148677 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

原付バイクでツーリング★基本は野宿!

PR

Category

Freepage List

Favorite Blog

千歳基地航空祭2018 … 腰痛ライダーさん

日帰り温泉と本格い… はる(HN変更 湯巡り)さん
魔女メグ 魔女メグ♪さん
美味しい珈琲が飲み… robustFilterさん
A Day In The Life Miya*61さん

Comments

黒うさぎ@ 青年は荒野を目指す がんばったね!! 万歳モンキー
UrruWoEbNRRV@ BZqgOvRlueH 200509040000.. OMG! :)
乗らない騎手@ ちょっとは木馬隠せw あのー、三 角 木 馬が家にあるってどん…
ドライブ好き@ 風呂入るのメンドクサイ! <small> <a href="http://feti.findeath…
リナ@ 今日は苺ぱんちゅ <small> <a href="http://kuri.backblac…

Archives

2018.08
2018.07
2018.06
2018.05
2018.04

全65件 (65件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

おいしいコーヒー

2007.05.07
XML
カテゴリ:おいしいコーヒー
ハリオ水出しコーヒーポットで淹れたコーヒーの試飲結果をば。

説明書では、8時間後に飲むようにとのことだったが、待ちきれずに7時間で試飲開始。
うむむ。以前、ペットボトルにコーヒー粉を入れて作った偽水出しコーヒーと似ている。
独特の香りっていうのかなぁ、同じ豆でも、通常のドリップで落としたコーヒーにはない香りがある。

水出しコーヒーのレビューなんかを見ていると、絶賛コメントばかりで、とてつもなく美味しいものだと思ってしまうが、そこは嗜好品であるコーヒー。もちろん、好みじゃなければおいしくないと思うわけでしてね。

ワタクシ的には、嫌いじゃないけど、言うほどおいしいとも思わない。
ま、使用した自家焙煎深煎りのマンデリンが、中途半端な焙煎具合だったのもあるだろう。
もっと深く煎らないと、パンチがないね。

レンジで暖め、ホットにして飲んでみたけど、独特の香りはそのままで、おいしいのかどうか判断がつかない。

とはいえ、抽出した1リットルを、あっさりと一人で飲みきり、二回目の抽出を行うのであった。

2回目は少し長めに8時間半。
1回目が微粉でにごりまくっていたので、気持ち粗めに挽いたマンデリンを使用。
一度に80gを使用するため、急遽100gを焙煎してからになってしまった。

なんだかんだ30分かけて焙煎したって、100gしかできないのに、一気に80g使用するとなると、なんだかもったいない気持ちになる。

2回目もにごったものができてしまったので、一度フィルターでこしてから飲んでみた。
うむむ。1回目とあまり変わらない。少しコクが増したかなという程度。

これなら、普通にドリップして、氷で急冷したアイスコーヒーのほうが、おいしいかもしれない。3回目は、もっと深煎りにしたマンデリンを使用するか、コーヒー屋さんあたりで、アイスコーヒー豆セットを買うか迷っている。

1年中!!夏のアイスコーヒーセット(500g×4パック)






Last updated  2007.05.08 00:53:39
コメント(13) | コメントを書く
2007.05.03
カテゴリ:おいしいコーヒー
仕方なく買ったみさらしフィルターの臭いに耐え切れず、バイクで30分かけて大型ホームセンターまで行ってきました。

近所のコーヒーショップで、円錐フィルターの取り扱いを始めるまでは、いつもここまで来て買ってたんだよな~。

ゴールデンウィークということもあって、大混雑!
酸素漂白のフィルターを買うためだけに、ここまで来ている俺には、ただただ迷惑。
ちょっと工具売り場のほうをうろついたあと、フィルター売り場へ。

ハリオ円錐フィルター02の100枚入りを手に取り、レジへ向かう途中、ハリオ水出し珈琲ポット8人用を発見。
せっかくここまで来たんだしってことで、フィルターと一緒に購入。

