5982814 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ガレットのお菓子日記

2010.08.09
XML
 東京方面から「長野スイーツ」を食べに小旅行に出かける場合、最も期待するのは“産地の新鮮な果物を使ったお菓子”。
その地方ならではの素材がストレートに味わえるような、素材の味を邪魔しないように作られたお菓子を楽しみに足を運びます。

 さて、実際に長野で人気のパティスリーでは、果物を焼きこんだだけの素朴なタルト、たくさんの果物を飾ったショートケーキなどが中心に作られているのでしょうか?

Story
Story かなりスリムなケーキ 中央の『Reve~レーヴ(夢)~』は、
フランス産クリームチーズとシナモンで炒めたリンゴをあわせた半熟チーズケーキ

 軽井沢スイーツ博 第3会場のブティックに出店されていた ストーリー (pastry boutique Story) の有賀弘隆シェフが会場にいらっしゃいましたので、お話を伺うことができました。ラッキー♪

 「むこう(フランス)で修業してきたシェフに『地元産の物をいっぱい使えていいね』とよく言われますが、かえってそういうのは地元の人には売れないんですよ」と有賀シェフ。

Story Story コントレール
右の写真『コントレール』は、渋皮付の栗を刻みショコラクリーム、マロンペーストとあわせショコラ生地でサンドし、酸味がきいた対照的な味わいのパッションクリームと組合せたもの   ひらめき contraire=逆の、反対の
(フランス人は栗とカシスの組合せを多用しますが、栗とパッションフルーツも興味深い組合せですね)

 上田市にあるストーリー のお客さんの7~8割はリピーターとのこと。
「お客さんに戻ってきてもらうお菓子を作らなければならない」
「地元の人は食べ慣れすぎていて、地元の物を使ったお菓子を好まない」

 なんとも贅沢に聞こえますが、確かに日常的にふんだんに果物のある生活をしていると、ケーキを買う時にあえて“普段食べる果物”を使ったものは選びたくないのかもしれません。

Story
Story のお菓子

 「ただのアップルパイでは売れません。」

 素材を生かしてシンプルに作りあげたケーキでは、地元の人の心を捕え繰り返し買いにきてもらえるお店にはならないようです。
(十分に美味しいと思いますけれどね~!!)

 では、フランスで流行しているお菓子をそのまま持ってくればよいかというと、チーズやチョコレート、マカロンなどは人気があるものの、
「長野県の人は、なかなか新しいものには手を出しません。」

 ほぉ。…難しいですね。
そこで、ストーリーではどんなお菓子を作っているのか伺うと、「こんな技法があるんです」と打ち出すのが大切とのこと。
海外の素材を効果的に使い地元の素材と組みあわせ、「いつものリンゴがこんなに変わった!」と、驚いてもらえるような新しい形・味・食感を提案。

 地元の杏を焼きこんだシブーストでは、「こんなケーキがあったんだ!」「こんな食べ方があるんだ!?」と知ってもらい、リピーターを獲得☆
なるほど、地方のパティスリーには地方のやり方があるのだと納得です。

 またその工夫されたお菓子が新鮮で期待できるものに思えるのは、有賀シェフが南仏のセットという土地で研修され、フランス菓子の確かな技術を身に付けただけでなく、フランスの地方におけるパティスリーのあり方を学ばれたからかもしれません。
この土地でM.O.F.の指導を受けた研修は、パリの最先端を極めるお菓子とは少し方向性が異なるものだったようです。

 「地方の方が美味しいお菓子がある」という有賀シェフの持論は、フランスでも日本でも通用するものなのかも。
美味しい素材に恵まれた地方都市にあって、その素材の質の良さだけによりかかるのではない新・地方菓子ともいえるお菓子作りへの姿勢は実に魅力的です。
 
モンブラン Story ほうじ茶
Story 純白の『モンブラン』        『ほうじ茶』

 ローストした粉末アーモンドで作ったメレンゲの土台に栗を丸ごとのせ、ラム酒の効いたマロンクリームを重ねて周りに生クリームを絞った、まさに驚きの白い山・モンブラン。
同じ素材を使っても組立て方を変えると、口溶けも印象も全く変わりますね。
これは、空気が入っていない濃いマロンクリームを味わってもらうための手法だそうです。
クリームと栗とのバランスも気になります。食べてみたかった一品です。

