486909 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

吹きすぎる風ばかり

PR

プロフィール


ユナー

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

人手不足 New! ちーこ♪3510さん

次も江南、イェナの… ヨンミョン1029さん

チュソク(秋夕)の… 韓国の達人!さん

韓国旅行2019夏旅3… suzu1318さん

一部Android端末でア… 楽天ブログスタッフさん

今日も元気に♪ nori-1111さん
サランヘ韓国 hemi*さん
自己中心的シネマ談 ありす325さん

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12

楽天カード

ニューストピックス

全789件 (789件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 79 >

2012.02.14
XML
カテゴリ:ひとりごと

 お知らせ

2007年からはじめました

吹きすぎる風ばかり

楽天ブログの機能縮小に伴い

約1ヶ月 FC2ブログと楽天ブログ両方で書いてきましたが

いろいろ考えた結果 このたび 

FC2ブログに統一することにいたしました。

 

といってもこの 楽天版 吹きすぎる風ばかりを

消すことは忍びなく また旅行記以外でも

何かこのブログで発信できればと思っています。

またFC2版

吹きすぎる風ばかり2

も今まで同様よろしくお願いいたします。

さて引越し先は

下矢印下矢印下矢印下矢印

FC2 吹きすぎる風ばかり2

http://fukisugirukazebakari.blog.fc2.com/

こんなようになってます。

下矢印下矢印下矢印画像クリックでもサイトへ飛べます。

WS000000

 

皆様のお越しを心からお待ちしております。

 

 

 







最終更新日  2012.02.14 20:25:47

今回も恒例になりました

旅行中の食べ物を

おさらいということで紹介していきます。

 

さて最初はイルサン(一山)で

青春倶楽部というホルモンを食べました

CIMG2809_R

CIMG2800_R CIMG2802_R

そして二日目の朝は

ロッテホテルの近くにある

有名プゴクのお店

CIMG2816_R CIMG2819_R

 次に行く途中 銅雀駅構内で

たい焼き風トースト

CIMG2833_R

CIMG2835_R CIMG2834_R

 

次は新堂洞にあるチキンのお店

王天パダック

CIMG2839_R

CIMG2843_R CIMG2842_R

たまらなくさくさくでジューシービールも

昼っからジョッキ3杯!!

 

そして2日目最後の食事は

いつもの定番 ノリャンジンのポルチプサムギョプサルで

サムギョプサルを思いっきり!!食しました

CIMG2883

CIMG2888 CIMG2889

以上1日目2日目の全食事でした

続きはまた後編にて

後編に つづく~

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村







最終更新日  2012.02.14 08:07:02
2012.02.13

不味い松の実ジュースを飲み干したあと

われわれユナー一行は

また高速バスに乗り

ソウルへ戻るのですが

今度は高速バスターミナルではなく

南部バスターミナルへ行くバスで帰りました。

 

さて南部バスターミナルについた一行

時間は夕方6時少し前

まだまだ終わらないこの日

このまま地下鉄を乗り継ぎ 弘大入口駅へ

 

ここでちょっと行ってみたいところがあったので

この弘大に寄ったのです。

さすがに弘大 学生の町ですね

CIMG3020_R

まだまだ早い時間ということで

どこもかしこも人がいっぱいです。

そんな中向かった先は フリーマーケットでも有名な

公園の隣にあるお店に

 

このお店は今流行りのマッコリバーでありまして

いろんな地方のマッコリが飲めるところなんです。

CIMG3021_R

                       CIMG3022_R

a2_20111202

その名はマッコリサロン

ちょっと前に ここに移転したようでこの場所を探すのに

時間がかかりました(笑)

CIMG3023_R

結構流行っていましたよ

でもほとんどは学生みたいですけどね

なかなかマッコリもいろんな地方のマッコリ

なんていうのはソウルにいるとお目にかかれないですので

楽しみにしていました。

CIMG3024_R

まずは 前回江原道のカンヌンで飲めなかった

江原道名物オクスス(とうもろこし)マッコリ(写真左)と

あの元大統領 パク・チョンヒ大統領が

好んで青瓦台で飲んでいたとされる

京畿道のぺダリマッコリ(写真右)を注文

 

