175381 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

LOVE Family!

PR

X

プロフィール


kasumi_diary

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2008年11月21日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
来週5ヶ月を迎えるkasumiですスマイル

早いなぁ~

一人目の時は指折り数えて待ったのに。

この調子ならすぐ出産だ(違)

さて。

えー、今日はちとブルーな日記です。

不快な思いをさせてしまうかもしれません。

私の甘さや幼さ全開日記なのですが

今の自分をこれからの戒めにしようと思うので

あえて書き残します。

なので

気分を害したらごめんなさいm(__)m


















実は私。

ずっと育児で悩んでました。

でもどこかでわかってたんです。

悩みは育児のように見えて

実は自分自身の問題が根底にあるって。

それは

実の両親とのトラブルだったり

仕事を長く休んでいることだったり

ママ友とのことだったり。

目の前のふみやさくよりも

全然違うことに心を奪われてました。

まぁ実の両親とのことは

本人達というより親ともめてることへの風当たりの強さに悩んでたんだけど。

本人達とのことはもう納得済み。

でも!

それもこれもみーんな意味のあることだと今日わかりました。

私は自分のことだけ考えられた学生時代や独身時代は

『人は人』

が徹底していて

妬みも嫉妬とも無縁な人だったのです。

周りに恵まれていたのもあるのだれど。

でも子供を産んで

今まではそれらの感情を押し殺してただけで

実際の私は

根暗で
嫉妬深くて
心配性で
ええかっこしぃ

だってことに気がつきはじめて

自分のことを受け入れられなくなっていました。

私は

明るくて
勉強はできないけど友達と楽しく過ごせて
前向きで
めげない

性格のはずだったからです。

そう思い込んでいたのです。

そう有りたかったのかも。

でも自分の子供に本性を暴かれました。

私が子供を叱ってるのは
叱ってるんじゃなくて
当たってること

それも

体裁ばかりを気にして
自分の子供の言い分を聞けていなかった

最低です。

自分は最低なのに

子供には最高で完璧を求めていた…

『お行儀が良くて
ルールを守れて
みんなと仲良くできる』

そんな子供なんていない

というか

私には産まれてこない。

もっと言うなら

産まれてきても今の私なら育てていけなくて
逆につぶしてしまう

そう思います。

じゃあこれからどうするか。

私は本性の本当の自分をきちんと受け止めることにしました。

自分のこととふみやさくは違うことを

今一度きちんと認識しなおすことから始めます。

口ではなく態度で。

それを思い直させてくれたのはふみと

ふみが初めて自分の意思で見つけたお友達でした。

今まで付き合ってくれたママ友とその子供達は

私とママが仲良くなり、そして子供達も遊んでました。

ママ主導だったのです。

子供達も大きくなり

自分の意思や個性が出てきて

親と子供のズレが生じてきました。

そして親同士も。

『みんな違ってみんな良い』

私はそう思います。

でも思っていたはずなのに

『違うだろー?!』

と違和感を覚えて

幼稚な態度になり、疎遠になっていった友達もいました。

信用していたのに

そこから話が漏れていたこともありました。

まぁ私のお腹の子供の話なので困ることでもないのですが…

(私が親しくしていた友達ともっと仲良い人から

『子供残念でしたね』

と言われたのです。

私はお腹の子供が一人残念だったという話は

その人にはしていないし

そんな話をする間柄でもない。

良いことなら別として残念なことだけ取り上げて

声をかけられたことに困惑しました。

まぁどこから漏れたか定かじゃないから

そこも私の幼稚な疑惑なんだけど(^-^;
)

