書斎兼事務作業場で
ファックスやコピー機があったり
受験期の教材や資料が散乱しているので
一部モザイクをかけてますが、
本当は全面クリアな映像です。

無事入試も終わったので整理整頓しますので
しばしお見苦しいのはご容赦下さい(^^;





カメラ映像の鮮明さはそこそこです。
ミルキーのサークルを中心に設置したのですが
広角で撮影すれば部屋全体が写るので
防犯カメラにもなりそうです。





説明書を読むと、メールを登録しておけば
同感検知警報を送ってくれるらしいです。
私の目的はミルキー観察のためなので
必要ないですけどね(笑)





暗くなっても、こんな感じでわりと見えます。
スマホで撮影、録画もできますが
本体のSDカードに長時間録画もできます。





でも、いくらズームにしても
ミルキーが呼吸している?かしていないか?
お腹の微妙な動きまでは確認できないので
もう少し高性能なものが欲しいかも。

とはいえ、
留守中に地震や雷でパニクったミルキーに
声をかけて落ち着かせることも可能なので
少し活躍してくれることを期待。

何よりも、気になった時にすぐに
確認できるという安心感があるから
無駄にはならなそうです。


また、ミルキーの体調が気になる時には、
一日の様子を録画して

細かくチェックして観察してみたり
シニアの階段を登るミルキーを
支えていく方法を考えることに
役立てたいと思っています。







Last updated  2017.03.25 03:36:50
コメント(2) | コメントを書く
2016.07.13
カテゴリ:

ここ数年、中学生と高校生の生徒が増え、
それに伴い、それぞれが通う学校もバラバラ。

そうなると、
中学生の定期テストが終わると高校生のテストが始まり
それが終わると再び中学生、また高校生・・・と。
本当に息つく間がありません。

しかも、学校が違うと
微妙にテスト期間も科目も範囲も変わるので
教える私も、なかなかの忙しさとなります。

その合間に夏期講習の準備や
保護者との面談、事務作業をこなさないとならず
日々何かに追われている気がしています。

一年なんて本当に、あっという間!!
今年ももう半分終わっちゃったんですもんねぇ(~_~;)

そんなん私達を癒してくれるのは
我家のイヤシイ犬!ならぬ癒し犬ミルキーさん♪



だいぶ顔も白くなり、足も怪しくなって参りましたが
相変わらず、お年寄りも子供も大好き♪



以前のように自転車引きで長距離の散歩をしなくなり
平地でよろける時がありますが、
歩様まだまだシングルで綺麗にトロットしてます。



今日、7月14日で11歳と3か月。
もう少し、元気に生徒達と私の癒し犬として
頑張って下さいな♪

ミルキーが歩けるうちに、もう少し遠出しておきたいけれど
夏場は暑いし・・・夏期講習が始まると
そんな余裕もなさそうだしなぁ。

おうちで仲良くゴロゴロするのが一番かしらね(^_^;)











Last updated  2016.07.14 05:09:53
コメント(2) | コメントを書く
2016.04.20
カテゴリ:


ミルキーの11回目のお誕生日ケーキを
一週間遅れて解凍~♪



今年は、今までの3Dミルキーではなく
シルエットのケーキにしました。

というのも・・・
去年までのケーキだとミルキーさんに
自分型コリー部分を食べさせていたのですが
丸呑み共食い一揆飲み~で
喉に詰まらせて危険(^_^;)



てのは・・・たてまえの理由でぇ~
今年は、注文するのが遅くて、
予約がいっぱいだったんですよね。

人気のケーキなので、一ヶ月前に予約じゃ
遅いんです(^^ゞ

という事情で、今年はこのケーキでしたが、
お誕生日の日は、膵炎疑惑でお食事制限&投薬中。
で、やっと本日解凍して、
めでたく実食&記念撮影となりました。



でも、毎年のことながら、
すぐには食べさせて貰えない
気の毒なブログ犬ミルキーさん。
まずは、カットする前のケーキと記念撮影。

生徒達が帰った後に撮影したので
今年は、ミルキーとケーキのツーショット。



食事制限直後なので、今年は姿勢が悪し?
我慢できない気持ちが態度に出ていますが
しっかり頑張っております。
かなり表情も引きつっておりますが(笑)