ハリオ水出しコーヒー

ハリオ円錐フィルター02は、外側から1.5cmくらい切り取ると、01ドリッパー用としても使えるので便利ですよ♪

そんなことはどーでもいい。
早速、水出しコーヒーってのを作ってみよう。
と思ったら、深煎りのマンデリンが20グラムほどしか残ってない。

なんだか大きいサイズのポットを買ってしまったようで、80グラムの豆を必要とするらしい。
急いでマンデリン焙煎。20分かけて、深煎りに。

深煎りマンデリン  ストレーナーをセット

明日まで待ってられないので、1時間ほど放置した後、電動ミルで中細挽きにする。
指定の80グラムをストレーナーに入れて、ポットにセット。

少しずつ水を注いでいく。←説明書に書いてある。

中細挽き?   注ぎ

これがなかなか時間がかかる作業で、水を注ぐと、ストレーナーから豆が溢れそうになるし、1リットルの水を注ぐには、かなり時間がかかる。
途中、菜箸でかき混ぜながら注ぐこと数分。

ようやく一リットルの水を注ぎ終わる。
抽出

菜箸でかき混ぜすぎたからか、にごっている。
説明書によると、これを冷蔵庫に保存し、8時間で抽出完了とのこと。
午後5時からだから、午前1時頃には飲めるかな。

う~ん 本格的水出しコーヒーは初めてだからな~ ちょっと楽しみですぞ。


【只今ポイント7倍】ハリオ 水出し珈琲ポット8人用 MCP-14B【数量限定 特別価格】

あまり量を飲まない方は、もう少し小さいサイズのほうがいいかもしれません。
2~3日の保存がきくようなので、大きいサイズでもいいかな??

ハリオ水出し珈琲ポットミニMCP-7B







Last updated  2007.05.03 17:45:34
コメント(0) | コメントを書く
2007.04.29
カテゴリ:おいしいコーヒー
みさらしのコーヒーフィルターの臭い、気になりません?

ここ最近ずっと、ハリオの酸素漂白フィルターを使っていたのですが、在庫がなくなったため、いつものコーヒーショップに行きました。

しかし、今まであった酸素漂白フィルターの取り扱いをやめてしまったらしく、みさらしの100枚入りしかないとのこと。

以前、みさらしを買ったときにも、紙の臭いが気になったので、それ以来酸素漂白のフィルターを使うようになったんですが・・・みさらししか置いてないなら仕方ないってことで、渋々買ってきました。

案の定、紙の臭いがヒドイ!

ドリップ前に湯通ししても、完全に臭いは消えず。
友人や彼女に飲ませてみても、臭いは気にならないらしい。

俺の鼻がおかしいのか!?
そんなことはないはず。舌に自信はないが、鼻には自信がある。

コーヒーの味に影響を与えるほど臭いみさらしフィルター。

なんでこんなもの売ってんだろう?

酸素漂白だけでいいじゃないか。
いつもなら40枚セットを買うのに、今回は100枚セット。

一日4回のドリップで、約一ヶ月・・・やだ!こんな臭いのヤダ!!!

みなさんは気になりませんか?







Last updated  2007.04.29 22:19:38
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.03
カテゴリ:おいしいコーヒー
ホームページ原付バイクツーリング!貧乏野宿の旅 祝5万アクセス達成記念として企画した、野宿ブレンド珈琲プレゼントキャンペーン。

多数の応募!?から、5名の当選者が決まりました。
というわけで、今日は、100g×5名=500gの焙煎をすることに。

生豆140gをハンドピック⇒焙煎後さらにハンドピック⇒約110g
一日で5回焙煎しなければならない計算スマイル

これまでの最高は3回だったから、未知の領域へ足を踏み入れることになる。

野宿ブレンドなんて言っちゃったもんだから、なにかとなにかをブレンドしなければならない。現在の生豆の在庫状況から行くと、お気に入りの豆2種類を6:4の割合でブレンド。

どちらの豆も、2ハゼ開始から20秒ほどで煎り止めて、シティロースト寄り狙い。

焙煎前のコンロ
焙煎前

焙煎後のコンロ
5回焙煎後

豪快に撒き散らしました。コンロだけでなく、キッチン周り全てこんな感じ雫

12時半から焙煎を始め、全ての焙煎が終わったのが、3時前。
さすがに腕がおかしくなります。汗だくです。
でも、一仕事終えた感があり、終わった後のビールがおいしかった。
500g

これを100gずつ、5袋に分け、ちょいとしたシオリをつけて発送=3

発送

自分で飲む分がほとんど残らなかったので、どんな風に仕上がったのか、ハッキリとはわかりません。

気合を入れて焼いたので、みなさんに喜んでもらえると嬉しいな~ダブルハート







Last updated  2007.03.03 19:47:44
コメント(0) | コメントを書く
2007.02.27
カテゴリ:おいしいコーヒー
だーいぶ更新が止まっていましたが、久しぶりに投稿!
(別ブログの方は、ちょくちょく更新してます)