この例だけじゃなくて

私の仕事の立場を利用して

『何か(おもしろい)話ない?』

と聞いてきた人もいます。

人間関係が広がると私の感度が鈍ることを思いしらされました。

そんな時

ふみが自分で『○くんと遊びたい』

と言い出しました。

でもその子のママはとても一生懸命育児をしているので

私の周りのママは

『一生懸命過ぎて苦手』

と敬遠していた人なのです。

私自身はわりと気が合って

遊び場では仲良く話していたけど

個人的に遊ぶほどではありませんでした。

『参ったなー』

と思っていたところに相手から遊ぼうメール。

これは何かの縁、と思い遊びに行ってみました。

すると。

ふみが初めて自分が悪くない場面で先に謝るのを見ました。

ケンカしそうになっても
『ふみ、ちゃんと貸してって言ってごらん』
と言うと、素直に従い
相手もすんなり貸してくれました。

ケンカして叩きあっても
『○○するのやめて』
『わかったよ、でもふみくんも○するのやめてね』
『うん、ごめんね。もうしないよ』

というやりとりを見ました。

全部新発見。

そして相手の○くんのママも

『○はね、本当に扱いが難しくてすぐ私に当たるし
ケンカしてばかりなのに
初めて親がゆっくり話せたわ』

そうなんです。

○くんは遊び場でも周りから注目を集めるくらい

ママを叩きます。

子供の揉め事も相手に当たらず

全てママです。

バッチーン

と音が響くくらいのこともあります。

それも○くんとママが敬遠される理由の一つでした。

でも

○くんは本当はとても賢く

優しい子なのです。

話せばわかる。

賢い故に周りの空気を敏感に感じとってたから

遊び場が彼にとって楽しい場所ではなかった。

それと同じように

ふみは私の付き合いで遊んでいた相手とは

少しずつ違うものを感じて

遊ぶことが乗り気じゃなかったけどそれを私が感じとってやれなかったから

辛かったのかもしれません。

その集まりでふみがどうしても輪に入りたがらないことがあり

周りのママも私も不思議に思っていたら

少し年上の男の子が

『僕はふみくんの見方だから向こうで一緒に遊ぼう』

と言ってくれたことがあったのですが

私には意味がわからなかったのです。

でもやっとわかりました。

相手が悪いわけでも
ふみが悪いわけでもなく
ただ相性が違ってきたということ。

時々遊ぶのは気にならないけど

前のように頻繁に、というのはふみにはきつくなっていたのかもしれません。

そんな二人がお互いに何か感じるものがあって

うまくやっていけるのかもしれません。

時期がうまくあったのでしょうね。

それを見てハッとしました。

『私はふみの何を見てきたのだろう』

ふみは

乱暴でトラブルが多くて
言うことは聞かないし
すぐ泣くし、すぐキレる

最近の私はふみを持て余していました。

でもその原因のほとんどは私が作っていたのです。

ふみを乱暴にしたのは
私がふみに手をあげることがあるから

ふみがトラブルを起こしたりキレるのは
ふみにも言い分があるのに私が話を聞かないから

言うことを聞かないのは
ふみはもう自分の意思を持ち
自己主張ができるようになった証拠


こんな当たり前のことを私は自分のことで手一杯で

気が付かなかった…

端くれながらも教育に携わっているのに。

先輩たちが言ってた

『偉そうに言っても自分の子供には違うのよ』

と言ってたことがようやくわかりました。

私は

自分の嫉妬深さも
根暗な部分も
醜い部分も

全部『私は私』と受け入れていくことにします。

嫉妬深いのは周りを気にしすぎるから程々にスマイル

根暗な部分はまぁそれも個性(笑)

醜い気持はきっと多かれ少なかれ誰でもある

そう思います。

そしたら急に楽になりました。

何を今まで見て
そして背負いこんで来たのだろう

と。

目の前のふみとさくを宝物だと思っていた私に

早く戻りたいなと。

これからもきっと多かれ少なかれトラブルはあるだろうし

ふみとさくと衝突することもあるだろうけれど

育児は育自だから

まぁ前向きにうっしっし

お付き合い頂きありがとうございました赤ハート

私は今 元気ですちょき

『私は私』で良いことにしますスマイルバイバイ

人生楽しんだもの勝ち!






最終更新日  2008年11月21日 23時12分56秒
コメント(2) | コメントを書く


お気に入りブログ

中学教師とカウンセ… nokhysさん
マイボくんのメンメ… マイボくんさん
Grace’s Ro… Grace(^-^)vさん
帰ってきた♪ココマロ… ココマロ373さん
かきのたね みえこ嬢さん
☆フルタイムで働く1… チャーミーmamaさん
ニンプな日々2 +tokkari+さん
みき日記 みき0318さん
ゆかママンのハッピーな… ゆかママンさん
長男の鬼嫁 きょん530さん

コメント新着

Sumire.@ Re:出産してました!(07/01) 出産おめでとうございます! 更新がなか…
みづきのこ@ おとこのこだったんですね~ 性別、もうわかったんですね! しかも男…
ぴか☆@ お久しぶりです こんにちは。ご無沙汰してましたー。 日…

© Rakuten Group, Inc.