101327 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふぇいのガラクタ工房

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

お気に入りブログ

コメント新着

K459SS@ Re[1]:秋の実り(11/05) SonnarWizさんへ こちらこそご無沙汰して…
SonnarWiz@ Re:秋の実り(11/05) ご無沙汰しています。OnkyoのND-S1を借り…
ふぇい@ Re[1]:新電力という選択肢(03/15) mamoruさんへ 22.45円は安いですね、ウチ…
mamoru@ Re:新電力という選択肢(03/15) 今日は、ふぇいさん。 ハイパーバナナさん…
リクシェル@ Re:ナンじゃこりゃ(02/01) はじめまして。 自分も麻布オーディオさん…
2019.08.15
XML
カテゴリ:オーディオ
前回パーツからクロスオーバー周波数を割り出していましたが、実測してみることにしました。
測定方法はDAYTON AUDIOのDATS V2を使って負荷に無誘導巻き線抵抗を繋いでインピーダンスを測定してみました。




上から順に4Ω・6Ω・8Ωの抵抗を繋いでみました。
インピーダンスと位相を見る限り4Ωは4.25kHz、6Ωは4.5kHzぐらいのようですが、8Ωでは値が合わないようです。
いずれにせよ基板に書いてあった2600Hzはあてにならないと言うことが分かりました。

しかもこの4kHz辺りのクロスというのは使いにくいです。
ウーファーで4kHzオーバーはインピーダンスが上昇し、手持ちのSEAS W15CY001のデータシートを見てみましたが公称8Ωに対して11Ωぐらい上がってます。
市販の2Wayや3Wayのクロスオーバーがだいたい2kHzから3.5kHzぐらいです(3Wayはミッドとツィーターのクロスオーバー)
これが市販向けの基盤だとしたら明らかにパーツの選定ミスってますね。






最終更新日  2019.08.15 18:54:54
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.