000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

まりんの我楽多箱

PR

Profile


まりん@まりん

Free Space


ブロクランキングに
登録中です!!

良かったらポチっとお願いしますm(__)m

みなさまのクリックで
順位が決まります。

にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

多くの方に、コリーの魅力を
知って頂ければ嬉しいです。

Recent Posts

Calendar

Category

Comments

まりん@まりん@ アンバー母さんへ 我家のモッコウバラも例年より開花から散…
アンバー母@ Re:ゴールデンウィーク(04/30) いや、本当に今年の夏が不安になるような…
まりん@まりん@ アンバー母さんへ アンバー君、もうちっとでミルキー抜かれ…

Favorite Blog

犬がいてくれると・… New! Milky-Mamaさん

ワクチン接種が原因… Paroownerさん

熱帯魚 ど素人奮戦記 ヤスポーさん
みかんの部屋 みかんのママさん
気まま絵画館 snowshellyさん

Freepage List

全6件 (6件中 1-6件目)

1

2013.05.05
XML
カテゴリ:

GW連休後半も春めいたポカポカの良い天気♪
今日は、久しぶりに何も予定がなかったので
ペットとお花のお世話をしてから
ミルキーさんとのんびりお散歩~♪とフラフラしていたら
生徒から携帯にお電話が・・・。

また何か事件か?
と思ったら・・・

「野鳥のヒナが落ちているので、どうしたもんか?」との内容。

現場のすぐ近くにいたので早速ミルキーと急行~!

見ると、本当に羽化したばかりのような
丸裸のヒナでした。



まだ目も開いてないような様子なので
孵化して数日なのは間違い無いでしょう。

私が拾い上げた時点では、体が冷たくなっていて
完全に低体温状態。
鳥は、体温が下がることは致命的なので保温が先決!
一刻も早く保温しなければなりません。

ちょうど、我家の文鳥ズの最後の生き残りのユキちゃんが
他界しちゃったところなので、ヒヨコ電球も皿巣も残っています。

ミルキーさんには申し訳ないですがお散歩を途中で中断し
一旦家に戻って、ヒナさんの処置をすることにしました。



とりえず、すぐにでも温度を上げたかったので
熱帯魚用のガラスの正方形のミニ水槽にヒヨコ電球をいれ
コーヒーカップに熱湯を入れた上に皿巣を置き
その上にティツシュを敷いてヒナを入れました。



ある程度皿巣が温まったところで
カップの中のお湯を捨てて水槽の上のガラス蓋を締め
水槽全体が温まるようにしました。
その間に、砂糖水とハチミチをお湯で溶かして
応急処置的な栄養補給液を作りました。

くちばしのところに触れると口を開くので
シリンジでヒナの口に栄養補給液を数滴垂らして
脱水状態を予防。

今の私にできることは、ここまでしか無く
これで様子を見るしかありません。

せめて「ピー」とかでも、声が出るようになれば
希望が持てるのですが…ちょっと希望薄です。



とりあえずは、この状態で様子を見ることにして
玄関で待ちぼうけのミルキーと再度散歩へ行くことに。



私がヒナちゃんのお世話をしている間
大人しく待っているミルキーさん。

ヒナを拾った時にミルキーに見せましたが
ヒナの匂いを嗅いだだけで納得してました。

先代のラッキーとの散歩の時も、
猫に襲われて足を折ったオナガ鳥を保護しましたが
コリーは、鳥にも優しいんですよね。

猟犬だと襲っちゃうかもですが、
ミルキー達コリーは牧羊犬なので、他の生き物に対して
攻撃することは、ほとんど無いのではないかと思ってます。

それにしても、このヒナは何の鳥のヒナなのでしょうね?
家に連れて来るまでは、文鳥のヒナくらいかと思い
同じフィンチ類であるスズメのヒナかと思ってました。
が、皿巣に入れてみると・・・
文鳥のヒナより、ちょっと大きい?(・・;)

生後間もなくの丸裸状態でのこの大きさってことで、
卵の大きさから推測すると、
もし、このヒナちゃんが孵化して間もないとすれば
文鳥の1.5~2倍くらいの大きさって感じがします。

発見現場が住宅街の庭先
ということは、この当たりで見かける鳥で
民家の近くに巣を作る鳥は、スズメかツバメかムクドリあたりかと。
でも、ツバメは見えるところに巣を作るのでツバメてばなさそう?