Story ルリジューズ
Story 『ルリジューズ・オ・ショコラ』

 さらに、有賀シェフのお菓子の特徴をお聞きすると、果物の酸味をはっきりと出すものがお得意とのこと。
酸っぱいものを酸っぱいまま使う。
最近甘さ控えめのお菓子が流行していますが、砂糖をただ減らすのではなく、そこで酸味や苦みをいかし、メリハリのあるお菓子を作る。それが印象に残りやすい、と。

 特に夏場は、酸味のきいたお菓子が多めです。
「パッションフルーツって何ですか?」というお客さんには、「とにかく食べてみて下さい」と、積極的にすすめていくそうです。
 
ガトーバスク ギモーヴ
『ガトー・バスク・オ・マロン』         『ギモーヴ』

 「地方のお菓子屋が、みんなまとまって同じ方を向いてもいけない。10人のうち8人・9人にも選ばれなくていいから、少しずつでもうちのお菓子を選んでもらえるように(していきたい)。」

 地方の温かみのある店づくりのイメージとは異なり、白と黒を基調に赤をアクセントとして原色の組合せでセンスをだす内装にされているというストーリー。
お店に伺ってみたいですね。

        Story 有賀シェフ
        pastry boutique Story 有賀弘隆シェフ
        ※撮影・掲載許可をいただいています

 他にも、店名の由来や独立されてからとまどったことなど、色々お話を伺いました。
そうなると、軽井沢スイーツ博のスイーツコースで満腹になっていても、有賀シェフのお菓子をこの場で買って食べないわけにはいきません。

キャラメルサレとシブースト
pastry boutique Story 『キャラメルサレ』と『シブースト』を購入

 先にシブーストをいただきます。
スリムなケーキの中でも、更に細い。
アーモンド生地の上に存在感のあるぷっくらとした杏。上はオレンジのピューレ入りの軽いシブーストクリーム。なるほど、レモン?の酸味が加わっているのをしっかり感じ、爽やかで夏らしい。
軽く感じる半面、食べ進むにつれ食べ応えあり。このサイズで正解。

 キャラメルサレは驚きの軽さ!
シェフの説明を伺った時、「これは濃厚な…」と私が言いかけると、いえ、軽いんですと意外な説明が。
今までに色々なお店のキャラメルサレを食べ、ショコラ生地が重く強い印象のものが多かったので、違うアプローチにしたかったと。
塩のとげとげしさ、キャラメルのえぐみをなくし、キャラメルと塩味がちゃんと伝わるような食べやすいものを目指したのだそうです。

 食感はシュワッとふわふわ~。
小麦粉を全く使わない生地(ビスキュイショコラ サンファリーヌ)は、口の中で泡が消えるようにシュワッとした口溶けのよさの軽い生地。口に入る瞬間はふわふわで弾力があります。
生地4枚+クリーム4層で食べ応えのある構成ですが、超スリムサイズですので飽きることはありません。
なるほど。塩味もうるさくはなく、ゲランドやカマルグ等の上の方でとれた塩(フルール・ド・セルとかフリュイ・ド・メールとか)を使われているのか、まろやかです。

 ここ数年の塩キャラメル、塩チョコレートなど塩ブームでだいぶ慣れてきた感はありますが、こうしてケーキの形で意外にアッサリといただけるのは嬉しいもの。
 
 どちらも、美味しくいただきました☆

 今まで地方菓子といえば、その地方に伝わる伝統のお菓子をさすことが多かったと思います。
これからは、日本におけるフランス菓子の世界で、地方の名産品を使った新・地方菓子が、各地からどんどん発信される時代になってくるのかもしれないと感じました。

ペストリーブティック ストーリー (pastry boutique Story
有賀弘隆シェフ
長野県上田市大字秋和字町裏538-1
0268-75-1072
営業時間 10:00~19:00
定休日  火曜日
地図

軽井沢スイーツ博 もくじ

オーストリア・フランス 2010「地方菓子を巡る鉄道の旅」 目次

恵まれた長野素材を生かす方法は☆ と思われたら
 ↓を押して応援して下さいね いつもクリックありがとうございます♪
  一日一回カウント。よろしくお願いしま~す。
    ↓
ウィーンバナー     にほんブログ村 スイーツブログ スイーツ食べ歩きへ ←こちらもよろしく!

ガレットのお菓子日記 Home






最終更新日  2010.08.09 04:08:04
コメント(8) | コメントを書く


PR

プロフィール


ガレット(gateau2006)

サイド自由欄

twitter はじめました。
http://twitter.com/galette_okashi

日本経済新聞 NIKKEIプラス1 何でもランキング 「取り寄せるなら このXマスケーキ」 選者になりました♪
日本経済新聞 NIKKEIプラス1 何でもランキング「秋を満喫 さつまいもスイーツ」 選者になりました♪
・ニフティスイーツ部 ガレットの先取り!スイーツ情報局 連載開始しました!
ぴあMOOK 『東京定番スイーツ』 にコラムのページをいただきました!
ブロぐるめ!ピックアップブロガーに選ばれました!

