ドクターGenのもっと阿波池田

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

映画・ビデオ

2009年12月29日
XML
カテゴリ:映画・ビデオ
「29日ラウンド予定だったね。」
「29日一緒にラウンドに行かないかい?」
二組から誘われて、先に決まっていた
Konちゃんとのラウンドを優先するが、突然キャンセル。
もう一組のラウンドもメンバーが決まっている。
のんびりしようと考えていたのだが・・・。
T○氏からラウンドしたいとの電話。
「私をゴルフに連れて行って」とのはらきん氏の
メールもあり、無理に予約を取る。
早朝7:30スタートしかないという。
この時期の7:30は、非常に寒いと覚悟していたが・・・

6:00 起床。
7:00 自宅発
7:05 T○氏を乗せる
7:30 ラウンドスタート

意外と、寒くなくラウンドできた。

ドライバーが、思い切りふれないドクターGen。
ドライバーが、気持ちよくふれているはらきん氏。
アイアンのキレもよくなってきている。
後は、パターがもう一息よくなれば常に80台だろうな。
彼の成長を感じる。
今日は、スクラッチでも負けた。
やはり若い人は、成長が早い。

と、いいつつ・・・。
心の中では、

「まだまだ、若い者には負けられん!」

と思うドクターGenだった。






最終更新日  2009年12月30日 18時52分49秒
コメント(0) | コメントを書く


2009年05月03日
カテゴリ:映画・ビデオ
昨日の疲れを取るべく、本日は完全休養日にする。
朝から体がだるい・・・。
先々週からの不調が、続いているのだろうか?

先々週以来痛めていた膝は、5月に入ってから痛みはあるものの
足を引きずって歩くことはなくなっている。
昨日のラウンドも、サポーター付きとはいえちゃんと回れた。
しかし、学生時代に折って差し歯にしている前歯。
これの歯茎が痛み続けている。
そのために、飯がおいしくない。

そんなこともあり、今日は完全休養日。
ゴロゴロしつつTVを観ていた。

 ドラマ「ROOKIES」の再放送を観ていた。
 勝利の後で、もう野球ができない三年生に謝罪するシーンで
 いつの間にか、涙が頬を伝う。

最近好きでよく歌っている「キセキ」
また、一段と歌に気持ちがこもりそうだ。

 ♪明日 今日より 好きになれる・・・♪






最終更新日  2009年05月03日 17時41分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年08月22日
カテゴリ:映画・ビデオ
恋空のDVDを借りて観た。
前編、熱い想いがほとばしっている映画だ。

黒板にいたずら書きをされて、落ち込む彼女の前で
クラス中に啖呵を切るところなんか、女の子が感動の涙を
流すところだろう。

「俺の女いじめてるやつは誰だよ?」
「俺の女いじめる奴は例え女でも許さねぇから」

男が聞いても、惚れ惚れするセリフだ。
でも、男のドクターGenからすると、
これにも増して感動したセリフが随所にちりばめられている。

ヒロの姉ミナコの一言
「運命の二人なら、今別れてもまたいつかどこかで出会って付き合うこと出来る。」

美嘉の背中を押す優の一言
「好きな女には誰よりも幸せになってほしい。」

どれも、思わず頷いてしまう一言だ。

映画は、とても展開が速く流れについていくのに少し苦労した。
しかし、心揺さぶるいい作品だ。
これが、TVドラマ化されているというが・・・。
同じような話の焼き直しなら、映画だけにしておきたいなあ。
やはり、最初の感動に優るものはないと思うドクターGenだった。






最終更新日  2008年09月07日 20時31分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年03月24日
カテゴリ:映画・ビデオ
終業式が終わり、子ども達を校門前で見送っていると
AKH氏の次女が、挨拶に近寄ってきた。
その時、お父さんの誕生日だと語った。

そこで、この一言が・・・。

「24日に生まれた人は、神様の生まれ変わりなんだって。」

「じゃあ、ドクターGenも神様の生まれ変わりだ。」

「・・・・・・・・。」

夜、AKH氏と電話で話す。
映画「オーメン」(1976)で悪魔の子ダミアンが、3月24日にキリストの再臨が
この世に産まれたことを知り、次々とこの日に生まれた赤ちゃんを殺していくという。

だから、3月生でないドクターGenは、関係ないとのこと。
プチ・残念な気分。


アッ、
    ===================================
m(_ _)m  AKH氏、誕生日おめでとう!!  m(_ _)m
    ===================================








