2010年08月19日

歴史を知ること

カテゴリ:IT関連
放送教育研究大会。
いつも切れ味鋭いM氏のアドバイザー役に
改めて、その才能を再認識する。

視聴覚教育から放送教育への歴史的流れを説明する中で
提案発表者へのアドバイスや問題点をズバッと分かり易く
提示してみせた。

やはり、M氏の助言・アドバイザーは、分かり易くていい。

提案発表のI氏も、若者らしい取り組みが好感をもてた。
発表の構成力や研究の進め方が、明快で分かり易い説明と
なっていた。今後の彼の活躍が楽しみだ。

ところで、視聴覚教育から放送教育へ、
革命的な運動となった歴史の流れの中で、
近年では、デジタル教材として新しい方向を模索している。
今日は、NHKの実験的な放送の紹介があった。
これが懐古主義でなく、正面から教師や子ども達に挑んでくる
そんな放送であって欲しいと願うし、期待している。

現在の学校放送は、キャラクターやゲームで子ども達の関心を
ひこうとしすぎていると感じていた。
学習に正面から向き合う姿勢を感じさせてくれた今回の実験的
放送の成功を願うドクターGenだった。

放送教育の歴を知ることは、情報教育をメインにやって来た
ドクターGenにとって、現在の学校放送のデジタル化を脈絡として
とらえるうえで、とても貴重な話だった。







TWITTER

最終更新日  2010年08月21日 08時08分07秒
コメント(0) | コメントを書く
[IT関連] カテゴリの最新記事