000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

「県立上位高・茨大附属中」合格専門 進学塾プロフェッショナル

PR

全2784件 (2784件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2019.06.17
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
開校する前

大手塾の会社員時代から

1つ1つコツコツ書き続けていましたが


今日で楽天ブログを卒業致します。


これからは

「はてなブログ」で


そして


これまで以上にガンガン更新して

がっつり書いていきたいと思いまーす♪


何卒宜しくお願い致します。m(_ _)m



新しいブログのリンク先は

こちらからどうぞ!!​

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


「県立上位高・茨大附属中合格専門」進学塾プロフェッショナル










Last updated  2019.06.17 22:18:00


2019.06.13
カテゴリ:カテゴリ未分類
陸上を皮切りに

中3生にとっては

部活動の集大成となる総体が始まった。


みんな今週末は

他の中学校との練習試合も行われるらしい。


大会前の最後の調整期間だろうね。


僕自身もスポーツをやっていて

草大会や県大会にも出ているから良く分かるけれど


まあ

受験と違って

スポーツの場合は

最後の最後に一気に実力が伸びる、

ということはあまり考えにくいかもしれない。


だから

ある意味、受験と同じように

最後の最後は

基本的なことを

キッチリとミス無くできるようにしておく事に

一番時間を費やした方が

結局は試合で勝てるんじゃないかな?

と思うよ。


今からは

怪我や病気をしないように

あまり無理せず練習してもらいたいよね。


中学最後の大会だからこそ

後悔しないように

思いっきりやってきて欲しい。

そして

たとえ緊張しても

試合中ピンチの連続でも

良い意味で開き直って

正々堂々ぶつかって行けよ!


そして

試合に勝っても

たとえ負けたとしても

どうせなら

超楽しんで♬

やって来いよ!


この総体での

色々な経験が

その後の入試本番でも必ず活きてくるから。


ただ

しかーし、

総体期間中には

同時に「期末テスト」があることも忘れずにね。


昼は部活動。

夜は

毎日がっつり期末テスト対策勉強だよー!


進プロ生は

過去の先輩たちから

常に「文武両道」が伝統なんだよ!


我らが

スポーツマン塾長と同じように!(笑)






Last updated  2019.06.13 03:52:01
2019.06.08
カテゴリ:カテゴリ未分類
中2生と中1生たちには

普段から当たり前に意識して欲しい勉強法がある。

それは

何と言っても

「解いた問題をキッチリ暗記すること」

だ。


毎回毎回必ず暗記することを意識して

普段から勉強していけば

自ずと結果に結び付き易くなる。


逆に

問題を解いただけで満足してしまい

暗記を後回しにしてしまえば

点数にはなかなか反映されにくくなる。



テスト勉強でも

「今覚えてもどうせ忘れてしまうから直前に暗記しよう。」



一見もっともらしく聞こえるような言い訳を捻り出して

大事な暗記を後回しにしてしまう生徒は

確実に手痛いしっぺ返しを食らう。


逆なんだよ。

逆!