オクススマッコリはやはりとうもろこしから作っている

ということで色も黄色くちょっと とろみがあって

今まで飲んだことのないのど越しのマッコリでした。

かすかにとうもろこしの香りがします。

 

一方ペダリマッコリはといいますと

さっぱりとした飲み口心地よい炭酸ののど越し

これはユナー一押しのマッコリでありました

 

飲んでばかりではいけませんので食べ物もちょっとご紹介

CIMG3028_R

やはりマッコリといえばはずせないのが

ジョン これは海鮮チヂミですね

そしてちょっと変わったところでは

チーズトッポッキ

CIMG3033_R

そしてスンデの炒め物

CIMG3026_R

どれもマッコリにはぴったりの食べものでしたね

いや~マッコリが進みますよ~

この後珍しい栗マッコリというのがあったので注文

CIMG3038_R

香ばしい栗の香りがたまりませんでした

 

こうしてわいわい飲んでいたら

店の方がソ~ビス(サービス)って1本

山葡萄のマッコリをサービスしてくれました

写真の奥に移っているピンクのボトルです

CIMG3036_R CIMG3035_R

これもおいしかったですよ~

しかし何本飲んだでしょうね??

みんなそんなに酔ってないのが怖い~(笑)

ここは

あとで調べたらコネストにも載っているようでしたので

もし行かれる方はこれを参考に

してくださいね

ここから

こうして夜も更けて行き

次の日の朝9時の飛行機で帰路に着いた

ユナーでありました。

これで 2011/9 安東出没編は

終わりとさせていただきます。

最後までお付き合い

ありがとうございました。

今日もクリックお願いいたします。

↓↓↓

 

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

FC2でもブログやっています

ここから







最終更新日  2012.02.13 07:50:59
2012.02.12

河回村の芙蓉台も見終わり

その後また河回村を散策することに

そして・・・

見つけてしまったのですよ~

 

ユナーが見つけてしまったといえば

食べ物か飲み物でしょう~(^^)

 

今回はこんなもの発見

CIMG3018_R

ジャジャーン

これはいったい何の飲み物でしょう??

 

読み方は

セン ソル と書いてあります

センとは 

ソルとはなんと・・・

さあ~あわせて読んでみましょう

生松

ク~やってくれました

いったいどんな飲み物なんだ???

ということで1本購入 させました

自分で買えよ~

そんな声が聞こえそうですが

そこはソレ こういうときにこそ

頼れるソウルトンセンがいるのです(笑)

 

しかしこのジュース聞くところによると

韓国ではメジャーな部類に入るとかで

なんと発売元はロッテが売ってるんですね~

 

これはどんなジュースかといいますと

なんと松の芽が入っているとのこと

松の芽なんか飲めるのかい???

それもセン→生

 生の松の芽ジュース

お味はといいますと

 

なんだか薄くて甘くなくて

それでなんか飲んだことのないような

香りが・・・・(笑)

表現しようがないんです

ロッテさんごめんね

不味い

 まずい

まずい

これは韓国マニアの方なら

一度飲んでもいいかも~

しかし松アレルギーの人は飲んではいけません

(そんなアレルギーあったかしら?)

 

ソウルへお越しの際はコンビ二等で

ユナー大好き デジバー

このセンソルをお試しいただくことを

強くお勧めしながら

今回のブログの結びとさせていただきます。

ではいつものように

次回へ

つづく

 

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

fc2でもブログやってま~す

ここから







最終更新日  2012.02.12 10:05:17
2012.02.11

渡し舟に揺られること約1.2分

長い船旅の果てにようやく対岸に着きました

CIMG2998_R

やっとこれからがメインイベント

芙蓉台からの絶景を見に行くのです。

でも初めてここへ来たので

まったくどこから上るのかわからないユナー一行

船から一緒に降りたお客さんの

後をついて行けば何とかなるさと

みんなの後をついていくことに

 

このことが まだ後ほど起こる苦しみに

つながって行くとは

このときユナー一行は

知る由もありませんでした。

 

CIMG2999_R

皆さんの後をついていくユナーー一行

しかしだんだん道が細く険しくなっていくではありませんか~

しまいにゃ~

CIMG3000_R

崖のようなところを登る羽目に

汗は出てくるは のどは渇くは

ちょっと~しんじられない~!