子供の頃にムクドリを保護して
飛び立つまで世話をした事がありますが
もう羽毛も生えていたので、ここまでハゲピ~のムクドリのヒナは
見たこと無いんですよねぇ。

発見した生徒によると
ヒナを発見する直前にカラスを見かけたとのことですが
カラスは子育て中は凶暴になるし、民家の近くに巣を作ったとしても
目立つからすぐわかるしねぇ。
カラスが連れ去ってきて、自分の巣に持ち帰る途中で落としたか、
落ちているヒナを見つけて拾いに来たか・・・

そこで、他の鳥のヒナと比較してみましたが・・・



スズメっぽい気もしますが、大きさからすると
やはりムクドリですかね。


と、ヒナの正体が判明しましたが・・・


残念ながら、保護して数時間で、
お星様としてお空に上って行ってしまい
儚い命を救うことはできませんでした(T^T)

やはり、巣から落ちて保護するまでのタイムラグが有り過ぎて
低体温状態の時間が長すぎだようです。
もう少し早く発見して、保温してあげられたら
助けられたかもしれないので残念です。


今度生まれてきたら、空に羽ばたけるように
元気に育って欲しいとなと思います。






にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加中です♪
宜しければ、ポチっと1クリックお願いします。m(__)m





















Last updated  2013.05.06 05:38:44
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.28
カテゴリ:
我家の文鳥トリオの最後の生き残りの
白文鳥のゆきちゃんが今日のお昼過ぎに星になりました。

8歳と5ヶ月。
文鳥としては天命ほ全うしての老衰だと思います。
昨日までは、元気にご飯も食べてさえずっていたので
苦しむことも無く、電池が切れたように
旅立っていきました。



昨夜は、さほど寒くはないはずなのに
寒そうにしていたので、ヒヨコ電球を点けて
ケージの温度も25度くらいにしてあげて
覚悟はしていましたので悔いはありません。

生徒達にもLineで知らせて
お悔やみの言葉を沢山貰ってゆきも満足だと思います。
みんな可愛がって貰って、声をかけて貰い
最後の一羽になっても寂しくなかったかと・・・。

お空で、またトリオ、
いえいえ、一足先に早めに旅立ったシンモンも加えて
4羽で元気にさえずってることでしょう。



また、落ち着いたら、ヒナを買って来ようかな?
みんな早く生まれ変わって来てね♪




明日は、久しぶりにミルキーと
展覧会へ行ってきます!!






にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

ブログランキングに参加中です♪
読み逃げOK!ですが・・
ポチっと1クリックお願いします。m(__)m














Last updated  2013.05.01 07:09:38
コメント(0) | コメントを書く
2012.10.20
カテゴリ:

桜文鳥のさくらちゃんが、亡くなりました。
今年の年末で8歳になるところでした。
文鳥は、7年で75歳、8年で84歳と換算するらしいので、
人間で言えば、80歳というところでしょうか。



死因は、おそらく転落死。。。

ユキちゃんがやけに鳴くので水浴びの水が汚れているから
取り替えてと訴えているのかと思い
ケージを除いてみるとユキちゃんしか居ない。

ブランコで飛び跳ねながら
一生懸命鳴いているユキちゃんの後ろを見ると
いつもそこにある止まり木が外れていていました。

もしや・・・と
慌てて覗き込むと、下に落ちた止まり木と
その横に冷たくなったサクラが落ちていました。



真ん中の止まり木が下に落ちてました。
急いでサクラを拾い上げてみると、まだ少し暖かい気がしました。
でも、もう何羽も見送っている私には、
何をしても無駄だなぁという諦めの気持ちでいっぱいでしたが、
ユキちゃんだけは諦め切れない様子でした。



なぜ、止まり木が落ちていたのかが疑問でしたし、
鳥が転落死というのも不思議でなりませんでしたが、
年齢も年齢なので、寿命だったのかもしれません。

もしかしたら、止まり木は、
サクラの異変に気付いて暴れたユキが落としたのかも?

