029434 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

清算

2008.01.20
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今回の事件(新潟の顕正会員逮捕)につき会の実態に気づき、目を覚ます者が少しでも増えることを祈ります。もういい加減見切りをつけてすっきりしてほしいと思います。

私が活動していた当時も顕正会に対する圧力は各方面からあったと発表されていましたが、ここ最近の動向は以前とは違い悪質な事件性が顕著になってきています。いままで内部で何とか統制が取れていた組織活動がコントロールを失って末端で暴走し始めたのでしょう。昔はS学会が警察や公安を牛耳っていて敵対視している顕正会を目の敵にして圧力を加えていたなどとごまかしていた(実際はそんなことはあまりなかったようです)のですが、今回はそういう詭弁はもはや通用しないような状況ではありますね。

よく指導されていたのは「三類の強敵(ごうてき)」といって仏法を正しく行じる者に抵抗する勢力が必ず表れる、それを乗り越えると成仏が叶ってくるということを言っていました。

その三類の中で最大のものは僣聖増上慢(せんしょうぞうじょうまん)といって一国を左右するような権力をもった存在が仇となって現れるというのです。
浅井昭衛氏曰く僣聖増上慢とは国家権力、すなわち警察などの行政力がそれに当たると解釈するはずです。

おそらく浅井昭衛氏を妄信している会員は、今後間違いなく指導徹底されるであろうこの三類の強敵の話をまともに信じなお一層浅井教の忠実な信者としての勤めをはたすのでしょう。

仏法の定理としては正しい図式でしょうが、これはあくまで日蓮大聖人の教えを正し<行っている者が受ける定理なのです。
信仰の根本たる御本尊のお取り扱いに関して致命的な誤りを犯し反省も修正もなく悪びれる様子もなく開き直る団体に対しては間違っても当てはまらないものであります。

ようはかつてのオウムと全く同じであります。

もし私のこの文章をみて少しでも疑問を持ち本当の顕正会の姿を見られるようになる会員が現れることを期待いたします。


・・・今回のまたかというような事件に思わず憤りをこめて書きました。今年は自分なりに仏法を(知識としてなのではなはだ申し訳ないのですが)学び、教学を通して顕正会の矛盾をついていきたいと思います。とりあえず理論書でもみてみよーかなあ^^

容赦ない突っ込み大歓迎です!!勉強させてください!






Last updated  2008.01.21 00:27:21
コメント(0) | コメントを書く


PR

Calendar

Profile


壮年部移行系

Comments

宮澤謙治@ Re[1]:勤行とは(10/12) 懸正会さん >貴方は、学会ですね、勤行…
富士大石寺懸正会@ Re[1]:勤行とは(10/12) 懸正会さん >貴方は、学会ですね、勤行…
懸正会@ Re:勤行とは(10/12) 貴方は、学会ですね、勤行、仕方はわかっ…

Category

Recent Posts

Archives

2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

あしなみ揃えて! … コットンあめさん
日蓮正宗の信仰と私 土底浜さん
一滴の水も流れ集ま… 源遠長流さん
顕正会 『叱狗論』 南風.さん
星界の道~航海中!~ 山門入り口さん

Headline News


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.