大事な暗記こそ

一番最初にやってしまえば

後から思い出す労力は最小限で済むのに・・・。


これから入試の問題傾向が

いくら思考力重視や記述力重視に変わろうが

一定の正確な知識が頭に入っていなければ

いくら思考しようとしても

いくら記述しようとしても

考える為の

文章を書く為の

前提となる材料が頭に無いんだから

考えられる訳がないし、

文章を書ける訳がない。

だからこそ

まずは知識の暗記から始めるべきなんだ。


というわけで

中2生と中1生たちには

今回、

とりあえず社会のテキストを

そのまま完璧に覚えて

全く同じ問題を確認テストしてすぐに解く。

ということを

授業時間を使って実践してもらった。


全く同じ問題だから

ちゃんと覚えれていば即答できるが

うろ覚えだったり

暗記の精度が不完全の状態だと

手が止まってしまったり

誤字脱字をどんどん連発してしまう。


彼らにとっては

今回、物凄く良い機会になったと思うよ。


こういった

必殺「暗記大会!」を

これからも

随時ガシガシ挿入して行こうー。


生徒にとって覚えることは非常に頭を使うから

どうしても苦痛なことが多いはず。

その気持ちは痛いほど良く分かるよ〜。


でもね。

点数を確実に叩き出せるようになる為には

絶対に暗記だけは避けて通れないんだよ。


このように

自分1人じゃなかなかしないことを

自分1人じゃなかなかできないことを

進プロでは

どこよりも率先してガンガン実行していく。


みんな、いいかい。

暗記こそ、

「暗記こそ力なり。」

なんだよ!






Last updated  2019.06.08 04:02:29
2019.06.07
カテゴリ:カテゴリ未分類
6月に入り、

我が塾まで

水戸市内の県立高校や私立高校の先生方に

ご来校頂いている。


わざわざお越し頂くだけでなく

さらに表では言えないような超貴重な情報まで

ざっくばらんに色々なお話をして頂き

本当に本当に有り難いです。


実際に進プロ生が進学している高校の先生が多いので

色々具体的なお話を聞いているうちに

卒業生たちの現状だけでなく

さらに未来像まで

直接見ていなくても手に取るように分かってくる。



早速

この貴重な情報を出し惜しみすることなく

進プロ生たちにどんどん公開していこうと思っていまーす!


皆様

乞うご期待ください!






Last updated  2019.06.07 00:21:26
2019.06.06
カテゴリ:カテゴリ未分類
中間テストが終わり

総体も近付いてきたこの時期に

まるで駆け込みのように

授業体験のお問い合わせが続いている。


おそらく

現状の成績や普段の勉強の様子に

危機感を持ち始めた

保護者の方や生徒たちが進プロの門を叩いてきているのだと思う。


生徒は

ふとしたきっかけで変わる。


良い方にも。

悪い方にも。



進プロは

地域の生徒たちに

「勉強を頑張るきっかけ」を与えて

良い方向に変わらせてあげたい。


勿論

きっかけを与えるのは

塾だけの力じゃ全く足りない。


生徒も保護者も

他に何があろうとも

「とにかく今からは勉強を頑張らせるんだ。」

「とにかく今からは勉強を頑張るんだ。」



断固たる決意を表明し

そのまま

具体的に行動で示さないといけないんだ。



その決意の導火線に火を付けるのは

僕ら進プロの大きな役目だ。



簡単なことじゃないけれど

一旦

何かしらのきっかけを与えれば

面白いように頑張るようになるよ。


その良い見本となる生徒たちが

この塾には

たくさん

たくさん

溢れているから。






Last updated  2019.06.06 01:59:45
2019.06.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
あと1科目がまだ返ってきていないので

5教科の合計点が判明していないが

中3生と中2生で

それぞれ

4教科が返ってきた時点で

386点と385点という生徒がいる。


もしかしたら

このまま行けば

「480点越え!」が期待できる点数だ。


しかし

彼ら2人とも

正直あまり浮かないような顔をしている。

自分自身の点数に全く納得いっていない様子に見える。


その中の1人の生徒は

中間テストが終わったばかりにも関わらず

昨日の授業後に

僕に追加でテキストを借りにやって来た。


そういった彼らに共通していることが

2点ある。


1点目は

彼らは今までに

「学年1位!」を5連続ぐらいバンバン叩き出す生徒だということ。




2点目は

テストが終わって部活の総体も近いけれど

自分の足りなかった所を見付けて

すぐに行動を起こし

そして

貪欲に弱点を潰しにやって来る。


保護者の方も

お家では毎回相当意識付けを行っているはずだ。

だから

子供もテスト後に即行動することが習慣化されているのだろう。

(習慣になるまでは保護者の方もかなり苦労されていたはずです。)



あなたのお子様は果たしてどうだろうか?