ホールケーキとの撮影が終わってから
スタイを着用し、
食べるサイズにカットしてケーキと
改めてまたもや撮影。



またまたお預けとなりましたが
長年ブログ犬をさせられているだけあって
文句も言わず、じっとガマンガマン。
早く終わってくれ~!と
眼からビームを出しつつ、カメラ目線でお仕事に徹します。

キッチンから見ていた母が、
あまりのお預けの長さに
「ミルキー可愛そうに」と同情しておりました。
そして、「気の毒で、見てられないわ~」と
自室に帰っちゃいました(^_^;)
まぁ、時間が時間で、母の就寝時間だからですけれど。

そんな、忍耐強いミルキーも
やっと実食!!



もちろん、すぐに食べ始めますが、
今回は、ワン友と一緒では無く、
他に食のライバルもいないので
いつもより、のんびり食べている気がしました。



11歳のおばぁちゃんだし、病み上がりですからね。
ゆっくり味わって食して頂きました♪
ミルキー的には、もっと食べたい!
あっというまに無くなった気分でしょうけれど。



11歳のミルキーも宜しくお願いします。








Last updated  2016.04.21 03:53:25
コメント(6) | コメントを書く
2016.04.14
カテゴリ:

ミルキーさん、4月14日で
満11歳となりました。

お誕生日ケーキは届いているのですが
お腹の調子が完璧に戻りつつあるので
もう少しお預けかなぁ。。。

先週から、お食事減量中。
ミルキーはらへり中

ミルキーはらへり中

「ハラヘリ星人、地球で果てそうですぅ」(笑)

お散歩の支度をしている私を待っている間は
レトリーバーのぬいぐるみを抱えて
こんな感じですが・・・

散歩に出ると
こんな顔になって元気に歩いてます。

040503.jpg

うんPも、そこそこ良い感じになって来たので
もうちょっとかな?









Last updated  2016.04.14 06:15:58
コメント(2) | コメントを書く
2016.04.07
カテゴリ:

4月4日までの春期講習が終了し、
受験以来、怒涛の日々を過ごしていた私も
やっと一息。。。。

ここのところ、負傷したり
吐いたりしていることが多かったミルキーさんを
早速、病院へ連れて行きました。

今月の14日で11歳になるミルキーさん。
狂犬予防のワクチン接種と、フィラリアの血液検査と
健康診断を兼ねて健康診断をお願いしました。

時々、吐くことはあっても
下痢まではしていなかったのですが
血液検査の結果はこちら。



アミラーゼの数値がかなり高い!!

これで食欲が無ければ、詳しく検査・・・
ということでしたが
食欲は落ちないのでお薬を一週間分処方されて
様子を見ることになりました。
もちろんワンチン接種は延期です。

翌日、ちょっと血便をしていましたが
下痢と言うほどまでいかない軟便でした。
その翌日には、血の混じった色でしたが
固さは普通に戻っていました。
このままお薬飲んでいたら大丈夫かな?

14日には、元気にお誕生日ケーキ食べようね♪



お散歩デビュー当時からの幼馴染のアダム君と♪
アダム君は、ミルキーより1歳お兄さん。
仲良く歳とってシニアになりました。

お散歩から帰ってお庭でお写真を撮っていたら
生徒達が来たので一緒に記念撮影♪



シェルティもコリーも穏やかでフレンドリーで
子供たちにも優しい犬種です♪

仲良く、ゆっくり歳を重ねようね~~




にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加中です♪
宜しければ、ポチっと1クリックお願いします。m(__)m







Last updated  2016.04.07 08:48:52
コメント(4) | コメントを書く
2016.03.31
カテゴリ:

3月27日日曜日に今年2回目の
JCC千葉支部の訓練練習会がありました。

今年度は、毎月第四週の日曜日に開催予定です。
夏場はちょっと暑くてどうかなぁ?とは思いますが
とりあえず4月までの開催が予定されています。

訓練引退モードのミルキーさんもとりあえず参加~♪



来月で11歳になるミルキーさん。
完全なるシニアですが・・・
シニアの星となるべく、跳べる限りは
訓練を続けようと思っていましたが
先月末から脚に不安が出て来ました。