と言う声が後ろから痛いほど聞こえてくるのを

無視して

ドンドン登っていきました。

まさか観光地まで来て山登りするとは思いませんでした(笑)

のぼりはじめて15分くらいでしょうか

ようやく頂上へ

CIMG3008_R

河回村が一望です

CIMG3001_R

先ほど乗った船乗り場も見えますね

CIMG3012_R

この辺かな?リュウ・シオンの実家は??

CIMG3006_R

CIMG3004_R

河回村へ来たならここもやっぱり はずせませんよね

動画もありますので

ちょっと見てください

画面クリックで始まります

↓↓↓

WS000000

しばらくボーと眺めていました

 

さてそろそろ降りようと帰りかけたとき

さっきの道ではないほうに

ほかの人が行くではありませんか

あれ??

でもその人たちについていくと

なんと遊歩道みたいな道が整備されていて

簡単に下までいくことができました

あの崖はなんじゃったんだ~

というのは後の祭り

冷たい視線を後ろから浴びながら帰り道を

急ぐユナーでありました。

 

帰りの船で船頭さんが

ソウルトンセンに お前行き 乗ってなかったんじゃない??

といわれていたのが笑えました。

CIMG3016_R

楽しい芙蓉台でありました

皆様も一度行ってみてくださいね

つづく

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村







最終更新日  2012.02.11 09:31:56
2012.02.10

伝統の仮面演舞を見終えた後

静かな河回村の中を散策しながら歩きます。

 

この日はちょっと曇りということで景色も

色あせて見えますが きっと晴れの日は

青い空と白い雲そして河回村のゆったりとした風景が

一体となって見事な景色なんだろうなと

思いながら歩きます

CIMG2981_R

丁度コスモスも咲いていて秋を感じさててくれました。

さて

僕らが次に向ったのは

芙蓉台というところ

ココは小高い山になっていてそこから

眺める河回村の景色は絶景だと

聞いたのでこれは行って見なきゃということで

向いました

CIMG2982_R

この山が芙蓉台というところです

結構険しそうな山じゃないデスか~

どうやってあそこまで登るんだ?ってなことを

話しながら歩いていると

芙蓉台がある対岸へ行く為の渡し舟の

乗り場に到着

CIMG2983_R

この渡し舟 往復2000Wでお客がある程度集まると

出発します。

まだお客が少ない出発待ちのようです

CIMG2986_R

僕らも急いで乗船

河の風が心地よく ゆったり流れる洛東江

いい感じです(^^)

CIMG2988_R

 

一緒に乗船した人の中にかわいい子がいまして

このお面もいいですね~思わずどこで買ったの?と

聞きそうになりましたよ(笑)

CIMG2990_R

はるか遠い日本という国で君が紹介されてるなんて

夢にも思わないでしょう(^^)

 

そうこうしてるうちに船は出航

CIMG2993_R

船から見える芙蓉台も又いいですね

CIMG2991_R

ではココでちょっと動画がありますので

ご覧ください

↓↓↓ クリック

芙蓉臺動画

なんとなく雰囲気わかりますでしょうか?

