203390 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

出羽の国、エミシの国 ブログ

PR

X

Free Space

Freepage List

Category

Recent Posts

Archives

2021.12
2021.11
2021.10
2021.09
2021.08
2021.07
2021.06
2021.05
2021.04
2021.03

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

2021.10.10
XML
テーマ:本日のTV番組(35)
大河ドラマ「青天を衝け(29話)」も幕末が終わりこれからは経済の話でどう進むのかと思いながら見ていたら佐藤政養(まさよし)の名前を目にした。渋沢が立ち上げた民部省内の改正掛(かいせいがかり)会議で円になって議論をしている人たちの中、旧幕臣とはなってはいるが佐藤政養が庄内藩出身の人で今回はセリフもついていてうれしい。

「この国に急ぎ入り用なものとは?」(渋沢)
・・・
「諸藩の測量は民部省でできるのだろうか。」(杉浦)
「藩に測らせればできるはずです。」(赤松)
「藩によって呉服尺も金尺も秤もバラバラじゃ。升の大きさも違う気き。」(長岡)
「そうじゃ、度量衡を調べねば。」(政養)

 幕臣の中に入り垢抜けて見えるが庄内のことばなまりに近いかもしれない。
 ドラマの円陣で座っていた15人の人々はそれぞれが近代の礎を築いた人々で、幕臣として出ていた渋沢以外の4人は、前島密(郵便の父/長岡藩)、杉浦譲(駅逓権正/静岡藩)、赤松則良(造船の父/静岡藩)、佐藤政養(鉄道の父/庄内藩)。
官軍側の10名は、大熊重信(総理/佐賀藩)、伊藤博文(総理/長州藩)、長岡謙吉(三河県知事/土佐藩)、岡本健三郎(大蔵大丞/土佐藩)、玉乃世履(明治の大岡/岩国藩)など後に様々な功績を残した人々が集まっているようだ。

 政養は、日本初として有名な鉄道「新橋横浜間」敷設の鉄道助(てつどうのすけ/最高責任者)を任され日本鉄道開祖としての鉄道の父と呼ばれる。また、勝海舟の塾頭の頃には横浜開港を勝に献言したことで横浜開港の父とも言われる。関西の砲台建設、鉄道敷設にも関わり近代日本の産業の礎を作った。
<左写真:遊佐町のパンフレットから>

 <政養(与之助)の経歴と人物関係>
 1821(文政4)年、現在の遊佐町升川の農家佐藤与兵衛の子に生まれる。名は与之助。農家といっても村の代表にもなっているので大きな農家だったのだろう。庄内の佐藤さんは義経の家来だった佐藤兄弟を先祖としているところが多い。升川の佐藤家もそのようだ。奥州藤原氏との関係とも言えるかもしれない。
 1841(天保11)年、庄内藩天保義民事件(←リンクを参照)、庄内領民(村代表)として江戸で直訴。
 升川村は庄内藩天保義民事件(天保国替騒動)で活躍した佐藤藤佐(とうすけ)という人の出身地でもある。藤沢周平の「義民が駆ける」はこの事件を題材とした小説で与之助の父の与兵衛が登場する。
 与兵衛が八日町村の四郎吉といっしょに藤佐の江戸屋敷を訪ね駕籠訴(直訴)の相手に適した人物の相談をしに行き、会った藤佐に"逆さはっつけだぞ(逆さはり付けになるぞ)"と叱られ諭されるシーンとして描かれている。実際にも藤佐に断られた与兵衛(与平)は与太郎、与助と3人で別の人に助言を得て中山備前の守に農民の中で一番最初の駕籠訴をした。また、この後に藤佐は危険をおかして一揆に協力、活躍した。この時、20歳の与之助が江戸に行ったとすれば父について江戸に行き駕籠訴を見届けたのかもしれない。

※「夢の浮橋」には3人(藤佐、与兵衛、四郎吉)の会談の様子と駕籠訴の様子が描かれている。

 藤佐の子は佐藤泰然という人で佐倉順天堂(現在の順天堂医院)の創始者でもある。話は折り合いがつかなかったが、おそらく実際にはこれらの人々は同じ村出身ということで親しく会い村の近況や懐かしい話で会話がはずんだことだろう。

←講談社文庫←中公文庫、ともに「義民が駆ける」/藤沢周平

 1853(嘉永6)年、学んでいた酒田の医師で儒学者の伊藤鳳山の勧めで江戸に出る。荻野流砲術家の広木貫介に学ぶ。この時、32歳だった。
 1854(嘉永6)年、真島雄之助(遊佐町)とともに本間郡兵衛を訪ねた後、3人で清河八郎を訪ねる。
 1855(嘉永7)年、ペリー来航(2回目)、横浜上陸。日米和親条約締結。
 1855(安政2)年、勝海舟の蘭学塾氷解堂に入る(後に塾頭となる)。
 1855(安政2)年、庄内藩砲術方を命じらる。品川5番台警備(庄内藩士として)をする。
 1857(安政4)年、長崎海軍伝習生として勝海舟に従い長崎に行く。アメリカ人フルベッキにも測量、軍艦操縦を学んだ。(この時、本間郡兵衛と長崎であっていたかもしれない。)
 1859(安政6)年、江戸に戻り、庄内藩御組外徒士格(軍艦操練所蘭書翻訳方/幕府)。
            横浜開港。
 1863(文久3)年、大阪海軍操練所教授。
 1866(慶応2)年、大坂台場詰鉄砲奉行。
 1868(明治2)年、(11月)民部省出仕。
 1869(明治3)年、(3月)東京より神奈川までの線路測量の令達。民部省鉄道掛。
            (8月)工部省新設。(12月)工部省出仕。
 1870(明治4)年、8月鉄道寮(旧鉄道掛/鉄道専任部署)設置。(初代)鉄道助(実質の最高責任者)。「新橋横浜間」の鉄道敷設に尽力。新橋-横浜間一部試運転。
            (※井上勝は鉱山頭(かみ)兼鉄道頭)           
 1872(明治5)年、10月「新橋横浜間」日本初の鉄道開通。
            その後、西京在勤鉄道助(大阪に移動、敦賀西京間鉄道敷設に従事)。
 1877(明治10)年、57歳病死(結核)。

 農民として生まれ百姓一揆にも参加、封建時代の中では決して恵まれた環境でなかったが、庄内藩でも認められ、また幕末の出来事に翻弄されながらも誠実に自分を磨いてその時々のチャンスを得て実力を発揮、技術者のトップになった政養は経歴から見て地道に歩んだ技術屋の鏡のような人だ。幕臣として活躍したこと、自分の得意分野を持っていたということでは渋沢栄一に似ている面がある。同じように砲術などに長けていたのに戦争に巻き込まれなかったのも幸いしたのではないだろうか。
 政養は八郎より9歳も先輩だが1854年(安政元)江戸で本間郡兵衛を通じて直接八郎と会った記録があるようだ。現代風に言えば八郎が文系なのに対して、政養は理系。惜しみなくいろいろな人たちを訪ね歩いた八郎は郡兵衛や政養からも外国の情勢などの情報を得ていたのかもしれない。この当時、戊辰戦争などで多くの人がなくなり、新政府にとって政養の豊富な知識と経験は国の発展のためになくてはならないとても貴重なものだったにちがいない。戊辰戦争後の派閥抗争によりその功績の評価が遅れた人のようでもある。






Last updated  2021.12.07 23:20:12
[幕末の歴史 清河八郎と庄内藩] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.