久しぶりに親友のチャルちゃんと公園で爆走して
調子に乗りすぎて前足を捻挫。。。。

さらに後ろ足の爪が折れてしまいました(^_^;)
エルパパさんにトリミングして頂いて気づいた次第。
ミルキー、ごめんよ~(>_<)

受験シーズンに入り、ミルキーのトリミングが
シャンプーとブラシングのみになっており
爪が伸び気味になっていました。
さらに、捻挫の用心の為に
自転車運動を中止して、歩き散歩のみにしいたら
予想以上に伸びてしまっていたようです。
自宅に戻って、爪切りをしてたところ
根元から折れてしまっていたので
それ以来、お散歩の時は犬用くつ下着用です。



今回の訓練練習会のご参加犬は、
お受験予定のチョコ君、アロ君、ジミー君、
競技会参加予定の柚子ちゃん、アーサー君、スロット君、
新しくJCCに入会して下さったMさんの
シェルティちゃん2頭が参加して下さいました。

応援部隊は、
アロ君とスロット君のパパのコティ君とその父のエル君。



エルパパにコリーの親子の開きにされていたので
ミルキーもこっそり参加。



エル君とミルキーは1歳違いの従兄妹同志。



若いコティ君が、もういや~と逃げ出しても



シニアな二人は動じずでした(笑)


さて、練習会の模様ですが・・・
私がM家のシェルティちゃんの脚側の練習にお付き合いしている間
みなさまも各自で練習をされておりました。
もちろん、マザコンミルキーは、私の邪魔をしつつ
横で自分も脚側していました。
(この時点で、爪は折れてたんですけれどね(^_^;)

その後に、ジミー君のUDの練習を見学。
(ジミー君のお婆ちゃんとエル君は同胎犬)

サニーさんと
三姿勢&遠隔ジャンプの練習をされていました。



ジミー君が練習しているところに
ジミー君の同胎姉の柚子姉さんが見に来て・・・



自ら進んでお手本披露。
柚子ちゃんは、ジミー君と同胎ですが
先に訓練を始めて既にUD資格既得のトライアルチャンピオン。



サニーさんに呼ばれて
とまどっていたジミー君を尻目に
満面の笑みで幅跳びに向かって走って行きジャンプ!



犬にも得意顔ってのがあるんですよねぇ。
柚子ちゃんのドヤ顔に笑ってしまいました。



ジミー君は、ショーの方がお好きなようですが
お姉ちゃんの柚子ちゃんのお手本に見習って頑張ってまーす♪

ミルキー叔母ちゃんも応援しているので頑張ってね~♪

4月14日で11歳のミルキーさん。
さて、訓練をまだ続けるられか?は・・・
私の管理次第ですよねぇ~。



ミルキーさんは、毎日癒し犬として精進してますが、
私も、より一層、ミルキーの飼い主として精進致します。。。。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加中です♪
宜しければ、ポチっと1クリックお願いします。m(__)m








Last updated  2016.04.07 09:02:57
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.01
カテゴリ:

2月21日は日本コリークラブ千葉支部展覧会でした。



今回はお昼休みを利用し
訓練のエキシビションを開催致しました。



と言っても、支部の訓練のベテラン指導者の皆様は
展覧会開催で忙しかったり、ご自身愛犬を出陳中であったりで
今回は、比較的手が空いている支部員とと
訓練経験犬で演技披露をしました。

ショーにご参加の皆様の中には、
訓練にも精通されておれる方も多いとは思いますが、
ショーだけで訓練はあまり見たことが無いという方や、
コリークラブの会員では無い方に、
コリークラブの訓練とはどういうものかを
知って頂く機会になればというのが開催目的です。

なので、競技会や審査会のように
細かい規定をあまり意識せず、とにかく楽しく♪をモットーに
各クラスの見どころと、肝となる科目の一部を
現役訓練犬のみなさんに披露して貰いました。

ますば、
【1】支部長のあいさつ

つづいて、先ほどの
【2】JCC家庭犬訓練について

簡単にコリークラブの訓練資格を説明しますと、
訓練クラスは、

1.C.D.P.( Companion Dog Primary) 初級家庭犬資格
2.C.D. (Companion Dog) 家庭犬資格
3.C.D.X. (Companion Dog eXcellent) 上級家庭犬資格
4.U.D. (Utility Dog) 実用使役家庭犬資格


というように、
C.D.P. C.D. C.D.X. U.D.の四段階となっています。
また、競技会へは、各資格を有する犬と
2次審査兼競技会参加犬のみが参加ができます。

コリー&シェルティは、訓練をしなくても
頭も性格も見た目も美しいので、
訓練の必要を感じられない方も多いと思います。
うちの子は良い子~♪という方も多いですよね?