前回記事の、試飲の結果ですが、あの後すぐに感想をいただきましてぇ、
『なんか薄いかな~と思ったんですけど、飲んでみたら、味がしっかりしてて、すごいおいしかったです赤ハート』と、お褒めの言葉をいただきました。

ま、こんな状況で酷評するひともいないだろうけど・・

と思っていた数日後、焼きたての豆をもう一度試飲してもらったところ

『この間もらった豆は・・なんか・・・・あんまり・・雫

出たー!!酷評。

コンニャロめー ただでもらっておいて酷評とは!・・・正直者じゃねぇかスマイル

まぁね、これくらいハッキリ言ってもらえたほうが勉強になりますよ。

『今度は、淹れたコーヒーを飲ませてください♪』なんて言ってましたけど。

あれから数ヶ月、上手く煎れる豆と、そうでない豆の区別ができるようになってきたので、今までよりブレは少なくなってきた感じです。

マンデリンやトラジャなどは、上手く焙煎できないので、最近は、もっぱらグアテマラやコロンビアを焙煎しています。

2005年9月に開設したホームページ原付バイクツーリング!貧乏野宿の旅のアクセスが、5万を超えた記念に、野宿ブレンドプレゼントキャンペーンなんてものも開催しちゃいました。

もっと色々な方に試飲してもらうのも、勉強になるんじゃないかという企画です。

週3,4回焙煎してても、いまだにブレがあるからなぁ・・ホント、焙煎て難しいです。







Last updated  2007.02.27 11:35:53
コメント(6) | コメントを書く
2006.11.30
カテゴリ:おいしいコーヒー
もう何度、手網焙煎をしただろうか。
週に3,4回は焙煎している。

じょじょにコツみたいなもんもつかめてきて、最近はそこそこおいしい珈琲が飲めるようになってきた。

豆によっては、煎りムラが出すぎたり、コゲが多かったりと、そう簡単にはいかない。
特にマンデリンは難しい。かなりムラがでるし、丸コゲも目立つ。
ハイローストくらいではおいしくないし、シティまでいくと、コゲてしまうこともしばしば。

先日煎ったトラジャカロシも、マンデリンのように煎りムラと、コゲが目立つ。
ま、トラジャに関しては、飲んでみたらかなり美味しかったんですけどね。

こんな感じで、毎日焙煎⇒飲むを繰り返していると、部屋中がコーヒーの香りに包まれ、その香りは、一階の玄関口まで届いているようで・・

ある日

いつも集荷をお願いしている某運送会社のドライバーさん(女)との会話

ド「すごいコーヒーのいい香りがしますよね~。どこで注文してるんですか?」
僕「最近は、自分で焙煎してるんですよぉ。」
ド「ん?どうゆうことです??」
僕「いや、だからね、生豆を買って・・」
ド「私もコーヒー大好きで、毎日飲んでるんですけど、家だとこんないい香りしないんですよ」
僕「あ、そうなんですか?焙煎したときの香りかなぁ」
ド「で、親に聞いたら、豆が違うんだよ!って言われて・・今度分けてもらえませんか?」
僕「あ、はぁ(汗)今はただの素人焙煎だから、そんなおいしくないですよ~」

数日後

僕「豆はどこで買ってるんですか?」
ド「あ、K●Yコーヒーです。」
僕「豆のまま?コーヒーメーカーかなにかで淹れてます?」
ド「はい。ちゃんと飲む前にミルで挽いて・・」
僕「じゃ、50gしかないけど、これ飲んでみてください。」
ド「わぁ~いい香りしますね!帰ったらすぐ飲みます。感想言いに来ますねー」

さて、どんな感想が聞けるのか。すごく楽しみ^^
酷評はされないだろうし、しにくいだろうけど、本音の感想を聞いてみたい。

自分で飲んで、そこそこいけてたコロンビアスプレモなので、それなりには・・ね。
これまで、友人には飲ませたことがあったけど、みんな普段はコーヒーを飲まないので、コーヒー好きに飲んでもらって、感想を聞くのはとても勉強になりそう。