この渡し舟 ものの2分くらいで対岸に到着

ついに対岸に上陸

CIMG2997_R

この後 芙蓉台に登るのですが

ゲッと思うことがこの後ユナー一行に

降りかかるとは この時誰も気づく人は誰もいませんでした~~~

つづく

今日もクリックのご協力お願い致します

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

FC2でもブログやってます~

こちらから







最終更新日  2012.02.10 08:10:36
2012.02.09

ここ安東 河回村といえば

有名なのは なんといっても 

タルチュム

という踊りです。

この踊りは

重要無形文化財第69号となっているんです。

タルという言葉は仮面という意味で

仮面をかぶって踊る様は本当に面白いということです。

お面は皆さんもどこかで見たことがあるかとおもいます。

 

さてこのタチュルム毎週村の

河回別神クッタルノリ(河回タルチュム/仮面劇)常設施設場

というところで週3回無料で見れるんです。

 運よく丁度この公演が始まる時間に

居合わせたおかげでコレを見れたんです。

CIMG2956_R

コレが会場の入口 もう始まっていました

CIMG2961

こういう鐘や太鼓のリズムに乗せて 演劇が始まります

CIMG2957

ココではいろんな人物が出てきます

CIMG2964

CIMG2968

CIMG2965

CIMG2972

いろんなバージョンの劇があるのですが

どれも昔の朝鮮王朝時代の庶民の生活が反映されていて

庶民が上流階級 両班を皮肉った踊りだったりして

世相をもじった内容で言葉がわからなくても

十分わかりましたし笑えました。

ではちょっとその模様を

動画でお見せしましょう

画面クリックしてください

↓↓↓

仮面踊り

 

どうです独特のリズムでしょう~ 

このリズムがずっと耳に残っていて

しばらく大変でした(^_^)

さてこの公演が終わると

演舞された方がお面を外してのフィナーレです

CIMG2977

コレは本当におススメできる演劇でした

さすがに無形文化財になってるだけのものはあります

 

頭の中はこのリズムのまんま

つぎなる河回村へ行くユナーでした

次回へ

つづく

今日もクリックのご協力お願いします。

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

こちらでも動画が見れますよ

FC2版 吹きすぎる風ばかり2

ココから







最終更新日  2012.02.09 07:58:20
2012.02.08

安東は河回村に着いたユナー一行

ゆっくりこんな景色のところを歩きます

CIMG2947_R

こんな屋根の上に何かなってますね~

なんでしょう?

CIMG2954_R

しかしこんなでかいのが落ちてきたら

大変でしょうね~

コレは村のあちらこちらに見られる風景です。

屋根には きのこがはえています。

CIMG2952_R

そうやってあるいていると

面白いお店発見!!

何か飲み物を売ってるようですが

何かわかりますか?

CIMG2948_R

近づいてみましょ~

CIMG2949_R

左側は 冷えたコーヒー アイスコーヒーですが

右側はあまり見かけない

ミスって書いてあります???

なんでしょう???

 

早速これは飲まなきゃということで注文!

CIMG2950_R

CIMG2950_R

一口飲みましたが なんだか味わったことの無いような

穀物の味 でもどこかで飲んだような?

そうなんです

ミスと書いてあるのは

ミスカルのことだったのです

 

ミスカル?という方もいらっしゃるかと思いますが

このミスカルというもの

いろんな穀物や豆類を粉にして

水等で溶いた韓国では結構ポピュラーな

夏の飲み物なんです。

 

体には いい感じって思いますが

ちょっと粉っぽくて あまり甘くもなく

いまいちなんですが

こういうところで飲むことに意義があると思い

飲み干しました(笑)

 

でもソウルとかではマート等に

もっと飲みやすくした

ミスカルの粉末が売ってますので

健康のために皆さん一度いかがでしょうか?

私はもういいです(笑)

 

さてこの後は河回村伝統芸能を見に行きます。

その模様は次回に

つづく

今日もクリックお願いします

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村







最終更新日  2012.02.08 07:48:39
2012.02.07

安東のチムタク横丁でチムタクを

お腹一杯食べたあと

さて次の目的地 河回村というところに移動

ここへ行くはバスに乗って結構行かなきゃ行けない

とのことだったのですが

待ってる時間もなくタクシーで行くことに

 

ここ河回村は あのリュ・シオンの実家があるところで

有名ですよね

さてなんだかんだ言いながら約30分くらいで

到着

CIMG2942_R

まずはココで入場料を払います。

CIMG2940_R

ココが河回村の入口だと思っていたら

実は違いのです

ココから専用のバスに乗って

村の入口まで向うのです。

CIMG2941_R

しかしこの場所もいろんな施設があるようですが

今回は時間がないのでパス!