でもこれから行う犬たちの演技は、
普通にペットとして飼っている犬にはできないものも多いですが、
コリーシェルティならどの犬でも出来ることです。

日常生活では、牧羊犬として受け継がれてきた本来のポテンシャルを
最大限に引き出す機会がなかなかありませんが、
訓練を通してその能力を引出し共に楽しめるのが、
コリークラブの訓練です。

そして、
【3】CDP~CDX科目披露

トップバッターは、

(1)シェルティのチョコ君による脚側行進
チョコ君2歳? 訓練歴1年 CDX練習中



パパの指示を見ながら、頑張ってくれましたが
途中、地面の匂いの誘惑に惑わされているところも有りました。
なにしろ、ショーが終わったばかりのリンクですから
釣り餌のカスが落ちていたりするんですよね。

ショーは、釣り餌の使用は許可されていますが
訓練では一切許されていません。
なので、今回のリンクは犬達にとって
かなりハードルの高いものとなりましたが
みんな本当によく頑張ってくれました♪



Companion Dogの訓練は初級から上級までありますが、
一貫して科目として採用されているのがこの脚側行進です。
ハンドラーの横に顔が来る位置をキープしながら、
ハンドラーの歩調に合わせ歩くという基本中の基本で有り、
これはさらに上の使役犬UDクラスでも大切になって来ます。

続いて

(2)コリーのアロ君による高跳持来
アロ君2歳  訓練歴1年 CDX練習中



上級家庭犬資格CDXでは、ダンベルや高跳台や幅跳台を使用します。



アロ君は、高跳び持来の科目を披露してくれました。
ハンドラーのパパが高跳び台の向こうへダンベルを投げ
指示と共に高跳びを跳んでそれを拾いに行き、
再度高跳びを跳んで持って来る科目です。



家庭犬資格と言っても普通の家庭では使わない能力となりますが、
本来コリーシェルティなら、練習すれば出来る能力を持っています。
うちの子にもこんな事が出来るんだと実感して頂ける科目が多い資格です。



ちなみに、向こうで見ているのはミルキーです(笑)
出番が無くてご不満なミルキーです(笑)




【4】 UD科目披露
U.D.(Utility Dog)実用使役家庭犬資格は
、家庭犬資格と違い、牧羊犬としての本能を引き出す科目が多くなります。
遠隔操作や臭覚選別など、警察犬に近い科目があります。



(3)シェルティのアーサー君による臭覚選別
(1本一種類のみ)
アーサー君3歳 訓練歴2年 GD-CH 2015年本部競技会上位入賞
今回は唯一、ショーにも出陳後のエキシビション参加犬です。

本来は、革製5本、金属製5本、木製5本、
合計15本の番号が付けられている無臭ダンベルの中から
当日指定された番号のダンベルを使用します。
そして、それぞれ当日くじ引きで決められた番号のダンベルに
ハンドラーの手の匂いを付けて残りのダンベルの中に戻し
それを犬が探し出して咥えてとって戻って来るというものです。



本来は、アタリの番号をアナウンスすることはありませんが
今回はエキシビションなので、
アタリ番号のダンベルに後ろ向きのまま
ハンドラーの手の匂いをつけて貰い
ギャラリーの皆様に
本物品をお見せしてから他のダンベルの間に置きました。