真相はわかりませんが、サクラの死後は、
毎日、午前中いっぱい鳴き続けているユキの様子から察するに
ユキが悲しんでいるのは間違いありません。

今年の初めに、一緒に生まれたチェリーが癲癇で亡くなり、
ついに1羽になってしまった文鳥トリオのユキちゃん。

ユキちゃんは、チェリーやサクラよりも1ヶ月ほど早く生まれているので
そろそろ、 ユキちゃんも、そろそろ8歳。
ユキちゃんも高齢鳥なんです。

今まで、サクラと寄り添って寝ていたのに
ひとりぼっで寝るので寒さも身に沁みると思うので
早めに防寒対策を考えてあげようと思います。



トリオでいる時は、大きなヒヨコ電球を入れてあげてたのですが
一羽では、ちょっと広すぎるケージで転落するのも怖いし・・・
もう少し小さいケージに変えようかと。
でも、急に環境を変えるのもどうかと思うし悩むところです。

ユキちゃんがもう少し若ければ、
新しい文鳥の雛を数羽加えて、新しい群れを作るのですが
この歳で新しい群れのリーダーにはなれないので
最後まで、ひとりで頑張って貰おうと思います。

一応、手乗りにしてあるので、
一羽になれば私がユキちゃんのパートナーに戻るはず。
ユキちゃんに残された時間は、それほど長くは無いと思われますが
できるだけ、寒い思いや、寂しい思いをしての
お別れにならないようにしてあげたいと思います。

でも、鳥って哺乳類と違って難しいんですよね。
とりあえず、もう少し寒くなったら
夜は、一緒に寝るようにしようかな?



ちなみに、サクラの亡骸を手のひらに乗せて
ミルキーに「サクラちゃん冷たくなっちゃったよ。
ミルキーもお別れしてあげてね」と見せたら・・・
すぐに、サクラの全身の匂いを優しく嗅いでから
暫く、その姿を見つめてから、
私の顔を神妙な顔で見上げていました。



ミルキーにとっても、文鳥達は大切な家族でしたから。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

ブログランキングに参加中です♪
宜しければ、ポチっと1クリックお願いします。m(__)m








Last updated  2012.10.20 23:00:11
コメント(0) | コメントを書く
2010.11.18
カテゴリ:



昨日より少し元気になったようなので、少し大きめのケージに移しました。
でも、まだちょっとふらつくのか
時々止まり木から落ちて下に降りてしまうようなので、
かなり低い位置と高い位置に1本ずつ止まり木を設置。



チェリー的にはなるべく高い位置にいたいらしく
ほぼ上の止まり木に止まっていました。
なので、万が一下に降りても、上に居ても
水と餌が飲食できるように上と下の両方に設置しました。

温度も毛布で覆うと30度ちょいになるように調節。
私が一緒に居る時は暖房を付けて室温が上がるので、毛布をずらし
私が居ない時は、毛布で覆って保温しています。

ひよこ電球の下に濡れたタオルを置いて湿度も高めにしています。
これは、チェリー達が雛の頃にしていた状態に近いので
チェリーも懐かしいかな?

本日のチェリーの動画↓

おしりがムズムズ?

尻尾の付け根の腫瘍が気になるのか、しきりに尻尾をフリフリ。
落ち着かないのが可愛そうな感じでした。

餌入れを高い位置にも設置してあげたら、一生懸命食べていました。
とにかく、一粒でも沢山のご飯を食べて元気になって欲しいものです。

ご飯食べて元気になぁ~れ♪

頑張れチェリー!!









Last updated  2010.11.20 01:08:13
コメント(4) | コメントを書く
2010.11.17
カテゴリ:

先月は、ミルキーの鼻の怪我というアクシデントがありましたが、
今度は、文鳥トリオのチェリーちゃんが落鳥しかけてしまいました。



10月に入ってから寒くなって来たせいか羽を膨らませがちだったので
夜にはひよこ電球を付けて保温してあげていたのですが
今月に入ってからは24時間付けて気をつけて見ていると、
なんとなく元気が無く、他の二羽のように水浴びをしている気配が無い?
それでも食欲はあるようですし、糞も正常なので様子を見ることにました。

もともとは、我家の文鳥ズは4羽でした。



最初の3羽は今のユキと初代さくらとシナモン3羽でしたが、
3羽とも繁殖元でトリコモナスに感染したらしく、
一番弱かったさくらが発症し、生後4週間くらいで星になりました。