そしてバスも結構人が待ってたので

バスに乗らず歩いていくことにしました。

 

村の入口まではそんなに遠くなく

歩いて約20分くらいだったでしょうか

いろんな景色が見れてそれはそれで良かったですよ

CIMG2943_R

遠くに見える河は 洛東江

朝鮮戦争のとき最後の防衛線が張られた所でも

有名です。

CIMG2944_R

そうやってドンドン歩いていくと

見えてきました河回村

CIMG2946_R

CIMG2947_R

なんとなく時間がゆったりと流れている感じが

どこか懐かさを感じます。

 

さてこの河回村 世界遺産ということで

入口のところで記念撮影

1328413915[1]

次回からは河回村編を何回かに分けて

upする予定です

では今回はこのあたりで

つづく

今日もクリックお願いいたします。

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村







最終更新日  2012.02.07 08:08:17
2012.02.06

さて安東に着いたユナー 一行

このゲートを見ればこれから何を食べに行くか

わかりますよね(^_^)

CIMG2936_R

アーケード街を歩くとそこは

両側にこの食べもののお店がずらり

その中から ソウルトンセンがネットでも評判だった

お店があるのでそこへ行こうということで カジャ!

ココがその食堂です

CIMG2927_R

店の名前は キム テガン

そう何を隠そう (隠してないけど)

あの有名な安東の食べもの

安東チムタック

を食べにここまで来たのです。

チムタクって何?って思われる方もいらっしゃるでしょうか?

チムタクはもともと慶尚北道安東の名物料理で、

1980年代中頃に、鶏料理を専門とする店が集まった

在来市場から生まれたといわれている。

チムタク専門店のホームページなどを見ると、

タットリタン(鶏肉と野菜を甘辛に煮こんだ)を食べていた客が

、自分の好みに合うようにジャガイモやタマネギなどの

具を足してもらったところから

新しい料理へと発展していったというエピソードが紹介されている。

その安東地方の名物がソウルに進出してきたのは

2000年の10月。安東と大邱(テグ)出身の

30代の若者が集まって大学路に

「鳳雛チムタク」

という店をオープンさせた。

カフェのような洒落た雰囲気と、甘辛い鶏肉の味、

ボリュームなどが評判を呼び店舗数が増え、

また違うチェーン店も続々と登場し

2001年には大ブームへと発展した。

 

ソウルでも一時期ブームでしたよね

明洞あたりでもお店が今でもありますが

トンセンが

「ヒョン 辛いから覚悟しといてくださいね」

といったくらいなのでちょっとおっかなびっくりで

この店に入りました。

 

さて注文してで来た チムタクは

CIMG2931_R

巨大なさらに これでもか~!!

というくらいのボリューム

鶏肉の量が半端ではないことがわかりますでしょうか?

味は醤油ベースの甘辛い味

辛いには辛いですがそんなに食べれないほど辛くは

ないです。コクのある味なんですね!

 

トンセンもこれが本場のチムタクなんだ~

と黙々と食べていました。

 いや~名物においしいものは無しといいますが

ここのチムタクは本当においしかったです。

しかし量は多いので気をつけてくださいね

 

大満足でお店を出たユナー一行

また こんなことしてますね

1328408909[1]

ごちそう様 コケッコッコ~(*^_^*)

というわけで

お腹も満腹ということで次の目的地に向かって

GO!!

さてその模様は次回のお楽しみというところで

今回は終了

次回へ

つづく

 

皆様のクリックに感謝いたします

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村







最終更新日  2012.02.06 07:48:33

全789件 (789件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 79 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.