最終更新日  2008年03月29日 09時57分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年01月14日
カテゴリ:映画・ビデオ
朝遅い目覚め!
布団の中で聴いた、「THE・サンデー」で徳光さんが紹介していた曲
馬場俊英の「今日も君が好き」
ここで、試聴ができます。

なんとなく、ほのぼのとしたいい曲です。

それにしても、
ここまで言い切れる人って、本当に幸せな人なんだろうな。









最終更新日  2007年01月17日 23時27分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年09月14日
カテゴリ:映画・ビデオ
研修もすませ、打ちっ放しから帰ってきて・・・

ふと、TVを見ると

なんと、大好きな映画をしていた。

====================================
「ゴースト」~ニューヨークの幻~
====================================

何度目の視聴だろうか。
前回は、2005年07月15日だった。
その時も日記に書いたが・・・。

もう、5回ほど見ただろうか。
いつ見ても、ナミダするストーリーだ。
そして、この時のデミ・ムーアは、いつ見てもいい!!
そして、いつ見てもウーピー・ゴールドバーグはいい味を
だしている。本当にいい役者だ。

次にこの映画を見るのは、いつだろうか?
見る時、見る時。
その時々の自分の環境によって違ったイメージで見られる
この映画は、やっぱり自分の中でベスト・ムービーだ!!






最終更新日  2006年09月15日 01時05分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年07月16日
カテゴリ:映画・ビデオ
映画「日本沈没」
そういえば、30年ほど前に見た映画が
リニューアルして制作されている。
原作:小松左京
中央構造線を境に、四国が沈んでいくそんな映像に
自分の位置はどっちだと想像してドキドキした記憶
が甦ってきた。

最近の大地震のニュースや近未来の大地震の可能性。
そんな現在の状況で見る「日本沈没」もまたひと味
違った気持ちにさせられる。

しかし、今回の「日本沈没」には解決策が準備され
ている。個人的には納得のいかない解決策だった。
自然災害を前に、そんな甘いことはない。

そんな小難しいことを考えずラブストーリーだと割
り切ってみればいい映画だろう。
草薙剛も柴崎コウも好きな俳優だが・・・
「白夜行」で鮮烈な演技を見せた少女役の福田麻由子
の、夢も希望もなくしたうつろな瞳の演技に、今回も
すごい才能を感じる。






最終更新日  2006年07月17日 11時22分04秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年06月18日
カテゴリ:映画・ビデオ
いろいろな人からハッピーエンドだよって
聞いていた。

沈没寸前のフェリーから、乗客を助け出し脱出する。
そんな単純明快なストーリー。
ハッピーエンドと分かっていながらもハラハラドキドキ!!

思わず涙ぐむドクターGenの瞳。
人に知られないように静かに涙を拭う。
人を感動させることって結構単純なことなのかも・・・。






最終更新日  2006年06月21日 23時33分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年05月28日
カテゴリ:映画・ビデオ
佐藤浩市・鈴木京香いいねえ。
そういえば「新撰組」でもこの二人は競演していたなあ。
二人とも年とともにいい味を出している俳優さんだ。

気楽に陽気な映画を楽しく観る。
そんな気構えで行くと結構楽しめる。

「象を冷蔵庫に入れる3つの条件は?」
1,冷蔵庫を開ける
2,象を冷蔵庫に入れる
3,冷蔵庫を閉める
という答えだ。
あ~そういうことか~と思うんだけどね。
その後、
「きりんを冷蔵庫に入れる4つの条件は?」

その答えは,エンドロールを見た人のみに・・・!






最終更新日  2006年05月30日 15時26分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年05月22日
カテゴリ:映画・ビデオ
最近,日記が滞っている。
久しぶりにまとめ書きをしていると,自分の老化にとてもよく気がつく。
数日前のことが,なかなか思い出せないのだ。
やはり寄る年波には勝てない!!

たしか,今日の月曜日には・・・・・・・・・・?

スケジュールには何も入っていない。

たしか,加茂に打ちっ放しに行ったはずなんだが・・・・。

まあ,いいかあ。
行ったことにしておこう。

よく刑事ドラマなどで,アリバイ証明をしている場面が出るが
よくあんなに細かいところまで覚えているもんだ。
それも,何十日も前,何ヶ月も前,何年も前の話が多いよなあ。
人相,来ていた服装,色,会話などなど。
ドクターGenなら簡単に無実の罪になってしまうところだろうな。






最終更新日  2006年05月26日 11時52分30秒
コメント(0) | コメントを書く

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

PR


© Rakuten Group, Inc.