それを見た我家のパパさんが寂しいからとさらに二羽追加。
それが今の2代目さくらとチェリーです。



生後数週間で我家に来て、みんな私が餌を食べさせて育てました。



やはり一緒に育ったユキ&シナモン、さくらとチェリーというように
どうしても仲良しペアが決まっていました。
この段階では、まだみんな雛なので、雌雄もわかっていませんでしたが、
見た目は、奇麗にカップルになってました。



なんとか全員元気に成長したと思った数ヵ月後に
今度はシナモンに腫瘍ができてしまい、
治療の甲斐も無く星になってしまいました。



一緒に育ったさくらとシナモンの両方に先立たれたユキは本当に悲しそうで
今でも、3羽の中で一番の甘えん坊がユキです。

ユキだけが取り残された後も、しばらくはユキだけ溝がある感もありましたが
一年後くらには違和感の無いトリオになっていました。



そして、このトリオが生後半年ぐらいの時にミルキーを我家に迎えました。
なので、ミルキーにとっては文鳥ズも先住の先輩になります。
当時は、文鳥ズのケージは二階の部屋に置いてあったので
こんな感じになっていました。



この反対側にソファーが有り、ミルキーの定位置はここ↓



文鳥ズの放鳥タイムの時には、ミルキーが牧鳥犬になってました。



文鳥ズもミルキーのことを見慣れているせいかあまり気にしていません。



ミルキーも基本的にもともと優しい性格なのでこうして見守るのみです。



そして、月日は流れ、文鳥ズも仲良くもうすぐ6歳という昨日、
突然チェリーがケージの下のところに降りてうずくまっていました。

最初は、ユキと二羽で下に居たので、ふたりで遊んでいるかと思い
あまり気にしていなかったのですが、気付いたらチェリーの様子がおかしい?
慌てて、チェリーをケージから出して、手で持つとなんか、いつもより軽い?
心臓の鼓動も早い気がして、力が入っていないようでした。
とりあえず、雛の頃のケージを取り出して入れてみると
ヘタ~という具合。
これはヤバイかも?と思い、いつも飲み水に混ぜているビタミン剤の原液を
シリンダーで口に無理やり流し込みました。
すると、首をぷるるっ!と振って、意識が戻ったかのように少し元気になり
いきなり跳んで、カーテンレールのところに止まりました。
ちょっとホッとしながら、一番小さいケージに敷き紙を敷いて
餌と水を入れてチェリーを入れました。
餌をポツリポツリと食べ始めたので、以前使用していたひよこ電球を探して
保温できるようにしました。

チェリーを捕まえて体の隅々をチェックしてみたら、
尻尾の付け根のところに腫瘍のようなものがありました。



ふとシナモンの時のことが頭をよぎりました。
そういえば、チェリーとよく一緒に居たのはさくらだったのに
ここ最近は、ユキちゃんがチェリーの傍に居たんですよね。
特に夜寝る時は、同じ止まり木に止まってくっついて寝ていたような?
もしかしたら、ユキはチェリーの体温低下を感じて温めてあげていたのかも?
シナモンの時のことをユキは覚えているのでしょうか?

チェリーを隔離して直後は、ユキがやけに鳴いていました。
ユキの為にもなんとかチェリーに頑張って欲しいものです。



その時点で病院へ連れて行きたかったのですが、既に診療外時間でしたし
授業があったので、翌日に持ち越し・・・ということで本日行って参りました。

本当は、鳥専門のバードハウスへ連れて行って
クリちゃんのサーコウィルスやユキ達のトリコモナスを診て下さった
真田先生に診て頂きたかったのですが・・・
バードハウスは完全予約診療制になってしまっていて
予約は2ヶ月先になってしまうので無理。
ちょうど、ミルキーのフィラリアの薬を頂く予定日近くだったので
ミルキーの掛かり付けの先生に診て頂きました。

先生は、犬猫ほどは鳥に詳しく無いとのことでしたが丁寧に診て下さいました。
ミルキーも一緒に連れて行って健康診断をして頂いたのですが、
その間に、チェリーに酸素療法して頂き、少し容態も落ち着いていたようでした。
糞尿検査では、全く以上が無いとのことで消化器系の病気の可能性は低いとのこと。
腫瘍の細胞検査の結果も確実に悪性と言えるものを見つからなかったので
シナモンの腫瘍とは別もののようでした。
きっと、真田先生なら適確な病名を診断して下さるのでしょうけれど
これもチェリーの運命と思って、こちらの先生にお任せしようと思います。