楽しみだー






Last updated  2006.11.30 16:30:02
コメント(6) | コメントを書く
2006.10.05
カテゴリ:おいしいコーヒー
いつかはやるだろうと思っていた。←自分でね。
これといったキッカケがあったわけではないが、コーヒーの自家焙煎に挑戦することにした。
これからの時期、バイクに乗るのが辛いからか??冬用の趣味を・・ってなことでもない(笑)

生豆の購入は、ワイルド珈琲。
評判はよくわからないが、種類もあるし、送料も安いしってことで選んだ。

・グァテマラアンティグアラクリマ
・コロンビアスプレモナリーニョ
・マンデリンG-1ファンシー 

各500gづつ。合計1.5kg。
送料込み2533円なり。うまく焙煎できれば、かなりお得だスマイル

焙煎は、手網で行くことにする。
手網は近所の珈琲屋にて購入 2600円。

まずは、届いた生豆グァテマラから開封する。
なんだか臭いぞ~失敗

プロが教えるこだわりの珈琲によると、グァテマラやコロンビアは、焙煎が難しいとされている。
まぁ、どれでやっても最初は失敗するんだろうから、好きなグァテマラから焙煎してみることにする。(モルティブ下北沢さんのグァテマラではまった。)

グァテマラ生豆120g
一刻も早く焙煎したかったため、ハンドピックはそこそこにして、120gを焙煎開始。

焙煎開始

5分もしないうちから、パチパチと音がしだした。これが1ハゼ??
シャカシャカ振り続けること10分 またもパチパチ音。これが2ハゼ????

早くねぇ??

その後、20分を過ぎてもハゼる音がしない。
豆の様子を見てみると、ずいぶん焙煎が進んでいる感じ。

手元にあるモルティブさんのガァテマラと比べてみても、若干焙煎が進んでいるような感じだ。
このまま続けていても真っ黒になってしまいそうだったので、22分煎り止め!!

ザルに移し、ドライヤーで冷却。

焙煎終了2
画像では煎りムラが目立つが、実際はそれほどでもないように思える。

さらにアップで撮影↓
焙煎後90gへ

初めての焙煎にしては、見た目限定でよくできたのではないかと思う。
生豆の状態で120gだったのが、焙煎後90gまで減った。

とりあえず、1日ほど置いて、明日試飲してみよう!
すぐにでも飲みたいけど、焙煎直後はよくないみたいなんでね。

事前に想像していた通り、なかなかの重労働でした。
20分間振り続けるって、大変です涙ぽろり

焙煎後のガスコンロの上もこのありさま↓
焙煎後のガスコンロ

これで不味かったら、かなり落ち込むことになりそうな汚れ具合だ(笑)
生豆の状態では、粒が小さく、チャチイな~と思っていたものが、焙煎してみると、ふっくらと膨らんでくる。

なんだか楽しいぞ とにかく飲んでみなければなんともいえないが・・








Last updated  2006.10.05 15:13:30
コメント(6) | コメントを書く
2006.08.29
カテゴリ:おいしいコーヒー
前回に引き続き、地元群馬県内の喫茶店巡り。

彼女が、通勤途中に気になる喫茶店があるということで、行ってみました。

自家焙煎珈琲響香

自家焙煎珈琲 響香

外見はこじんまりとしており、またまた古民家風の造り。
最近は、こういうのが流行っているのだろうか。

車から降り、店内をのぞいてみると、カウンターが見えた。
僕が想像する喫茶店の雰囲気にぴったりかも。
ぱっと気軽に入れるような雰囲気ではなかったので、彼女を盾にして潜入。

カウンターの奥に男性と女性が一人ずつ。夫婦で経営している様子。
店内は薄暗く、各テーブルにぼんやりとした照明が置いてある。

カウンター席には、女性客が一人。おじさま一人。
一番奥、窓際のテーブル席には30代後半くらいの男性が一人。
珈琲飲みながら小説を読んでいる! 

か、かっこいい~★

僕と彼女はテーブル席へ。
昔のミシンをテーブルにしたもの。おしゃれですなぁ。

早速メニューを拝見してみる。

コロンビア キリマンジャロ ハワイコナなどなど、メジャーな名前は一通り揃っている。
普通にドリップしたものと、デミタスが選べるようだ。

しかも、その中には、あのブラジルカルモシモサカがあるではないか!?