もし

テストの点数で芳しくなかった教科があるというのにも関わらず

自分の弱点をそのままほったらかしにして

他のことに邁進させてはいないだろうか?

(自分の弱点こそ今のうちにいち早く潰しておけばー!)

そして

またテスト前になってから慌てて勉強し始めて

不甲斐ない点数を出す羽目になっていないだろうか?


それで

「ウチの子のテストの点数が上がらないんですけど・・・。」

なんて

口が裂けても言えないと思うのだけれど・・・。


なかなか

子供は親の言うことは聞かないとは思うけれど

今からでもギリギリ遅くはないですよ!


勉強を生活の柱において

まずは勉強で結果を出してもらえるように

強制したり褒めたりしながら

色々工夫していきましょうよ。

そして

僕らと一緒に頑張っていきましょう!


部活で圧倒的な結果を出すことよりも

勉強で圧倒的な結果を出す方が

間違いなく簡単ですから。

(経験者は語る。)






Last updated  2019.06.05 17:04:55
2019.06.02
カテゴリ:カテゴリ未分類
「人生楽ありゃ苦もあるさ〜♬」

と水戸黄門の主題歌のように

人生は

自分の思ったようには

なかなか行かない。


そんな時

自分はどうするのか?


上手く行かなかった時

失敗した時

ミスをしでかした時


そんな時こそ

自分自身が

ある意味試されていると思った方が良い。


「思ったように行かない時ー!」

とお笑いコンビの「いつもここから」のネタじゃないけれど

(ヤバい!年齢ががっつりバレてしまうじゃないかー笑)


良い意味で

気持ちをスパッと切り替えた方が良い。


「起こってしまったことは

もう仕方がない。」

と一旦忘れてしまう。


少し反省して

失敗した点を少し見つめ直して

次こそ上手く行くように

必ず上手くいくように

ちょっとした作戦を立てて


上手く行かなかった事自体を

前向きに捉えて行こうよ。

全力で前向きに。


部活でもそうでしょ?


練習や試合で

自分の犯したミスを引き摺っていて

どうするの?

それで良いことなんかないでしょ?!


「今回はミスったけれど

次こそ

しっかり決めてやるからなー!」


って思えばいいじゃんか。


僕のテニスなんか

ミス・ミス・ミスのオンパレードで

毎回毎回反省しまくりなんだよー(笑)

(ただの「下手の横好き」という噂もありますが笑)


ミスをしたから気付くことや

負けたから気付くことの方が

山ほどあるでしょ?!



テストでもしかり。



思ったように行かなかった時こそ


次に大きく飛躍する大チャンスだよ。



不甲斐ない自分に対して腹を立てて

なんか知らないけれど

「やけのやんぱち」になっちゃったら

自ら勝手に自滅していくだけだからね〜。


それこそ

まさしく相手の思うツボ!


自分からナーバスになってどうすんの!


ここは一旦

冷静(冷製)パスタ笑になって

深呼吸して気持ちをフーッと落ち着かせてから

すぐに再度

アタックして行こう。


ここで思い通りに行かなくて

「俺ってラッキー♬」

「私ってラッキー♬」


って思って欲しいな〜。



だって

大概の人は

過去の実績なんかより

今の方が

もっと言えば

これからの方が

メチャクチャ大切なんだから。

ね。






Last updated  2019.06.05 12:37:24
2019.06.01
カテゴリ:カテゴリ未分類
中間テストの点数が

徐々に判明しつつある。


5教科の合計点が判明した生徒では

今の所、

水戸五中の中1生が

いきなり

479点!


やったね!


ただ

本人曰く、

メチャクチャつまらないミスが結構あったようなので

点数に関して

悔しい気持ちを滲ませていました。


そう、

その気持ちが大事!