暫くは、ユキやさくらと離れて私の寝室で療養です。
早く元気になってユキを安心させてあげたいね。
ミルキーも心配そうです。



チェリーも見慣れたミルキーに接近されても動じません。
ミルキーもチェリー心配してました。
心配するミルキーと、動じないチェリーは動画でどうぞ~

チェリー&ミルキー


本当は、鳥やハムスター、うさぎ、フェレットなどの小動物は
犬や猫などの狩猟動物の臭いも本能で嗅ぎ分けて怯えたりします。
なので、本当は病気の時などはなお更隔離するべきところなのですが
我家のペット達は日頃から一緒に居るのでほとんど関係ないようです。
亡くなったみかんも、ミルキーにマウントしようとしてたくらいですからね。

我家のように犬猫に慣れている場合は良いのですが、
そうで無い場合は、小動物専門の獣医さんを見つけておいて
いざという時は、そちらへ連れて行くのがベストです。

また、日頃から飼主が触ってあげて触れられても大丈夫にしておくと
病気の時に診察して頂く際のリスクを軽減できます。
チェリーの場合も、ひっくり返してお腹を見せたりしましたが
全て私がやりました。
小鳥は、そうされただけでショックで亡くなったりもするのだそうです。
もちろん、チェリーは、良い患者さんでしたよ♪
頑張って元気になろうね!チェリー♪



にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

ブログランキングに参加中です♪
宜しければ、ポチっと1クリックお願いします。m(__)m








Last updated  2010.11.18 16:21:54
コメント(8) | コメントを書く
2006.09.01
カテゴリ:

夏休みが終わって9月になったと思ったら、
なんだか変なお天気です。
天気予報では曇りの予想でしたが
梅雨の時のような雨模様となりました。

milky122.jpg

今日は、お天気が良ければ、日中にミルキーのシャンプーをしてから
ドッグランへ連れて行ってあげようと思っていたのに残念です。
シャンプーも、ドッグランも中止です。
心なしかミルキーの貧相になった被毛も
いよいよ秋の気配を感じて伸びてきた気配。
まだオーバーコートはすってんてんですが、アンダーコートが生えてきたのか
胴回りが太くなってきた気がするのです。
もちろん、食が細く、暴れん坊のミルキーが太るわけないので
毛が増えてきたということになります。
このまま順調に伸びて、冬に間に合いますように♪
パパの買ってきた、被毛サプリを食べて頑張ろう!(笑)

eSPORTSがペット用品はじめました。ユニ・チャーム ペットケア サプリメント皮膚・被毛の健康 ...
ユニ・チャーム ペットケア サプリメント皮膚・被毛の健康 ...

eSPORTSがペット用品はじめました。ユニ・チャーム ペットケア サプリメント腰・関節の健康 50...
ユニ・チャーム ペットケア サプリメント腰・関節の健康 50...

どちらも毎日のドックフードに混ぜて与えていますが
ミルキーは違和感が無いらしく残さずに食べてくれています。


うさぎのみかんちゃんも、またもや換毛期らしく
夏から秋バージョンへ移行中。
耳のところの毛が抜けて、おかしな模様になってます。

ということは・・・
文鳥達ももう少ししたらハゲハゲになるのかな?



換毛期のユキちゃんサクラちゃん

動物達は季節の移り変わりを感じるのが早いですねぇ。

そろそろ我家の熱帯魚達も冬支度しないとなりません。
ヒーターのセッティングをチェックして
底砂も洗いたいなぁ。
水草は夏場より冬場の方がきれいに育つんですよね。

それから、鳥達のヒーターもチェックして
電球を交換しないとなりません。

我家で冬に強いのは、犬のミルキーだけなんですよね。
他のペット達は夏はよっぽど暑い日以外は
室内に居るので、温度調整が必要ない感じですが
冬は、それぞれ、Myヒーターをつけてあげなければなりません。
みんなそれぞれ適温が違うので結構大変です。
9月末から11月くらいまでがみんなにとって一番良い季節かも。
だから、私も秋が一番好きなんですが・・・
今年こそ、台風なんかに邪魔されず秋空が楽しめますように。










Last updated  2007.10.10 00:33:08
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.