【今、ホットな記事↓】
サロン・デュ・ショコラ2011開催!
クオカチョコレートコレクション開催
デイルズフォード・オーガニックでランチ
烏龍茶とスイーツの相性を探る食べ比べ会
カカオサンパカカフェ 南青山にオープン
ロートンヌ 新江古田店オープン
東京スイーツコレクション 2010 @表参道ヒルズ
マンダリンオリエンタル東京WPTC優勝記念スイーツブッフェ
フレデリック・カッセルのお菓子
真夏の韓国 2010
軽井沢スイーツ博 2010
オーストリア・フランス 2010 「地方菓子を巡る鉄道の旅」
ベルギ-のパティシエ佐々木シェフのお菓子講習会
ランベリーの新デザートレストランリベルターブルのランチコース
・シンガポール発高級ティーサロン TWG Tea 自由が丘オープン!
デカ盛りで美味しい   カレーやさん LITTLE SHOP
SWEETS garden  YUJI AJIKI 安食シェフの新店オープン
帝国ホテル スイーツブフェ
・伊勢丹新宿店 フランス展
旧岩崎邸見学
鳩山会館(音羽御殿)の美 小川三知のステンドグラスと薔薇
あまおとめコンフィチュールお披露目会
フランス料理ランベリーのデザートコース
サロン・デュ・ショコラ'10
ガレット・デ・ロワ食べ比べ会'10
2010虎スイーツ
クリスマスアントルメの会'09
100万アクセス記念カウプレ発送しました
三つ星レストラン ロオジエでランチ

【その他参加ランキング】




blogram投票ボタン

食べログ グルメブログランキング



【私のブログ・連載など[編集中]】
* お菓子教室発~美味しいお便り (ガレットのお菓子日記 II)
* ニフティスイーツ部 ガレットの先取り!スイーツ情報局
* 食べログ  ガレットのスイーツグルメガイド

* '10真夏の韓国
* '10オーストリア,フランス   地方菓子を巡る鉄道の旅
* '08 ベルギー,フランス  夏のショコラとお菓子の旅
* '07 パリ お菓子の旅
* '06 英仏 11日の旅

【大使館での催しに参加】(訪問順)
・スリランカ大使館 セイロン紅茶を楽しむ会
・英国大使館 デイルズフォード・オーガニック記者発表会
・オーストリア大使館 ウィーン・ハース&ハース ティーテイスティングレセプション 
・カナダ大使館

【パティスリー記事検索[編集中]】(敬称略)

パティスリー・サダハル・アオキ・パリ(青木定治)
パティスリーアカシエ(興野 燈)
パティスリー サロン・ド・テ・アミティエ(三谷智恵)
アルチザン パティシエ イタバシ(板橋恒久)【茨城】
アン・プチ・パケ(及川太平)
アンリ・シャルパンティエ(クリストフ・フェルデール)
エーグル・ドゥース(寺井則彦)
エコール・クリオロ(サントス・アントワーヌ)

パティスリーキャロリーヌ(中川二郎)

サロン・ドゥ・シェフ タケエ(武江 章)
サロン・ド・テ・スリジェ
サロン・ド・テ・ミュゼ イマダミナコ(今田美奈子)
スイーツガーデン ユウジ アジキ(安食雄二)
ペストリーブティックストーリー(有賀弘隆)【長野】
パティスリースリール(岡村尚之)
成城アルプス(太田秀樹)

ル・パティシエ・タカギ(高木康政)
. ティーサロン TWG Tea 自由が丘
ツッカベッカライカヤヌマ(栢沼 稔)
ミュゼ ドゥ ショコラ テオブロマ(土屋公二)
ドゥ パティスリー カフェ(菅又亮輔)
トシ・ヨロイヅカ(鎧塚俊彦)

ナッシュカッツェ(今井伸哉)
コンディトライノイエス(野澤孝彦)

パティスリーパリセヴェイユ(金子美明)
パティスリー・ドゥ・シェフ・フジウ(藤生義治)
パティスリー・プラネッツ(山本光二)
ピエール・エルメ・パリ(ピエール・エルメ)
フラウラ(桜井修一)
プレジール(捧 雄介)
ブレッツカフェ クレープリー
フレデリック・カッセル
パティスリーポタジエ(柿沢安耶)