これは驚いた!僕がいつも飲んでいるブラジル カルモシモサカ【100gパック】だ。これは飲まずにはいられない。

自分で淹れたコーヒーと、プロが淹れたコーヒーを比べるには絶好のチャンスだ。

僕の注文するものは決まった。さて、彼女は何を注文する?

ん!?

カルモシモサカ!!??

な~~んでやね~~~~~~~~~~んショック

以前、僕が淹れてあげたカルモシモサカが一番のお気に入りだったらしく、ここでもカルモシモサカを飲んでみたいと申す。

わかった。それなら、僕はコロンビアでいい泣き笑い

注文が決まったところで、店内を見回し、隅々まで観察。
やっぱ雰囲気がいいなぁ。こんな部屋にしたいなぁ♪などと語らっていると、彼女が注文したカルモシモサカが運ばれてきた。高級そうなカップに琥珀色の液体。すげぇ美味そう。

少し遅れて運ばれてきたのは、僕のコロンビア。
なぜか、彼女のカップと比べて小さい。

あれ? これデミタスじゃねぇ!?雫
そう思ったものの、それを言えるような空気ではない。黙っていただくことにする。

カルモシモサカを一口飲んだ彼女は、満足そうに微笑んでいる。
一方、僕はというと、濃厚なデミタスの苦味に顔を歪めている。デミタスは無理だー

彼女のカルモシモサカを一口いただくことにする。
カップに口をつける前から、自分が淹れたものとは違い、とてもいい香りが漂ってくる。

一口・・ズズッ

なにも言えない。とにかく美味い・・・と同時に悔しさがこみ上げてくる。
どうして同じ豆を使っていて、これほどまでに味が違うのか。
彼女もこちらのほうがおいしいと申す。少しは僕に気を使えとどくろ

やっぱりプロが淹れるコーヒーは違うんだな。
おいしいコーヒーに出会えて感動したとともに、まだまだ勉強が足りないということも痛感した1日となりました。

いやぁ、美味かった。
カルモシモサカには、中煎りと深煎りが用意されていたので、次回は深煎りを飲んでみようと思う。






Last updated  2006.08.29 19:54:55
コメント(2) | コメントを書く
2006.08.02
カテゴリ:おいしいコーヒー
先日、近所にできたばかりの喫茶店へ、彼女を連れて初潜入してきました。
できたばかりといっても、過去の記事から確認すると、数ヶ月経ってますが。

お店の外観は、古民家風。
女性が入りやすいお店というよりは、年配の方への受けが良さそう。

入ってすぐ左側に、生豆と焙煎豆、焙煎機がさりげなく置かれていました。
少し奥へ進むと、右側にケーキなどのスィーツが並べられたケース。
その奥にレジとメニューがあり、ここで注文し、代金を先に支払ってテーブルへ・・という流れ。

メニュー内容は、[本日のコーヒー][COEコーヒー][カフェラテ][なんちゃらマキアート]など。
僕が想像していた喫茶店のメニューとは違っていたので、ちょっと戸惑ってしまった。

想像していたのは、[ブラジル][コロンビア][キリマンジャロ]というように、コーヒーの銘柄が並んでいるものだと思ってました。

「よーし!俺はコロンビア飲むぞー!!」なんて、店に入る前に宣言していたのになぁ。
スターバックスなんかのメニューに近いのかな。行ったことないからわからないけど(笑)

とりあえず、僕が飲みたいのは、マスターがドリップしたブラックコーヒーだ。
エスプレッソやら、カフェラテやらには興味ないんだ!

メニューの中から選択するとなると、[本日のコーヒー][COEコーヒー]しかない。
どんな豆なのか聞いてみると、[本日のコーヒー]はコスタリカ[COEコーヒー]は、カップオブエクセレンス(COE)3位のブラジル豆

僕がブラジルを注文し、彼女はコスタリカ。
価格は500円ちょいと、380円。だったかな??

店内は薄暗く、所々に照明が置かれている。なんとも落ち着く雰囲気だ。
店内最奥の二人掛けテーブルへ行こうと思ったが、マスターのドリップ風景を見るため、レジの前のテーブルに座る。見えるような、見えないような、つーか見えない!!

