000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

審査甘いキャッシングの比較情報満載!

全4件 (4件中 1-4件目)

1

金融関連法律

2012.05.14
XML
カテゴリ:金融関連法律

個人信用情報機関とは、皆さんのよりよいクレジットライフを支える為の機関です。

具体的には、厳重なセキュリティ、信用情報をデータベース化している機関です。

その情報を、会員のクレジットカード会社は、審査や与信管理の際に閲覧する事ができます。




☆どんな事をすると載ってしまう?


なんらかの金融商品を利用すると、情報が掲載されます。身近な例では、クレジットカードやショッピングクレジットの契約情報が掲載されている場合が多いでしょう。


まずカードの申し込みをすると、クレジットカード会社が審査の為に個人信用情報機関にアクセスして、申込者がデータベースに登録されているかをチェックします。もし申込者と思わしき情報があれば、その情報を閲覧し、審査に利用するのです。その際に、申し込みをした事実もそこに掲載されます。(その事実は6ヶ月程残る機関が多いです)


☆☆おまとめローンを検討中の方はこちらへどうぞ☆☆


次に、そのカードの審査が通った時に、改めて契約情報の内容を掲載します。(こちらは契約中ずっと載ります。解約した後も5年間残ります。)


☆延滞情報があると・・・


個人信用情報機関には、クレジットカードである程度の延滞をしてしまったりすると、延滞した情報等も載ります。逆に、しっかり支払いをしていれば、「ちゃんと支払っているよ」という情報をつけてくれる会社もあるのです。


支払いをしっかりしていれば他のカードも作りやすくなったりするのは、このヒストリーが原因となる事もあります。ですから、きちんと引き落とし日に支払いをする事が大変重要です。



どんなブラックな人でも絶対に融資可能な業者がこの日本にはあるらしい・・・







Last updated  2012.05.14 15:25:24


2008.03.10
カテゴリ:金融関連法律
貸金業登録番号(かしきんぎょうとうろくばんごう)とは、貸金業者が営業許可を持つことを照明する番号の事。貸金業を行うものは全て都道府県知事(または財務局長)への登録が必須となっており、この番号がない業者はいわゆるヤミ金である。



登録番号の例は以下の通り「関東財務局長(2)第1234号」というように登録されている。なお、()内の数字は登録が更新された回数を示しており、登録は3年更新であることから、()内の数字が多いほど長期間にわたって営業されている業者であるということがわかる。

審査甘い消費者金融


消費者金融審査甘いブラック可


金融ブラックリスト融資NAVI


人気サイトランキング

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加






Last updated  2008.03.10 10:17:44
2008.02.26
カテゴリ:金融関連法律
また、エイワは、借り主が店舗に行って返済したとき(エイワでは店舗に行って支払うことが割合多い)は、受取証書をその場で交付していますが、振込で返済したときには受取証書は郵送もしていません。そうすると振込返済の場合には18条書面を交付していませんのでみなし任意弁済は成立しません。ここまでは裁判でエイワの弁護士も認めます。問題は、1度振込返済があった場合、その後店舗に行って返済したときに渡す受取証書に記載する利息と元本充当額は、以前の(みなし任意弁済の適用されない)振込での返済について利息制限法で計算した場合の金額を書かねばならないかです。エイワは当然振込返済のときもみなし任意弁済の適用があるという前提で計算した額を記載しています。消費者側の弁護士はこれを親亀子亀問題といっています。ようするに前の18条書面がこけたらあとの18条書面もこけるかということです。この問題はエイワに限らずすべての貸金業者に共通する問題です。実は、この問題については、最高裁の判決はなく、親亀子亀問題に理解を示さない裁判官も少なくないといわれています。東京高裁2004年9月22日判決はみなし任意弁済が適用されない振込返済があった後はそれ以後の受取証書にはすべてその振込返済について利息制限法の利息で計算した金額を記載すべきであり、そうでない不正確な記載をした受取証書は貸金業規制法第18条の書面と認めることができないと判断しました。これは理屈としては、エイワについては1回でも振込返済があれば、そのあとはすべて店舗での返済で受取証書をその場で交付していても、振込返済後はすべてみなし任意弁済の適用はなく利息制限法が適用されるということです。

審査甘い消費者金融


消費者金融審査甘いブラック可


金融ブラックリスト融資NAVI

人気サイトランキング






Last updated  2008.02.26 09:38:12
2008.02.15
カテゴリ:金融関連法律

「保証人にはなるな!」これはどこからともなく学んだ知識です。

クレジットカードやある程度の融資なら、保証人すら必要としない場合が多いです。

こう考えると保証人が必要な時はめったにないのでは?と感じますね。


それでは、保証人が必要なケースとは一体どう言った場合なのでしょうか?


売買契約書、借用契約証書、各種ローン契約書など、法的効力を含めた書式は様々ですが、これら書類のほとんどは連帯保証人が必要となる事が多いのです。

上記の契約は、契約者本人が債務者となります。

そして上記の書類の連帯保証人になるということは、契約内容を連帯して支払の義務を受け持ちます、と言う人になるということです。




法的効力がありますので、万が一契約者本人が支払能力が無くなった場合、代理で支払わないといけなくなります。

支払う義務が法的に生まれますので、支払わなくてはならないのです。

低額がったとして、高額だったとしても、です。


これが連帯保証人です。


自分の友人は連帯保証人になり契約者本人は後に逃亡、代理で支払いを行っていましたが返済が苦しくなり自己破産しています。

こうやって文字に書くのは簡単ですが、詳細を詳しく知ってる自分としては笑えません。


自己破産する人の4人に1人はこの連帯保証人だそうです。


例え肉親であったとしても連帯保証人になるな。これは絶対と言えます。


どんなに信頼がある人でも丁重にお断りしましょう。




【金融関連のPUSHサイト・ブログ】


消費者金融の気になる審査


審査甘い消費者金融


消費者金融審査甘いブラック可


金融ブラックリスト融資NAVI








Last updated  2013.02.01 11:24:12

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.