マルメゾン(大山栄蔵)
ミキモトラウンジ

パティスリー ショコラトリー ヤスシ・ササキ(佐々木 靖)【ベルギー】

ラ・ヴィ・ドゥース(堀江 新)
ラ・スプランドゥール(藤川浩史)
ラ・ノブティック(日高宣博)
ラフェクレール(増田裕樹)
ラ・メゾン・デュ・ショコラ(ジル・マルシャル)
ランドルト(八木淳司)
リベルターブル(森田一頼)
リリエンベルグ(横溝春雄)
ル・ポミエ(フレデリック・マドレーヌ)
ロートンヌ(神田広達)
ロワゾー・ド・リヨン(加登 学)

開店準備中
(和泉光一)

【ホテル パティスリー記事検索[編集中]】
浦和ロイヤルパインズホテル(朝田晋平)
ザ・ペニンシュラ東京(野島 茂)
帝国ホテル(望月完次郎)
ホテル西洋銀座(浦野義也)
マンダリンオリエンタル東京(五十嵐宏)

【レストラン記事検索[編集中]】

・神戸バーガー EAT 外苑前
ヴェルヴェンヌ たまプラーザ
エクイリブリオ 二子玉川
OGINO 池尻大橋

カレーやさん LITTLE SHOP 渋谷
キュイジーヌ濱下 池尻大橋

デイルズフォード・オーガニック 青山

ランベリー 青山
ルカンケ 白金台
ル シエール 横浜ロイヤルパークホテル
ル・プチ・リュタン 下高井戸
ロオジエ 銀座

☆わからない用語を自分なりに調べてまとめてみました☆
【お菓子・素材の解説】
クグロフとは?
ザッハトルテとは?
ジャムとコンフィチュールの違い
プラリネとは?
ジャンドゥーヤとは?
ガレット・デ・ロワとは?

【歴史用語の自分なりの解釈】
双頭の鷲とユーゲントシュティール
ウィーンの薔薇模様の歴史
マリー・アントワネットのお皿

【こだわり菓子食材の記事】
不知火(しらぬい)
ハスカップ
あまおとめ
安納芋
カヤジャム
フォアグラとショコラ
コロブリエールの栗
豆腐よう
食用ほおずき
葡萄の里のピオーネ
ルバーブ
さとうきび酢と黒蜜
ひよこ豆コロッケ ファラフェル
温州みかん
トプフェン
栗とカシスの組合せ



【ご理解を】
◆売込み、H系、記事に関係ない内容、悪意が感じられるコメント・TB、又は単語一つ抜き出してのTBは表示しません。ご理解下さい。
また、このブログ内で政治・宗教等についての論争に発展すると判断されるコメント・TBも表示しませんのでご了承下さい。
詳しくはブログ利用上のご注意をご覧下さい。
このブログはリンクフリーです。
相互リンクに関しては管理しきれない数になっていますので、たいへん申し訳ありませんが相互リンクはご遠慮させていただいています

◆また、このブログ内に掲載されている[PR]、[Ads by Google(グーグルアドセンス)]等の数多くの広告は、楽天が自動的に挿入しているものです。
右上のPRは固定されているため違う場所に表示することができません。
ブログの内容と全く関係のない見苦しい広告が表示されることもありますが、どうぞお許し下さい。これらはクリックしていただいても私(ガレット)の収入になることはありません。

カテゴリ

バックナンバー

2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

菓子工房「ルスルス… New! ヴェルデ0205さん

新作LINEスタンプ「… New! tara@minfannoteさん

フロマジュ キュイ New! えこすさん

ノイハウス ☆彡 ミル… New! Belgische_Pralinesさん

たたかうマヌカハニ… New! 家族で眼鏡さん

「銀座 に志かわ」の… New! バームクーヘンさん

ターキッシュデライト 灰色ウサギ0646さん

コメント新着

umashi2015@ Re:上質なマヌカハニーを見分けるには(04/07) 初めまして。突然のご連絡を失礼致します…
ガレット(gateau2006)@ ふ~みんさん お久しぶりです。毎日暑いですね。 気づい…
ふ~みん@ Re:上質なマヌカハニーを見分けるには(04/07) ガレットさん、お帰りなさい! 記事を拝見…
ガレット(gateau2006)@ 菓子本屋さん 菓子本屋さん、ご無沙汰しています。 コ…
菓子本屋@ Re:上質なマヌカハニーを見分けるには(04/07) ガレットさんおひさしぶりです。新しい記…

フリーページ

カレンダー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.