しばらくテーブルでくつろいでいると、奥から豆を挽く音が聞こえてきた。
期待に胸が膨らむ♪

運ばれてきたのは、空のカップとポット。
ポットには、カップ2杯分のコーヒーが入っている。
自分で注いでお飲みくださいとの事。

逸る気持ちを抑え、ゆっくりとカップへ注ぐ。
口をつける前に、かる~く香りを楽しむ。コーヒー通ぶってるぜいっ!!

それから一口。

ふむふむ これがブラジルか。

うんうん 

美味いような、普通なような・・ もっと感激するほどの味を期待していただけに・・

これなら自分で淹れたブラジル カルモシモサカ【100gパック】の方がウマ・・ぃょぅぅぅ(  ̄ノ∇ ̄) ̄ー ̄)ヒソヒソ

それにしても、なんだか粉っぽいのが気になる。彼女も同意見。
わずかな照明に照らされたカップの中をのぞいてみると、濁っている。
カップの底に残ったコーヒーの中に、粉がたくさん沈んでいた。

はて??

うちで淹れたコーヒーがここまで濁っていることはない。
ネルドリップしたって、ここまで濁らない。

なんでだろう???と考えているとき、手元に置かれているポットに目がいった。
そのポットをよーく見てみると、シュコシュコと上下に動く棒がついている。

「もしや!?」と思いポットのフタを開けてみると、案の定カフェプレス!!
お店にあったものは保温ポットのような外観だったけど、構造はこんな感じ。

bodum ケニヤコーヒーメーカー (カフェプレス) 500ml

まさか、カフェプレスとはね。

喫茶店=ネルドリップというイメージしかなかっただけにビックリ。
僕だけか??優しい時間の影響だろうか(笑)

古民家風外観とは裏腹に、スタバ的メニュー及びカフェプレス。
この外観だったら、薀蓄頑固親父のネルドリップだろ~( >Д<;)

ま、そんなわけで、初めての喫茶店潜入は終わりました。

コーヒー2杯で500円なら安いですね。うちなら一杯数十円ですけど・・
コーヒーを飲むことだけを考えるなら、うちで飲んだほうがいいという結果になりましたが(もちろん好みの問題はあります)、店内の落ち着く雰囲気なんかも味わいたいなら、このような喫茶店で金を払う価値もあるのではないかと思います。

アンティーク家具なんかに興味のあるひとなんかは、この店内にいるだけでも楽しめるんじゃなかろうかと。コーヒー通っぽいおじさんが、店内に飾られていたカップについて、マスターと会話をしていたりして、こういうのも喫茶店の楽しみ方としてアリなんじゃないかなぁと思いました。

お店の宣伝になるような内容ばかりではないので、詳細は伏せておきます(*_ _)人






Last updated  2006.08.02 19:49:20
コメント(4) | コメントを書く
2006.06.08
カテゴリ:おいしいコーヒー
前回注文時、5月のブレンドがひとつ余分に入っていた事件がありました。

足りないのは困るけど、余分に入っている分には問題ない。
しかし、今回は足りないのだ。

なにが足りないかって?

マスコバド糖

明細書には記載してあるので、注文し忘れたわけではない。
前回注文分とのプラマイゼロ作戦だろうか??

いや、そんなはずはない。

かといって、「足りないじゃないかーーーー!!」とブチ切れるほど子供ではない。

到着から、一週間以上経過しているが、お問い合わせのメールすら送信していない。

注文したものが届いていないのに、問い合わせしないなんておかしいじゃないか。

いくらお気に入りのショップだからって、言うときゃ言わないとダメ。
それが大人ってもんです。

しかしね。

(引っぱるほどのオチはないので、さらっといきます)

届かなかったマスコバド糖、実は、無料サンプルなんです。

だから、実質的な損害はないし、次回注文時にでも頼めばいいかなぁと。
ただそれだけ。前回のおまけ分もあるし、事を荒立てることもないだろうと。

こんなささやかな事件しか起こらないので、ネタにしてしまいましたが。

絶品コロンビアが飲めるだけで、幸せでございます。
絶品ブラジルも最高です。ブレンドにしてもおいしいです。

そして、今飲んでいるグァテマラも素晴らしいです。

今月中に、もう一度注文するので、そのときは忘れないでください♪

まずはこれから↓
ストレートコーヒーお試しセット
ストレートコーヒーお試しセット

マジでうまい^^マジウマラジオバーガーです。








Last updated  2006.06.08 18:23:30
コメント(2) | コメントを書く

全65件 (65件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.