ハンドラーの指示でまっしぐらに向かい
ハンドラーの匂いのものを嗅ぎ分けます。

今回は、時間短縮の為に金属一種類のみを持来して貰いました。



アーサー君は、午前中のグランド戦にも出陳されており
ショーシーズン中で訓練はシーズンオフでしたが
迷わずアタリを的中。

嬉しそうにハンドラーであるママの方へ向かった?と思ったら
司会をしている私の元に持って来てくれちゃいました。



「ほら、僕正解でしょ?」と私を見上げる顔が
あまりにも可愛らしくて、つい受け取りたくなっちゃいましたが
ハンドラーであるママの元に行って貰いました(^^ゞ
場を読むのがうますぎですよ~、アーサー君(笑)

(4) コリーのスロット君による命令によるジャンプ
(高跳び化幅跳びのみ)
スロット君2歳 訓練歴1年 T-CH  2015年本部競技会上位入賞



これは、ハントラーの指示で犬を前進させてから停止、
さらに左右へ移動させて、高跳びと幅跳びを跳んで戻って来る科目となります。
犬は、ハンドラーから離れて動くことになるので
不安が伴い、かなり難しい科目となります。



今回はスタッフ総出で出演中で、
お写真も頂いたものばかりなもので・・・
スロット君のカッコイイ引きの写真家無いのが残念です。



まっすぐ前進して、遠隔指示で高跳び台の前まで移動し
綺麗なジャンプをして戻って来ました。


【5】シニアの訓練について
(5)ミルキーによるシニア犬演技
(当日のミルキーの体調と全体の時間で決めた科目)
ミルキーの紹介 11歳 訓練歴8年 T-CH  2011年本部競技会 1席入賞



当日のミルキーのコンディションと
時間の関係で披露できれば
シニアでも忘れず、ここまで出来ますというところを
見せたいかと思ったのですが・・・
会場がコンクリートであるのと、
朝、試しに跳ばせてみたところ
低めの高さでも後ろ足を擦りながらギリギリを跳んでいたのと
時間的にギリギリでしたので、
今回はミルキーに個人演技は参加させませんでした。
写真は、昨年10月の競技会の時のミルキーです。

犬は、賢いもので一度しっかりマスターした演技は
かなりの期間練習していなくても覚えています。
また、本番のリンクを経験すると、
どんな状況であろうとハンドラーの指示に従おうとしてくれます。
遊びと、真剣モードの区別もつくようになります。
その応用で、日常生活でも、いざという時に出す
真剣な指示には的確に応じてくれます。
まぁ・・・
お遊びモードの時は舐められることもありますけどね(^^ゞ
コリーは、シェパード等と違って飼い主の顔色やら
周囲の状況で判断するずる賢さも兼ね備えているようです(笑)


【6】 団体科目披露
 (参加協力犬全員で団体科目披露)



手前から、伏せ、座れ、立ての状態で犬を待たせ
ハンドラーが犬から離れて正面で立って待ちます。
本来は、それぞれのクラス毎に時間も1分~5分とそれぞれなのですが
今回は全クラス共に1分で行いました。



出番を待っていたミルキーも、出番がありご満悦。
団体は、沢山の犬が並んでいる方が見ごたえがあると思い
訓練経験犬の飛び入り参加を募ったところ
かつてのミルキーの訓練お仲間が参加して下さいました。

また、本部競技会で日本一4連覇の記録を持つ
13歳になられたというモネ&ジュレ君も参加してくれました。

訓練のシーズンオフだった上に
エキシビション開催も急きょ決まったもので
ご参加頂いた訓練犬&ハンドラーの皆様も練習の時間も無く
ぶっつけ本場でしたが、頑張って下さいました。

楽しそうに演技している犬とハンドラーを見て
訓練の魅力を感じて下さった方がおられたら嬉しく思います。

ちなみに、この日のBOSは、
アロ君とスロット君の同胎兄妹犬でした。



才色兼備兄妹犬ですね~♪
まだまだ若いし、今後の活躍に期待です!

今年も千葉支部は、訓練にも力を入れており、
2月~4月の訓練練習会開催が予定されております。


2月21日(日)
3月27日(日)
4月24日(日)

いずれも場所は千葉市「どっくぷれすわん」

午前10時~

詳しくはコリークラブ千葉支部のホームページをご覧ください。





にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加中です♪
宜しければ、ポチっと1クリックお願いします。m(__)m







Last updated  2016.03.02 12:55:22
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全733件 (733件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 74 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.