今回の反省点を活かして

すぐにやってくる期末テストに向けて

今からコツコツ準備して行こう。



テスト勉強というものは

結局、

誰よりも早く始めたモン勝ち!


だからね〜。V(^_^)V






Last updated  2019.06.01 03:00:03
2019.05.29
カテゴリ:カテゴリ未分類
毎年恒例になってはいるが

5月中旬から6月と7月にかけては

「学校のイベント」が超てんこ盛り!だ。


中1生は宿泊学習

中2生は船中泊(水戸五中は天候の影響で11月に延期)

中3生は修学旅行

ちなみに附属中生は山登り。(渋いよね~。)

そして

部活動では中3生にとっては引退を賭けた最後の総体(中体連)。

さらに勝ち進めば中央地区・県大会。

吹奏楽部は最後のコンクール。


そして

その合間合間に

中間テスト&期末テスト&実力テストが

がっつんがっつん実施される。


進プロ生はたち

水戸市内だけじゃなく

水戸市外からも含めて

いろいろな中学校の生徒さんが来てくれているので

各中学校・各地区で

イベントの日程がバラバラの状態で

結構凄いことになっております。

(塾の先生なら分かってくれると思います。)



この時期が

夏休み前の大きな大きな山場だと思うよ。


学校のイベントを十分に楽しんで頑張りながら

如何に勉強時間を捻出するのか?

どれだけ塾に来て勉強するのか?

(イベントを言い訳にせずに休まないか?)


ここでの頑張り方次第で

6月末の期末テストだけじゃなく

夏休みが明けてからの

2学期以降の秋・冬の成績にも影響を及ぼしてくると思う。


毎年生徒たちを見ていて感じることは

そんな

イベントで毎日忙しい時こそ

「強引に塾に来ちゃった奴が結局は勝っている」ということ、

だ。


このように

決めたことは

何があってもキッチリ遵守するからこそ

最後には良い思いをしているんだと思うよ。



進プロ生たちには

是非イベントもモリモリ楽しんで

勉強もがっつりやって欲しいね。


僕らは器用でも不器用でも

そんなものは関係無い。


どちらか一方ではなく

どちらも一生懸命やっちゃった方が

絶対にお得だから。


どうせなら

俺たちは

欲張りバリバリに生きようぜー!






Last updated  2019.05.29 17:37:39
2019.05.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
もう少しで

「定期テスト直前土日特訓」が終わる。


この土日の2日間

昼過ぎから夜まで頑張ってくれた生徒たち。

本当にお疲れ様でした♡


後は

テスト本番まで何度も見直して

記憶の再確認と

知識と解法の最終定着をきっちり行っていこう。


まだ

中間テストは始まっていないけれど

ここで頑張ったことは

必ず後で生きてくるから。



そして

まだ中間テストは始まっていないけれど

今回の結果は

キミがどれだけ本気で努力したのか?


それが

点数として目に見える形で表れてくるだけなんだ。



全ての科目で当たり前のように

高得点をバシバシ叩き出してくる生徒は

やっぱり

努力しているよ。


キミが一生懸命努力している姿を

僕自身が

目の前でハッキリと見ているんだから

これだけは絶対に間違いないよ。


逆に言えば

本番でミスを連発してしまうような生徒は

やっぱり努力が全く足りていないよ。


僕自身が

キミの努力している姿を

全く見ていないんだから

若しくは

他の生徒より見ていないんだから

これだけは間違いないよ。(笑)



ただ

キミたち全員に言えることは

残り数日しかないけれど

まだまだできることは山ほどある。

まだまだ完璧だとは言えない問題が

絶対にあるはずなんだ。


そういった問題に

ピンポイントで照準を絞って

できるだけ急ピッチで

一気に仕上げていこうぜ。


どうせなら

俺たちは

石に齧り付いてでも

「100点満点!」を連発するぞ!!






Last updated  2019.05.26 22:20:15

全2784件 (2784件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.