000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

出羽の国、エミシの国 ブログ

PR

X

Free Space

Freepage List

Category

Recent Posts

Archives

2021.09
2021.08
2021.07
2021.06
2021.05
2021.04
2021.03
2021.02
2021.01
2020.12

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

2021.07.24
XML
テーマ:本日のTV番組(34)
徳川慶喜への次のような報告で少しだけ庄内藩の話が出てくる。

家臣:「ご注進、ご注進!」
慶喜:「どうした」
家臣:「三田の庄内屯所が銃撃を受けたとのこと。江戸では奸族薩摩を討つべし、との御老中の命を受け庄内を先鋒とする諸兵が薩摩屋敷を砲撃。直ちに戦と相成りましてございます」
渋沢(喜作):「薩摩屋敷を焼き払っただと?」
家臣:「ハッ」
慶喜:「戦端を切ったのか。何があっても耐えろと申したのに・・・耐えて待ちさえすれば時がくると・・・。」

 戊辰戦争のきっかけになったといわれる庄内藩の薩摩藩邸焼討ち事件だが、西郷隆盛らが関係し江戸を恐怖で震撼させたと言われる薩摩御用盗(江戸城二の丸放火含む)が絡むからなのか、ドラマなどで取り上げられることが少ない。しかし、2018年の「西郷どん」での錦絵での紹介に続き、少しだけだが取りあげられた。戊辰戦争の歴史的な事柄の流れとして省いてはいけない事件だと思う。

 この事件は事件というには規模的には大きく市街戦での戦争と呼べるものだった。多くの人がなくなり、焼失した広大な三田の薩摩藩屋敷は後に周辺の人々に「薩摩原(さつまっぱら)」といわれるほどの広さだった、その規模が想像できると思う。
 庄内藩は事前に(映画)ラストサムライのモデルのブリュネ砲兵大尉(フランス軍)によりヨーロッパ式の近代兵器での戦い方のレクチャーを受けて、4斤山砲(4kg弾/前装ライフル式の青銅製山砲)などを使い薩摩藩邸を砲撃した。ヨーロッパに渡航した渋沢のような人たちだけでなく国内の人たちも少なからずヨーロッパの学問や技術に接していた。ちなみに上野戦争や会津戦争有名なイギリス製のアームストロング砲は鉄製で6ポンド(2.72kg)弾と推測されていてその威力は当時の最先端レベルだったが、実際、4斤山砲の方が実践向きだったという説もある。この事件は、その他、八郎の関係した虎尾の会や新徴組、西郷を含めていろいろな人間関係が絡む事件だった。

 この薩摩藩邸焼討ち事件は、以前に書いたので参照。
戊辰戦争の発端、江戸での市中騒擾作戦と薩摩藩邸焼打事件

 少し、慶喜がかっこよすぎの感じがあったり、成一郎(喜作)が奥右筆の要職にあるとは言え慶喜に少し近すぎたりはするが歴史の事柄の時系列が整理され因果関係も含めてより自然な流れになっている、ドラマとしても面白い。今後、さらに内容を掘り下げてもらえると嬉しい、と思ったりした。






Last updated  2021.08.29 21:58:54
[幕末の歴史 清河八郎と庄内藩] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.